名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大屋雄裕の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大屋雄裕のプロフィール

大屋雄裕、おおや・たけひろ。日本の法学者。慶應義塾大学教授。東京大学法学部卒業。東京大学大学院法学政治学研究科助手、名古屋大学大学院法学研究科助教授・教授、慶應義塾大学法学部教授などを務めた。専門は法哲学。

大屋雄裕の名言 一覧

人の情報収集能力には限界がある。膨大な情報があったとしてもすべてをチェックして選別することはできない。見ることの出来る量は限られている。このとき、人は情報自体が持っているアピール力に弱くなる。激しい言動や主張に目が向きやすくなる。


ネットの中で気になったものや好きなものを何度も見ていると、次からはそれに類する情報が選別されて提示されるようになる。アマゾンで繰り返し買い物をしていると、その傾向から次のおすすめを提示してくるのと同じである。問題はここにもある。こうした環境の中での選択は本当に自由な意思決定によるものと言えるのだろうか。書籍を買う時に、おすすめのようなものの中から選ぶのと、書店をぶらぶら歩いてふと目についたものを買うのでは、結局選ぶ本が違うはずだ。そう考えると、人々の思考はネット環境では自閉化する面があると言えそうだ。


大屋雄裕の経歴・略歴

大屋雄裕、おおや・たけひろ。日本の法学者。慶應義塾大学教授。東京大学法学部卒業。東京大学大学院法学政治学研究科助手、名古屋大学大学院法学研究科助教授・教授、慶應義塾大学法学部教授などを務めた。専門は法哲学。

他の記事も読んでみる

安藤文男

今はインターネットが完全に定着し、どんどん広がりを見せてきた時代が過ぎ、データ情報をどのように分析して活用するかが問われる時代です。ですから、企業にとっては、情報の中身をどう掘り下げ、自分たちの事業にどう生かしていくことができるか。そこに企業存続のカギがあります。


上野金太郎

新しいAクラス自体が、単にメルセデス・ベンツのエンブレムをつけただけの小型車ではない。しっかりとメルセデス・ベンツのテクノロジーが移植された本物です。ドイツ人は頑固ですから、そういう哲学は非常にしっかりしています。


六人部生馬

夜は部屋を真っ暗にしてリラックスしながら、10分程何も考えない時間を作っています。瞑想の時間を設けて、頭をゼロにリセットするのが目的です。経営者は頭の切り替えが重要なので、意識的に頭をオフにしています。


桂三枝(6代目桂文枝)

『新婚さんいらっしゃい!』に呼ぶ相手は素人なので、何が起こるかわかりません。なかには緊張で頭が真っ白になって、とんでもないことをしゃべり始める人もいます。ただ、そういうのはたいてい男性で、女性は落ち着いていますから、奥さんに「ご主人緊張してますね」と話を向ける。そうすると「いつもこうなんですよ。あんた、しっかりしいや」と、そこでまた人間ドラマが生まれるのです。


平野敦士カール

マーケティングで一番大切なことは、顧客のニーズに合った製品やサービスを生み出し、ターゲット層に接触し、信頼を得て購入に結びつけること。さらに、顧客がリピーターになれば、友人にその良さを伝えてもらえる。


池上彰

「週刊こどもニュース」で痛感したのは、かいつまんで説明することの難しさ。話す本人が全体像を掴んでいなければ語れません。断片的なニュースを集めて、中途半端な理解で解説しても、子供たちは「?」を顔に浮かべたままでした。


冨山和彦

世の中におけるファクトを最終的に把握する手段は数字であるのと同様に、会社におけるファクトをもっとも客観化できるのは会計経理。したがって、リーダーは簿記会計に強くなければいけない。


大川順子

お客様と直接接する機会を多く持つことができたので、その経験の中で、「自分本位では、正解は出せない」ということを学びました。何を求められているかは、自分の価値観や感覚だけでは決して察知できません。数々のコミュニケーションを通して経験の基盤を作ってこそ、目の前のお客様の気持ちを瞬時に、正確に「想像」する力が湧き、アイデアという名の「創造」も生まれるのです。


柳内光子

やはり「経営者」の考え一つだと思います。経営者のものの考え方と、おそらく価値観の違いが出る。


エマニュエル・ファベール

企業はもう一度、なぜビジネスをしているのかという、「Why」を問い直さなければならない。


成毛眞

製品やサービスが良ければ売れるわけです。経営学の入門書に出てくる話の8割は捨てていい。


工藤公康

自分には「監督とはこうするもの」という概念がありません。そもそも自分自身をリーダーだと思っていないので、リーダー論もないんです。「相談しやすいお兄ちゃんでもお父さんでも、その辺のおじさんでも何でもいい。選手に「調子はどう? コーチはこう言っていたけど」と聞いたら、「少し感じがよくなっています」と返ってくる。そしたら「じゃあ、それを続けていこうか」と。そんな対話を続けるだけです。