大山堅司の名言

大山堅司のプロフィール

大山堅司、おおやま・けんじ。日本の経営者。「ブロードリーフ」社長。鹿児島県出身。高校時代に個人会社を設立。知人とソフト会社ビーイングを設立。ビーイング副社長、アイ・ティー・エックス顧問、ブロードリーフ副社長などを経て社長に就任。

大山堅司の名言 一覧

お客様にとって時間は大事なものです。時間だけは平等に流れていますから、その時間を大切に使うということを考えていかないと難しいかなと。それを我々は実現したい。


当社のようなシステムは他社では決して作ることができません。その理由の一つが、我々の持っている自動車のデータベースです。この強力なデータベースがないと実現できない手法なんです。それは整備士が積み上げていかないと分からない知識とノウハウの塊です。


ファンドの役割は、お金を出すことです。彼らの商品がお金なのですから、その商品を使う経営者がしっかり使いこなして増やせばいいのです。ファンドの役割をしっかり理解した上で、彼らの商品を使うかどうかを決断するのは経営者側の問題です。経営者がそれをうまく使えないのに甘い言葉でお金だけと言っていると、経営者は必要ありませんよね。


大山堅司の経歴・略歴

大山堅司、おおやま・けんじ。日本の経営者。「ブロードリーフ」社長。鹿児島県出身。高校時代に個人会社を設立。知人とソフト会社ビーイングを設立。ビーイング副社長、アイ・ティー・エックス顧問、ブロードリーフ副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

神戸守一

初代に仕事を仕込まれたのは17歳のころから。以来70年間、たい焼き一筋でやっています。


森泉知行

私のモットーは、「巧遅(こうち)は拙速(せっそく)に如(し)かず」です。完ぺきを求めていつまでも考え込んでいては、この業界のスピードについていくことはできません。少しぐらいリスクがあっても実行し、そこから改善を重ねる。その姿勢を常に心がけています。


内藤忍

仕事では、重要なポイントを先に押さえて、そこを深掘りすれば、最後には形になっていきます。


津田秀樹

慣れ親しんだ道を歩いているときは、自分の考えに没頭して五感が閉ざされた状態ですが、見知らぬ道を歩いていると自然と敏感になります。鳥の声や道端の花に気づいたり、人の話声も自然と耳に入ってきます。たまには別の道を通って帰る、あるいはひとつ前の駅で降りてみるだけでも、知らない初めての道を歩くことになり、普段は気づかない発見に出会えます。


セルジオ越後

僕が生まれ育ったブラジルのサンパウロでは何も言わないでいたら、生きていけなかった。18歳の時にプロになりましたが、本当にサポーターやメディアの目が厳しい。シュート1本でもミスをすれば、声援は罵声に変わる。僕が生まれ育った国は、そういう国でした。それがずっと染みついているのかもしれません。


齋藤勝己

生徒はそれぞれ異なる資質や可能性を持っており、当然、目標が違えば学習内容は変わります。また、積極的な指導がよいのか、質問を待つ指導が伸びるのか、最適な指導スタイルは人それぞれ異なります。よって誰もが共通に持つ生徒の可能性を明らかにし、どのような指導が目標達成に適しているのかを生徒一人ひとりの立場で考え、個別カリキュラムをつくります。


村上龍

給料が上がらないというのは「悩み」ではなく、「目の前に立ちはだかった現実」だということに気づいてほしい。


田中耕一郎

ウェブの予算が乏しいということは、アクセスを集められない言い訳にはなりません。現に「ユニクロック」の広告予算も決して潤沢ではありませんでした。しかし、だからこそアイデアを素直に具現化することができました。限られた予算だったからこそ、思い切ったものがつくれたのかもしれません。


ウェンデル・ジョンソン

精神的に安定した人物を特徴づけるのは、主として、その人間が持っている特別な習慣ではなく、むしろ習慣を変えたり、環境の変化に対応したりするときの手際の良さである。融通のきかないひとりよがりで保守的な、何事もじっと傍観するタイプの人間とは反対に、変化に対する心積もりができている人間だ。


小山昇

創意工夫が大事だといいますが、誰でも最初はマネから入ります。日本の伝統芸能では『守破離』といいます。まず師匠の真似をするのが『守』、それをやり続ければ『破』といって違ったことに踏み込めます。そのあとで『離』、つまりその人のオリジナルに到達するわけです。3年もマネを続ければ、オリジナルに達します。これが成長するときの原理原則ではないでしょうか。


藤井美保代

ミスを繰り返してしまう最大の原因は、自分が犯したミスと、きちんと向き合っていないことにある。考えるだけでなく、文字にする点がポイント。


ケリー・マクゴニガル

本当に自信を持っている人は、「受容力」があります。ほかの人が言うことや聞くことが何であれ、「その人を教育したり、その人とつながったり、自分自身が学ぶチャンスだ」ということを信じているのです。そうした人は、聞き上手でもあります。


北島素幸

高校のころはケンカをしたりバイクに乗ったりパチンコをやったりって感じだから、まあ「やんちゃ」でね。とても人に言えんようなこともしていたし、地元じゃ評判のワルだったから、就職も決まらなかった。で、担任の先生に「北島はレストランに行くか?」と紹介してもらって、高校を出てすぐに料理の世界に入った。ただ、福岡の「ロイヤル」に入社してみても、ナマイキで我が強いもんだから、トラブルが絶えない。当時は、心が弱かったから、我が強かったんだろうな。そのまま九州にいたら、たぶん地元の仲間をまきぞえにして、手のつけられない奴にもなったのだろうけど、料理の世界で「上」みたいなものを目指そうとするうちに東京の料理を食べに出かけてみたり、東京で食べたものを作りたくなったり、それで六本木の「レジャンス」でパティシエになったりと、だんだん親元を離れるようになったのがよかったんじゃないのかな。


佐野健一

日頃からコミュニケーションを取って信頼関係を作る。嘘をつかない。双方の利益を考えて行動する。こうした原理原則さえ守っていれば、アジアでも、欧米でも、どこへ行っても成功できる。


蔵田理

接客業では「お客様を言い負かしてはならない」という鉄則がある。この場合、言い負かすというのはお客様を全面的に否定することだけではなく、指示をするような口調でもお客様は気分を害することがある。たとえお客様が間違っていたとしても、こちらは一歩も二歩も引きさがって寛大な気持ちで接することが必要であり、言葉は時として相手の自尊心を傷つけてしまうことになる。


ページの先頭へ