名言DB

9419 人 / 110788 名言

大宅歩の名言

twitter Facebook はてブ

大宅歩のプロフィール

大宅歩、おおや・あゆむ。詩人。戦後日本を代表する評論家・大宅壮一の長男。33歳という若さでこの世を去るまで多くの詩を残した。

大宅歩の名言 一覧

悲しみはそれが悲しみである限り、生産的ではありえないように今の僕には思える。ものを生み出す力は常に悲しみを一つの武器として転化していくものでしかないのだ。


大宅歩の経歴・略歴

大宅歩、おおや・あゆむ。詩人。戦後日本を代表する評論家・大宅壮一の長男。33歳という若さでこの世を去るまで多くの詩を残した。

他の記事も読んでみる

天坊昭彦

多くの人の場合、慣れ親しんだ組織で安心して働くからこそ、自分の能力を発揮できるのではないでしょうか。


ニーチェ

今のこの人生を、もう一度そっくりそのまま繰り返してもかまわないという生き方をしてみよ。


岡田克也

実際に人と顔を合わせて話すことの大切さは、外務大臣を務めている時に、改めて実感しました。外務大臣同士の関係は、結局、信頼関係が築けるかどうかです。1回より2回、3回、4回と会うたびに、お互いのことが分かってきます。当初は互いに思い込みをしているところもあるのですが、時には週末にトンボ帰りの日程であっても何度も会いに行き、顔を合わせて話しているうちに、信頼関係が築かれるものです。


加賀見俊夫

人と人がフェース・トゥー・フェースで接するテーマパークのようなビジネスでは、キャスト(スタッフ)の機転がゲストの感動を呼び、時に失望につながりかねないのです。


内藤加奈子

たとえば「お客様の靴いいですね。その色は初めてみました!」などと、何でもかまいません、お客様について気づいたことをボールとして投げるのです。するとお客様からも、特別なボールが投げ返ってくるのです。


橋下徹

大阪府知事・大阪市長時代、僕は政治家と官僚との役割分担を徹底した。官僚がやることには限界がある。大きな変革や事態の打開はできない。だから特に官僚が「できないこと」は政治家である僕がやらなければならないものとして、僕自身が積極的に乗り出した。官僚にはない「政治力」をフルに使って事態を動かし、局面打開をはかった。


常見陽平

やりたいことといっても所詮片思いです。自分が行きたいかどうかより、企業が取りたいと思うかどうかで採用は決まります。全然やりたいことがなくとも、決まる人は決まるのが採用の法則です。


佐藤榮治(経営者)

私達の紹介で就業派遣先が決まった方々はダイヤモンドを超えるほどの輝きを放つ笑顔を返してくれます。この喜びを共有することこそが我々の仕事のやり甲斐であると思っています。


茂木健一郎

自分の長所や短所は、他人という鏡に映って初めてわかる。面と向かって「君はこうだ」と言ってくれる場合もあるし、ちょっとした言葉、仕草、表情に、自分の姿が反映されることもある。


小嶋淳司

カン(勘)のない経営ほどあかんものはない。現場に立ち、どうしたらお客様が今より満足してくださるかを考える。カンはそこから出てくる。