名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

大山康晴の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大山康晴のプロフィール

大山康晴、おおやま・やすはる。将棋のプロ棋士。公式タイトル獲得80期(歴代1位)、棋戦優勝44回(歴代1位)、通算1433勝(歴代1位)。十五世名人、および、永世十段・永世王位・永世棋聖・永世王将という、5つの永世称号を保持。将棋界初の文化功労者顕彰となった。

大山康晴の名言 一覧

盤上は心の鏡である。


体力に恵まれていますから、千五百局以上指していますが、一局も休んだことがありません。39年間皆勤賞ですが、これはすべていかに勝つかということだけに絞って生活しているからでしょう。酒もたばこもやめました。辛くても我慢には慣れています。


頭がきれる、または天才的な人。どの世界でもこういう人がトップになると思いがちですが、案外このタイプは二番手のことが多いものです。社長じゃなくて副社長という感じで。なぜか天才肌の人は良い時は100点を取るが、ガタっとゼロとは言わずとも50点以下をとったりする。こんな不安定ではトップの社長なんて任せられませんでしょう。


大山康晴の経歴・略歴

大山康晴、おおやま・やすはる。将棋のプロ棋士。公式タイトル獲得80期(歴代1位)、棋戦優勝44回(歴代1位)、通算1433勝(歴代1位)。十五世名人、および、永世十段・永世王位・永世棋聖・永世王将という、5つの永世称号を保持。将棋界初の文化功労者顕彰となった。

他の記事も読んでみる

松沢幸一

私は日々の努力の結果をすべて手帳に記録しています。具体的な目標を決めて、今日は目標をどれだけクリアできたか、毎日書き込んでいます。手帳でもカレンダーでもいいので、とにかく努力の記録をつける。そうすると、頭が常にそれを意識するようになるんですね。これはかなり有効です。


田口三昭

この業界は変化が早い。我々には強固な基盤はない。次の打ち手を常に考える必要がある。


池田育嗣

誠心誠意。約束したことは守る。やはり我々の基本は「信用と確実」なんです。この“住友精神”を守ることで、社業も発展し、世界一の価値を提供できる。


島田洋七

サラリーマンでも、別に飽き性の人がいてもいいんちゃうかな。飽き性の人が同じ計算ばかりする経理部とかに配属されたら、その性格が欠点になるかもしれないけど、次々と新しいことを考えなければならない企画部に行けば、たちまち水を得た魚のように生き返り、ヒットメーカーになるかもしれない。


リチャード・ドッブス

まずは都市化の拡大に伴う新興国市場の成長を考慮して、経営資源の配分が適切かどうかをチェックすることが求められる。日本企業はこれまで東南アジアや中国に経営資源をうまく配分してきたと思うが、その日本企業でも、今後30年の人口増加の4分の3が新興国市場で起きることを考えれば、今の経営資源の配分は適切ではないだろう。


田中角栄

相手との「間」が取れないようでどうする。イノシシのような一本調子では何事も前に進まない。相手にされない。


重茂達

自社のPRの前に、相手(顧客)の不満や疑問、本音を引きだそう。トークが得意な人ほど聞き役に徹するべき。


清水克彦(報道キャスター)

突発的な仕事に対応するため、私は1週間のうち、木曜にはまったく予定を入れないんです。カレンダーの木曜日の部分に「×」を入れ、やるべき仕事を月火水金に強引に入れるんですよ。突発的な仕事が何もないときは時間が空くので、本の執筆や大学院に通ったりしました。その結果、大学で教えるという夢も実現し、これまで会社員、作家活動、大学講師と3足のワラジをはくことができました。


安田正

伝えたい情報が100あるとして、その100の情報をあらかじめ把握せずに、思いつくまま好きなように話すと話の内容がコロコロ変わります。あれもこれもと付け足す積み上げ型の話をしていると、話している本人すら何を話しているのかわからなくなってしまいます。


和田一郎(経営者)

商売の核である「売る力」を鍛えるには事務所も設備もいりません。フリーマーケットやヤフオク、最近だとスマホのフリマアプリ「メルカリ」でも鍛えられる。まずはそこからです。


亀田啓一郎

メンバーが自発的に動くようなシカケは、現場で働くメンバーが主体的に立案した方が「やらされ感」がなくなり、成果も上がる。中堅社員にこそ、このようなミドル・リーダーシップ力が求められている。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

理想的なのは、年金の範囲内で暮らせるようになること。私の母は年金で生活しているが、支出が少ないので毎月貯金している。このようにわずかでもお金が増えていく生活は気持ちにゆとりを生む。逆に残高が減る一方の生活は、どんなにお金があっても気が滅入るものである。