大島卓の名言

大島卓のプロフィール

大島卓、おおしま・たく。日本の経営者。「日本ガイシ」社長。東京都出身。東京工業大学生産機械工学科卒業後、日本ガイシに入社。執行役員、常務などを経て社長に就任。また、中部経済連合会副会長、愛知県経営者協会副会長を務めた。

大島卓の名言 一覧

働き方の変更や残業時間の削減は、ただ言うだけでは変わりません。やはり経営トップが「これをやる」と上から決めて取り組まないと進まないんです。


働き方改革のひとつとして、会議にしても昔からのやり方が続いていたものを変えて、ある事業本部では会議時間を47%減らしました。また役員会の資料が紙だったものを電子データにして、タブレットで閲覧できるようにしています。資料は会議直前まで変わる可能性がありますが、電子データだと変更管理が容易です。


当社は1960年頃と、早くから多角化を進めており、今や碍子(がいし)単体の売り上げは全体の1割にも満たない規模になっています。碍子事業を元に、その資金を使って新規事業を進めてきたという歴史があります。


社長に就任してからの3年間、取り組んでいることの一つが今で言う「働き方改革」です。その一つとして1人ひとりの能力をさらに伸ばそうという取り組みがあります。今まで100できていたものを120できるようにしようという活動を就任1年目から始め、2年目から全社で徹底的に無駄を排除しようという活動を始めました。


事業部門の改革にも取り組んでいます。従来はセラミックスの生産では各工程が分断されていましたが、今は最初に材料を入れたら、最後の工程まで切れ目なく進むラインを新設しました。リードタイムが3分の1になり、工場の面積も従来の半分になりました。これを「革新プロセスライン」と呼んでいます。導入して生産性が3割向上しています。さらにこのラインをポーランドなど海外工場にも移植しているんです。


本社部門の人達は、事業部から見ると「役所」です。特に海外事業から見るとサポートしてくれないという思いがあったようですから、本社部門の部長に「何を変えなくてはいけないか、自分達から提案をしなさい」と指示をしました。「本社力アップ」という取り組みですが、2年経って意識がかなり変わってきましたね。自分達も事業に携わっている一員だと。


大島卓の経歴・略歴

大島卓、おおしま・たく。日本の経営者。「日本ガイシ」社長。東京都出身。東京工業大学生産機械工学科卒業後、日本ガイシに入社。執行役員、常務などを経て社長に就任。また、中部経済連合会副会長、愛知県経営者協会副会長を務めた。

他の記事も読んでみる

桜井博志

日本酒業界は希少性にとらわれすぎだと思います。「幻の酒」という言葉がありますよね。しかし、3回に1度ぐらいは手に入らないと、本当の幻になってしまう。供給が続かなければ、ブランドは維持できません。


金森重樹

欲望を遠ざけることは、大人にとっても有効です。そこで普段の暮らしの中で、「もし~したら、その時は~しよう」というプランを用意しましょう。毎朝ついテイクアウトのコーヒーを飲んでしまうなら、「コーヒー店の近くを通ったら、反対側の道を歩こう」と準備するのです。すると、冗費の節約がしやすくなります。


小宮一慶

上手くいっていない会社のトップは数字に弱いのはもちろん、数字を大雑把に、適当にしか把握していないから、桁が違っていても気づきません。把握しているといっても、自分の都合のいいように解釈しているだけという場合が多いのです。数字の桁を間違えるのは仕事の出来ないビジネスマンにも共通しています。これは学歴とは関係ありません。


堀義人

リーダーに必須の能力は3つ。様々なビジネスに関わる知識や定石を身につける「ビジネスフレームワーク」、的確に状況を分析し、本質を捉えて行動する「コンセプチュアルスキル」、人間的魅力があり、伝える力がある「ヒューマンスキル」です。コンセプチュアルスキルは「考える力」、ヒューマンスキルは「人を巻き込み、引っ張る力」と考えてください。


フィニアス・バーナム(P・T・バーナム)

周りの人が中途半端な仕事しかしないのに、自分が徹底的に仕事をしたことで、大儲けした人は実際少なくない。ビジネスで成功するには強い野心とエネルギーと努力が欠かせない。


鳥越淳司

「大企業出身者が地道な仕事をどこまでやれるか」という疑いを解くため、まず自分で豆腐を作れるように、深夜まで職人さんと修業した。
【覚書き|雪印を辞め、妻の実家の相模屋に入社した当時を振り返っての発言】


小笹芳央

これからの時代は、一人ひとりが人生やキャリアについて考えることが求められる。


大河原愛子

男性と女性は異なりますから、その違いを受け入れていかなければ、本当のダイバーシティはありません。


和田秀樹

他人の好意をあてにする、いわゆる甘えは立派なスキル。素直に甘えられる人は、コミュニケーション能力が高く、ビジネスの場で多くの人に可愛がられる。甘え上手は必ず出世する。実際に成功している人の多くは、甘え上手なんです。よくベンチャーの若手社長が「ジジ殺し」なんて呼ばれ、目上の大物から可愛がられていますよね。


萩本欽一

僕は「石の上にも5年」と考えて耐えました。なぜって、我慢こそが「運」を呼び込むからです。


森川桂造

とにかく両親は自由に育ててくれました。自由に運動する、駆け回る、遊び回るという情操教育のようなものが、私が生きる上でのベースになっているような気がします。


竹田和平

知識で人は育たない。知恵を高めるには、とにかく物を考えること。真剣に考え抜くと、何かの局面で役に立つ知恵が生まれる。


御手洗瑞子

編み直しは、編み手さんにとっては大変です。だから、「う-ん、残念!」と、できるだけ明るく伝えて、前向きな雰囲気をつくるようにしています。


ケビン・シストロム

インターネット界の「ニュートンの法則」はもう築き上げられたけど、この3年でそれが新しい法則の攻撃にさらされていると感じる。インターネットとともに育って、今あることはこの先もずっと続くと思っていた者にとっては、すごいことが起きてるんだ。オンライン上のふるまいが変化していることを示す、本質的な例がいくつか出てきている。


マーク・ベニオフ

顧客の声に耳を傾け、素早く対応し、ビジネスを透明化する。顧客と深くつながるIoT時代だからこそ、企業の最大の課題は、顧客との対話を通じて信頼を得ること。


ページの先頭へ