大塚雅樹の名言

大塚雅樹のプロフィール

大塚雅樹、おおつか・まさき。日本のコンサルタント。JTBモチベーションズ社長。東京出身。JTBに入社後、東京新宿支店営業課で法人向け国内海外団体旅行を担当。同課で企業向けインセンティブ(褒賞)旅行の営業を手掛けたのち、社内公募にて、本社市場開発室へ異動。インセンティブ・プロジェクト(のちにモチベーションビジネス)の開発に従事。ワークモチベーションの研究を行い、海外研修などを経て、JTBモチベーションズ設立の企画を通し社長に就任。主な著書に『明日の出社が楽しくなる本』『成功するビジネスマンの仕事術(共著)』『やる気を科学する(共著)』など。そのほか、社団法人関東ニュービジネス協議会理事、NPO法人日本青少年キャリア教育協会評議委員などを務めた。

大塚雅樹の名言 一覧

もちろん悩みを他人に相談することができるならよいと思います。仕事の悩みを、何かに書き出すのもお勧めです。活字にあらわすということは、論点を明確にすることですから、自分の悩みを根本的に知ることにつながります。


自分に元気がないとき、やる気が出ないときは、他人の力を借りてみる。やる気は自家発電だけではなく、外部からも点火することができるのです。


経営者仲間で話をすると、寝床で仕事のヒントを思いついたとおっしゃる方が多いです。


私がいつも鞄に入れて持ち歩いているのが、偉人の言葉を集めた『最高の報酬』という本です。なんとなく気分が晴れないとき、偉人たちの言葉を読むとモチベーションが上がります。やはり、言葉には力があります。自分が読んで元気になるもの、または面白いと感じるものを、僕はいつも持ち歩いています。


楽しいことがあとに控えていると思うと、嫌なことが小さなことに思えてきます。もっとモチベーションを上げたいなら、自分へのご褒美の日付も決めてしまうことです。日付が決まっていると、その日までに何とか終わらせようという意欲が出てきますから。そうやって嫌な仕事をこなせたときには、達成感がありますし、自信にもつながります。


僕が30代のころは、嫌な仕事を命じられたら、「それをやり終えたときに何をしようか」と考えていました。スーツを買おうとか、一度食べてみたかった料理を奮発して食べに移行とか。自分へのご褒美を考えるのです。目の前にニンジンをぶら下げる、つまり報酬に訴えかけるというのは、脳科学から見ても理に叶っているそうです。


弊社がコンサルティングをさせていただいている企業の社員専用として、「お悩みメール相談」というのがありました。仕事上の悩みをメールに書いて送ると、弊社のスタッフがアドバイスを返信するというものです。しかし、そのメール数はこちらの予想よりはるかに低い数字なのです。理由を調べてみると、相談メールに悩みを書いているうちに、自分の悩みが小さなものに思えてきて、書いているメールを送らずに消してしまう、ということでした。


自分自身が大局観を見失ってどうでもいいことにとらわれていたり、経営トップとして求められている決断を下していなかったり、迷っている自分を客観視することができれば、あとは目標を定めて決断するだけです。当然、やる気も湧いてきます。


会議では、各部署の担当者から議題が上がり、それをもとに議論を進め、私が最終決断を下します。しかし、ときに判断に迷うこともあります。報告する社員の仕事ぶりが頭に浮かび、情に流されそうなこともあります。そんなとき、ふと会議室の天井から、会議の状況や自分の置かれた立場を俯瞰してみるのです。ちょうどライブカメラを設置して別室から眺めているような気分です。すると、いままで見えなかったものがクリアになってきます。


やる気が出ないビジネスマンの多くは、視野狭窄(しやきょうさく)の状態に陥っていることが考えられます。仕事で難題にぶつかったとき、なんとかそれを切り抜けようと焦ってしまい、ひとつの方向からしかものごとを見ることができなくなっているのです。そういう場合は、いったん目の前の仕事を置いて、異なる視点から眺め直した方がいいでしょう。


大塚雅樹の経歴・略歴

大塚雅樹、おおつか・まさき。日本のコンサルタント。JTBモチベーションズ社長。東京出身。JTBに入社後、東京新宿支店営業課で法人向け国内海外団体旅行を担当。同課で企業向けインセンティブ(褒賞)旅行の営業を手掛けたのち、社内公募にて、本社市場開発室へ異動。インセンティブ・プロジェクト(のちにモチベーションビジネス)の開発に従事。ワークモチベーションの研究を行い、海外研修などを経て、JTBモチベーションズ設立の企画を通し社長に就任。主な著書に『明日の出社が楽しくなる本』『成功するビジネスマンの仕事術(共著)』『やる気を科学する(共著)』など。そのほか、社団法人関東ニュービジネス協議会理事、NPO法人日本青少年キャリア教育協会評議委員などを務めた。

他の記事も読んでみる

村山甲三郎

趣味で小学生の頃から水泳を続けている。泳ぐ場所は通勤途中にあるスポーツクラブ。仕事帰りに立ち寄ったり、空いている時間を見つけて行っている。疲れていて今日は泳ごうかどうかと迷っているときも、泳いだ後はとてもスッキリした感じになる。これはやはり、水泳が有酸素運動だからだろう。


松下幸之助

社内でも、僕が非常に偉いから僕に従ったというよりも、頼りないオヤジさんだからしっかりやったろうかと、そういう点があったと思うんです。ですから、一番大事なことは、ものを言いやすいオヤジ(上司)になることですよ。


渡辺謙

日々の小さな営みが、仕事では一番大切なんだと思います。ひいては仕事の成果にも影響していくんじゃないでしょうか。


塚崎義直

企業が求めているのは、机上のアドバイスや批評や昔話ではなく、実際に手足を動かすこと。


加瀬豊

部下から「こうしたい」という提案が出るのを待ちます。答えを聞く前に上から指示を出してしまえば、その部下の成長は止まってしまいますし、自発的に仕事に取り組む意欲も引き出せません。上からノルマ、課題をかぶせることになってしまいます。


ミゲル・マッケルビー

いま人々の間で新しい何かが生まれようとしています。仕事や職場環境、人とのつながりに対する考え方も大きく変わっていくでしょう。我々はその変化の手助けをしたいのです。


假屋崎省吾

いまのように世の中が混沌としていると、「身の丈に合った生き方をすればいい」と考えたくなる気持ちもわかります。でも私は、いまの自分を基準にせず、「背伸び」をすることをお勧めします。そうすることで、次第にそれが「身の丈」になっていくんです。


松井忠三

泥臭く血にまみれても物事を達成していくくらいの実行力が企業では求められる。


田中優子(江戸文化研究者)

学校経営では、職員との協力体制を重視しています。1人で経営するのは無理ですから。各人が持っている能力に偏りがあるのは当然で、それを寄せ集めて何ができるのかというコーディネート能力が何よりも重要です。私はこのことを江戸文化から学びました。長い間、「連」を研究してきました。連とは、様々な能力を集めて何かを作り出すという動きです。一人の天才が現れて、何でもやってしまうということは、江戸時代にはありませんでした。マルチの能力を持った人はいろいろな連に所属しながら、その能力をいろいろなところで発揮していました。大事な役割を果たしていたのが、コーディネーター的な人なんです。そういう人は何か作品を残すことが少ないので、蔦屋重三郎といった一部の人を除いて、歴史に名前が残ることはほとんどありません。現代社会でも競争を勝ち抜くトップだけでなく、そうしたコーディネーターのようなトップが求められていくような気がします。


原安三郎

僕は荒手術を決意し、まず会社の不急不要のものをどしどし処分してしまった。会社につぎ込むため、創業家所蔵の書画骨董を売り立てることにし、それは当時誰も試みなかった写真入りの売立目録で宣伝した。なにしろ毎日5、6本出る手形の不渡りを片づけなければならないので、ずいぶん骨が折れた。そんな苦労が報いられて、3年後には1割2分の配当までやれるようになり、金港堂は息を吹き返した。
【覚書き|教科書専門の大手出版社金港堂の経営再建時を振り返っての発言】


長島徹

技術系の社員として入社して17年間ずっとやってきて、突如、産業資材販売部の営業に異動を命じられたことがあります。「えっ、営業ですか。でもまあ、なるようになるか。これもいい経験かな」と思って引き受けました。そこから4年間、絶対に新規のお客さまを開拓してやろうと、覚悟を決めて仕事をしたのがよかったですね。いろいろと実験的なことにもトライしました。


前澤友作

「ZOZOTOWNに来た人にもっと喜んでもらう」というのが、僕と社員の共通したやりたいことで、ここは絶対にブレていないという自信があります。だから、僕は現場にどんどん裁量権を与えてしまいます。そうすると、彼らは僕がいちいち、「あれをしろ、これをやれ」などと指示を出さなくても、自分たちで「これをやりたい」という仕事を見つけてきます。それはそのまま僕や会社の望んでいることであって、しかもそれを彼らの一番パワーの出るやり方でやるのだから、これほど効率のいい仕事のやり方もないというわけです。


サイモン・クーパー(経営者)

リッツ・カールトンの経営を引き継いで以来、何度も言ってきたのですが、私の役割は、リーダーシップを属人的なものから組織に属するものに変えることです。


大賀昭司

他社は月に10個しか売れない商品が何割もあります。我々はお客様の8割が求めるものだけを安く売ります。日々の買い物では選べる楽しみも必要ですが、選ばなければいけない煩わしさもあるのです。
【覚書き|取扱品目数を絞っている理由についての発言】


矢野龍

私の最初の赴任地は米国です。意識したわけではありませんが、結果として当社の今の役員は皆、駐在員経験者が多いです。やはり海外駐在で苦労をすると、日本という国、日本人を第三者的視点で冷静に見ることができるのが大きいですね。


ページの先頭へ