名言DB

9419 人 / 110788 名言

大宅壮一の名言

twitter Facebook はてブ

大宅壮一のプロフィール

大宅壮一、おおや・そういち。日本の文芸評論家、社会評論家、ジャーナリスト、ノンフィクション作家。大阪出身。東京帝国大学文学部社会学科在学中にジャーナリストとなる。同大学中退後、新潮社で『社会問題講座』を企画編集して成功を収める。その後、昭和を代表するジャーナリストとなった。「恐妻」「口コミ」「太陽族」「一億総白痴化」「駅弁大学」などの言葉を生み出した。

大宅壮一の名言 一覧

わかりやすい表現を恥じる必要はない。難しい文章を書くのは概して頭の悪い人に多い。頭のよい人は物事を咀嚼(そしゃく)して、わかりやすく書くものである。


50人味方がいて、50人が敵。それでいいじゃないか。全部を味方に引き入れることなんてできっこない。


大宅壮一の経歴・略歴

大宅壮一、おおや・そういち。日本の文芸評論家、社会評論家、ジャーナリスト、ノンフィクション作家。大阪出身。東京帝国大学文学部社会学科在学中にジャーナリストとなる。同大学中退後、新潮社で『社会問題講座』を企画編集して成功を収める。その後、昭和を代表するジャーナリストとなった。「恐妻」「口コミ」「太陽族」「一億総白痴化」「駅弁大学」などの言葉を生み出した。

他の記事も読んでみる

石井茂(経営者)

顧客の声に耳を傾けることが大切です。コールセンターに寄せられた顧客の声には、私も必ず目を通しています。


伊藤博(経営者)

全体が完成しなくてもまずはスタートをする。そうすれば進化させて、いいサービスに仕上げていける。


山本真司

なぜ集中できないのか、その大きな原因として「疲れ」があると思います。そもそも、人の集中力はそう長く続くものではありません。疲れていればなおさらです。


日野原重明

老人はリタイアすればいい、という今の考え方では日本は行き詰まってしまう。


佐々木圭一

相手には相手の都合がある。自分が思ったことや考えたことをそのまま言葉にしても伝わらない。まずは自分の都合で話さないことを意識していくことが、意見を通す際の第一段階。


井口尊仁

詰め込み教育の弊害かもしれないけれど、多くの日本人はスライドに情報を盛り込みすぎ。データを詳細に載せても、明日には変わっているかもしれない。ならば、今はこういう状態にあって、次はこうなるといった変化を伝え、後は相手に想像してもらう。つまり、自分で説明して伝えるのではなく、相手の想像力を喚起することが大切。


八城政基

老人はもう、黙っていればいいんだ。退職金をもらってさっさと辞める。それが一番大切だよ、日本再生には。


福沢諭吉

遠方に離れている友人が1年も2年も音信不通であったのが、何か心に感ずることがあったのか、あるいは大切な用事ができたのか、突然手紙を寄せて、こまごまと言葉を書き連ねたとて、それによって友情がにわかに発生するものではない。それよりも、普段に格別用事がなくても、時々簡単な短文でお互いに音信を交わす習慣を続けていれば、何かの時の大事に臨んで、ちょっとした一言で用が足りるという便利さがある。


齊藤征志

目標を達成するためには、強みをさらに伸ばしてゆくことが必要です。


熊本浩明

重要なのが、現地企業へ経営理念や事業の意義などを浸透させること。社会に対してどのような価値を提供していくのか。自社グループの存在意義はどこにあるのか。そうしたことが共有されると、一人一人やるべきことが見えてきますし、優先順位も明確になる。