名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大山倍達の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大山倍達のプロフィール

大山倍達、おおやま・ますたつ。崔永宜、さい・えいぎ。日本の武道家、空手家。大正時代、日本統治時代の朝鮮全羅北道金堤市出身。16歳で帝国軍人になるために山梨県の山梨航空技術学校に入学。同時期に空手に出会う。航空技術学校卒業後、陸軍士官学校受験に失敗。拓殖大学司政科に入学。太平洋戦争に従軍。戦後、空手家になる。国際空手道連盟総裁、極真会館館長などを務めた。41歳前後に日本に帰化し日本国籍を取得。

大山倍達の名言 一覧

勝つ、負けるは別にして大山空手は後ろを見せない。


大山倍達の経歴・略歴

大山倍達、おおやま・ますたつ。崔永宜、さい・えいぎ。日本の武道家、空手家。大正時代、日本統治時代の朝鮮全羅北道金堤市出身。16歳で帝国軍人になるために山梨県の山梨航空技術学校に入学。同時期に空手に出会う。航空技術学校卒業後、陸軍士官学校受験に失敗。拓殖大学司政科に入学。太平洋戦争に従軍。戦後、空手家になる。国際空手道連盟総裁、極真会館館長などを務めた。41歳前後に日本に帰化し日本国籍を取得。

他の記事も読んでみる

渡辺久信

1年間に、監督の采配で勝つ試合というのは数試合だけで、監督、コーチが一番にやらなきゃいけないことは「選手がのびのびと力を発揮できる環境をつくってやること」。


遠藤結蔵

若手には「早く店長になれるように頑張れ」といつも声をかけています。それは店長になるために学び、店長として積み重ねた経験が、今後どの部署に行っても必要とされるからです。店舗運営の大変さや店長の苦労がわからなければ、正しい意思決定を迅速に行なうどころか、「スタッフ運営意見」で本社に随時報告されてくる店舗の問題すら理解できません。その意味で、店舗のことをわかっている人材をどれだけ早く育てることができるかが、勝負だと思っています。


聖徳太子

心の中の憤りをなくし、憤りを表情にださぬようにし、他の人が自分と異なったことをしても怒ってはならない。人それぞれに考えがあり、それぞれに自分がこれだと思うことがある。相手がこれこそといっても自分はよくないと思うし、自分がこれこそと思っても相手はよくないとする。自分はかならず聖人で、相手がかならず愚かだというわけではない。皆ともに凡人なのだ。


松本晃(経営者)

講演会やプレゼンなど、人の話を聴く機会はあるでしょう。そこで上手だなと思った人たちのやり方を真似してみる。プレゼン資料なども、これはわかりやすいと思うものは試してみる。すると、より自分に合った話し方や伝え方が見えてくるはず。


川西勝三

嵐は千載一遇のチャンスです。嵐は世の中のニーズを表しています。したがって、これを自社のテーマとして解決していけば、大きな発展につながります。ニーズの把握がいかに大事かということでもあります。


村形聡

自分なりにバンド活動から学ぶことは多かったと思います。まず、なんと言っても、バンドのメンバーは取替えがきかないってことです。スポーツのように控え選手というのがいませんから、一人ひとりが自分の持ち場に責任を持ち、バンドの足を引っ張らないように必死で練習しなければいけないですし、バンド内の人間関係を大切にすることも重要です。一個人が頑張ればどうにかなるってもんでも無いんです。


滝山雅夫

市場の縮小やデジタル化によってもの作りの現場は疲弊していますが、プロモーションを工夫しつつコストを減らしていけば、ちゃんとしたものを作って視聴者に提供できる。私はそう信じています。


加藤廣

いまでこそ大組織の中小企業金融公庫は、私が入った当時は約40人。将来は東大の同級生たちが役所から天下って理事になりますが、こちらは出世してもせいぜい次長クラス。それは御免こうむりたいので、自然に「50歳までに組織から逃げよう」と考えるようになりました。なぜ先がないと気づいた段階で逃げなかったのか。それは、まだポータブルスキルが身についていなかったからです。山一証券経済研究所に転職して、経営コンサルタントとしての活動を始めたのは51歳のころ。どうしてコンサルティングができたのかといえば、キャッシュフロー計算書を見る手法を自分で工夫してつくったからです。その手法は、30代や40代では完成しませんでした。外で通用するレベルまでスキルを磨きあげるには、ある程度の経験が必要です。


岩沙弘道

自社の使命について常に社内で議論し、皆が「我々の仕事は、自分の人生をかけるに値する」という思いを共有できるように、リードしたいと思います。


藤井孝一

本はすべて読む必要はありません。とくに、ノウハウが書かれたビジネス書などは、必要なページだけを読む「拾い読み」が基本です。ページをめくりながら取捨選択して、必要と感じた項目にだけ目を通します。そのためには、自分が必要としている情報やスキルが明確でなければなりません。


小泉純一郎

過去の歴史を振り返ってみても、日本人は、ひとつの目標を「いいな」と思ったら、その目標の実現に向かって一丸となって協力できる国民です。かって戦争に負け、あれほどの痛手を日本中で負いながら、日本国民は今日まで生きてきました。それは、変化に対応できる能力と、心の強さがあったからです。


小笹芳央

組織は社員との関係で成り立っています。社員は組織に対し仕事で成果を出すという貢献行為があり、組織からも何らかのものが提供されます。これは給料だけではありません。組織と個人は互いに価値の交換をしています。この交換バランスが崩れてしまうとどうなるでしょう。働く個人は提供している仕事の成果よりも、もらうものが上回っていなければ、もっとバランスの取れるところへ行こうと変わってしまいます。企業は人材の流失を防ぐためにも何か支払わなければなりません。