名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大屋雄裕の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大屋雄裕のプロフィール

大屋雄裕、おおや・たけひろ。日本の法学者。慶應義塾大学教授。東京大学法学部卒業。東京大学大学院法学政治学研究科助手、名古屋大学大学院法学研究科助教授・教授、慶應義塾大学法学部教授などを務めた。専門は法哲学。

大屋雄裕の名言 一覧

人の情報収集能力には限界がある。膨大な情報があったとしてもすべてをチェックして選別することはできない。見ることの出来る量は限られている。このとき、人は情報自体が持っているアピール力に弱くなる。激しい言動や主張に目が向きやすくなる。


ネットの中で気になったものや好きなものを何度も見ていると、次からはそれに類する情報が選別されて提示されるようになる。アマゾンで繰り返し買い物をしていると、その傾向から次のおすすめを提示してくるのと同じである。問題はここにもある。こうした環境の中での選択は本当に自由な意思決定によるものと言えるのだろうか。書籍を買う時に、おすすめのようなものの中から選ぶのと、書店をぶらぶら歩いてふと目についたものを買うのでは、結局選ぶ本が違うはずだ。そう考えると、人々の思考はネット環境では自閉化する面があると言えそうだ。


大屋雄裕の経歴・略歴

大屋雄裕、おおや・たけひろ。日本の法学者。慶應義塾大学教授。東京大学法学部卒業。東京大学大学院法学政治学研究科助手、名古屋大学大学院法学研究科助教授・教授、慶應義塾大学法学部教授などを務めた。専門は法哲学。

他の記事も読んでみる

アレックス・カー

残念ながら今の日本からは、世界中の人の心をつかむような商品やサービスが登場していない。これはビジネスパーソンの多くが、すぐに通用する仕事のスキルを身につけることばかりに熱心で、真の教養を身につける努力を怠ってきたからではないでしょうか。


白井一幸

厳しい言葉で「なぜなのか」を説明してあげるほうが、怒鳴るよりよほど選手には伝わりますし、たいていの選手は全力を尽くすようになります。


奈良雅弘

仕事でミスをして上司にひどく叱られた場合、それを引きずり悩んでいても何ら益はありません。それよりも「次回からミスをしないよう、いまから対策を立てよう」と考える方が建設的だし、負の感情からもいち早く解放されやすくなるのです。


孫正義

たとえばこれから宝島に行きます。その島で宝を掘り当てて一発当てたいと思っている時に何が一番欲しいか。僕なら地図とコンパスだけでいい。宝が隠されているところを記した地図とコンパスさえあれば三日とかからず宝を見つけて飢え死にする前に掘り当ててさっさと逃げます。情報の価値は万金に値する


小田與之彦

すぐに「できません」と即答するのではなく、ご要望にお応えできるよう努力することが大切です。


森正文(経営者)

僕の目標の立て方は短期型です。何年もコツコツと時間をかけてひとつのことを追い求めていくタイプではありませんが、それでいいと思っています。いまは3年後、5年後が読めない時代ですし、短期的な目標の積み重ねが、結局は長期的な目標になりますから。


朝倉千恵子

人を変えるのは習慣の力です。それと、明るくて前向きな環境、習慣を支える環境が大事です。


安藤忠雄

私の事務所のスタッフは30人しかいません。それでも海外で手掛けている案件は常時30件ほどあり、仕事の8割は海外です。なぜ少人数でそんなことができるのかとよく聞かれますが、難しいことは何もない。30人の一人ずつが、それぞれの専門と大きな視野を持ち、自分で責任を持って判断し行動してもらうようにしているだけです。要は「責任感ある個人」をいかに育てていくか、ということです。


西成活裕

メリット・デメリットを考えるときに大事なのは、「時間軸」という判断基準を設けること。目先の予測だけでなく、1年後、3年後、5年後はどうなるかを考えることで判断の精度が高まります。


ケビン・シストロム

IT業界は狭い世界だ。僕らはお互いから多くのことを学ぶ。僕にとって本当に重要だったのはグーグルとオデオでの経験だったし、仕事を通しての出会いだった。シリコンバレーは小さなところで、まわりから学びたいって積極的に思って動くべき場所だよ。だってあまりにも多くのことがそこで起こっているからね。


大西賢

私も今年の走り方を「頑張る」から「楽しむ」に変えました。ホノルルマラソンには6回目の挑戦でしたが、「楽しむ」走りに変えたことで、これまでは苦痛でしかなかった後半に、風景を堪能する余裕が生まれ、ボランティアの応援を楽しみながら走れました。


丹羽宇一郎

ダイレクトトーク(直接対話)をやるなら、徹底的にやらないと駄目だ。