名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

大塚隆一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚隆一のプロフィール

大塚隆一、おおつか・りゅういち。日本の経営者。「日本ラッド」会長。満州国新京市出身。東京大学理学部数学科卒業後、日本レミントン・ユニバック(のちの日本ユニシス)に入社。その後、ビーコンシステム、東洋情報システム、日本ラッド設立に参画。日本ラッド社長を務めた。

大塚隆一の名言 一覧

一度できあがった後の保守管理は、技術者の仕事じゃない。私にはたまったものではないのです。それよりも新しい開発に向かいたい。創るまでが面白いんでね。毎回新しいことを勉強しなければならないから、大変ですが。


いまも負けてたまるかという気持ちです。アマゾンやグーグルだって、負かしてやろうと思ってやっています。笑っちゃうんでしょう。本当に勝てると思っている人などほとんどいません。でも、勝てる。本気で勝とうと思っていれば、相手が大きいほど、どこかに隙を見つけることができます。


プロジェクトマネージャーに求められるのは想像力です。スタートするときに、全工程を想定し実際にかかる時間や労力をあらかじめ考慮しながら始めるわけです。それが想像できる人でなければ、利益も残らない。経験を積んでもできない人にはできません。


優秀な技術者を何人そろえてもプロジェクトマネージャーがしっかりしなければ、大型の開発案件はうまくいかない。納期が遅れたり、無駄なコストがかかったり、そんなことばかりです。しかも優秀なプロジェクトマネージャーは滅多に見つからない。


そりゃ、外国人に使われたくなかったからですよ。こんなところで負けたままでいられるかと。私は昭和14年の生まれですから、戦後、進駐軍としてやってきたアメリカ人に日本人女性が娼婦のように扱われるのを、幼い頃に見て育ちました。終戦後は旭川の近くで、最近、旭山動物園で有名になったあたりに住んでいたのですが、時々札幌に出ると、そんな光景を目の当たりにしたのです。その頃から、負けてたまるかという気持ちは持ち続けており、学生連動の時も、今もずっと変わりません。

【覚え書き|日本レミントン・ユニバック(のちの日本ユニシス)を4年で辞めたことについて】


大塚隆一の経歴・略歴

大塚隆一、おおつか・りゅういち。日本の経営者。「日本ラッド」会長。満州国新京市出身。東京大学理学部数学科卒業後、日本レミントン・ユニバック(のちの日本ユニシス)に入社。その後、ビーコンシステム、東洋情報システム、日本ラッド設立に参画。日本ラッド社長を務めた。

他の記事も読んでみる

西藤彰

経営者にとって「負け戦」くらい参考になるものはない。全ての負け戦が教訓になる。


赤塚保正

柿安の場合、株主の皆様に喜んでもらうのは株価だけではありません。それは当社で株式の40%を所有しており、関係者を除けば個人株主の方がほとんどですので、株主はすなわち当社のお客様でもあるわけです。だからこそ、我々がお客様が喜ぶ商品を提供できる商売をしていれば、株主の皆様にも喜んでいただけます。


吉野信吾

電気、水道などのライフラインが守られているなら、悲観することはありません。貧乏でも、それはいまだけの一時的な資金不足の状態と捉えることです。


関戸正実

いま、日本の電機メーカーは苦境に立たされています。日本流の進化が「ガラパゴス」と呼ばれ、海外の企業に比べて業績が芳しくないことから、その弱点にばかり焦点が当たっています。私はこの時代がずっと続くわけではないと思います。単純な技術だけでなく、経営手法など、日本企業にはいまでも先進的な要素がたくさん残っています。日本の強みを大切に持ち続ければ、独自の進化を遂げたガラパゴスの時代が必ずもう一度来ると思います。


松井忠三

社長就任当時、良品計画、そして同社を擁するセゾングループには、「紙が多い」という企業文化が根づいていました。私も、出向前に在籍していた西友では日々何十枚、ときに百枚以上の資料を作っていました。トップから求められる「新規性と緻密なロジックを併せ持つ提案」を出すための作業でしたが、良品計画に来て、それこそが不振の原因だ、と発見するに至りました。互いにどのような書類フォーマットを使っているのか、という情報交換を行なった際、好調な企業の社内提案書は2~3枚程度しかないと知って驚きました。そして、シンプルな書類であればあるほど現場への指示が的確になることもわかったのです。


奥山清行

イタリア人は、議論の最中はかなりきつい言葉でやり合っても、休憩時間になると何事もなかったように一緒にコーヒーを飲みに行く。そしてまた戻ってくると侃々諤々の議論をやる。なぜ彼らがそんなことをしているのかというと、自分が潜在的にしか考えていなかったことを、自分の言葉の中から探し出したり、相手の発言の中から、本人も気付いていないアイデアを引き抜いてきたりするといった作業を、議論の最中に行っているからです。


施崇棠(ジョニー・シー)

従来のようなスペックだけにこだわってモノを作るのは古い考え方になっています。今の時代に必要なのは理性と感性の両方を持ち合わせた発想であり、右脳と左脳のバランスのとれた製品づくりです。それを実現するために、ヒューマニティやエンジニア両方の考え方のパーフェクトなバランスを求めています。


平野岳史

一番うまくいった商談を思い出して、「今日も絶対うまくいく」と自己暗示をかけてから、商談に臨むようにしています。たとえば、講演の前などは、「大丈夫、大丈夫。私は講演がうまいし、私の言うことを聞いてつまらないと思う人はいない」と自分に言い聞かせるんです。


松原秀樹(経営者)

グーグルやフェイスブック、ツイッターなど、卓越したサービスは社名とサービス名が同じです。我々はこのサービスに絶対の自信を持っているので、第二創業期という社内外へのメッセージも込めて、あえて社名変更に踏み切りました。


熊本昌弘

確かに過去には苦しい時代がありました。しかし、どんな産業にだってあるものでしょう。人生だって、苦もあれば楽もあります。苦しいときに何をしてきたかが大切なのです。


潮田洋一郎

三洋電機やファナックなどからも経営幹部を招いています。以前から当社は成長の踊り場に来たときに、優秀な人材を入れて、突破してきました。今回もそんな時期だと考えました。
【覚書き|米国GE上級副社長兼日本GE会長の藤森義明氏を社長に迎え入れたことについてのコメント】


國分文也(国分文也)

個々が強くなれば、組織がもっと強くなる。強い部門には、強い「個」を持った人がたくさんいる。