名言DB

9413 人 / 110706 名言

大塚雅樹の名言

twitter Facebook はてブ

大塚雅樹のプロフィール

大塚雅樹、おおつか・まさき。日本のコンサルタント。JTBモチベーションズ社長。東京出身。JTBに入社後、東京新宿支店営業課で法人向け国内海外団体旅行を担当。同課で企業向けインセンティブ(褒賞)旅行の営業を手掛けたのち、社内公募にて、本社市場開発室へ異動。インセンティブ・プロジェクト(のちにモチベーションビジネス)の開発に従事。ワークモチベーションの研究を行い、海外研修などを経て、JTBモチベーションズ設立の企画を通し社長に就任。主な著書に『明日の出社が楽しくなる本』『成功するビジネスマンの仕事術(共著)』『やる気を科学する(共著)』など。そのほか、社団法人関東ニュービジネス協議会理事、NPO法人日本青少年キャリア教育協会評議委員などを務めた。

大塚雅樹の名言 一覧

もちろん悩みを他人に相談することができるならよいと思います。仕事の悩みを、何かに書き出すのもお勧めです。活字にあらわすということは、論点を明確にすることですから、自分の悩みを根本的に知ることにつながります。


自分に元気がないとき、やる気が出ないときは、他人の力を借りてみる。やる気は自家発電だけではなく、外部からも点火することができるのです。


経営者仲間で話をすると、寝床で仕事のヒントを思いついたとおっしゃる方が多いです。


私がいつも鞄に入れて持ち歩いているのが、偉人の言葉を集めた『最高の報酬』という本です。なんとなく気分が晴れないとき、偉人たちの言葉を読むとモチベーションが上がります。やはり、言葉には力があります。自分が読んで元気になるもの、または面白いと感じるものを、僕はいつも持ち歩いています。


楽しいことがあとに控えていると思うと、嫌なことが小さなことに思えてきます。もっとモチベーションを上げたいなら、自分へのご褒美の日付も決めてしまうことです。日付が決まっていると、その日までに何とか終わらせようという意欲が出てきますから。そうやって嫌な仕事をこなせたときには、達成感がありますし、自信にもつながります。


僕が30代のころは、嫌な仕事を命じられたら、「それをやり終えたときに何をしようか」と考えていました。スーツを買おうとか、一度食べてみたかった料理を奮発して食べに移行とか。自分へのご褒美を考えるのです。目の前にニンジンをぶら下げる、つまり報酬に訴えかけるというのは、脳科学から見ても理に叶っているそうです。


弊社がコンサルティングをさせていただいている企業の社員専用として、「お悩みメール相談」というのがありました。仕事上の悩みをメールに書いて送ると、弊社のスタッフがアドバイスを返信するというものです。しかし、そのメール数はこちらの予想よりはるかに低い数字なのです。理由を調べてみると、相談メールに悩みを書いているうちに、自分の悩みが小さなものに思えてきて、書いているメールを送らずに消してしまう、ということでした。


自分自身が大局観を見失ってどうでもいいことにとらわれていたり、経営トップとして求められている決断を下していなかったり、迷っている自分を客観視することができれば、あとは目標を定めて決断するだけです。当然、やる気も湧いてきます。


会議では、各部署の担当者から議題が上がり、それをもとに議論を進め、私が最終決断を下します。しかし、ときに判断に迷うこともあります。報告する社員の仕事ぶりが頭に浮かび、情に流されそうなこともあります。そんなとき、ふと会議室の天井から、会議の状況や自分の置かれた立場を俯瞰してみるのです。ちょうどライブカメラを設置して別室から眺めているような気分です。すると、いままで見えなかったものがクリアになってきます。


やる気が出ないビジネスマンの多くは、視野狭窄(しやきょうさく)の状態に陥っていることが考えられます。仕事で難題にぶつかったとき、なんとかそれを切り抜けようと焦ってしまい、ひとつの方向からしかものごとを見ることができなくなっているのです。そういう場合は、いったん目の前の仕事を置いて、異なる視点から眺め直した方がいいでしょう。


大塚雅樹の経歴・略歴

大塚雅樹、おおつか・まさき。日本のコンサルタント。JTBモチベーションズ社長。東京出身。JTBに入社後、東京新宿支店営業課で法人向け国内海外団体旅行を担当。同課で企業向けインセンティブ(褒賞)旅行の営業を手掛けたのち、社内公募にて、本社市場開発室へ異動。インセンティブ・プロジェクト(のちにモチベーションビジネス)の開発に従事。ワークモチベーションの研究を行い、海外研修などを経て、JTBモチベーションズ設立の企画を通し社長に就任。主な著書に『明日の出社が楽しくなる本』『成功するビジネスマンの仕事術(共著)』『やる気を科学する(共著)』など。そのほか、社団法人関東ニュービジネス協議会理事、NPO法人日本青少年キャリア教育協会評議委員などを務めた。

他の記事も読んでみる

渡邉英彦

手書きの文字は、絵画や書と同じです。自分の考えを自分の手、自分の技術、自分のセンスで形作る。私の場合、この作業をしている時に「ひらめき」が生まれる確率が高い。


佐藤智恵(コンサルタント)

日本人は失敗に弱いと言われています。克服する方法は1つ。失敗経験をたくさん積むこと。ポイントは、失敗してもいい環境で失敗経験を積むこと。


亀井勝一郎

教養の真のあらわれは、その人の「はにかみ」にある。


上村愛子

細かいところをあげていけばキリはありませんが、いままでのオリンピックで全力を出すことが難しかったので、全力で滑るというのは果たせて満足です。


赤羽雄二

単語登録の効果は、文章作成が速くなることだけではありません。1つの単語を登録することで、省略できる入力時間は数秒かもしれません。しかし、スピードアップのために、そこまで徹底すること自体がメンタルの面でも大きな効果を生みます。誰よりも文章を書くのが速いと実感できた時に人は、自分の仕事の処理能力に自信が芽生え、モチベーションが高まるからです。自分の能力に自信が持てれば、何か判断が必要な時にも迷わずに決断ができますから、仕事のスピード全体も速くなります。


岡崎慎司

負けは次の成長の糧になる。他人から見れば順風満帆かもしれないけど、常に負け続けてきた人生。勝ちきったあとの満足感を知らないんですよ。


落合信彦

金持ちは本当のことなんか話さない。「俺のやる通りにやれ。俺の言う通りにはやるな」という格言があるぐらいだから。


ジョン・リディング

新聞のデジタル化は広告主にとっても重要だ。従来よりどの消費者に向けて各広告を打てばよいのか、効率的にターゲットを絞れるようになり、今ではキャンペーンごとのROI(投下資本利益率)まで弾き出せる。まさに米国を代表する流通の大御所、故ジョン・ワナメーカーが「広告費を投入しても、どの広告が威力を発揮しているのか分からない」と悩んでいた問題が解決されつつある。


赤塚保正

柿安の場合、株主の皆様に喜んでもらうのは株価だけではありません。それは当社で株式の40%を所有しており、関係者を除けば個人株主の方がほとんどですので、株主はすなわち当社のお客様でもあるわけです。だからこそ、我々がお客様が喜ぶ商品を提供できる商売をしていれば、株主の皆様にも喜んでいただけます。


貝原益軒

志を立てることは大いに高くすべし。小にして低ければ、小成に安んじて成就しがたし。天下第一等の人とならんと平生志すべし。


福山誠

上村はグーグルの同期で部署も一緒で、仲がよかった。そこで、彼にソーシャルランチのアルファ版を見せたところ、「面白そうだ」ということになり、どちらが誘うともなく、起業することにしました。


李海珍(イ・ヘジン)

海外に行けばその国のことを中心に考えるべきで、その国のユーザーのことを最も理解しなければいけない。


大谷翔平

僕はマイナス思考なんですよ。良かった時より、悪かった試合の記憶のほうが残る。だから弱点が見えたら、しっかり直して塗り潰したい気持ちが強いんです。


川北英貴

融資の相談があった場合、銀行の担当者は決算書の何を見ているのか。最初に見られるのが貸借対照表(BS)の純資産。ここは何はともあれプラスにしておくこと。ここがマイナスだと交渉が一気に不利になる。ただし、ここで安心してしまうのはまだ早い。一見プラスでも実は落とし穴があるのだ。資産として計上していても、「資産価値なし」と判断される費目もあるためだ。その筆頭は売掛金。あまりに多額の場合、架空売り上げを疑われるか、貸し倒れの可能性が高いと見なされることがある。その結果、下手をすると「実質債務超過」という評価になりかねないので注意したい。


西成活裕

数字はとても客観的なもののように思われがちですが、実態を反映しない数というのもあります。一般に慣れ親しんでいる「平均」も実は曲者です。平均という指標は実は疑うべきもので、実態を把握するには分布そのものを見るべきなのです。