名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大宅歩の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大宅歩のプロフィール

大宅歩、おおや・あゆむ。詩人。戦後日本を代表する評論家・大宅壮一の長男。33歳という若さでこの世を去るまで多くの詩を残した。

大宅歩の名言 一覧

悲しみはそれが悲しみである限り、生産的ではありえないように今の僕には思える。ものを生み出す力は常に悲しみを一つの武器として転化していくものでしかないのだ。


大宅歩の経歴・略歴

大宅歩、おおや・あゆむ。詩人。戦後日本を代表する評論家・大宅壮一の長男。33歳という若さでこの世を去るまで多くの詩を残した。

他の記事も読んでみる

村田昭治

「魚は頭から腐る」といわれるように、企業も崩壊していくとき、頭脳集団から腐り始める。とりわけ、トップマネジメントの発想が陳腐化すると、その企業は加速度を増しながら崩壊が進み、全組織を腐敗させてしまう。


ジッド(ジード、ジイド)

あえて馬鹿に見せるということは大きな知恵である。だが、そのためには私にいつも欠けていたある種の勇気を必要とする。


田中稔哉

こんな時代に部下のモチベーションを向上させるにはどうすべきか。一つの答えとなり得るのが、「役割の獲得」です。これは若い世代にとくに多く見られる傾向ですが、「この仕事なら君だよね」などと、組織の中での役割を与えられることで、がぜんやる気が高まるのです。組織の中で「自分の居場所」を獲得することで、精神的に安定するという効果もあるでしょう。


オリバー・ストーン

映画『ウォール・ストリート』をつくる際、入念にリサーチしました。様々な金融市場のプレイヤーたちの話を聞き、問題点や気づいた点を、スクリーンに描きました。金融危機のときに、国が金融機関を救うか否かを決める際、金融のトップは何ら罪悪感を持っていなかった。驚きました。そのシーンはいままでにないアプローチでした。


丹羽宇一郎

誰がやっても傷だらけになるなら、俺がやればいい。
【覚書き|駐中国大使に任命されたときに周囲に語った言葉】


長妻昭

大事なポイントとしては、「格差が拡大すると経済は成長できない」ということです。その考え方は、今世界でもほぼ共有されつつある。OECDもIMFもリポートを出し、ノーベル経済学賞のスティグリッツ教授もそう言っています、その感覚が、今の政権には圧倒的に欠けているんです。格差が拡大すると、力を発揮できる人というのは恵まれた家庭に生まれた人に限定されてしまう。一部の人の働きに留まってしまうので経済成長もなかなかできない。だから、その壁を取り除くことで社会経済の基盤を固めるということです。壁を取り除くための社会保障を行うことは経済政策でもある。


羽鳥慎一

僕はもともと人のことを嫌いにならないのです。人を嫌いになると今度は自分が嫌われて、やりたい仕事ができなくなるので、人の好き嫌いはあまりない方がいいですよ。上司から何か言われても、違うと思ったら流しておけばいい。縦社会の理不尽さも、高校時代の野球部で慣れているので、あまり苦になりません。人間関係ではホントに悩まないんです。


マルチナ・ナブラチロワ

練習のプログラムを試合よりも数倍厳しくすれば、本番が物理的にも精神的にも楽になることを学びました。
【覚書き:大スランプに陥ったとき、過去の栄光を捨て、テニスを一から学び直した経験について語った言葉。過酷な練習の末、ふたたびトッププレーヤーに返り咲いた】


菅原道仁

ドーパミンは買う直前に多く出ますが、長くは出続けません。散財しそうになったら少し時間を置くこと。冷静さを取り戻せ、浪費を防ぐことができるでしょう。


名越康文

忙しい毎日の中で、新しいことに挑戦するには、煩雑な日常を受け止め、その中から無駄だと思われる時間を削り、新しいものが入る余地をつくってあげることが大切です。考えてみれば当たり前のことですが、ものごとが続かない人の多くはここでつまづいてしまうようです。


長谷川閑史

買収したナイコメッドの主力ビジネスは、自らの特許切れ製品を主軸とした「ブランデッドジェネリック」です。だから、イノベーティブな会社ではないように見えます。ですが、新興国で売れる薬をちゃんと作るということも立派なイノベーションなんです。「イノベーション=技術革新」という固定観念にとらわれてはいけません。


鎌田富久

私たちがiモードを開発した際には、携帯やゲーム機に搭載したモデルがヒットしましたが、それは結果論であって、最初から狙っていたわけではありません。携帯への搭載を始めた時など、別名の社員の中で私を含め2~3名しか関わっておらず、むしろ携帯が本当に売れるのか懐疑的な人が多かった。電子ピアノ、ワープロ、デジカメ、工作機械……様々なものにインターネットを乗せたのは、どれが跳ねるのか見極めるのが難しかったからです。しかし、そこからヒット商品が出てくれば、投資回収ができるようになります。