名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大島さくら子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大島さくら子のプロフィール

大島さくら子、おおしま・さくらこ。日本の英語講師、語学ライター。慶應義塾大学法学部、テンプル大学ジャパン、学習院女子短期大学をそれぞれ卒業。オックスフォード大学に留学。サンリオ勤務を経て英語講師になる。英語学習関連本を多数執筆。

大島さくら子の名言 一覧

勉強を毎日の習慣にするためには、モチベーション管理も重要。できるだけ明確な目標を立てるのがポイントです。


英語ができれば仕事の幅だけでなく、視野も広がります。すぐに結果が出ないからといって諦めず、コツコツと続けていってください。


私自身、「通訳になる」というのが当初の英語学習の原動力でした。テレビで外国人タレントの話す英語をすらすらと同時通訳する自分を思い描きながら、日々「素振り」を繰り返したものです。


私は常に受講生に「5分でもいいから毎日英語に触れてください」と伝えていますが、それも難しいなら「テキストに触るだけでもいいです」と言います。これならハードルがぐっと下がりますし、実際にテキストに触ったら「じゃあ単語の一つでも覚えるか」となるものです。英語学習を歯を磨くのと同じように「毎日の習慣」にできるのが理想ですね。


英語は「今日勉強して、明日すぐに使えるようになる」ものではありません。とにかく時間がかかります。野球選手が素振りを繰り返すように、英語学習における「素振り」を日々続ける必要があります。「素振り」というのは、単語やフレーズを繰り返し書くことや文章を音読することなどです。


TOEICの問題集は、あれこれ手をつけずに一冊に絞ること。一冊を繰り返すことで自分の弱点が明確になり、それらを克服していくことがスコアアップにつながります。


ビジネスパーソンにお勧めなのは、やはりTOEIC。TOEICは、ビジネスに特化した英語でのコミュニケーション能力をはかる試験なので、ビジネス英語学習に適しています。また、スコアによって、自分の英語レベルがわかり、続けて受験することでどのくらい上達しているかがわかりやすく、モチベーションを維持する上でも有効です。


ビジネス英語で大切なことはまずは語彙をどんどんインプットすること。インプットなくしてアウトプットはありません。一般的に日本人はリスニングが苦手と言われていますが、多くの場合、その原因は語彙力の不足。知らない単語は何回聴いても聴こえてくることはありません。逆に言えば、語彙を増やしリーディング力を鍛えることでリスニング力を効率的に伸ばすことができるのです。


「ビジネス英語は難しい」そう思っている方は多いでしょう。だとしたらまず、その苦手意識を取り払って、自信を持つところから始めてください。すでに持っているご自分の日本語でのビジネスの知識や経験が大いに助けになると同時に、ビジネスの現場で使われる単語やフレーズは決まったものが多く、実は意外と難しくないのです。


大島さくら子の経歴・略歴

大島さくら子、おおしま・さくらこ。日本の英語講師、語学ライター。慶應義塾大学法学部、テンプル大学ジャパン、学習院女子短期大学をそれぞれ卒業。オックスフォード大学に留学。サンリオ勤務を経て英語講師になる。英語学習関連本を多数執筆。

他の記事も読んでみる

伊藤正裕(起業家)

チャンスとばかりに、あれこれ話したくなる気持ちはわかります。しかし、まずは相手の都合を優先して話すべきです。


スガシカオ

プロダクトアウトしかできない人は、マーケットインの人を一人そばに置いておく必要がある。


森田仁基

もともと僕は社員たちとランチをしたり飲みに行ったりするのが好きで、何気ない会話の中から「この人にはこんな強みがあるんだな」ということを頭に刻んでいました。だから比較的すぐに、適性のある社員の情報を引き出せたのです。実は、「モンスト」の初期メンバーも、こうした日頃のコミュニケーションから常々目をつけていた人たちでした。


峰岸真澄

今後、10年、20年の期間で考えると、タイミングや決断の速さがとても重要になるはずです。


酒巻久

若いころは優秀だった人が、40代になってから伸び悩む。そんな事例を私はたくさんみてきました。少し厳しい言葉になりますが、どんなに優秀な人でも、チームマネジメントができなくては使いものにならなくなってしまうのです。


五百田達成

自分とは違う価値観に触れると、そのたびに驚きや発見があり、知識も増えます。「こんな考え方もあるのか!また視野が広がった」と捉えることで、楽しさを感じられるでしょう。その要領でいけば、これまで「つまらなくて苦痛だ」と感じていたさまざまな場面が、新しい意味をもち始めます。


工藤公康

子供のころ、僕のうちは貧乏で、洋服はもちろん、学校で使う習字道具から絵具箱に至るまで兄貴のお古でした。玩具を買い与えられたわけでなく、おやつもあるわけでなし。食卓で牛肉にありついた記憶は、ほとんどありません。しかし、貧乏だったことで、うちにこもってゲームに興じることなく野山を駆け回り、粗食が頑丈な肉体をる繰り上げました。そんな生活が気持ちを強くさせ、それを根本にこれまで頑張ることができたんだと思います。


米山明日香

トランプ大統領の英語が人々の心に届いた理由のひとつが、頻繁に感謝を口にして、人をおだててやる気にさせるのが上手いこと。人たらしの術に極めて長けている。


浜田宏一

膨大な資料だったら速く読む必要がありますが、それはどこを省略して読まないかを素早く判断することでもあります。速く読めても大事なポイントを飛ばしたらいけない。私は「序論と結論だけを見て問題意識を持って読め」と学生に言っています。ものによっては量だけ読めばいいわけではない。数学の本なんて、速くたくさん読んでも分かるようにならない。ゆっくり注意して読むことが必要です。


ジェレミー・ハンター

今、自分が出している結果には、自分の行動や習慣を改めるための情報が豊富に詰まっている。


吉野真由美

担当者に電話がつながったら、まず自分について名乗るわけですが、その際に重要なのが、「自分が提供できるメリットを際立たせること」と「自社のブランド化」です。15秒程度で短く伝えます。簡潔に、かつ確実に要点を伝えることで、顧客は「まず話を聞いてみよう」という気になるのです。


渡邉美樹

自分と他人の個性をうまく組み合わせて、チームとしてのパフォーマンスを最大化するのが、リーダーの仕事。