大岩俊之の名言

大岩俊之のプロフィール

大岩俊之、おおいわ・としゆき。日本の営業コンサルタント。「ロールジョブ」代表。愛知県出身。中京大学情報科学部卒業後、電子部品メーカーなどで法人営業に携わったのち独立。著書に『誰にも教えていない 営業のウラ技』『読書が「知識」と「行動」に変わる本』。

大岩俊之の名言 一覧

仕事ができる人ほど様々なジャンルの本を読んでいると感じます。とくに、歴史や哲学といったジャンルは成功者の必読書。


読んだ本の内容を身につけるには、アウトプットする習慣を持つこと。読んだら誰かに、その内容について話すのです。


良い本は何度も読むことで自分の血肉となる。そんな本に出合うためにも、まずは読書習慣を身につけましょう。


リアル書店では世間の流行を把握できるというメリットもあります。話題になっている本は目立つ位置に平積みされています。どんな人がどんな本を手に取って見ているのか、観察してみても面白いでしょう。


「読み始めたら全部読まねばならない」という思い込みは大きな間違い。そもそも、本はなんのために読むのでしょうか。買って手元に置いておくためではありませんね。知識・教養として、情報を役立たせるためです。そう思えば、「全部」を読むことにこだわる必要はありません。とくにビジネス書などは、ダラダラと読むよりはメリハリをつけて、どこが大切か、要点を探しながら読むべき。


最近はAmazonなどのネット書店が主流になりつつあります。買いたい本が決まっているときや、急ぎで本が必要なときなどはとても便利だと思います。しかし、「自分に必要な本を探す」ためには、リアルな店舗に足を運ぶべきだと私は考えます。リアル書店ならば、「なんとなく棚を眺めていたら目について、手に取ってみたら最高に面白い本だった」という出合いがあるわけです。私の場合、大げさな言い方かもしれませんが、自分の興味のある本は光って見えます。


「成功者はみな本を読んでいる」とよく聞きますが、私も仕事の中でそれを実感することがあります。私はセミナーや研修の講師、営業コンサルタントの仕事をしていますが、他のセミナー講師、研修講師で売れっ子のエースたちや売れる営業マンは共通して読書の習慣を持っているのです。一方で仕事が取れない講師は、本を読まない人が多いと感じています。


大岩俊之の経歴・略歴

大岩俊之、おおいわ・としゆき。日本の営業コンサルタント。「ロールジョブ」代表。愛知県出身。中京大学情報科学部卒業後、電子部品メーカーなどで法人営業に携わったのち独立。著書に『誰にも教えていない 営業のウラ技』『読書が「知識」と「行動」に変わる本』。

ページの先頭へ