大山康晴の名言

大山康晴のプロフィール

大山康晴、おおやま・やすはる。将棋のプロ棋士。公式タイトル獲得80期(歴代1位)、棋戦優勝44回(歴代1位)、通算1433勝(歴代1位)。十五世名人、および、永世十段・永世王位・永世棋聖・永世王将という、5つの永世称号を保持。将棋界初の文化功労者顕彰となった。

大山康晴の名言 一覧

盤上は心の鏡である。


体力に恵まれていますから、千五百局以上指していますが、一局も休んだことがありません。39年間皆勤賞ですが、これはすべていかに勝つかということだけに絞って生活しているからでしょう。酒もたばこもやめました。辛くても我慢には慣れています。


頭がきれる、または天才的な人。どの世界でもこういう人がトップになると思いがちですが、案外このタイプは二番手のことが多いものです。社長じゃなくて副社長という感じで。なぜか天才肌の人は良い時は100点を取るが、ガタっとゼロとは言わずとも50点以下をとったりする。こんな不安定ではトップの社長なんて任せられませんでしょう。


大山康晴の経歴・略歴

大山康晴、おおやま・やすはる。将棋のプロ棋士。公式タイトル獲得80期(歴代1位)、棋戦優勝44回(歴代1位)、通算1433勝(歴代1位)。十五世名人、および、永世十段・永世王位・永世棋聖・永世王将という、5つの永世称号を保持。将棋界初の文化功労者顕彰となった。

他の記事も読んでみる

竹中平蔵

世界に何が貢献できるかを考えることが、グローバルな考え方を持つことにつながります。


中村雅行(経営者)

ホワイトカラーの生産性とは、簡単に言えば「自分で考え、チームで議論し、新たな価値を生み出す」サイクルの繰り返しです。そのためには、個人が集中して仕事ができる環境と、チームが集まって共同作業できる環境の両方が必要。


佐藤可士和

コンセプトが曖昧なまま何かをデザインしたとしても、心に響くものにはならないでしょう。


中村太一(経営者)

20代では無理が効いても、30代、40代となると、いくら寝てもなかなか疲れが抜けない、ということが増えてきますよね。多くの人はその原因を「体力の低下」と結びつけますが、実際にはむしろ「休養」に問題があることが多いのです。


和田明広

技術者はとかく、機能を付加することに満足を覚えがちです。足し算ばかりで、引き算できる可能性は、検討すらなかなかしようとしない。いまあるモノをなくすことに、本能的なためらいを感じるからなのでしょうか。


後藤玄利

起業して一番最初に取り扱った商材は、家業で扱っていた売れ行きが芳しくない「霊芝ドリンク」。雑誌に無料サンプル配布の広告を出したり、アンケートを取ったりと、試行錯誤を繰り返す中で、一般消費者ではなく、卸し先の薬局や酒販店の方々がこのドリンクのファンということが分かったんです。そこからはターゲットを絞りつつ、販売結果から得た様々な数値をもとに仮説と検証を繰り返しながら、細かなチューニングを施していきました。結果、数年後には年商3億円強を売上るまでになりました。


林野宏

部下への指示にはサプライズとクリエイティビティが必要です。顧客や同業者に勝つための武器、と言い換えてもいいでしょう。若手の企画担当者だった私に、堤清二さん(セゾングループ総帥)が与えてくれた指示がそれでした。


スティーブ・M・スミス

当社がここまで来られたのは、お客様に恵まれているから。お客様とコミュニケーションをとり、常にトレンドを認識できたことも、これまでの成長の要因だと考えています。


森田直行(経営者)

メンバー全員のベクトルが正しい方向に揃うと、結果が最大化する。


木川眞

経営計画について、社員にきちんと説明することはもちろん重要です。しかし長々と話せば話すほど、逆に焦点がぼやけ伝言ゲームになるリスクが高い。私の発したメッセージが現場に届くころには変質してしまうこともあります。しかしワンワードの単語なら変わりようがありません。そこで一語に思いを込めました。


岡田和芳(コンサルタント)

私はなにも資格は持っていませんでしたが、これを逆に利用しようと考えました。つまり、知識がないのであれば、「この家は私のチームの設計士が作ったんですけども、もしよろしければ彼をご紹介します」と話したんです。そして自分への信頼度を高め、資格や知識のなさをカバーしました。


田原総一朗

「言いたい奴には言わせておけ」というくらい図太い人の方が出世する。


長谷部健(政治家)

自分はマジョリティの一人のつもりでいるとしても、視点を変えればマイノリティの一人かもしれません。なのにマジョリティ側にいると、とかくマイノリティ側のことが分からないもの。


藤井清孝(経営者)

成長の確認の仕方は人それぞれですが、ベクトルは自分の外に向けておいた方がいいでしょう。自分が得たものよりも、自分以外の何かにどれだけ貢献できたかを目安にすれば、他人からのフィードバックで自分の成長を実感できるのです。


笹氣健治

自分は運が悪いと嘆き、意欲を失って何もしないのではなく、逆境のときこそ自己成長の好機だと視点を変えれば、辛いながらも未来に希望を託して頑張ることができるのではないでしょうか。仮にうまくいかなかったとしても、その事実をありのまま受け止め、次の機会に挽回するために、新しい行動を起こせばいいだけのはずです。


ページの先頭へ