名言DB

9419 人 / 110788 名言

大山敬義の名言

twitter Facebook はてブ

大山敬義のプロフィール

大山敬義、おおやま・たかよし。日本のM&Aコンサルタント。「日本M&Aセンター」常務。神奈川県出身。立教大学社会学部卒業。日本M&Aセンターに入社。同社M&Aコンサルタント、常務取締役総合企画本部長などを務めた。著書に『社長! あなたの会社、じつは……高く売れるんです!!』。

大山敬義の名言 一覧

最後くらいは楽しむために自分の人生を生きたらいい。地元の祭りなどで世話役をするとか、社会のため、家族・奥さんのため、ということでもいいでしょう。


会社は一代で終わるものではありません。自分が成し遂げられなかった大望は、後に続く者が引き継いで行ってくれることを見越して、「自分は捨て石になる」くらいの気概で次世代への後押しをしてほしいものです。


経営者には「辞める5年前には少なくとも前線から退きましょう」とアドバイスしています。物事を伝えるには5年くらいかかるからです。65歳で引退するなら、60になったら引きましょう。


引退5年前に前線から退きましょうというのは意味があって、社長が現場を握っていると物事が引き継がれないからです。社長の頭の中に会社の設計図が全部入っている。それを伝えないと、後に続く人たちがどうしようもない。社長がいなくても会社が回るようにするためには、それくらいの期間が必要なのです。


大山敬義の経歴・略歴

大山敬義、おおやま・たかよし。日本のM&Aコンサルタント。「日本M&Aセンター」常務。神奈川県出身。立教大学社会学部卒業。日本M&Aセンターに入社。同社M&Aコンサルタント、常務取締役総合企画本部長などを務めた。著書に『社長! あなたの会社、じつは……高く売れるんです!!』。

他の記事も読んでみる

稲盛和夫

今、この瞬間が未来につながり、未来の結果を左右する。


井筒廣之

私は常日頃、部下に対して「数表の中の数値を見るな。尻を見ろ」と言い、数表には必ず合計欄(尻)を設けさせています。製品別や地域別の数字よりも、全体の合計値にこそ、重要な意味が潜んでいることが多いからです。


澤田秀雄

人気がなかったものはやめるか、修正をして、いまも試行錯誤を続けています。内容は毎年よくしているので、お客様もまた来てくれます。


アレックス・ゴルスキー

我々がマーケットリーダーであるのか、もしくは既存技術に対して補完的な働きができる分野なのか。将来的に会社の競争力を高める方向に導いてくれるものか――。これらの基準に合致しない事業や技術は、むしろ他社の手にゆだねたほうが、事業そのものとしてはさらなる成長が期待できるのではないか。そういった事業を手放すことで、経営資源を集中させられるのではないか。


夏野剛

新しい価値を生み出すには、明確な意志、信念こそが欠かせない。固定観念を打ち破る強い意志が必要。


井上智洋

事務職と総合職なら総合職のほうが生き残りやすいのですが、人の言葉を理解する汎用AIが出てくると、それも危なくなってしまいます。そんななかで、生き残るだろうと思うのが、クリエイティビティ系、マネージメント系、ホスピタリティ系の「CMH」です。ただ、もちろんそこにもAIは進出してくるのでAIとの競争にはさらされます。全員、仕事がなくなるわけではありません。「CMH」のなかでもAIとの競争に勝ったスーパー労働者の人は残りますし、AIを導入する会社を運営する資本家は残ります。そんな社会になったらやっぱり富の再分配が必要になると思うんです。稼げる人には思いっきり稼いでもらって、稼げない人に分配してもらう。これまでは、中間層が分厚かったので反対する人も多かったですが、働きたくても働く場所がないわけですから、そうせざるを得ないと思います。


小笹芳央

「どうせ今回もダメだろうな」と嘆く代わりに、「やってみなければ分からない」と口に出してみましょう。するとあなたは、「どうすれば、うまくいくか」と考えるようになる。ここから行動が変わり始めます。


井上直樹(経営者)

とるべき戦略は、立ち位置や目線で変わってきます。国内だけを市場とするのか、アジアに向けて目を開くのか、それとも世界で勝負してくのか。


加藤浩次

今も納得いかない事件や意見が出た時は「俺はそう思いません」なんて青臭く言い放ってしまうこともありますけどね。ただ、以前は「狂犬」なんて冗談半分で呼ばれていたけれど、番組をひっくり返すほどの発言や「関係ねえ、やってやれ!」というほどのアナーキーさってもう俺の中には無いんですよ。きっとそれは俺が自分自身を疑いはじめたから、でしょうね。


ティモシー・フェリス

残業がイヤだとか、もっと楽をしたいとか言いながら、みんな自分でやらないと気がすまない人が多いですね。まずはその辺の意識改革から始めていきましょう。