大宅壮一の名言

大宅壮一のプロフィール

大宅壮一、おおや・そういち。日本の文芸評論家、社会評論家、ジャーナリスト、ノンフィクション作家。大阪出身。東京帝国大学文学部社会学科在学中にジャーナリストとなる。同大学中退後、新潮社で『社会問題講座』を企画編集して成功を収める。その後、昭和を代表するジャーナリストとなった。「恐妻」「口コミ」「太陽族」「一億総白痴化」「駅弁大学」などの言葉を生み出した。

大宅壮一の名言 一覧

わかりやすい表現を恥じる必要はない。難しい文章を書くのは概して頭の悪い人に多い。頭のよい人は物事を咀嚼(そしゃく)して、わかりやすく書くものである。

大宅壮一の名言|頭のよい人は物事を咀嚼して、わかりやすく書く

50人味方がいて、50人が敵。それでいいじゃないか。全部を味方に引き入れることなんてできっこない。

大宅壮一の名言格言|敵ができてもひるまない

大宅壮一の経歴・略歴

大宅壮一、おおや・そういち。日本の文芸評論家、社会評論家、ジャーナリスト、ノンフィクション作家。大阪出身。東京帝国大学文学部社会学科在学中にジャーナリストとなる。同大学中退後、新潮社で『社会問題講座』を企画編集して成功を収める。その後、昭和を代表するジャーナリストとなった。「恐妻」「口コミ」「太陽族」「一億総白痴化」「駅弁大学」などの言葉を生み出した。

ページの先頭へ