名言DB

9490 人 / 112001 名言

大島卓の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大島卓のプロフィール

大島卓、おおしま・たく。日本の経営者。「日本ガイシ」社長。東京都出身。東京工業大学生産機械工学科卒業後、日本ガイシに入社。執行役員、常務などを経て社長に就任。また、中部経済連合会副会長、愛知県経営者協会副会長を務めた。

大島卓の名言 一覧

働き方の変更や残業時間の削減は、ただ言うだけでは変わりません。やはり経営トップが「これをやる」と上から決めて取り組まないと進まないんです。


働き方改革のひとつとして、会議にしても昔からのやり方が続いていたものを変えて、ある事業本部では会議時間を47%減らしました。また役員会の資料が紙だったものを電子データにして、タブレットで閲覧できるようにしています。資料は会議直前まで変わる可能性がありますが、電子データだと変更管理が容易です。


当社は1960年頃と、早くから多角化を進めており、今や碍子(がいし)単体の売り上げは全体の1割にも満たない規模になっています。碍子事業を元に、その資金を使って新規事業を進めてきたという歴史があります。


社長に就任してからの3年間、取り組んでいることの一つが今で言う「働き方改革」です。その一つとして1人ひとりの能力をさらに伸ばそうという取り組みがあります。今まで100できていたものを120できるようにしようという活動を就任1年目から始め、2年目から全社で徹底的に無駄を排除しようという活動を始めました。


事業部門の改革にも取り組んでいます。従来はセラミックスの生産では各工程が分断されていましたが、今は最初に材料を入れたら、最後の工程まで切れ目なく進むラインを新設しました。リードタイムが3分の1になり、工場の面積も従来の半分になりました。これを「革新プロセスライン」と呼んでいます。導入して生産性が3割向上しています。さらにこのラインをポーランドなど海外工場にも移植しているんです。


本社部門の人達は、事業部から見ると「役所」です。特に海外事業から見るとサポートしてくれないという思いがあったようですから、本社部門の部長に「何を変えなくてはいけないか、自分達から提案をしなさい」と指示をしました。「本社力アップ」という取り組みですが、2年経って意識がかなり変わってきましたね。自分達も事業に携わっている一員だと。


大島卓の経歴・略歴

大島卓、おおしま・たく。日本の経営者。「日本ガイシ」社長。東京都出身。東京工業大学生産機械工学科卒業後、日本ガイシに入社。執行役員、常務などを経て社長に就任。また、中部経済連合会副会長、愛知県経営者協会副会長を務めた。

他の記事も読んでみる

竹村富士徳

出来事をコントロールできなければ、人は出来事によってコントロールされてしまいます。遊んでいるわけではなく一生懸命やっているのに、目先の出来事に追われ、本来やるべき仕事に着手できなかった経験は誰もが持っているはずです。それが出来事にコントロールされた状態です。


津賀一宏

我々にとって大切なのは、どの領域を伸ばすのかということを明確にすることです。


和田裕美

事実を伝える文章は、短く簡潔なままでいいけど、時には、感情を伝える文章も添えた方がいいかも。私は、相手が感情を込めてメールを書いてきてくれたら嬉しいし、私からも感情を込めた返事をするようにしているの。大げさにする必要はなくて、「私も楽しかった」とか、素直な感想を少し加えるだけでいいんだけど。人によって好き嫌いもあるけれど、自分を気遣って書かれた文章をもらう方が気分がいい人は多いと思う。それから「ありがとう」という言葉も添えた方がいいかな。


松岡修造

心が弱くなるたびに、何とかこの状況から脱出しようと、坂本龍馬などの偉人伝や、逆境を乗り越えたアスリートの自伝、哲学書などを手に取りました。最も影響を受けたのは、独自の成功哲学を確立した明治生まれの思想家、中村天風先生の本。「この世に生まれたからは、苦しくても下を向いてはいけない。人生を好転させるのは心の持ちようだ」という言葉「絶対積極」に感銘を受け、僕の考え方のベースになりました。ただ感銘を受けるだけでは、何も変わりません。天風先生の言葉にとらわれすぎると、自主性を妨げるような気がしてよくないとも思った。大事なのは、天風先生の言葉を松岡修造風にアレンジし、自分の言葉として体に染み込ませることだと考えました。


川鍋一朗

「まずは動いてみる」ことも大切。人と会って話すか、現場を見る。「多分こうだろう」と物事が見え始めると、次の展開も見えてくる。


小宮一慶

悪い情報の報告がないのは、もともとのルールづくりが悪いからです。失敗したことはきちんと報告するというルールがあっても、そのために罰を受けるくらいなら、部下は隠そうとするでしょう。当社の場合、クレームは必ず発生するという前提で、仕事の方針に従って発生したクレームなら、責任は一切問わないことにしています。


畔柳茂樹

勤めていた会社の管理職になって人間関係やストレスでうつ病寸前。妻に相談し、思い切って辞めることを決意しました。不思議なもので辞めると決めたとたん、やりたいことが次々浮かんできました。何かを捨てることで人生は動き出すと。


池田義博

記憶に大きく影響するのが「感情」。思い出が何年経っても忘れられないのは、その出来事に感情が動かされたことで、脳に深く刻まれたためです。ですから、覚えたい対象にストーリーや特徴を与えて感情を動かせば、あとは脳が勝手に覚えてくれる。


岩佐実次

誰かに助けられた子どもは、大きくなったら、また誰かを助けるでしょう。誰かに愛された人は、それをまた誰かに返すでしょう。


石倉洋子

いざ「お前を切る」「お前を外す」と言われたとしても、あまり深刻に考える必要はありません。「いま、この仕事に合うスキルを私は持っていなかった」というだけで、決して人格が否定されたわけではないのだから。そこに居続けても、自分の能力では不十分。自分の能力は生かされないという事実を冷静に受け止め「これをきっかけに新しいスキルを得よう」とポジティブに動き出せばいいのです。


天堂きりん

端から見ているとはっきり分かるような選択も、当の本人は分からないものですよね。人のことだったらどっちが正しいとかビシッと言えるのに、いざ自分のことになると一気に分からなくなる。


マイケル・ガーバー

優良企業は非凡な結果を生みだす方法を知っている。平凡な人々が非凡なシステムを使うことで途方もないことをやり遂げる方法を。