名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大岩俊之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大岩俊之のプロフィール

大岩俊之、おおいわ・としゆき。日本の営業コンサルタント。「ロールジョブ」代表。愛知県出身。中京大学情報科学部卒業後、電子部品メーカーなどで法人営業に携わったのち独立。著書に『誰にも教えていない 営業のウラ技』『読書が「知識」と「行動」に変わる本』。

大岩俊之の名言 一覧

仕事ができる人ほど様々なジャンルの本を読んでいると感じます。とくに、歴史や哲学といったジャンルは成功者の必読書。


読んだ本の内容を身につけるには、アウトプットする習慣を持つこと。読んだら誰かに、その内容について話すのです。


良い本は何度も読むことで自分の血肉となる。そんな本に出合うためにも、まずは読書習慣を身につけましょう。


リアル書店では世間の流行を把握できるというメリットもあります。話題になっている本は目立つ位置に平積みされています。どんな人がどんな本を手に取って見ているのか、観察してみても面白いでしょう。


「読み始めたら全部読まねばならない」という思い込みは大きな間違い。そもそも、本はなんのために読むのでしょうか。買って手元に置いておくためではありませんね。知識・教養として、情報を役立たせるためです。そう思えば、「全部」を読むことにこだわる必要はありません。とくにビジネス書などは、ダラダラと読むよりはメリハリをつけて、どこが大切か、要点を探しながら読むべき。


最近はAmazonなどのネット書店が主流になりつつあります。買いたい本が決まっているときや、急ぎで本が必要なときなどはとても便利だと思います。しかし、「自分に必要な本を探す」ためには、リアルな店舗に足を運ぶべきだと私は考えます。リアル書店ならば、「なんとなく棚を眺めていたら目について、手に取ってみたら最高に面白い本だった」という出合いがあるわけです。私の場合、大げさな言い方かもしれませんが、自分の興味のある本は光って見えます。


「成功者はみな本を読んでいる」とよく聞きますが、私も仕事の中でそれを実感することがあります。私はセミナーや研修の講師、営業コンサルタントの仕事をしていますが、他のセミナー講師、研修講師で売れっ子のエースたちや売れる営業マンは共通して読書の習慣を持っているのです。一方で仕事が取れない講師は、本を読まない人が多いと感じています。


大岩俊之の経歴・略歴

大岩俊之、おおいわ・としゆき。日本の営業コンサルタント。「ロールジョブ」代表。愛知県出身。中京大学情報科学部卒業後、電子部品メーカーなどで法人営業に携わったのち独立。著書に『誰にも教えていない 営業のウラ技』『読書が「知識」と「行動」に変わる本』。

他の記事も読んでみる

塙昭彦

いきなり知恵を出せる人は少ないのではないかと思っています。しかし、汗はだれでもかくことができる。私はなかなか知恵を出せない分、人に負けないくらいの汗をかいてきました。


石川康晴

学校を出て、紳士服店で働きました。その後約3年近く修行という名のもと、アパレルでの仕事をして23歳のときにクロスカンパニーを創業しました。


小林喜光

私はこれまでの会社生活の中で、やりたくないことにはNOを言い続け、やりたいことには手を挙げ続けてきました。なぜそれができたかと言えば、捨てることができるからです。そして、捨てられない男はダメな男だと私は思っています。


大隈重信

男性だけが活躍する社会は国力の半分を無駄にしている。


南場智子

マッキンゼー時代、上司に「南場さんは厳しすぎる。相手(部下)に逃げ道を作ってやるべき」と指摘されたことがあります。嫌だ、逃がしてどうする、と答えると、「ならば言いたいことをすべて言った後、最後にニコッと笑ってみてはどうか?」とアドバイスを受けました。若い頃は言われたことがよく分からなかったのですが、これは実行するとなかなか良い感じになります。人格を否定しているわけでもなく、その人が嫌いになったわけでもないのに、ガルルッと言いすぎると相手は全否定された気持ちになってしまいます。しかし最後に笑顔を送ることで、問題は「こと」であって、「ひと」ではない、ということが伝わるのでしょう。そして笑顔は人を遠ざけません。


竹田和平

株で失敗する人は多いけれど、みんな明日の夢ばかりを買いすぎるのが原因だと思います。だからケガをする。多くの人がみんな夢ばかりを追うので、夢のない会社の株は、本来の内容に比べて圧倒的に安い値段で叩き売られる。それがいまの日本です。だけど世間の人がどう思おうと、割安で買える株があるなら、僕は黙ってそれを買うだけです。


星野佳路

米国留学中、本ではなく、授業中に配られるプリントで山ほど読み、経営学の主要な論文の内容を頭に入れました。今も書店に行って、新しい経営学の本を見つけるたびにめくっています。音楽の好きな人が、新しい音楽が発売されるたびに聴くのと似た感覚だと思います。


川邊健太郎

スマホの時代になれば、いろいろなゲームのルールがご破算になる。ですからもう一回、ゲームのルールをつくるところからやります。グーグルとかアップルはそれに気づいてOSからやった。我々は引き続きサービスのエリアでやっていきます。


河村恭輔(経営者)

「あそこに頼んだらいいよ」と、お客さまに選ばれる会社、日本一のサービスを提供できる会社にすることが私の夢。各分野でプロを養成して、どんな問題にも対応できる会社にしたい。


永守重信

稟議書の決裁も、これまではひとつひとつボールペンでコメントを書いていましたが、似たようなことを繰り返し書いていることが多いと気づいた。分析してみると、7割が「見積もりの金額が高いのでネゴ(交渉)しなさい」といった、頻繁に使う10パターンくらいのコメントに絞られました。それを判子にして押すようにしたら、それだけで30分の作業が3分になった。


アイルトン・セナ

期待感や目的を遂げて最高の走りで最高の結果を出そうとする気持ちが、僕にある種の力を与えてくれることがある。


伊藤謙介

タイタニック号は氷山の海面上に見えている部分だけを見て、たいしたことはないと考えて進んだのです。ところがその氷山は、実はとても大きく、海面下には巨大な氷塊があった。だからぶつかったら、当時最大の豪華客船だったにもかかわらず、もろくも沈んでしまった。会社は、たとえて言えばこの氷山にあたります。海面上に出ている部分は業績や規模、資金力など、数字で表された「見える部分」です。もちろんこれはこれで大切な部分ですが、しかし、会社の本当の力というのは、海面下の「見えていない部分」にこそあります。この海面下の「見えていない部分」が社員の持つエネルギー、情熱や熱意です。つまり、会社の本当の力は、表面の数字だけを追っていても分からない。「見えていない部分」こそが大事というわけなのです。