名言DB

9429 人 / 110879 名言

大島さくら子の名言

twitter Facebook はてブ

大島さくら子のプロフィール

大島さくら子、おおしま・さくらこ。日本の英語講師、語学ライター。慶應義塾大学法学部、テンプル大学ジャパン、学習院女子短期大学をそれぞれ卒業。オックスフォード大学に留学。サンリオ勤務を経て英語講師になる。英語学習関連本を多数執筆。

大島さくら子の名言 一覧

勉強を毎日の習慣にするためには、モチベーション管理も重要。できるだけ明確な目標を立てるのがポイントです。


英語ができれば仕事の幅だけでなく、視野も広がります。すぐに結果が出ないからといって諦めず、コツコツと続けていってください。


私自身、「通訳になる」というのが当初の英語学習の原動力でした。テレビで外国人タレントの話す英語をすらすらと同時通訳する自分を思い描きながら、日々「素振り」を繰り返したものです。


私は常に受講生に「5分でもいいから毎日英語に触れてください」と伝えていますが、それも難しいなら「テキストに触るだけでもいいです」と言います。これならハードルがぐっと下がりますし、実際にテキストに触ったら「じゃあ単語の一つでも覚えるか」となるものです。英語学習を歯を磨くのと同じように「毎日の習慣」にできるのが理想ですね。


英語は「今日勉強して、明日すぐに使えるようになる」ものではありません。とにかく時間がかかります。野球選手が素振りを繰り返すように、英語学習における「素振り」を日々続ける必要があります。「素振り」というのは、単語やフレーズを繰り返し書くことや文章を音読することなどです。


TOEICの問題集は、あれこれ手をつけずに一冊に絞ること。一冊を繰り返すことで自分の弱点が明確になり、それらを克服していくことがスコアアップにつながります。


ビジネスパーソンにお勧めなのは、やはりTOEIC。TOEICは、ビジネスに特化した英語でのコミュニケーション能力をはかる試験なので、ビジネス英語学習に適しています。また、スコアによって、自分の英語レベルがわかり、続けて受験することでどのくらい上達しているかがわかりやすく、モチベーションを維持する上でも有効です。


ビジネス英語で大切なことはまずは語彙をどんどんインプットすること。インプットなくしてアウトプットはありません。一般的に日本人はリスニングが苦手と言われていますが、多くの場合、その原因は語彙力の不足。知らない単語は何回聴いても聴こえてくることはありません。逆に言えば、語彙を増やしリーディング力を鍛えることでリスニング力を効率的に伸ばすことができるのです。


「ビジネス英語は難しい」そう思っている方は多いでしょう。だとしたらまず、その苦手意識を取り払って、自信を持つところから始めてください。すでに持っているご自分の日本語でのビジネスの知識や経験が大いに助けになると同時に、ビジネスの現場で使われる単語やフレーズは決まったものが多く、実は意外と難しくないのです。


大島さくら子の経歴・略歴

大島さくら子、おおしま・さくらこ。日本の英語講師、語学ライター。慶應義塾大学法学部、テンプル大学ジャパン、学習院女子短期大学をそれぞれ卒業。オックスフォード大学に留学。サンリオ勤務を経て英語講師になる。英語学習関連本を多数執筆。

他の記事も読んでみる

勝間和代

波乱の時代だからこそ、私たち一人ひとりが挑戦し続けることが重要。現状から目を背け、逃げたり、諦めたりしても何も始まらない。


デービッド・アーカー

新しいサブカテゴリーが生み出せれば、市場のリーダーになれる可能性が十分にある。


水野美紀

「大手の事務所をやめるなんて、もったいない」「劇団運営なんて無理だろ」そんな声も聞こえてきましたが、結果を出して解決するしかない、と気にしませんでした。私、覚悟を決めると強いんです。男前なので(笑)。


前原金一

すべての国立大学がミニ東大、ミニ京大を目指してしまったが故に、特色の無い大学ばかりになってしまった。だから、そうではなく、大学側のミッションや特色、自分たちの学校が何のためにあるかということを明確に示す必要があると思います。


小川善美

もし自分でビジネスを起こしてみたいなら、まずは第一歩を踏み出すことです。失敗しても、命を失うわけではありません。失敗を怖れずに、まずチャレンジすることが、結果的には成功への第一歩だと思います。踏み出さないことには何も始まりません。


河合薫

「日本人って、ストレスに弱くなったのでしょうか?」。これまで何度もこう聞かれてきました。その度に私は、「弱くなったわけじゃない。ストレスの傘が減っただけです」と答えてきました。雨が降ったときに差す傘が、「自分の周り」に見当たらないのです。雨宿りをしようにも、休ませてくれる場所も余裕もない。皮肉なことに便利さを追求し続けた結果、かつては家庭、地域、職場に当たり前にあった傘がどこかにいってしまいました。そして、何よりも残念なのは、傘を手に入れるのが上手い一部の人たちが「個の確立」というマジックワードを乱用したことで、ちょっとだけ「へなちょこさん」が、生きづらい世の中になってしまったことです。


豊田一成

集中力とは、言葉を換えれば「緊張や不安を取り除いて、必要な力だけを引き出すこと」。そのイメージを意識の中で鮮明に思い描くことができれば、脳は「それが現実だ」と認識し、自然と最高のパフォーマンスを発揮できるようになる。これは特別な能力ではなく、トレーニングと技術で身につくもの。もちろん、一般のビジネスマンの仕事にも応用できます。


トニー・ブザン

過去から未来までを見通したうえで、来年の計画を考えましょう。来年のことだけを考えるより、グンと視野が広がり、思考も深まるはずです。


黒川康正

時間は「あるかないか」ではなくて、「作るか作らないか」で考えましょう。どんなに忙しくても勉強時間を作ろうと思えば、必ず作れる。


佐野章二

創刊からの累計販売部数は約500万部です。随時、160名ほどのホームレスが路上で『ビッグイシュー日本版』を販売しており、過去、149名のホームレスが就職を果たしました。