名言DB

9412 人 / 110637 名言

大山元彦の名言

twitter Facebook はてブ

大山元彦のプロフィール

大山元彦、おおやま・もとひこ。日本の人材育成・営業コンサルタント。「ライフスタイルコンシェルジュ」社長。茨城県出身。プルデンシャル生命保険で12年間トップ営業として活躍後、独立。

大山元彦の名言 一覧

成績が伸びない営業マンには必ずきちんとした原因があるはずです。まずはその営業マンの話を心から「寄り添う」気持ちで聞くことから始めます。そこから原因を探り、問い掛け、考えさせ、本人が気付いていない原因を自ら気付かせます。自ら気付くことで、人が変わったように成績が伸びる営業マンも多いですね。


大山元彦の経歴・略歴

大山元彦、おおやま・もとひこ。日本の人材育成・営業コンサルタント。「ライフスタイルコンシェルジュ」社長。茨城県出身。プルデンシャル生命保険で12年間トップ営業として活躍後、独立。

他の記事も読んでみる

坂根正弘

企業の経営資源は有限であり、何かを重点的にやろうと思えば、別のどこかを犠牲にするしかない。大きな決心には必ず犠牲が伴うのであり、企業トップはそれを決断できる人でなければならない。


西尾末広

ヒトラーのごとく、ムッソリーニのごとく、あるいはスターリンのごとく、確信に満ちた指導者たれ。
【覚え書き|近衛文麿首相に贈った言葉】


山本寛(経営学者)

社員の中だるみを解消するためにまずするべきことは、「ジョブローテーション」を積極的に行なうこと。せっかく一人前にしたのだから他の部署には回せない……などという声もあるでしょうが、それでは長期的に見た組織の活性化・発展にはつながりません。ニトリホールディングスでは、「5年同じ部署にいれば化石になる」という信念のもと、どんどんと配置転換をしており、それが社員、そして会社としての成長の一因であると私は見ています。


宮永俊一

退路を断つことによって、日立さんも、より一層頑張ってくれるのではないかという思いがありました。
【覚書き|三菱重工業と日立の合弁会社「三菱日立製鉄機械」社長になったとき、三菱重工業を退社したことについて語った言葉】


エラン・カッツ

今は情報過多の時代。15世紀の人が一生のうちに覚えた情報が、米ニューヨークタイムズ紙の記事1日分といわれるくらいですから、自分が行うことには優先順位を付ける必要があります。


大西実(大西實)

経済環境が悪化したり、新たな技術・製品が登場したり、経営環境は常に変化しています。世界経済の中で、あるいは開発競争の中で自社がどういう位置にあるか、どう経営の方向を変えていくかを、その時々で素早く判断しないといけません。


垣内俊哉

全体の3割が障害のあるスタッフで、7割が健常者です。全盲のスタッフもいれば、まったく耳が聞こえないスタッフもいます。たとえば全盲のスタッフは、見えている私には気づかないことに気づくかもしれないし、耳の聞こえないスタッフも私にはわからないことを指摘してくれるかもしれない。そうやって様々なバックボーンを持ったスタッフが経験や感性を活かすことで、よりよいご提案ができると考えています。


澤田秀雄

人間ですから、どんな人でも怒られたらへこたれますよ。でも、「なにくそ!」と「めげながらも頑張る」こと。こういう人は成長します。


江上治

私は多くの富裕層の資産設計を担当していますが、多くの富裕層は短期的な相場変動には動じず、長期の姿勢です。


和田大(ワダックス)

創業以来、売上高対前年比130%の成長を続けています。お客様が求めているサービスをずっと提供してきたことが、好成績につながったと思っています。


藤森義明

私ができないと思ったら、部下は絶対に目標達成などできません。自分が信じていないものを部下に納得させることはできないからです。そのまた部下も目標達成ができなくなり、組織はどんどん弱体化していきます。


松井忠三

弊社は今、海外事業が好調です。それは海外事業部の専務がものすごく頑張っているからです。かつて西武百貨店や西友、パルコはアジア進出に失敗しましたが、彼はその後始末をやってきた男です。そのときの経験が今、弊社の世界展開に役立っているようで、非常に頼もしい。


柳井正

最も重要なのが顧客だ。顧客が不在なら、そもそもビジネスは成立しないからだ。


河岸宏和

今は職人が焼いているチェーン店なんてほとんどありません。火が通った状態でパックされたものを湯煎するだけ。企業にとっては「食の感動」よりも「いくら儲けるか」が重要なのです。つまり、鮭を上手に焼ける人よりも、安い給料で真空パックを茹でてくれる人こそが求められる。それが今の外食産業の本質なんです。大根の桂剥きを教えてもらい、苦労してできるようになった。この実感の積み重ねが「職人=プロ」をつくり上げていくのです。真空パックを茹でる作業をいくら繰り返したところで、手応えも成長もなければ、続けるモチベーションも湧かず、適当な仕事になるのは仕方がないことです。


溝畑宏

経営というのはずっと同じ事をやっていたらいつまでも守備に徹してしまいます。チャレンジしていかないと、成長もしません。