名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大塚陸毅の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚陸毅のプロフィール

大塚陸毅、おおつか・むつたけ。日本の経営者。東日本旅客鉄道(JR東日本)社長・会長。北京出身。3歳の時に帰国。東京大学法学部卒業後、日本国有鉄道(のちのJR)に入社。経理局調査役、国鉄総裁室秘書役、分割民営化でJR東日本に入社。財務部長、取締役人事部長、常務取締役、副社長総合企画本部長などを経て社長に就任。

大塚陸毅の名言 一覧

民になるということはすべてが自己責任になるということです。旧国鉄時代のように親方日の丸は許されないわけで、完全民営化と引き換えに重い責任が課せられたわけです。当然、一つ一つのビジネスにしろプロジェクトにしろオウン・リスク(自分のリスク)で進めなければいけない。リスクをどうとるか、失敗を恐れないでチャレンジする意識をどう身につけるか、それとともに収益を上げられる仕組みをつくらなければいけないわけです。


私は、グループ会社の社長を集めて「もう身内主義は取らない」とはっきり宣言しました。親の傘の下で安穏としていられる時代は終わったのだから、グループ各社がそれぞれの役割や使命に応じた業務の仕組みを築き上げ、グループ全体の収益力、利益率向上を実現するマネジメントを実践しなければいけないと言いました。こうしたなかで、グループ会社内部でも意識改革が進み、自律的に新しい取り組みが始められています。


ほとんどの人は何かにチャレンジした結果を見てほしい、評価してほしいと思っています。そこにどう火をつけるか、それが経営の最も大切な仕事ではないでしょうか?


若手の成長が事業創業の大きな力になったのは確かです。民営化後に入ってきた社員は「何か変わるんじゃないか」「何か面白いことが起きるんじゃないか」という意識を持っていますから、自分もそこに飛び込んでやってみようと思ってくれたんじゃないでしょうか?そんな若い人たちを次々とグループ会社などに出向さえて、成長の機会を作りました。若手社員の成長は、旧国鉄時代からの中高年社員への大きな刺激になりました。


お客様がお寄せになるご意見は非常に有益なマーケティングのツールにもなるということです。ネガティブな要素から目をそらすのではなく、正面から受け止め、お客様のおっしゃることに一理あるなと思えば、それをどのように取り入れるか。そこにこそサービスの充実を図るヒントがあると思うんです。


大切なのは社員の意識だと思うんです。だから、常に新しい刺激を与え続けてさらなるチャレンジの機会をつくる。そして、いまや停滞は後退を意味しますから、常に前進し続けることです。その意味で、高い経営目標を掲げることが大切です。


常に危機感を持ち続けるとともに、サクセスストーリーを作ることが大切だと思います。サクセスストーリーは次の変革を推進するバネになるからです。いい芽は出始めてきたという実感はあります。この調子で行くと、各グループ会社は外に出ても十分に競争力を持つ存在になっていくと思います。


大塚陸毅の経歴・略歴

大塚陸毅、おおつか・むつたけ。日本の経営者。東日本旅客鉄道(JR東日本)社長・会長。北京出身。3歳の時に帰国。東京大学法学部卒業後、日本国有鉄道(のちのJR)に入社。経理局調査役、国鉄総裁室秘書役、分割民営化でJR東日本に入社。財務部長、取締役人事部長、常務取締役、副社長総合企画本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

依田宣夫

よく、新聞や雑誌などで「老後資金にはどれだけ必要か」といった特集が組まれるが、そうした特集を読むと定年退職してから平均寿命をまっとうするまでに、夫婦2人で1億円以上かかるといった試算に出くわす。そして、こうした外部情報に不安をあおられた結果、怪しげな投資話に足をすくわれる人が後を絶たない。


ウィリアム・ジェームズ

悲観主義は弱さを招き、楽観主義はパワーをもたらす。


奥野宣之

「ノートの中にすべての情報を一元化する」というやり方に行き着いたのも、やはり活用することが大事と考えたからです。毎朝、新聞を読んでいても、受け身のままでは内容を活用することができません。大事なのはいろんな情報を有機的につなげながら、「なるほど」とか「いや、俺はこう思う」という自分の反応だと思うのです。


大儀見浩介

あまりに高い目標を立てると、実現の可能性が低くやる気は出ません。一方、現状維持や目標のない状態では内発的動機が湧かないのです。最もやる気を引き出せる「現状より10%高い目標」を立て、ビジネス力を伸ばしましょう。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

仕事がステップアップすれば、タスクも増える一方なのですから、しっかりとしたタスク管理能力の育成は、新人研修のひとつにぜひ組み込んでいただきたいテーマです。


ロバート・キヨサキ

私は明日を一度も見たことがない。私にあるのは今日だけだ。今日は勝者のための言葉で明日は敗者のための言葉だ。あなたの未来は、明日ではなく、今日あなたがすることによって作られるのです。


川村隆

今どき、バランス人事などをするようなトップではダメ。社長がそうなってしまうと、全体に緊張感がなくなり、組織黄断的な変革の意識はなくなってしまいます。


青木仁志

私は幸せな子ども時代を過ごしていません。しかし、いまは憎しみはありません。「艱難(かんなん)汝を玉にす」といいますが、自分には「訓練の機会」がたくさん与えられた、その積み重ねがあるからいまがある、と素直に思うことができています。


荘司雅彦

勉強を継続させるポイントは、無理のない計画立案に尽きます。問題にぶつかったら修正を加えていくことも忘れずに。


永井浩二(経営者)

すぐに大きな収益が上がるとは思っていませんが、将来に向けての布石を打っていくことが必要。


安部修仁

私が28歳のころ、当時の吉野家は九州に一店舗も持っていなかったのですが、私の郷里は福岡なので、休暇で実家に帰ったとき、勝手に提案書を書いて九州の店舗計画を私にやらせてほしいと社長に直訴しました。いま思えば稚拙な提案書でしたが、社長のOKが出て、九州地区本部長になりました。


夏野剛

新しい価値を生み出すには、明確な意志、信念こそが欠かせない。固定観念を打ち破る強い意志が必要。