名言DB

9413 人 / 110706 名言

大山のぶ代の名言

twitter Facebook はてブ

大山のぶ代のプロフィール

大山のぶ代、おおやま・のぶよ。日本の女優、声優。東京出身。都立三田高校在学中、15歳で劇団俳優座養成所に入学。20歳でNHKドラマ『この鐘』で俳優デビュー。43歳のときに『ドラえもん』役に選ばれ、以後26年間同キャラクターを演じた。アニメーションだけでなく、映画・バラエティ番組などにも多数出演。そのほか、人気刑事ドラマ『太陽にほえろ』の脚本執筆(5本)、料理研究家(著書『大山のぶ代のおもしろ酒肴』は100万部を超えるベストセラー)など多彩な活動をした。

大山のぶ代の名言 一覧

やりたいことを我慢しないことが、より密度の濃い人生を送るためには必要だと思うのです。


多くのことを手がければ、嫌でも要領がよくなりますし、そのおかげでかえって本業の成果があがったりするものです。


脇目も振らずこの道一筋、というのも立派なことだと思いますが、興味の赴くままにたくさんの「わらじ」を履いてみるというのも、ひとつの方法ではないでしょうか。


大山のぶ代の経歴・略歴

大山のぶ代、おおやま・のぶよ。日本の女優、声優。東京出身。都立三田高校在学中、15歳で劇団俳優座養成所に入学。20歳でNHKドラマ『この鐘』で俳優デビュー。43歳のときに『ドラえもん』役に選ばれ、以後26年間同キャラクターを演じた。アニメーションだけでなく、映画・バラエティ番組などにも多数出演。そのほか、人気刑事ドラマ『太陽にほえろ』の脚本執筆(5本)、料理研究家(著書『大山のぶ代のおもしろ酒肴』は100万部を超えるベストセラー)など多彩な活動をした。

他の記事も読んでみる

有本隆浩

感性を磨くには「大いに笑って、大いに泣く」こと。じっと考えるのではなく、何かを感じたらすぐに行動すること。まずやってみる。そうすることで感性も磨かれていく。


似鳥昭雄

いまさら海外研修に出して何が学べるのか、という声も決まれますが、とんでもない。いくらでも学ぶべきところは見つかります。大事なのは「学び続ける」ということです。だからこそ当社は、上場企業平均の4.5倍もの教育投資を行っているのです。


小杉友巳

私はいまの会社を日本で立ち上げるにあたり、スタッフをすべて自分の人脈の中から選びました。なぜなら、すでに知っていて信頼関係のある仲間に手伝ってもらえるのであれば、履歴書や一度や二度の面接で判断するよりずっと確かだと考えたからです。いまでは社員数も増え、私の直接の人脈からの人材ばかりではありませんが、今度は社員の仲間が集まってきています。


荻田築

新しいお客様を開拓するのは、営業マンの人柄が必ず出る。だからこそ、下手な約束をして甘いことを言ってはいけない。仮に甘いことを言ってお店を開いてもらっても必ずクレームになるぞ。


陰山英男

たとえ目の前の「やらなければならないこと」が気の進まないものであっても、その先にある未来を想像できれば、何でも面白がることができる。


石角友愛

多くの日本企業は全く危機感が足りない。ビジネスパーソンも5年後には自分の仕事の内容が激変するかもしれない。そういう意識があれば、もっと学ぶはずです。


木村惠司(木村恵司)

世界の都市を見ていても、活気のある街とそうでない街の違いは、人が集う仕組みにあると感じます。組織にも同じことが言えるでしょう。人の交流があり、何でも互いに言える場をつくることが、活力を生むし、新しい価値を創出する可能性につながっていくのでしょう。


中原淳

直接経験の中でも、ビジネスの観点から、もっとも付加価値の高いものは何でしょうか。私は、「ともに働くこと」「ぶつかりつつ、決めること」「成し遂げること」の3つが含まれる経験であると考えています。つまり、ビジネスの現場で多種多様な人々と出会うこと。彼らと議論・討論し、ときには衝突や葛藤を経験しながら、意思決定を行うこと。さらに、それらをともに乗り越え、何かを成し遂げることです。


鍵山秀三郎

少しでも世の中をよくしていくために大切なことは、人と人が直接触れ合って、お互いに感受性を高めるということに尽きる。


津賀一宏

売上を維持するために製品を出すということはしない。お客様が、「本当にこれが欲しい」「これを使って仕事や暮らしぶりが変わった」と思ってもらえるものを作りたい。


益子修

企業の再生支援はお金だけの問題ではなく、自発的に迅速な意思決定やスムーズなコミュニケーション、効率的な組織運営・業務遂行ができる組織を構築し、生産・開発・販売そのものを再生するところに支援しなければ、真の復活は成しえないわけです。


岡本太郎

決意の凄味を見せてやるというつもりで、やればいいんだよ。


楽しんご

「楽しんごは、そろそろ落ち目」って、よく言われますけど、気にしてません。芸人としてもゲイ人としても、前向きに楽しくやっていきます。


井上礼之

社員が1つの目的に向かって一丸となって企画・運営するイベントは、普段あまり関わりのない社員同士がお互いを知り合い、一緒にやり遂げた達成感や一体感を通じて、日常の業務では得られない学びや体験を得る機会となる。それが会社に対する帰属意識を高め、結束力を強めることにつながる。これは文化や習慣、価値観などの違いを超えて、世界中で共通するものなのだと改めて感じている。


アラン(哲学者)

実際には、幸福や不幸の原因というものはなんでもないのだ。いっさいは我々の肉体とその作用とにかかっている。そしてどんな頑丈な体格だって毎日、緊張から沈滞へ、沈滞から緊張へと、しかもたいがいは食事や、歩行や、注意の努力、読書、天気の具合などにつれて、移っていくものである。君の気分は、それによって上下すること、まるで波の上の舟と同じことだ。そういうものはたいていは取るに足りないものである。何かしているあいだは、少しも気にならない。ところが、それを考える暇ができ、丹念に考えだすと、たちまち小さな理由が大挙して押しよせてくる。