名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大島卓の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大島卓のプロフィール

大島卓、おおしま・たく。日本の経営者。「日本ガイシ」社長。東京都出身。東京工業大学生産機械工学科卒業後、日本ガイシに入社。執行役員、常務などを経て社長に就任。また、中部経済連合会副会長、愛知県経営者協会副会長を務めた。

大島卓の名言 一覧

働き方の変更や残業時間の削減は、ただ言うだけでは変わりません。やはり経営トップが「これをやる」と上から決めて取り組まないと進まないんです。


働き方改革のひとつとして、会議にしても昔からのやり方が続いていたものを変えて、ある事業本部では会議時間を47%減らしました。また役員会の資料が紙だったものを電子データにして、タブレットで閲覧できるようにしています。資料は会議直前まで変わる可能性がありますが、電子データだと変更管理が容易です。


当社は1960年頃と、早くから多角化を進めており、今や碍子(がいし)単体の売り上げは全体の1割にも満たない規模になっています。碍子事業を元に、その資金を使って新規事業を進めてきたという歴史があります。


社長に就任してからの3年間、取り組んでいることの一つが今で言う「働き方改革」です。その一つとして1人ひとりの能力をさらに伸ばそうという取り組みがあります。今まで100できていたものを120できるようにしようという活動を就任1年目から始め、2年目から全社で徹底的に無駄を排除しようという活動を始めました。


事業部門の改革にも取り組んでいます。従来はセラミックスの生産では各工程が分断されていましたが、今は最初に材料を入れたら、最後の工程まで切れ目なく進むラインを新設しました。リードタイムが3分の1になり、工場の面積も従来の半分になりました。これを「革新プロセスライン」と呼んでいます。導入して生産性が3割向上しています。さらにこのラインをポーランドなど海外工場にも移植しているんです。


本社部門の人達は、事業部から見ると「役所」です。特に海外事業から見るとサポートしてくれないという思いがあったようですから、本社部門の部長に「何を変えなくてはいけないか、自分達から提案をしなさい」と指示をしました。「本社力アップ」という取り組みですが、2年経って意識がかなり変わってきましたね。自分達も事業に携わっている一員だと。


大島卓の経歴・略歴

大島卓、おおしま・たく。日本の経営者。「日本ガイシ」社長。東京都出身。東京工業大学生産機械工学科卒業後、日本ガイシに入社。執行役員、常務などを経て社長に就任。また、中部経済連合会副会長、愛知県経営者協会副会長を務めた。

他の記事も読んでみる

上川徹

情熱をもって必死に頑張っていると、周りの人がチャンスをくれたり、助けの手を差し伸べたりしてくれる。その後、国際審判として海外で活動するようになってからも、そうしたことを何度も経験しました。


檀れい

宝塚は伝統的に上下関係や礼儀作法に厳しいですね。でも、そこで生み出される団結力があるからこそ、個性的なタカラジェンヌが、結集してひとつの夢の世界を創り上げられるのだと感じます。


佐藤義雄

叱り方に自信がなく、あえて部下と距離をとる上司もいますが、これは感情任せで叱るより悪いことです。最近は指導とパワハラの境目がわかりにくく、リスクをとるより放置しようと考える心理もわかります。しかし、部下と向き合わず、陰で愚痴をこぼすような上司がはびこる組織はもはや存続の危機です。部下のタイプに合わせて叱り方を変えることなどは必要ですが、とにかく対処することです。


川越達也

自己プロデュースをするうえで大切なのは自分のできることのオプションを把握して、無理をせずにスムーズにできる部分を研ぎ澄ましていくこと。


鈴木亮平(俳優)

自らみんなをぐいぐい引っ張るより、頼りないから周りが思わず助けたくなるタイプに近いです。リーダーはどっしり構えるべきだと言う人もいるかもしれませんが、いろんなリーダーがいていいと思います。自分の弱いところを見せることも、壁を作らないためには必要ではないかと思います。


葛西敬之

自分のことを自身でわかる人はいません。自己評価や自己目標を科学的、かつ分析的にやっているつもりでも、自分はすべてが人並みだと評価する人もいます。同じような状態にありながら自分は抜群だと評価する人もおり、人によってモノサシが違います。評価する上司も癖が強かったり、人によって異なりますから、モノサシが固定しておらず常に客観的だとは限りません。だから長い時間をかけて、たくさんの人がその人の仕事ぶりを見続け、その結果、多くの人が持った印象が一番適正な評価なのです。


眞保智絵(鳥海智絵)

これまで様々な部署での業務を経験しましたが、異動のたびにプロフェッショナルでありたいと願ってきました。30代前半あたりまでは、出勤前に勉強したこともありました。新しい部署に配属されると、既に在籍されている方との間にある「経験の差」はすぐには埋められませんから、せめて「知識の差」を埋めようと書物で勉強した。部署が変わるたび、法律やデリバティブなどの専門書を読み、新しい知識やノウハウを身につけようと必死でした。


荒井正昭

お客様の求める住まい像が変わっているなら、その声に謙虚に耳を傾け、ニーズに合った家をお届けするのが私たち不動産会社の使命です。


能町光香

いわゆる日本流の接待には、お金をかけたり、二次会、三次会と長時間接待したりすることが良いとされる概念があるようです。しかし、お金をかければいいといった考え方の接待をしていると、仕事の実力ではなく、単なる資本力の差で商談が決まってしまうことになりかねません。ビジネスパートナーとしての人間関係を深めることもできないでしょう。相手の人となりを知ることを目的とした外資系の接待に、学ぶことが多いのではないでしょうか。


樺沢紫苑

脳のゴールデンタイムを、ほとんどの人が通勤に使っています。もったいない話ですね。早く出社して仕事したり、出社前に勉強したほうがいいでしょう。


嶋津良智

人の行動には「目的」と「目標」があります。目的とは「何のためにやるのか」という行動の理由で、「目標」とは「いつまでに、何をどうするか」という手段です。部下が「自分は何のために仕事をしているのか」と目的の面で悩んでいるとき、上司が「今月の売り上げの目標を達成しよう!」と鼓舞しても逆効果です。部下が何を考えているか。知っているつもりになっていても、いや、知っているつもりになっているからこそ話し合う場を設けるべきです。それが「君のことを理解したい」というメッセージにもなります。


酒巻久

自分の所属する部署の外で「これは」という人物を見つけたら、「勉強のために教えていただけませんか」と教えを請うたらいいでしょう。その代わり、相手が助けを求めてきたら、こちらもサポートする。そうした人間関係を築いておくことも重要です。