名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大山梅雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大山梅雄のプロフィール

大山梅雄、おおやま・うめお。日本の企業再生家。経営者。ツガミ、宮入バルブ製作所、東京鉄鋼など数多くの企業再建を行った人物

大山梅雄の名言 一覧

「人間万事、塞翁が馬」ということわざは、「人間なんてなるようにしかならない。あくせくしたってはじまらない」というような意味に使われることがある。私はこれは間違いだと思う。私は「なるようにしかならない」人生ではなく「なるようになる」人生を作るために努力することの方が大事であろうと思う。


「できない」「もうこれでいい」「やるだけやった」と言うな。「これでもやり足りない」「いくらやってもやり足りない」と思え。一心不怠に努力すれば、努力した分だけ必ずよくなる。


経営者は会社の株を握っておけ。給料でなく配当で生活するのが経営者本来の姿。配当は家賃のようなもので、人の家(企業)を借りておきながら、家賃(配当)を払えないのなら、さっさと家から出ていけばよろしい。【覚書き:企業再建家としての経営者観を語った言葉。配当は業績が悪くなれば無配になり、逆に業績が良くなれば配当も増やせる】


入るを量って出(い)づるを制す。無駄を省き出費を抑えてカネを作り、それを有効に活用する。そのために当然、勉強やアイデアが必要となる。この必要という肥やしがあれば、カネという名の種はぐんぐん育つ。【覚書き|企業再建の最初歩を尋ねられたときのコメント。再建した企業の多くが前オーナーの放漫経営が原因だったためコスト増になっていた】


会社が赤字になるのはなぜか。入る金より出る金の方が多いからです。つまり「出るを制すれば」赤字は防げるのです。社用車の全廃、交際費のゼロに近い大幅削減、人件費の徹底節約をまず実施しました。さらに財務戦略として40億円の資本金を半分に減資して、20億円の減資差益を出しました。そのうえに茨城工場の跡地を売却して売却益を出し、借入金を返済することで金利負担を一挙に軽くしました。


企業の再建に限らず、人生の成功についても、私はコロンブスの卵が大事だと思っている。学歴や才能、あるいは運と言ったようなことが人生の成功を左右すると考えている人たちは、このコロンブスの卵に気付いていない人たちなのです。私にとってコロンブスの卵とは意欲を持つこと。何だそんなことかと言われるかもしれませんが、最初に意欲がなければ何事も成しえません。意欲を持って事に当たって成らざることは、この人生にはないと信じています。


出世しよう、重役になろう、社長になろう、金を儲けて家族を幸福にしよう。どんなことでもいいです。意欲を持ってやることです。同じ学歴、才能のある人間同士が同じような仕事をしていながら、最終的に差がついてしまうのは、意欲の持ち方の差である。


人間は長期間苦しさには耐えられない。苦労が長いこと続くと嫌気がさしてしまうものだ。私の「二年間で復配」宣言はそれくらい短期間でやらなければ再建は成功しないという読みがあったのです。三年計画、五年計画では長すぎて、社員の我慢の限界を超えてしまうのです。宣言通り、二年目でツガミは復配にこぎつけました。二年間という目標期間を設定したことが、社員の勤労意欲となり、また復配宣言によって得意先の協力が得られたのです。


企業再建のやり方には自主再建と会社更生法によるものとがありますが、私はあくまでもツガミを自力で再建させたいと考えていました。更生法を適用してもらえば、負債をカットしてもらえるから会社としての負担は軽くなるが、それでは本当にその会社の力が付いたとは言えない。また、それによって犠牲を強いられる業者が出てくるのは、私の好みとするところではありません。私はまず融資してくれた下請け業者には全額私の責任で返済しました。それから社内組織の立て直しに着手したのです。


ツガミの企業再生は有言実行が功を奏したのです。何よりも下請け業者たちの理解と支援を得られたのが大きかったのです。借金をしたままでの再建では、彼らの協力は得られなかったに違いない。負債を返却することによって、私は彼らの信用を得、協力を得ることができました。「借りは作るな、貸越人生であれ」借りという負の状態では人は動かせない。また信念のない人に他人はついてこない。意欲を持って真正面からがっぷり四つに取り組む。これが私の企業再建人生なのです。


経費の出るを制するだけでは企業は立ち直れません。私自身が社長と営業本部長を兼任して、率先して得意先を回りました。また、同業13社の中で最低であった「一人当たり生産高」と「一人当たり売上高」を業界平均まで引き上げるために、設備の改善と社員のモラル向上を図りました。


世間には、我々が考えて「とてもできそうにもない」「不可能だ」と思えることをやり遂げた人が大勢いる。そういう人たちは、できる、やってみようと思ったからできたのです。不可能なことなどこの世の中にありません。あるのは「不可能だと思う自分の気持ち」だけです。


「大山さん、企業再建という大変な仕事を、よくこれまでやり遂げてこられましたね」人からよくこんなことを言われます。お世辞でも褒められれば悪い気はしません。しかし、私は自分が特別な才能や他人より優れた能力があって、企業の立て直しをやってこれたのだ、などと考えたことは一度もありません。私は自分を凡人の中の凡人だと思っています。私のしてきたことは、その気にさえなれば誰にでもできることばかりです。他人が気付かなかったこと、見落としていたことをずっとやってきただけなのです。


大山梅雄の経歴・略歴

大山梅雄、おおやま・うめお。日本の企業再生家。経営者。ツガミ、宮入バルブ製作所、東京鉄鋼など数多くの企業再建を行った人物

他の記事も読んでみる

宇治原史規

父は少なくとも僕に対しては放任でした。要は曲がったことをしなければ、また人に迷惑をかけたりしなければそれでよいという程度。「勉強しろ」とは一度も言われたことがありません。僕自身が両親からさんざん言われていたのは、「人の話は相手の目を見てしっかり聞け」ということ。それだけは素直に教えを守っていました。


渋沢栄一

重役は常に、会社の財産は他人の物である。といふことを深く念頭に置かねばならぬ。総て重役が其の地位を保ち其の職責を尽しているのは、必ず多数株主の希望に依るものであるから、若し多数人の信任が無くなった際は、何時でも其の職を去るのが当然のことである。


石川和則

中小企業の社長の悩みは何か。一見、資金繰りと思うかも知れませんが、それは2番目で、1番は人の確保。いい人材がなかなか育たない。挑戦することで自分の発見と自身の成長を確認できます。挑戦は無限の可能性を生み出し、冒険は人の心を成長させるのです。


品田英明

AGFに来て感じたのが、組織のセクショナリズムの強さ。改善に向けて、まずは部署ごと、その後は20~30人の人数で、社員を集めてミーティングを繰り返しています。できるだけ自分の生の声を伝え、情報の共有を図っています。


ロバート・キヨサキ

小さなことから始めればいい。よちよち歩きでいい。もちろん、一朝一夕にはいかない。努力も必要だ。だが、コツコツとやり続け、良いプランを立てて実行していけば、景気の良し悪しにかかわらず、あなたの将来の経済状態は、いまよりはるかに素晴らしいものになっているはずだ。


夏野剛

たくさんのことをこなせているのは、仕事も子育ても友人と飲むことも、みんな楽しいからでしょう。仕事でもプライベートでも、いましかできないことってたくさんあるじゃないですか。それはできるだけやりたいと思っているんです。だから時間の使い方については、若いころからかなり意識してきたつもりです。


小谷和朗

インドネシアに赴任してすぐにアジア通貨危機があり、1年以内に暴動や政変もあって、経営環境は最悪でした。その時に感じたのが、いかに現地で働く従業員をやる気にさせるかということ。そのためには会社が正しい情報を出して、従業員と誠実に話し合いを続けることしかありません。


鈴木啓太(サッカー)

事業の中核はアスリートをサポートすること。サッカー界から一度離れて、そこで得た知見や経験をもう一度サッカー界に役立てたい。


金丸恭文

リーダーは育てられるといえば育てられる、育てられないといえば育てられない。どちらも正解。天性のリーダーというのは確かにいます。これまでいろいろな経営者に会ってきましたが、会った瞬間にこの人はリーダーだと感じる人もいます。でもこういうリーダーは教えて育つものではありません。その一方で組織として考えた場合、リーダーを育てることは非常に重要です。天性のリーダーとは違うタイプですが、きちんと育成することで、会社を継続・発展させることができるのです。


江上治

セミナーや勉強会に参加したあと、上司から感想を聞かれ「あー、よかったです」で終わってしまう人がいます。何がよかったのか、自分の仕事や業界でならどう生かせるのかを考えなければ、せっかく学んだことが無駄になってしまいます。そうならないためにも、ビジネスパーソンの場合は、学びや気付きをアウトプットに結びつけるような習慣が必要になってきます。


稲葉善治

常に企業体質を強固に保っておくこと。要は企業も生物と同じで、勝ち続けなければ生存競争から脱落してしまいます。勝つにはどうしたらいいか、そのためには盤石の企業体質が必要。


フィニアス・バーナム(P・T・バーナム)

広告活動をする資金的余裕がないという人もいるだろう。しかしこれは逆だ。広告活動を「しない」余裕などない。農家が種をまいたら寝ている間にトウモロコシやジャガイモが育つ。広告も同じだ。自分が寝たり、食事したり、お客としゃべっている間に、広告は何千人もの人々に読まれているのだ。