名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大塚隆一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚隆一のプロフィール

大塚隆一、おおつか・りゅういち。日本の経営者。「日本ラッド」会長。満州国新京市出身。東京大学理学部数学科卒業後、日本レミントン・ユニバック(のちの日本ユニシス)に入社。その後、ビーコンシステム、東洋情報システム、日本ラッド設立に参画。日本ラッド社長を務めた。

大塚隆一の名言 一覧

一度できあがった後の保守管理は、技術者の仕事じゃない。私にはたまったものではないのです。それよりも新しい開発に向かいたい。創るまでが面白いんでね。毎回新しいことを勉強しなければならないから、大変ですが。


いまも負けてたまるかという気持ちです。アマゾンやグーグルだって、負かしてやろうと思ってやっています。笑っちゃうんでしょう。本当に勝てると思っている人などほとんどいません。でも、勝てる。本気で勝とうと思っていれば、相手が大きいほど、どこかに隙を見つけることができます。


プロジェクトマネージャーに求められるのは想像力です。スタートするときに、全工程を想定し実際にかかる時間や労力をあらかじめ考慮しながら始めるわけです。それが想像できる人でなければ、利益も残らない。経験を積んでもできない人にはできません。


優秀な技術者を何人そろえてもプロジェクトマネージャーがしっかりしなければ、大型の開発案件はうまくいかない。納期が遅れたり、無駄なコストがかかったり、そんなことばかりです。しかも優秀なプロジェクトマネージャーは滅多に見つからない。


そりゃ、外国人に使われたくなかったからですよ。こんなところで負けたままでいられるかと。私は昭和14年の生まれですから、戦後、進駐軍としてやってきたアメリカ人に日本人女性が娼婦のように扱われるのを、幼い頃に見て育ちました。終戦後は旭川の近くで、最近、旭山動物園で有名になったあたりに住んでいたのですが、時々札幌に出ると、そんな光景を目の当たりにしたのです。その頃から、負けてたまるかという気持ちは持ち続けており、学生連動の時も、今もずっと変わりません。

【覚え書き|日本レミントン・ユニバック(のちの日本ユニシス)を4年で辞めたことについて】


大塚隆一の経歴・略歴

大塚隆一、おおつか・りゅういち。日本の経営者。「日本ラッド」会長。満州国新京市出身。東京大学理学部数学科卒業後、日本レミントン・ユニバック(のちの日本ユニシス)に入社。その後、ビーコンシステム、東洋情報システム、日本ラッド設立に参画。日本ラッド社長を務めた。

他の記事も読んでみる

有山典子

ひと口でマネーといっても、記事として扱う範囲は家計の節約からマクロ経済まで幅広いのです。すべてに精通するのが理想だけれど、乏しい頭脳ではそうもいかないので、情報収集は「広く浅く、少しだけ敏感に」が基本です。詳しい分析は専門家の英知を借りて、読者にできるだけわかりやすく伝えるのが私たちの仕事だと考えています。


玉川勝

給与もキャリアも大事ですが、リコグニションというのが最も大事だと思っています。ソニー・インディアでは支店長会議を毎月3日間かけてやっています。初日と最終日は各支店からの報告、中日はジェネラルセッションということで本社幹部のメッセージを伝えます。ブランチとの適切なコミュニケーションが大事なんです。マーケティングや宣伝、商品はまた別にもプロダクトマーケティング会議というものを行っていますし、ほかにもアフターセールス等機能別に毎月やっています。


佐藤可士和

どんなに良い商品でも、知ってもらわなければ意味がない。


心屋仁之助

結局、習慣に「良い」も「悪い」もないというのが僕の考えです。習慣に良いとか悪いとかをくっつけるから、「早起きも続けられないから、仕事もできないんだ」と自分を責める理由になってしまう。早起きしたい人はすればいいし、したくない人はゆっくり起きたらいい。


田中良和(GREE)

やりたいことをやっているんだから、失敗するか成功するかは重要ではない。失敗したとしても、それは人生の中の「一時の波」でしかない。


渋井真帆

家事はいくらやっても終わりがないし、できるときに集中せざるをえません。それで鍛えられたので、スキマ時間の集中力には自信があります。集中しているときは、スタッフに声をかけられても気が付かないほどです。


堺美保

昔は上司が「やれ」と言えば済みましたが、今の人たちは納得しないと動かない。


神吉武司

お菓子は高額な商品ではないので利益幅が少ないため、1円でも節約して利益を出さなければいけません。1秒、2秒という時間、一本の蛍光灯の電気代、一滴の水道代、一本のボールペン代もおろそかにするわけにはいかないのです。一つでも曖昧にすると、すべてが曖昧になりかねません。


淡輪敏

構造改革が前倒しで進み、業績は好転しました。結果が出れば、雰囲気は明るくなります。会社が逆回転から正回転に戻り始めた手応えを感じています。


野村克也

コンプレックスを持っている人間は、まず理想が高いんだ。「こうありたい」「ああなりたい」という高い理想が自分の中にある。その理想に届かない自分にいらだち、劣等感を抱いてしまう。ならば、つき合い方は簡単や。「武器」とする、に尽きる。


福島千里

スタートが完璧でも他が駄目だったら100%じゃないので、レースで完璧で走れることはないと思ってるんです。だから9割でラッキー、8割で上出来。


関家一馬

制度は常に試行錯誤していますので、変更が頻繁にある。もしシステムを外注していたら、最初に仕様書を作って契約を結んで、その後の変更は全部追加料金が発生することになります。それでは、社内で新しい制度を立ち上げるのは無理です。