名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大山のぶ代の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大山のぶ代のプロフィール

大山のぶ代、おおやま・のぶよ。日本の女優、声優。東京出身。都立三田高校在学中、15歳で劇団俳優座養成所に入学。20歳でNHKドラマ『この鐘』で俳優デビュー。43歳のときに『ドラえもん』役に選ばれ、以後26年間同キャラクターを演じた。アニメーションだけでなく、映画・バラエティ番組などにも多数出演。そのほか、人気刑事ドラマ『太陽にほえろ』の脚本執筆(5本)、料理研究家(著書『大山のぶ代のおもしろ酒肴』は100万部を超えるベストセラー)など多彩な活動をした。

大山のぶ代の名言 一覧

やりたいことを我慢しないことが、より密度の濃い人生を送るためには必要だと思うのです。


多くのことを手がければ、嫌でも要領がよくなりますし、そのおかげでかえって本業の成果があがったりするものです。


脇目も振らずこの道一筋、というのも立派なことだと思いますが、興味の赴くままにたくさんの「わらじ」を履いてみるというのも、ひとつの方法ではないでしょうか。


大山のぶ代の経歴・略歴

大山のぶ代、おおやま・のぶよ。日本の女優、声優。東京出身。都立三田高校在学中、15歳で劇団俳優座養成所に入学。20歳でNHKドラマ『この鐘』で俳優デビュー。43歳のときに『ドラえもん』役に選ばれ、以後26年間同キャラクターを演じた。アニメーションだけでなく、映画・バラエティ番組などにも多数出演。そのほか、人気刑事ドラマ『太陽にほえろ』の脚本執筆(5本)、料理研究家(著書『大山のぶ代のおもしろ酒肴』は100万部を超えるベストセラー)など多彩な活動をした。

他の記事も読んでみる

かわぐちかいじ

ずっと好きなものを描いてきたのでヒット作が出なかった時期も不遇だとは思っていませんでしたが、ひとつ大きかったのは双子の弟がいたことかな。金銭的・状況的に苦しいときでも漫画を描き続けていられたのは、「同じように漫画が好きだったのに、弟はひとりだけ漫画をやめてオヤジの跡を継いだ」ということに申し訳ないと思っていたからでしょう。仕事が軌道に乗らないうちは、弟に対して「負けた」ことになる。いつも、それは悔しいなぁ、負けたくないなぁと思って漫画を描いていました。


石田孝

会長兼CEO(最高経営責任者)就任後は、高速道路の債務を45年償還することが最大の務めとなりますが、ではそれ以降、会社はどうなるのかと、とくに若い人は切実感を持っています。ですから、会社の将来に対する疑問に答えることが、CEOとしての私の務めだと感じています。


向井秀徳

「何者でもなかった自分が何者かになりたい」という一心で曲を作っていた。


たむらけんじ

利益よりも原価率に注意しています。飲食店の原価率は一般的に30%以内と言われているんですが、うちの原価率は37~40%くらいと高めなんです。「誰でも気軽に入れるお店」をコンセプトにしているので、値上げしてしまうと店のコンセプトが変わってしまいます。ですから値上げはせず、原価率を36%以内くらいに抑えようと努力しています。


森川亮

時間は有限だからこそ、すべての人に平等。なるべく効率的に時間が使える工夫を普段からしています。


伊藤隆行

5歳の息子がバラエティー番組を見ると、意外なシーンで笑うんです。びっくりしますよ、「おまえのツボはそこかー」って。でも、勉強になりますね。今の若者はテレビ離れが進んでいると、よく言われるでしょう。でも私は悲観していない。それを食い止める手がかりが、身近な場所にまだまだあるはずなんですよ。


岡本和久

誰もがリターンをコントロールしようとするが、それは不可能。投信選びの際には、A(アロケーション=資産配分)、R(リスク)、C(コスト)の3つを意識すればいい。


豊田章一郎

「トヨタも100年後、200年後はどうなるかわからん」と社内に言い続けています。


齋藤孝(教育学者)

問いが具体的になっていれば、それに対する答えも自然と具体的になります。


虚淵玄

楽しいことがしたいですね。制約があっても、面白そうならやっちゃう。つまらない苦労は絶対にしたくないんですけど、面白いなら制約があろうが楽しい。そもそも楽なことって大抵つまらないことじゃないですか(笑)。


包行均

子供の頃、家の手伝いで草刈りをやらされるのが嫌で嫌で、ゴーカートに乗って走り回っているうちに草が刈れたらいいなと思っていたんですよ。


増沢隆太

真面目で失敗経験が少ない人ほど「叱られたくない」という気持ちが働き、頭に血が上りがち。ミスした後の判断力は普段の1割まで下がっている。できるだけ早く、上司などの「冷静な第三者」に状況を報告し、判断を仰ぐべき。「ミスを隠さない」「パニックのまま1人で動かない」。この2点が基本。