名言DB

9412 人 / 110637 名言

大岩俊之の名言

twitter Facebook はてブ

大岩俊之のプロフィール

大岩俊之、おおいわ・としゆき。日本の営業コンサルタント。「ロールジョブ」代表。愛知県出身。中京大学情報科学部卒業後、電子部品メーカーなどで法人営業に携わったのち独立。著書に『誰にも教えていない 営業のウラ技』『読書が「知識」と「行動」に変わる本』。

大岩俊之の名言 一覧

仕事ができる人ほど様々なジャンルの本を読んでいると感じます。とくに、歴史や哲学といったジャンルは成功者の必読書。


読んだ本の内容を身につけるには、アウトプットする習慣を持つこと。読んだら誰かに、その内容について話すのです。


良い本は何度も読むことで自分の血肉となる。そんな本に出合うためにも、まずは読書習慣を身につけましょう。


リアル書店では世間の流行を把握できるというメリットもあります。話題になっている本は目立つ位置に平積みされています。どんな人がどんな本を手に取って見ているのか、観察してみても面白いでしょう。


「読み始めたら全部読まねばならない」という思い込みは大きな間違い。そもそも、本はなんのために読むのでしょうか。買って手元に置いておくためではありませんね。知識・教養として、情報を役立たせるためです。そう思えば、「全部」を読むことにこだわる必要はありません。とくにビジネス書などは、ダラダラと読むよりはメリハリをつけて、どこが大切か、要点を探しながら読むべき。


最近はAmazonなどのネット書店が主流になりつつあります。買いたい本が決まっているときや、急ぎで本が必要なときなどはとても便利だと思います。しかし、「自分に必要な本を探す」ためには、リアルな店舗に足を運ぶべきだと私は考えます。リアル書店ならば、「なんとなく棚を眺めていたら目について、手に取ってみたら最高に面白い本だった」という出合いがあるわけです。私の場合、大げさな言い方かもしれませんが、自分の興味のある本は光って見えます。


「成功者はみな本を読んでいる」とよく聞きますが、私も仕事の中でそれを実感することがあります。私はセミナーや研修の講師、営業コンサルタントの仕事をしていますが、他のセミナー講師、研修講師で売れっ子のエースたちや売れる営業マンは共通して読書の習慣を持っているのです。一方で仕事が取れない講師は、本を読まない人が多いと感じています。


大岩俊之の経歴・略歴

大岩俊之、おおいわ・としゆき。日本の営業コンサルタント。「ロールジョブ」代表。愛知県出身。中京大学情報科学部卒業後、電子部品メーカーなどで法人営業に携わったのち独立。著書に『誰にも教えていない 営業のウラ技』『読書が「知識」と「行動」に変わる本』。

他の記事も読んでみる

高野研

いかに継続するかが大切。地道に続けることで安定性を評価していただき、それが信頼に繋がっている。


久保華図八

「利より信」を続けていると、幸せにする範囲も広がっていきます。毎朝の清掃活動では、お隣の店前や道路も併せて掃除をする。地域の行事やボランティアにも、積極的に参加する。そうした地道な取り組みから、好循環が生まれ始めました。


萩本光威

現在の日本のラグビー教育は、南半球型の「ぶつかるラグビー」が主流です。その理由は、短期間でチームづくりがしやすいこと、ニュージーランドの「オールブラックス」やオーストラリアの「ワラビーズ」の強いイメージなどが考えられます。でも、国内の学生や社会人のリーグで通用しても、世界では体格差で歯が立ちません。しかも、アマチュアレベルの修得なので、状況が目まぐるしく移り変わる実戦では、使えないものばかりなのです。いったんフォーメーションが崩れると、パニックになってしまう選手もいます。これではいけないと思った私は、若いうちから実戦で使えるラグビーを覚える必要性を感じたのです。


ジョージ・バークリー

存在するとは、知覚されるということである。


藤野道格

最初は誰もが「前例がない」「聞いたことがない」と懐疑的でした。我々の試験を見ていた米国ボーイングの技術者たちも「ホンダは何をバカなことをやっているんだ」と話していたくらいです。それでも、シミュレーションを繰り返し、最終的に最適配置を見つけることができました。
【覚書き|ホンダジェット開発時を振り返っての発言。航空機はエンジンを機体後部につけるのが当たり前だったところを、機体中央に配置することによって高速飛行時の巡航効率を高め、機内スペースを広くすることに成功した】


藤本秀朗

社内の飲み会で、ある程度皆に飲ませてから「きょう来ている人の中で一番信頼されているのは誰々と思う?」と聞くと、「○△さんです」と答える。逆に「嫌われているのは誰だ?」と聞くと「×○さんです」という答えが返ってくる。この両方に名前が出てくるのが、将来偉くなる人物だ。尊敬されるわけでもなく、嫌われてもいない人は箸にも棒にもかからない。


中山茂

「いつ来るか?それは神のみぞ知る話だが、必ず来る」(円売りの巨大バブルが膨らみ続けていた時期に、いつバブルが崩壊するかと問われ)


中原淳

耳の痛いことを伝えるとき、「どんな状況で」「どんな振る舞いをしたことで」「どんな影響があった」かをセットで伝えると、部下が話の内容を理解しやすくなる。


経沢香保子

今は、よく寝て、よく食べ、よく睡眠をとり、健康でいることを心がけています。何もしていないと不安になるので、空いた時間を作らないようにして、つねに挑戦しポジティブであるようにしています。


前田新造

資生堂は135年もの歴史を持つ企業です。これほど長い期間存続できたのは、資生堂に対するお客様の篤い信頼があったからこそですが、ここ10年、20年というスパンで見ると、市場シェアは徐々に下がってきていました。いまこそ、お客様の信頼を取り戻さなければならない。組織全体が現場から学び直す姿勢を強く持たなければならない。社長に就任して以来、思い切った改革を進めてきた目的はまさにそこにありました。


柏木理佳

まったく別の産業で働いてみたい場合、チャレンジするのは強みです。通常、企業側は、未経験者の正社員採用には躊躇しますが、派遣社員や契約社員なら、異業種からの応募者でも試してみようとするでしょう。職業経験が浅い人ほど、業界・職種にこだわらず、思い切ってチャレンジすべきです。それが、好きな仕事に就くための第一歩なのです。


内藤誼人

業種によって、求められる会話術は違いますよね。販売の人なら親しみやすさ、明るさ、礼儀正しさが大事。でも経理担当者なら信頼感や正確さのほうが重要かもしれない。あるいは管理職と一般社員でも違うでしょう。それなら自分の職場で一番高く評価されている人を、そのまま自分のモデルにしてしまえばいい。


安田隆夫

企業の成長をめざすうえで、売り上げを伸ばすのか利益を重視するのかという議論がなされる。しかし私は、二者択一の問題ではなく、両方を同時に追求すべきだと考えている。なぜなら、売り上げが利益の源泉だからにほかならない。経営の現場にあっては、いつでも「OR」ではなく「AND」を狙うということだ。


赤塚保正

「できない」と思い込んで踏みとどまらず、「まずはつくってみよう」と行動に移すことが大切。


松沢幸一

第三のビールへの流れは止まりません。それがお客様の意向です。「のどごし<生>」は味のバージョンアップを試みて、さらにお客様の指示を伸ばします。さらに、別の魅力を持った商品も出していきます。