名言DB

9419 人 / 110788 名言

大宅壮一の名言

twitter Facebook はてブ

大宅壮一のプロフィール

大宅壮一、おおや・そういち。日本の文芸評論家、社会評論家、ジャーナリスト、ノンフィクション作家。大阪出身。東京帝国大学文学部社会学科在学中にジャーナリストとなる。同大学中退後、新潮社で『社会問題講座』を企画編集して成功を収める。その後、昭和を代表するジャーナリストとなった。「恐妻」「口コミ」「太陽族」「一億総白痴化」「駅弁大学」などの言葉を生み出した。

大宅壮一の名言 一覧

わかりやすい表現を恥じる必要はない。難しい文章を書くのは概して頭の悪い人に多い。頭のよい人は物事を咀嚼(そしゃく)して、わかりやすく書くものである。


50人味方がいて、50人が敵。それでいいじゃないか。全部を味方に引き入れることなんてできっこない。


大宅壮一の経歴・略歴

大宅壮一、おおや・そういち。日本の文芸評論家、社会評論家、ジャーナリスト、ノンフィクション作家。大阪出身。東京帝国大学文学部社会学科在学中にジャーナリストとなる。同大学中退後、新潮社で『社会問題講座』を企画編集して成功を収める。その後、昭和を代表するジャーナリストとなった。「恐妻」「口コミ」「太陽族」「一億総白痴化」「駅弁大学」などの言葉を生み出した。

他の記事も読んでみる

澤上篤人

だいたい、日本株市場の展望などと言っている暇があったら、さっさと株を買えばいいだけのこと。相場なんて、皆が買えば上がるんだから。


中村勇吾

仕事でクライアントとやりとりをするときには、先方からの要望を形にしながら、その要望を包み込むようにして自分のアイデアをどんどん足していくことにしているんです。アイデアのデモ画面はなるべく早い段階で、ときには話をいただいた一週間後に先方に見せることもあります。核になるイメージだけでもサッと作って、まずは実物を見せなければならないと考えています。


古森重隆

多角化と言うと、M&Aなどで全くの異分野に進出するというイメージを持つかもしれません。ただ、当社のケースを見ても分かるように、多角化とは本業に関わる技術を軸に進めていくべきものと私は考えます。会社自身がその分野でやっていけるポテンシャルを持たないと成功しないでしょう。


佐藤龍雄(経営者)

民間であれば、トレードオフを起こさないようにイノベーションを通じたコストダウンを行う。しかも、維持管理レベルや点検のレベルも下げない。そのためには、ただ減らしなさいと言うのではなく、変革を伴ったものにしていこうと言わねばなりません。


荒木飛呂彦

アイデアを出すことについても、自分との戦いなんです。僕は漫画で謎を追っているつもりなんですけど、アイデア、つまり僕の中では「謎」というものはなくならないものなんです。世界に未開拓地がなくなったように見えても、歴史や人間の内面に新しい謎はいくらでもあって、こちらが描きたいとさえ強く思えばアイデアは出てくるはずなんです。だから、むしろ怖いのは表現意欲がなくなることです。つまり、やはり自分自身に勝たなければならないんですよね。


カント

民主政治は専制体制と変わらない。なぜなら民主政治とは、全員がひとりの意志を無視し議決しうるという「全員ではない全員」が議決しうる執行権を認めるからである。


寺田寅彦

災害は忘れた頃にやってくる。


梅本純正

上司の前に立った時には見識を述べよ。たんにいくつかの案を示すだけでなく自分が最適と判断した案を語れ。何でも結々諾々と従う人より、意見をはっきり言う骨っぽい人が好ましい。上司は部下の判断に拒否権を発動できる見識を持て。上司も部下も日ごろの蓄積が見識となって現れる。


池上彰

ただ自分がわかればいいというだけでなく、わからない人に説明するときにはどうしたらいいかという問題意識をもって読むと、理解の深さが格段に違ってきます。アウトプットを意識して読むわけです。


神永学

デビュー前は今とかなり違うタイプの小説を書いていました。自殺した兄の心理を弟が探っていく話とか、暗いものが多かったですね(笑)。文学賞に投稿していたんですが選考に残らなくて、半ばやけくそでミステリーに挑戦してみようと思ったんです。