名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

大山倍達の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大山倍達のプロフィール

大山倍達、おおやま・ますたつ。崔永宜、さい・えいぎ。日本の武道家、空手家。大正時代、日本統治時代の朝鮮全羅北道金堤市出身。16歳で帝国軍人になるために山梨県の山梨航空技術学校に入学。同時期に空手に出会う。航空技術学校卒業後、陸軍士官学校受験に失敗。拓殖大学司政科に入学。太平洋戦争に従軍。戦後、空手家になる。国際空手道連盟総裁、極真会館館長などを務めた。41歳前後に日本に帰化し日本国籍を取得。

大山倍達の名言 一覧

勝つ、負けるは別にして大山空手は後ろを見せない。


大山倍達の経歴・略歴

大山倍達、おおやま・ますたつ。崔永宜、さい・えいぎ。日本の武道家、空手家。大正時代、日本統治時代の朝鮮全羅北道金堤市出身。16歳で帝国軍人になるために山梨県の山梨航空技術学校に入学。同時期に空手に出会う。航空技術学校卒業後、陸軍士官学校受験に失敗。拓殖大学司政科に入学。太平洋戦争に従軍。戦後、空手家になる。国際空手道連盟総裁、極真会館館長などを務めた。41歳前後に日本に帰化し日本国籍を取得。

他の記事も読んでみる

滝野一征

売上げは変わらず伸び続けています。お蔭様で弊社製品を買いたい方は山ほどいますので、売上げを大きくすることも可能ですが、販路を下手に大きく広げると後で大変なことになってしまいます。今は限られたお客様に製品をきちんと送り出し、その満足度を高めている段階です。


林望

節約とはノウハウではなく、心の持ちようの問題なのです。倹約ノウハウばかりを並べるばかりでは、ぎゅうぎゅうと雑巾を絞るようで希望がありません。引き算の発想です。そこで未来のために時間投資しようという足し算を持ってくるのです。


川西勝三

私は、ものづくりをしている会社の社長は、松下幸之助さんのように、本田宗一郎さんのように、仕事をしている時間の半分以上はものづくりに専念する必要があると思います。これが、メーカーの社長としての本来の姿だと思っています。社長が自ら機関車役になるということは、どれだけものづくりに専念する時間をとれるかということです。


松岡浩(経営者)

年商は8億3000万円、経常利益率は20%超あり、31年間ずっと無借金で経営をしています。当社がこれだけ利益率が高いのはきちんとした理由があって、一つは社員の能力を生かして、いい商品をつくっているということ。もう一つは「日本一の知恵工場」といって、社員が日本一知恵を出す。毎月150件を超える改善提案が社員から出されるので、常により良いものをつくろうという意欲が高いのです。


菰田正信

当社はいま「残しながら、蘇らせながら、創っていく」をコンセプトに、グループを挙げて日本橋の街づくりに取り組んでおり、その中で「日本橋スマートシティ」の構築を目指しています。1800年ごろの江戸は人口、面積で世界一の都市であり、水道やゴミの循環システムが整備された衛生的なエコシティでした。そしてその江戸の中心地であった日本橋は日本の商業、金融、物流、文化の中心地として大変にぎわっていました。我々はその日本橋が本来持つポテンシャルを発現させて、もう一度その姿を蘇らせ、日本橋を再生したいと思っています。


桐山一憲

当社には長い歴史で培ったカルチャーや働き方があり、それも時代に合わせて変化しています。


石川善樹

他人にイラッとするときは、実は相手よりも自分に原因があることが多いんです。人は正しいと思っている自分の思い込みを否定されたときにイラッとするものだから。怒りも同じで、自分の大切なものが侵害されたときに湧き起こる感情なんですよ。


岡本毅

オール電化が一方的に広がっていくのは、たぶん良いことではありません。単純な言い方をすれば、瞬間ガス湯沸かし器で、必要なときに必要なだけお湯をつくるというガスならではの長所があります。厨房、お風呂、暖房と家庭におけるエネルギー供給の主役は、照明以外の分野ではガスが主役だと確信しています。


澤田秀雄

ピンチのときにも挑戦し続けなくてはならない。ピンチのときほど前向きになるべきだ。


古田茂美

日本人は「公」と「私」を分けて考えますが、中国の「公」の感覚は日本とは相当違います。あるのは一族郎党がものを分かち合う「共」の感覚。汚職が結果的に多くなるのも、身内に分け与えることに、高い倫理観をおくことがあるからです。


ジェリー・ヤン

相変わらず大学時代の賃貸アパート暮らし。生活に大きな変化はない。仲間と楽しくやっている。(覚書き|Yahooが米国NASDAQ上場後に生活が変化したかと問われ答えた言葉)


竹島一彦

予算案や法律の改正案を作り、国会を通すには相当の腕力も必要です。医療保険改革や独禁法改正時もキーマンの先生方に早く説明に出向き「分かった、しょうがない」と言われるまで何度でも通いました。その上で反対勢力の切り崩しの方策を一緒に考えたのです。