名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大屋敦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大屋敦のプロフィール

大屋敦、おおや・あつし。日本の経営者、電気技術者。東京帝国大学電気工学科を卒業し逓信省に入省し、技術者として同省で8年間勤務したのち退官。住友財閥本社に移り経理部長、総務部長、住友肥料製造(のちの住友化学)初代社長などを務め、日本の化学産業に貢献。第二次世界大戦後は原子力産業会議副会長や日銀政策委員などを務めた。そのほか、早稲田大学理工科講師、九州送電会社取締役、九州水力電気取締役、財団法人東洋窒素工業会社事務主任、硫安肥料製造組合理事長、日本ベークライト会長、小原光学硝子製造所会長、経済再生懇談会代表委員なども務めた経営者。

大屋敦の名言 一覧

私が住友に入ったときは第一次大戦の終末に近いころで、一獲千金の夢に大阪の財界は有頂天になっていた。商売や投機をやらぬ住友など、二流の資産家に転落するのではないかと案ぜられたこともあったが、終戦後に起こった大恐慌が、いっさいを常道に戻し、住友の関西財界における名声は、また昔にかえった。
【覚書き|住友家家訓「浮利は追うべからず」の実践例を語った言葉】


事業の繁栄は自分の力によるものではなく、国家、社会の恩恵によるものだから、報恩の精神を忘れてはならぬことなどの心得を、ことにふれ、ときに応じ、身をもって教えられた。「浮利を追うべからず」という住友の家憲なども、題目だけでは、多数の社員に浸透するはずがない。要は最高統治者の実践躬行(きゅうこう)にあると私は信じている。
【覚書き|住友財閥で仕事した当時を振り返っての発言】


病は気のせいと昔から言うが、私は「精神力即健康」と信じている。私の養生法は、絶えず萎靡(いび)せんとする精神力をいかにして奮い立たせるかに尽きている。やはり食物や日常の起居の養生ぐらいで健康問題が片付くと思ったら間違いだろう。


私の余生は世のため人のためと、事ごとに自分に言い聞かせることにしている。そのためか、良くないことでない限り、人の頼みを容易に「ノー」と言って断りきれない。


産業人が新事業に踏み切るのは儲けようとするためだという批判は、硫安の場合にはまったく当てはまらない。今後どこまで増えるかわからない硫安の輸入を、いまのうちに食い止めたいというのが、業者共通の強い念願であった。もし硫安事業が今日の姿を達成していなかった場合の日本農業を想像すると、まことに慄然たるものがある。目前の利害に跼蹐(きょくせき)して、将来の大計を忘れぬよう為政者に切望する次第である。
【覚書き|硫安製造組合理事長時代を振り返っての発言。跼蹐(きょくせき)は「びくびく恐れおののく」】


アメリカやカナダで、超一流の実業家が現役を退くと、多くは学校の運営に専念するのを見受けるが、私の教鞭をとった経験から照らして、それはまことにもっともであり、また見習うべきことであると思われる。
【覚書き|早稲田大学で教鞭をとった時代を振り返っての発言】


西洋のことわざに「祖先祖誇る者はジャガイモのようなものだ。誇るものは地の下にある」という。


私はその昔極度の喫煙家で、タバコをやめればその金で所帯が持てると言われたほどのニコチン中毒者であったが、42歳の年に重大な決心をもって禁煙を近い、今日に至っている。禁煙そのものより、禁煙の誓いを守り通す精神力の方が、私の弱い健康をムチ打つ助けとなったように思われる。


最近の十年間はカイロプラクティックと呼ばれる脊椎の強制療法を続けている。それがどれほどの効果があるかなどはたいした感心ごとではない。自ら良いと信じ、これを長く続けるという不動の信念が私の健康を守ってくれていると思い、一週一回の治療を欠かしたことがない。


産業に興味を持つ者にとって、役所における技術者の仕事にはおのずから限界があると感じた。
【覚書き|逓信省電気局から住友財閥に移籍した当時を振り返っての発言】


大屋敦の経歴・略歴

大屋敦、おおや・あつし。日本の経営者、電気技術者。東京帝国大学電気工学科を卒業し逓信省に入省し、技術者として同省で8年間勤務したのち退官。住友財閥本社に移り経理部長、総務部長、住友肥料製造(のちの住友化学)初代社長などを務め、日本の化学産業に貢献。第二次世界大戦後は原子力産業会議副会長や日銀政策委員などを務めた。そのほか、早稲田大学理工科講師、九州送電会社取締役、九州水力電気取締役、財団法人東洋窒素工業会社事務主任、硫安肥料製造組合理事長、日本ベークライト会長、小原光学硝子製造所会長、経済再生懇談会代表委員なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

安岡正篤

これから先ああしてこうしてといろいろな考えを持つ。これを「理想」という。その理想が、その人間に照らしてあまりに現実性がないという場合に、これは「空想」ということになる。その人間に実力があれば空想にあらずして、理想になる。


外山滋比古

そもそもサラリーマンという仕事がおかしいのです。毎月の収入はある程度確保されている。でも税金をいくら払っているかは会社まかせだからよく知らない。こういう呑気な生き方というのは普通じゃないです。要するに、資本に使われている下働きですよ。会社員なんて自由もないし、たいした喜びもない。にもかかわらず、みんながそうだから、大丈夫だと思っている。


吉山勇樹

わずかな時間も仕事に充てたいという人にまずやってもらいたいのは、15分単位のスケジュール管理です。「細かすぎてできない」という人もいるかもしれませんが、スキマ時間を可視化できます。


猪子寿之

アメリカで新しいものが生まれるのは、大きく言うとアメリカの西海岸、つまりシリコンバレーは、未来を全面的に肯定している。それに対して、日本は未来を否定している。その違いかな。


セオドア・ルーズベルト

その顔は汗や埃や血で汚れているだろう。何度も過ちをおかし、力も及ばないだろう。だが勇敢に戦うだろう。素晴らしい熱意を持ち、献身し、価値ある目的に全力を尽くすだろう。彼らはたとえ失敗しても、素晴らしい成果を生む。勝利も敗北も知らぬ、冷たく臆病な人々には到達し得ない場所なのだ。


佐藤剛志(経営者)

私がやる気を維持できている理由の一つは、「モチベーションを下げている暇はない」という思いかもしれません。私は若い頃から「これをやりたい」という目標を常に持つようにしていましたが、30~40代の頃はまだ時間があるからと、あまり切迫感がなかった。それが50代になってからは、「あと10年でやらなければ」などと期限がリアルに迫ってきたことで、日々を漫然と過ごすことがもったいなく感じられてきたのです。そのため、周りの人があきれるほど、仕事ややるべきことを詰め込んでいます。


伊藤有壱

独立当時、イギリスの作品『ウォレスとグルミット』が登場、世界中がクレイアニメーションに注目していた。興味はあったけど、ブームに安易に乗りたくないと、あえて避けてましたね。しかし、ふと、「クレイの色は溶かして混ぜ合わせると無限に作れる。クレイは3次元の絵の具なんだ」と気づいた。その瞬間、僕の頭の中で可能性がバッと広がった。進むべき道はこれだと。


藤田恭嗣

建築やアートは好きですね。空間をどのように設計するか、私はそこにお金をかける。家具も一流のものを置きます。何を置くかはその人の選択眼、哲学が出ると思っています。


松井忠三

3~5年で人事異動するとノウハウが消滅してしまうことがある。そこで消滅しないような仕組みが必要。西友は優秀な人たちがいなくなった瞬間にノウハウがなくなってしまった。


平田進也

僕の仕事はお客様を楽しませることですが、その目的のために、自分のことは忘れて徹底してこだわっています。


伊藤美恵

私は決断するのは本来苦手ですし、そもそも決断という言葉も好きじゃありません。でも二つの会社の経営者で、学校の学長でもありますから、当然、決断すべきことはたくさんあります。それで自分なりに気持ちを切り替える方法を見つけたんです。その日の最後に1~2時間、仕事以外のことに没頭するのです。私は企業小説、とりわけ高杉良さんの小説とサスペンスドラマが大好きです。だから、夜寝る前に、それらを読んだり観たりします。この時間はとても貴重で、仕事のことを一切忘れてどっぷり浸かります。そうすると、いったん頭が空っぽになってスッキリします。それで気持ちがリフレッシュして、重要な決断にも向き合えるようになります。


酒井貞彦

私が社長の座を創業メンバーの一人に譲ったのは、経営陣の若返りが主目的です。背景には私なりの信念がありました。それは「格好いいうちに引き継ぐ」です。仕事をこなせる体力がまだ十分にあり、ものごとを的確に判断する能力もあるうちに、自分のほうから一歩下がる。経営者は自分がみじめになっては戦うことができません。それは、政治家やスポーツ選手でも同じことだと思います。