名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大山のぶ代の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大山のぶ代のプロフィール

大山のぶ代、おおやま・のぶよ。日本の女優、声優。東京出身。都立三田高校在学中、15歳で劇団俳優座養成所に入学。20歳でNHKドラマ『この鐘』で俳優デビュー。43歳のときに『ドラえもん』役に選ばれ、以後26年間同キャラクターを演じた。アニメーションだけでなく、映画・バラエティ番組などにも多数出演。そのほか、人気刑事ドラマ『太陽にほえろ』の脚本執筆(5本)、料理研究家(著書『大山のぶ代のおもしろ酒肴』は100万部を超えるベストセラー)など多彩な活動をした。

大山のぶ代の名言 一覧

やりたいことを我慢しないことが、より密度の濃い人生を送るためには必要だと思うのです。


多くのことを手がければ、嫌でも要領がよくなりますし、そのおかげでかえって本業の成果があがったりするものです。


脇目も振らずこの道一筋、というのも立派なことだと思いますが、興味の赴くままにたくさんの「わらじ」を履いてみるというのも、ひとつの方法ではないでしょうか。


大山のぶ代の経歴・略歴

大山のぶ代、おおやま・のぶよ。日本の女優、声優。東京出身。都立三田高校在学中、15歳で劇団俳優座養成所に入学。20歳でNHKドラマ『この鐘』で俳優デビュー。43歳のときに『ドラえもん』役に選ばれ、以後26年間同キャラクターを演じた。アニメーションだけでなく、映画・バラエティ番組などにも多数出演。そのほか、人気刑事ドラマ『太陽にほえろ』の脚本執筆(5本)、料理研究家(著書『大山のぶ代のおもしろ酒肴』は100万部を超えるベストセラー)など多彩な活動をした。

他の記事も読んでみる

橘フクシマ咲江

その都度自ら選択し、結果に責任を持つ。この姿勢をつねに保つことが、周囲の信頼へとつながるのではないでしょうか。


アルフレッド・アドラー

人間であるということは、劣等感を持っているということだ。


宮内義彦

イノベーティブな経営者を育てる方法を挙げるとするなら、「多くの失敗を経験させること」だと思います。実際、オリックスの経営幹部も向こう傷を負った人間や失敗案件の後始末で育った人間ばかりです。


伊藤博之(経営者)

初音ミクに限らず、ネットで起きているのは、いかに共感をつくるか、というボトムアップの大きなムーブメントだと思います。だから、言ってしまうと、共感をつくれない会社は、この先、未来がないんじゃないか。


奥山清行

製造も企画もエンジンもデザインもすべて自社でという日本における自動車会社に特有のビジネスモデルも、顧客にとっては価格的な負担になっています。だから今後は、ポルシェやアウディのように分業化していかざるをえないのかもしれません。また、それぞれの自動車会社が大きい国家のように君臨していて、社員は鎖国状態でよそを見ないという、いまのこの産業の体質は、やはりあぶないんじゃないかなとは痛感しています。


菊池武茂

私は、弓矢取りの家(武家)に生まれて、朝廷にお仕えする身分であるから、天道に応じ、正直の理(ことわり)をもって家の名をあげ、朝廷の恩に浴して立身出世することは、三宝のお許しなされるところである。この上は、私の名聞や利欲のために義を忘れ、恥を顧みず、当世にへつらっているような、よこしまな武士の心から、すっかり離れたいものである。


遠藤良治

得意領域を持つというのはとても大事なこと。私の場合、いろいろな部署を経験したことで、経営管理以外の幅広い知識も身に付けることができました。


野口敏(話し方)

日頃から雑談をするような関係だと、仕事の話も気軽にできるもの。そして、人間は親しい人には自分の持つもの(情報)を教えてあげたいと思うものです。直接仕事に関係する重大な情報でなくても、たとえば、これから調べなくてはならない事柄を以前調べていた人がいて、その資料をもらうことができれば時間の短縮もできるはずです。


木村政雄

(吉本興業時代)当時どこに行っても「木村常務」と呼ばれて気持ち悪いんですね。オレの名前ちゃうわと(笑)。肩書きは預かってるだけです。自分の人格とはなんの関係もない。捨てることにためらいはありませんでした。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

まず、いまの自分がマネーレベル的にどの段階にいるのかを把握すること。レベル1は「節約する生活」。レベル2は「収支バランスがトントンの生活」。レベル3は「貯蓄できる生活」。レベル4は「貯蓄を運用し増やす」。レベル5は「税金対策をしつつ資産を守る富裕層の生活」。


梶村尚史

「夜は脳を休ませて、朝は脳に刺激を与える」環境を整えること。それだけで睡眠の質は変わります。たとえば、夜ぐっすり眠るための準備として、寝る前にパソコンなどの光の刺激を与えるものを見ない、ストレッチでリラックスすることなどが挙げられます。また、朝スッキリ起きるための準備として、朝日がしっかり入る寝室環境を作り、朝食や飲み物で眠った脳に活を入れることなどが当てはまります。


高島英也(髙島英也)

大阪工場での失敗が、会社人生の一つの転機です。当時の業界は多品種化が進みつつありましたが、生産部門の対応が追いついていなかった。いつの間にか、若手5~6人が集まり、課題解決を自主的に考えて行動に移すチームが立ち上がりました。工場長がそれに気づき、「もっと多くの社員を参加させなさい」と指示を受けましたが、考えが違うメンバーが増え、議論が深まらずに頓挫しました。何か新しいことをやるには、思いのあるメンバーが自然発生的に集まることが必要条件だと学びました。