名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大塚雅斗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚雅斗のプロフィール

大塚雅斗、おおつか・まさと。日本の経営者、教育者。「キッズコーポレーション」社長、学校法人自然保育学園 風と緑の幼稚園理事長。拓殖大学政経学部経済学科卒業。大学附属幼稚園教諭、実家の幼稚園副園長などを経てキッズコーポレーションを設立。ベビーシッター事業、保育施設開設・運営事業などを手がけた。そのほか、とちぎニュービジネス協議会会長を務めた。

大塚雅斗の名言 一覧

いつまでも若い経営者に背中を見せられるような経営をしていきたい。


当社の場合は、自社で施設を持たずにノウハウを生かして運営を受託するという形ですが、そうすることで不要なリスクも背負わずに身軽な経営もできます。


この業界には上場している企業も数社ありますが、これらの企業はすべてもともと保育園を運営していたわけではありません。ビジネスチャンスを感じて保育事業に参入したわけですが、そこか我々とは大きく異なります。我々は保育事業が母体であるため、保育の質に関しては絶対的な自信があります。また、その質を維持できないのであれば、無理に出店するなということも日頃から社員に言っています。確かに一見すると地味に見えるかもしれませんが、保育重視の体制を着実に作ることで、実際、これらの上場企業から当社へ運営を切り替える事例も増えてきています。


以前は、基本「待ち」の営業でした。ただそんな時、たまたまある会社が運営していた病院内保育園に行ったのですが、そこでショックを受けたのです。放牧というか、ただ子どもを好きにさせているような託児所のような感じだったのです。「これではこの子どもたちの未来が厳しい。TVをつけっぱなしで先生たちは子どもたちを見ているだけ…」と思いましたし、教育が分かっている自分たちがやらなければいけないと思ったのです。そこから新規で営業スタッフを採用し、プッシュ型の営業に変え、全国展開を開始したのです。


大塚雅斗の経歴・略歴

大塚雅斗、おおつか・まさと。日本の経営者、教育者。「キッズコーポレーション」社長、学校法人自然保育学園 風と緑の幼稚園理事長。拓殖大学政経学部経済学科卒業。大学附属幼稚園教諭、実家の幼稚園副園長などを経てキッズコーポレーションを設立。ベビーシッター事業、保育施設開設・運営事業などを手がけた。そのほか、とちぎニュービジネス協議会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

井上礼之

国際ルールを策定する場ではコミュニケーションが何より重要です。理屈や理論を示すだけでなく、実際に何度も足を連んで説明する。相手の主張や疑問、関心事をしっかりと聞き、それに応えていかなければ信頼は得られません。自社の利益を声高に主張するのではなく、社会全体の最適を考えて導き出した結論を論理性、客観性を兼ね備えて主張する必要があります。


加藤俊徳

経験の蓄積でしか脳力は伸びない。でも裏を返せば、経験すれば脳の力は何歳からでも上げることができる。


坂東眞理子

異なる世界や専門領域を複数持っていることが自分らしさであり、ユニークな強みになる。創造的な仕事や柔軟な働き方が求められる現代こそ、こうした考え方がより重要になっているのは間違いありません。


勝間和代

一番の注意点はすでに旬が終わってしまった商品・サービスに対して過剰投資をしないことと、逆にまだいけるのに発売から時間がたっているものへの投資を怠ることです。とくに、営業現場では新製品・新サービス中心のリソース配分が行われがちでが、定番商品やロングラン商品についての気配り・検証を常に行って、まだまだ潜在市場に余裕があるときにはそういったものについて顧客獲得を継続して行うことが儲けの鍵になります。


手倉森誠

押しつけは禁物です。U‐23年代も「おとなしすぎる」「感情を表さない」などとよく批判されますが、教育も含め、こうした社会をつくった上の世代の責任です。「おまえたちはガツガツしていないからダメなんだ」などと説教されても、反発するだけです。この世代はこういうものだと、一度認めて受け入れて、そのうえで変えていけるところは変えていってやろうと考えています。


ハワード・シュルツ

スターバックスの競合戦略は、最高のコーヒーと最高の顧客サービス、そして魅力的な雰囲気によって顧客を獲得しようというものだった。可能であればそれぞれの市場において第一人者となることを目指したが、常に正々堂々と競い合って成功することを心掛けた。


ケリー・マクゴニガル

ストレスに押し潰されそうな時は、「ストレスのある状態を通じて成長し続けられる」という潜在的な利益を振り返ってみてください。自分の力が伸び、他者とのつながりが強められ、自分の価値を表現するために、ストレスがどんな機会になるのか。それから、「自分自身へのセルフケア」や「自己超越」のための行為を日常生活にどう取り入れていくか、考えてみてください。そうしたことが、「ストレスを減らしたり、取り除いてくれる」と考えるのではなく、むしろ、「自分にとって一番大切なものを求め続けるための力を与えてくれる」と考えてください。


井上高志

仕事が速い人は、重要なポイントを押さえるのがうまい。


池田千恵

ときには寝坊をしてもいいんです。起きられなかったといって、罪悪感を持つのが一番よくありません。早起きは目的ではなく、あくまで手段です。私自身、飲み会などで夜が遅くなった翌日は、7時起きに変更したりしています。4時起きにこだわって、その日の仕事に支障をきたしてしまったら本末転倒ですから。また、その日の状況や体調によって睡眠時間を調整しながら柔軟に対応することは、早起きを長続きさせるコツでもあります。


井上英明

発想が乏しくならないように努力は怠りません。例えば、今年から4、6、8、10月の合計4カ月は会社に来ないようにしました。これまでも毎年1カ月はオフィスに顔を出さないようにしていましたが、その期間を増やしました。オフィスに来る代わりに、海外に行ったり読書をしたり、情報のインプットを増やすのが狙いです。もちろん、その間も社外で仕事はしているのですが。


杉山博孝

我々は、投資資金が入るのであれば出し手は海外の投機家でも構わないという考え方はしません。むしろ重要視するのは、開発する街をどうマネジメントするか、どう魅力を高めるかという点です。そこが折り合わなければパートナーとなることはありません。


伊藤彰(コンサルタント)

難易度が高く言葉で説明しても伝わりにくい「やってみせる型」の仕事は、新人自身の自発的な学びや先輩のやり方を盗む力に頼りがちだが、それは教えることを放棄しているにすぎない。とくに新人が仕事の壁にぶつかったときは、やってみせながら上司として経験に基づくやり方を教えるべきだ。新人が壁に突き当たったときこそ、教える絶好の機会といえる。