名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大山康晴の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大山康晴のプロフィール

大山康晴、おおやま・やすはる。将棋のプロ棋士。公式タイトル獲得80期(歴代1位)、棋戦優勝44回(歴代1位)、通算1433勝(歴代1位)。十五世名人、および、永世十段・永世王位・永世棋聖・永世王将という、5つの永世称号を保持。将棋界初の文化功労者顕彰となった。

大山康晴の名言 一覧

盤上は心の鏡である。


体力に恵まれていますから、千五百局以上指していますが、一局も休んだことがありません。39年間皆勤賞ですが、これはすべていかに勝つかということだけに絞って生活しているからでしょう。酒もたばこもやめました。辛くても我慢には慣れています。


頭がきれる、または天才的な人。どの世界でもこういう人がトップになると思いがちですが、案外このタイプは二番手のことが多いものです。社長じゃなくて副社長という感じで。なぜか天才肌の人は良い時は100点を取るが、ガタっとゼロとは言わずとも50点以下をとったりする。こんな不安定ではトップの社長なんて任せられませんでしょう。


大山康晴の経歴・略歴

大山康晴、おおやま・やすはる。将棋のプロ棋士。公式タイトル獲得80期(歴代1位)、棋戦優勝44回(歴代1位)、通算1433勝(歴代1位)。十五世名人、および、永世十段・永世王位・永世棋聖・永世王将という、5つの永世称号を保持。将棋界初の文化功労者顕彰となった。

他の記事も読んでみる

本庄八郎

物ごとの原理原則を守っていこう。


加藤好洋

相手を信じることが相手を変えることにつながる。


山中武志

当初のシェアハウスは安い、家具付き、敷金礼金がない、など利便性に注目が集まりました。しかし、今ではそういったハードだけではなく、イベント、パーティーなどのコミュニケーション、ソフトという付加価値、それにライフスタイルを提供するようになっています。


佐藤将之(コンサルタント)

おもてなしとよく聞きますが、提供する側に余裕がなければ本当のおもてなしはできない。大事なことは仕組みづくりなのです。


上野和典

自分が主体となってトライ&エラーを繰り返すことは、自分の実力値を知ることにもつながります。「自分の企画した商品がこれだけ売れた」「結構儲かるものだな」といったように、自分が稼げる範囲がわかるのです。自分の実力値を知ることで、「これくらいの失敗だったら、次で挽回できそうだ」といったリスクヘッジの能力も身につきます。


東和浩

これから10年の新しい金融サービス業のモデルを考えないといけません。それには銀行にこだわらない新しい発想が必要です。


古川裕倫

嫌な上司とダメ上司には目をつぶることです。性格はそう簡単に変わるものではないし、能力のない上司がいまさらできる人になる確率も恐ろしく低いのです。


熊平美香

リフレクションカを自分のものにするには、よかったこと、悪かったこと含め、過去をとにかく振り返ってみてください。重要なのは、何事も取り掛かる前に「意図」を持つことです。意図どおりの結果になったかどうかを振り返り、それに対する答えがYESでもNOでも、なぜそうなったのかを考えるのです。次に、何を変えればいいか、逆に何を変えずにおくべきかという仮説を立てる。これが次の行動における意図となります。その仮説をもって、新たな行動に向かう。これは自分の行動に関する「仮説→検証」のPDCAサイクルを回し続けることにほかなりません。


小田玄紀

人材の確保は、それぞれご縁と言ってしまえばそれまでなのですが、まずその事業をやると決めて色々な人に会っていくと、たまたま適任者が見つかって来ていただく。そういう傾向があります。(仮想通貨の)ビットポイントでも、楽天証券で情報システム本部長だった人がCTO(最高技術責任者)でシステム開発を指揮してくれています。


隈研吾

江戸というのは世界のコンパクトシティーのひとつのモデルです。あれだけ人口規模が大きく、人口密度が高かったにもかかわらず、その中でヒューマンスケールな街が実現したという例は、世界の都市史の中でも例がない。さらに、水のネットワークと地上のネットワークとのスムーズなつながりなど、多くのヒントが隠されています。僕らが東京というものをもう一度、世界に売り出す時に、江戸の路線はうまく隠し味で使いたいですね。


大山健太郎

アイリスの打ち合わせは顔をつきあわせて短時間で済ませる。長くても15分程度です。必要な人材をぱっと集めて話し合い、すぐに決断して行動に移す。これがアイリス流の会議です。


カーリー・フィオリーナ

目標のためにすべての手段が正当化されるわけではない。汚いやり方で成功を収めても、自分たちの仕事に自信と誇りを持つことはできない。国際事業では、とりわけ高い規範が必要である。モラルだの行動規範だのといったことは、口ではいくらでもきれいごとを言える。だが行動がそれを裏切ったら、誰も規範など守らないだろう。