名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大山堅司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大山堅司のプロフィール

大山堅司、おおやま・けんじ。日本の経営者。「ブロードリーフ」社長。鹿児島県出身。高校時代に個人会社を設立。知人とソフト会社ビーイングを設立。ビーイング副社長、アイ・ティー・エックス顧問、ブロードリーフ副社長などを経て社長に就任。

大山堅司の名言 一覧

当社のようなシステムは他社では決して作ることができません。その理由の一つが、我々の持っている自動車のデータベースです。この強力なデータベースがないと実現できない手法なんです。それは整備士が積み上げていかないと分からない知識とノウハウの塊です。


お客様にとって時間は大事なものです。時間だけは平等に流れていますから、その時間を大切に使うということを考えていかないと難しいかなと。それを我々は実現したい。


ファンドの役割は、お金を出すことです。彼らの商品がお金なのですから、その商品を使う経営者がしっかり使いこなして増やせばいいのです。ファンドの役割をしっかり理解した上で、彼らの商品を使うかどうかを決断するのは経営者側の問題です。経営者がそれをうまく使えないのに甘い言葉でお金だけと言っていると、経営者は必要ありませんよね。


大山堅司の経歴・略歴

大山堅司、おおやま・けんじ。日本の経営者。「ブロードリーフ」社長。鹿児島県出身。高校時代に個人会社を設立。知人とソフト会社ビーイングを設立。ビーイング副社長、アイ・ティー・エックス顧問、ブロードリーフ副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

シェイクスピア

愚かな知恵者になるよりも、利口な馬鹿になりなさい。


テリー伊藤

普段の自分のままでは、なかなか勇気を持って踏み出せない。でも、「何かになったつもり」になれば、思い切ったことができるかもしれない。だったら、いつもの自分とは違う「もう一つの自分」に変身してみたら、大胆なことができるんじゃないか。


児玉康孝

コインランドリーの販売は長らく、それを作ったメーカーではなく、企業規模の大きくない地域のボイラー屋や設備業者などが担ってきました。この業界のコンプライアンスに対する意識が非常に低いのはこのためです。例えば平成14年に大きな法律改正が行われ、コインランドリー事業にかかわる様々な規定ができましたが、これを厳密に守っている事業者はほとんどいないと思います。私は証券会社出身のため、特にコンプライアンスなどにはこだわっています。


磯部成文

最近では「介護殺人」などと、介護という言葉には非常に重苦しくて大変なイメージがつきまとうようにもなっています。ですから、支える側も支えられる側も、もっと前向きになれる新たな言葉をまた考えているところです。


山田隆持

若い人には輝いた眼を持ってほしい。たとえ趣味であっても、全身全霊で打込んでいると、人間の目って生き生きと輝いてくるものなんです。輝いた眼を持つことは、ビジネスマンとしての必要条件だと私は思っています。


川西勝三

私は、ものづくりをしている会社の社長は、松下幸之助さんのように、本田宗一郎さんのように、仕事をしている時間の半分以上はものづくりに専念する必要があると思います。これが、メーカーの社長としての本来の姿だと思っています。社長が自ら機関車役になるということは、どれだけものづくりに専念する時間をとれるかということです。


竹中宣雄

プレッシャーも必要です。人はプレッシャーを感じているときにしか成長をしませんから。


重久吉弘

私は「先を見る目」と「人を見る目」には自信を持って仕事をしてきました。この2つの力を持つことができたのは、死ぬほど苦労をした人生を送ってきたからだと自己分析しています。その苦労の中で生き抜くために、命懸けで取り組んできたんです。


松岡真宏

使命感なんてかっこいいもんじゃなくて、頼まれたからにはやらなきゃ、という感じでした。日々外国人と接する中で、日本経済の状況に危機感を募らせていました。外資で働いていると、逆に愛国的な気分になるんです。
【覚書き|外資証券会社に勤務時、産業再生機構に誘われたときを振り返っての発言】


木原誠太郎

マイペースな人は、他人に流されることなく、自分の意思で行動することができる。これは自信にもつながりますから、投資家や起業家といった判断力、決断力が物を言う職業で成功しやすい。


和田秀樹

人間のエネルギーや時間には限界があるから、できるだけ自分の得意な分野にそのエネルギーや時間には限界があるから、できるだけ自分の得意な分野にそのエネルギーや時間を振り向けた方が成果は上がりやすくなるはずである。不得意な分野だけど、この分野をどうしてもやりたいというものがあるなら話は別だが、そうでなければ自分の得意分野に情熱を振り向けた方が良い。


尾方僚

リストラ対象にならないためには、自ら仕事をつくり、回し、利益を出す。自立した起業家のようなサラリーマンになればいい。たとえば、リスクの高い新規事業の立ち上げや途上国の赴任など、社内の誰もが腰がひけてる事業に率先して手を挙げてもいいでしょう。