名言DB

9412 人 / 110637 名言

大宅歩の名言

twitter Facebook はてブ

大宅歩のプロフィール

大宅歩、おおや・あゆむ。詩人。戦後日本を代表する評論家・大宅壮一の長男。33歳という若さでこの世を去るまで多くの詩を残した。

大宅歩の名言 一覧

悲しみはそれが悲しみである限り、生産的ではありえないように今の僕には思える。ものを生み出す力は常に悲しみを一つの武器として転化していくものでしかないのだ。


大宅歩の経歴・略歴

大宅歩、おおや・あゆむ。詩人。戦後日本を代表する評論家・大宅壮一の長男。33歳という若さでこの世を去るまで多くの詩を残した。

他の記事も読んでみる

大坪清

働き方改革とはマネジメント改革でもある。さらに抜本的な意識改革にはワークスタイルそのものの改革が欠かせない。結果として、誰もが等しくキャリアを形成できるようになれば、モチベーションも上がり企業の活力と成長にもつながっていく。それこそがまさに全要素生産性向上の核心でもある。


篠原菊紀

事実の集積からひらめきに至るためには、意識下の思考をその方向に向かわせる圧力が必要である。その圧力は「これまでにないことを思いつきたい」「この問題を解決したい」という情熱、意志が生み出す。新しい発想を得たい、解決策を見出したいとする強い気持ちが、ネットワークの組み替えを促し、ひらめきを生む原動力となる。


柳井正

経営とは矛盾を解決することに尽きると思います。矛盾は解決できると思わないと駄目だし、矛盾解決が社長の役割です。


原田隆史

ものごとを習慣化する際に一番重要なことは、「なぜ自分はこれをやるのか」、その目的と目標をはっきりさせることです。漠然と早起きしようと思うだけでは、まず続きません。たとえば、「語学の能力で社会の役に立ちたい」という目的があり、それが「英検資格を取得する」という目標につながり、「だから1日5時間の勉強が必要だ」「そのためには、朝2時間を勉強にあてよう」といった理由と流れがあってはじめて、自分が納得し、継続する意欲が湧いてくるのです。


須田将啓

当社では、「世界中の蚤の市の商品が買えるようなバザール・サイトをつくりたい」という入社3年目の女性デザイナーからの提案で、「バイマバザール」という新しいサイトをオープンしました。彼女は気合の入ったサイトのビジュアルイメージを用意し、「この人たちとやりたい」というチームも決め、「本業をやりながらそれ以外の時間で取り組む」と提案してきたので、ノーという理由がありませんでした。


佐藤天彦

将棋は少しいい手を指しても、それで勝てるわけではありません。反対に少し悪い手を指しても、その後に最善を尽くせばそれ以上は悪くならないし、相手が間違える可能性もたくさん残っています。今が多少よくても悪くても、その後の自分のやり方次第と考えておいたほうがいい。


三木谷浩史

これからの世界を動かすのは既存の大企業ではない。新しく生まれた事業や、新しい産業が世の中を動かそうとしているのだ。たとえ小さな手漕ぎボートでも、自分で作った船で、僕はこの新しい潮流に乗り出したかった。どんな業種でも、どんなに規模が小さくても、とにかく起業しようと思ったのだ。
【覚書き|興銀を辞め起業した当時を振り返っての発言】


内藤誼人

実際には自分に自信は持ちきれていないけれど、上に立つ立場として、何か言わなければいけない。そんな場合に、過剰に否定的に相手を従わせようとしてしまう。自分のほうが上だ、相手にケチをつけたいという心理は、弱さの表れといえます。


松尾昭仁

相手を何とか説得しようと力んでいませんか? 自分が力むと、相手も同じように固くなる。フッと力を抜くことで、相手の態度も柔らかくなる。


島田昭彦

コンセプトが集約されたわかりやすいフレーズには、アイデアを広げ、具現化する力があると思います。ですから、感じたことを言葉にしてノートに書き込む際は、ただなんとなく走り書きするのではなく、「これだ」というワンフレーズを見つけ出して書き込んでほしいですね。


泉谷直木

得意先と一緒に勉強しながら解決していく。これからは、そういう営業になっていく必要があると思うんです。


江上治

仕事のできない人は「やること」ばかり増やしている。目的、目標に合わせて何を「やらないか」を決めることが必要。


橋本孝之

私の場合、要領よくやるということが不得意なので、悩んだら真正面からぶつかっていく以外にありません。人の3倍時間がかかるなら、3倍時間をかけてやり抜くしかない。正面から諦めずに取り組んでいると、どこかで必ずブレイクスルーする日が来るのです。


清水宏保

気を付けてほしいのは、トレーニングとは、その後のケアも含んでいます。きちっとしたケアもせず、ただ走って終わるのでは、それこそケガの元です。


郷治友孝

経営トップには、多様な人材から成る会社全体を、成果を出す観点からマネジメントできる人材が求められる。