名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大岡新一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大岡新一のプロフィール

大岡新一、おおおか・しんいち。日本の撮影技師、特撮の監督、経営者。ウルトラマンなどで知られる円谷プロダクション社長。東京出身。慶應義塾大学法学部中退後、円谷プロダクションに入社。帰ってきたウルトラマンなどの撮影に参加。その後、フリーカメラマンなどを経て、特撮監督として活躍。2008年からは社長として同社の再建にあたった。

大岡新一の名言 一覧

円谷プロの経営を立て直す中で私が最も気を付けたのは、社員が疑心暗鬼に陥らないよう、経営情報を共有することでした。その際には、なるべく肉声で語りかけるようにしました。円谷プロは社員約80名のコンパクトな組織です。年末や年初、期が変わる際、また経営上で大きな変化があったときには、会議室に本社勤務の社員全員を集めて、私から直接話をするようにしています。


そもそも私たちはエンターテインメントの作り手です。私たち自身が楽しんでいなければ良い作品はできません。ある意味で、それは考え方次第です。だから私は、ことあるごとに「面白がって仕事をしよう」「もっとワクワク、ドキドキしよう」と、みんなの尻を叩いています。その成果、社員たちは一時期に比べて元気になったし、面白い会社になってきたと思います。


円谷プロはウルトラマンのおかげで知名度が抜群に高い。そのため従来は受け身で、お行儀がいいというか、知名度にあぐらをかいている面がありました。そのうえさらに、消極主義が根付いていました。そこで私は「受け身の姿勢では生き残れない。最終責任は僕が持つから、もっと攻撃的に、提案型の仕事をやってほしい」と注文を付けました。


大岡新一の経歴・略歴

大岡新一、おおおか・しんいち。日本の撮影技師、特撮の監督、経営者。ウルトラマンなどで知られる円谷プロダクション社長。東京出身。慶應義塾大学法学部中退後、円谷プロダクションに入社。帰ってきたウルトラマンなどの撮影に参加。その後、フリーカメラマンなどを経て、特撮監督として活躍。2008年からは社長として同社の再建にあたった。

他の記事も読んでみる

ハワード・シュルツ

国営の低所得者共同住宅で暮らす子供たちは、自然にバランス感覚が身につく。いろいろな人たちと付き合わなければならないからだ。私は近所のユダヤ人やイタリア人、黒人の子供たちを呼び集めて、野球やバスケットボールのチームも編成し、プレーを楽しんでいた。人種の多様性について、誰からも教えてもらう必要はなかった。それが当たり前の生活だったのだ。


鈴木徹哉(経営者)

手帳は「自ら考え、目的を持って行動するために」使わなければいけません。漠然と仕事をこなす手帳では、自分も仕事も作っていくことができません。だから目的を果たすため、さらには行動を評価するために、月間ページを活用しています。具体的には、ページの左上に「今月のテーマ」を4~5つ並べ、そのテーマに沿った行動の内容のみ、週1回の割合で振り返りながら「毎日の記入欄」に記録していきます。その月が終わったら、テーマごとに行動した回数を集計し、1カ月を振り返って「今後のテーマや戦略」を練り直します。


井上慎一(経営者)

エッジが立っていて「刺さる言葉」こそ人の心に残る。刺さらなければ、その言葉は耳の右から入って左に抜けていくだけ。


松岡修造

取材で、「この人は本当にメンタルが強いな」と感じたのはごく数人です。多くの人はむしろ、何度も失敗して、その失敗から立ち直る中から心の強さを手に入れていくように思います。


越智直正

春と秋に新商品を出しますが、流行にこだわるより、まずは幅広い選択肢をお客様に用意して、実際に商品が動き始めてから調整した方がいい。売れ行きに応じて、売れたデザインや売れた色だけを追加していく。しかも、欠品を出さない。そうすることで需要を最大限に取り込み、ヒット商品を生み出すわけです。


加谷珪一

資格は常に制度変更の危険があります。億万長者はそういうリスクの高いものに頼らないのです。それより市場で自分の価値を認められるほうが、永続性が得られると考える。


佐々木常夫

自分の考えはコントロールできても、他者の考えをコントロールすることはできません。他者の考えることを、あれこれ不安に思ったり不快に思ったりしても、一向にらちがあきません。ですから職場の噂話も、気にする必要はありません。したい人にはさせておけばいい。あなたが間違ったことをしていないのであれば、自信を持てばいいのです。真実はいつも一つ。たとえ職場で悪い噂が広がったとしても、あなたが真摯な人間であれば、周囲の人たちは「あの人はそんなことはない」とわかってくれるでしょう。


永田豊志

図解で記憶すると、情報をまとまったストーリーとして理解・記憶できるので、いざ思い出そうとする時に、キーワードの1語をきっかけにして全体の情報を引き出しやすくなる。


藤井佐和子

多くの場合、相手への苦手意識はコミュニケーション不足によるものです。苦手と思っていた相手でも、話をしてみたら誤解だった、という経験はないでしょうか。仕事でも、情報が多いほどミスが少なくなるように、人間関係も、相手をよく知れば、苦手意識は薄れるものです。質問の内容は、仕事の話題よりも、子供のころの話や、ペットやお子さんの話題などがいいでしょう。その人自身は褒められなくても、子供時代のその人や、ペットやお子さんについてなら褒められますよね。そういう話題から少しずつ話をしていけば、苦手意識もやがて薄れていくはずです。


西浦三郎

社員に呼びかけていることは3つです。まず「正直にやろう」と。それと「あふれるばかりの当事者意識を持ってやろう」。3番目が「先を見た仕事をやろう」ということです。


堀江貴文

先を読むポイントは、個別の変化をつかむだけでなく、大局観を持つことです。それには歴史を勉強し、日頃から知識を積み重ねていくしかありません。事業でも投資でも、これらなくして成功をつかむことは無理でしょう。


野部剛

商談には5つのステップがあります。(1)事前準備(2)アプローチ(3)ヒアリング(4)プレゼン(5)クロージングです。受注・契約に至るには、この手順を間違いなく執り行うことが必要です。