名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大塚雅樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚雅樹のプロフィール

大塚雅樹、おおつか・まさき。日本のコンサルタント。JTBモチベーションズ社長。東京出身。JTBに入社後、東京新宿支店営業課で法人向け国内海外団体旅行を担当。同課で企業向けインセンティブ(褒賞)旅行の営業を手掛けたのち、社内公募にて、本社市場開発室へ異動。インセンティブ・プロジェクト(のちにモチベーションビジネス)の開発に従事。ワークモチベーションの研究を行い、海外研修などを経て、JTBモチベーションズ設立の企画を通し社長に就任。主な著書に『明日の出社が楽しくなる本』『成功するビジネスマンの仕事術(共著)』『やる気を科学する(共著)』など。そのほか、社団法人関東ニュービジネス協議会理事、NPO法人日本青少年キャリア教育協会評議委員などを務めた。

大塚雅樹の名言 一覧

もちろん悩みを他人に相談することができるならよいと思います。仕事の悩みを、何かに書き出すのもお勧めです。活字にあらわすということは、論点を明確にすることですから、自分の悩みを根本的に知ることにつながります。


自分に元気がないとき、やる気が出ないときは、他人の力を借りてみる。やる気は自家発電だけではなく、外部からも点火することができるのです。


経営者仲間で話をすると、寝床で仕事のヒントを思いついたとおっしゃる方が多いです。


私がいつも鞄に入れて持ち歩いているのが、偉人の言葉を集めた『最高の報酬』という本です。なんとなく気分が晴れないとき、偉人たちの言葉を読むとモチベーションが上がります。やはり、言葉には力があります。自分が読んで元気になるもの、または面白いと感じるものを、僕はいつも持ち歩いています。


楽しいことがあとに控えていると思うと、嫌なことが小さなことに思えてきます。もっとモチベーションを上げたいなら、自分へのご褒美の日付も決めてしまうことです。日付が決まっていると、その日までに何とか終わらせようという意欲が出てきますから。そうやって嫌な仕事をこなせたときには、達成感がありますし、自信にもつながります。


僕が30代のころは、嫌な仕事を命じられたら、「それをやり終えたときに何をしようか」と考えていました。スーツを買おうとか、一度食べてみたかった料理を奮発して食べに移行とか。自分へのご褒美を考えるのです。目の前にニンジンをぶら下げる、つまり報酬に訴えかけるというのは、脳科学から見ても理に叶っているそうです。


弊社がコンサルティングをさせていただいている企業の社員専用として、「お悩みメール相談」というのがありました。仕事上の悩みをメールに書いて送ると、弊社のスタッフがアドバイスを返信するというものです。しかし、そのメール数はこちらの予想よりはるかに低い数字なのです。理由を調べてみると、相談メールに悩みを書いているうちに、自分の悩みが小さなものに思えてきて、書いているメールを送らずに消してしまう、ということでした。


自分自身が大局観を見失ってどうでもいいことにとらわれていたり、経営トップとして求められている決断を下していなかったり、迷っている自分を客観視することができれば、あとは目標を定めて決断するだけです。当然、やる気も湧いてきます。


会議では、各部署の担当者から議題が上がり、それをもとに議論を進め、私が最終決断を下します。しかし、ときに判断に迷うこともあります。報告する社員の仕事ぶりが頭に浮かび、情に流されそうなこともあります。そんなとき、ふと会議室の天井から、会議の状況や自分の置かれた立場を俯瞰してみるのです。ちょうどライブカメラを設置して別室から眺めているような気分です。すると、いままで見えなかったものがクリアになってきます。


やる気が出ないビジネスマンの多くは、視野狭窄(しやきょうさく)の状態に陥っていることが考えられます。仕事で難題にぶつかったとき、なんとかそれを切り抜けようと焦ってしまい、ひとつの方向からしかものごとを見ることができなくなっているのです。そういう場合は、いったん目の前の仕事を置いて、異なる視点から眺め直した方がいいでしょう。


大塚雅樹の経歴・略歴

大塚雅樹、おおつか・まさき。日本のコンサルタント。JTBモチベーションズ社長。東京出身。JTBに入社後、東京新宿支店営業課で法人向け国内海外団体旅行を担当。同課で企業向けインセンティブ(褒賞)旅行の営業を手掛けたのち、社内公募にて、本社市場開発室へ異動。インセンティブ・プロジェクト(のちにモチベーションビジネス)の開発に従事。ワークモチベーションの研究を行い、海外研修などを経て、JTBモチベーションズ設立の企画を通し社長に就任。主な著書に『明日の出社が楽しくなる本』『成功するビジネスマンの仕事術(共著)』『やる気を科学する(共著)』など。そのほか、社団法人関東ニュービジネス協議会理事、NPO法人日本青少年キャリア教育協会評議委員などを務めた。

他の記事も読んでみる

伊丹敬之

人員削減は1回こっきりにすること。何回もずるずるやっちゃダメ。残った社員が不安で不安で、働けなくなってしまう。


藤巻健史

モルガンで採用担当をしていたとき、「将来おまえが使いたい人間を採れ」とボスに言われました。そのときに私が決めた採用基準は、スポーツなどで勝利した実績がある人でした。そして、ここが大事なのですが、ただ勝っただけでなく、一回挫折して勝ち上がった経験を持っていること。面接ではよく「あなたの実績と挫折の経験を話してください」と質問しました。


土光敏夫

部下は上司の後ろ姿を学ぶ。上司が真剣に仕事に打ち込むことが、最上の教育になる。


楢原誠慈

前向きに考えて、挑戦的な行動をして、5年先、10年先、15年先に、後輩に胸を張れる仕事をしようじゃないか。


猪瀬直樹

諦めたらそこで終わり。たとえ周りから認められなくても、誰にも負けないものを何か一つ持っていれば、いつか必ず日の当たるときが来る。そのときこそチャンス。そのときを信じて、自分の強みを磨き続けることが大切。


下重暁子

これからの時代、よほど自分をしっかりと持っていなければならないと思います。新しいものを追いかけ、ただ受け取るのに精いっぱいという受け身では不幸です。


大西一寛

貴金属買い取り事業をはじめたきっかけは、買い取り事業の会社の創業社長を追ったテレビ番組でした。この事業に興味を持った私は、早速出店場所を探し始めたのです。


坂根正弘

まず何よりビジネスモデルを作るのだというトップの強い意志が必要。その上で独自で持っていない技術が必要なら、買収も検討すればいい。


中村邦夫

最近特に苦々しく思うのは、短期的に業績を上げた経営者を、マスコミがすぐに「プロ経営者」とか、「経営のプロ」などともてはやしてしまうことです。そもそも、経営のプロという言い方はおかしいと思いませんか。なぜなら、現在、全国で活躍されている社長さんは、規模の大小を問わず、みな経営のプロなのです。アメリカ企業で勤めてから日本企業に移籍して「プロ経営者」ともてはやされながら、なかなか成功しえないケースもあります。それはやはり、哲学や理念の問題ではないかと私は考えています。


南原竜樹

再起なんて絶対無理だというのが大方の見方でした。なかには、処分できるものをさっさと現金化して、海外にトンズラしてしまえばいいと言う人もいましたよ。僕自身、倒産や自己破産も考えましたが、結果的にはきちんと借金を返済して再起を図るという道を選びました。今考えると、根拠のない過剰な自信に満ちあふれていたとしか思えませんが、再起のためには銀行の債務から逃げ出すわけにはいかなかったのです。


林野宏

求められているのは、単に情報を集めることではなく、そこから何を生み出すか。同じ情報をもとに、ライバルと同じことをしても、抜きんでることはできません。他社が考えるであろう戦略を想定し、それを超える戦略を立てる必要がある。それには、想像力や発想力が不可欠。そして、発想力を生み出すもの、それは好奇心。


千葉智之

人脈は、お金では買えません。もちろん、きっかけはお金を払えば作れますが、「脈」にできるかどうかはその後の動き次第です。