名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大宅壮一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大宅壮一のプロフィール

大宅壮一、おおや・そういち。日本の文芸評論家、社会評論家、ジャーナリスト、ノンフィクション作家。大阪出身。東京帝国大学文学部社会学科在学中にジャーナリストとなる。同大学中退後、新潮社で『社会問題講座』を企画編集して成功を収める。その後、昭和を代表するジャーナリストとなった。「恐妻」「口コミ」「太陽族」「一億総白痴化」「駅弁大学」などの言葉を生み出した。

大宅壮一の名言 一覧

わかりやすい表現を恥じる必要はない。難しい文章を書くのは概して頭の悪い人に多い。頭のよい人は物事を咀嚼(そしゃく)して、わかりやすく書くものである。


50人味方がいて、50人が敵。それでいいじゃないか。全部を味方に引き入れることなんてできっこない。


大宅壮一の経歴・略歴

大宅壮一、おおや・そういち。日本の文芸評論家、社会評論家、ジャーナリスト、ノンフィクション作家。大阪出身。東京帝国大学文学部社会学科在学中にジャーナリストとなる。同大学中退後、新潮社で『社会問題講座』を企画編集して成功を収める。その後、昭和を代表するジャーナリストとなった。「恐妻」「口コミ」「太陽族」「一億総白痴化」「駅弁大学」などの言葉を生み出した。

他の記事も読んでみる

西岡務

全ての研究開発テーマが成功してキャッシュを生む事業になるとは思っていない。でも真面目に向き合えば、失敗しても必ず何かが残る。


日覺昭廣

東レの成長は今や、パートナーとの協業なしには考えられません。主力の繊維事業はユニクロとの協業をきっかけに、事業が拡大しました。外部の企業などとパートナーを組んで技術を開放すると、思わぬ化学反応によって技術革新が起こります。まさにオープンイノベーションです。


粟田貴也

起業に際して大学を中退し、佐川急使のセールスドライバーとして開業資金を貯めたのですが、大学を辞めるときはかなり勇気が要りました。「この道で生きていくのだ」と決意し、退路を断って自分を追い込んだわけです。追い込まなければ、その先の夢にたどり着けない状況でしたから。


奥谷禮子(奥谷礼子)

いま思うのは「厳しく育てられて、すごく良かったな」という感謝の気持ちです。というのも、自分が教える側の立場になってわかったことは、「教えることはいかに大変で、忍耐がいることか」ということだったからです。母が、毎日、毎日、箸の上げ下ろしから着物のたたみ方や着付けまで、あそこまで厳しく、教え込むには相当なエネルギーが必要だったはずです。つまり、それだけ強い愛情を受けて育ったのだと感じています。


深田和範

残念がら、出世競争で明らかに周回遅れになってしまった場合、そのまま競争を続けるか、それとも降りるかを判断する必要があります。競争に乗り続けるなら、何としてもポストをもらうことを最優先にします。もはや、主要な役職はトップクラスの人たちが占めています。そこで、不便なところ、たとえば規模を縮小した課や地方出張所のポストでも自ら進んで引き受けましょう。そして、会社や人事部に恩を売っておくのです。予想外の恩返しがあるかもしれません。


おおたわ史絵

私は内科医ですから、外科医と違ってメスもなければ他の道具も持たず、患者さんを治療するための最大の武器は言葉です。いかに患者さんに心を開いてもらえるか。聞く耳を持っていただけるかどうか。患者さんに「この医者を信頼してみよう」と思っていただけないと治療は良い方向に進みません。


糸井重里

さほど儲からない仕事を混ぜられるのは、普段の業務でしっかり利益を出しているから。利益をきちんと出しながら、やりがいのある活動もできることこそ、今後の「企業」のあり方であり、多くの人が望む働き方。


森信三

いやしくも生をこの世に受けた以上、それぞれの分に応じて、ひとつの心願を抱き、それを最後の一呼吸まで貫かなければならない。


柳井正

日本人同士なら感覚で伝わることも、向こうへ行ったら、具体的に内容を説明しないと伝わらない。しかも、1度の説明でなく、何度も何度も繰り返し説得しないといけない。それをやることが店長の力です。そして、どこの国に赴任しても、部下に対しては思いやりを持つ。働いている人はそれぞれの立場があると知り、一人ひとりのモチベーションを理解してやらなくてはならない。海外で店長をやることは、自らを鍛える格好の機会になるはずです。そして、こうした海外での経験は、企業としての力を増すことにもつながる。


村上英三

世界を相手にする海運会社は多様性が大事ですから、「自分の目標は業績より人の話に耳を傾けることだ」と宣言しています。


清水久三子

目的が不明瞭な資料は技術者がつくるものに多く見受けられます。彼らのつくる資料には、コンピュータのサーバー比較表やCPU性能比較表など、単にスペックの比較が大量に書いてあるケースが多い。しかし、受け手から見ると、いったい何を推奨されているのかがよくわかりません。相手の理解レベルを超えた情報を出しすぎて、相手に何をしてもらいたいのか、どれを選んだらよいのかを逆にわからなくさせてしまっているのです。


安田隆夫

若い頃の私も、「相手のことを分かるようになる日が来るかもしれない」と、期待も込めて思っていました。しかし、それは錯覚であり、幻想だった。「やはり、相手のことは分からないのが当たり前。これが真理」だと確信しています。