名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大塚陸毅の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚陸毅のプロフィール

大塚陸毅、おおつか・むつたけ。日本の経営者。東日本旅客鉄道(JR東日本)社長・会長。北京出身。3歳の時に帰国。東京大学法学部卒業後、日本国有鉄道(のちのJR)に入社。経理局調査役、国鉄総裁室秘書役、分割民営化でJR東日本に入社。財務部長、取締役人事部長、常務取締役、副社長総合企画本部長などを経て社長に就任。

大塚陸毅の名言 一覧

民になるということはすべてが自己責任になるということです。旧国鉄時代のように親方日の丸は許されないわけで、完全民営化と引き換えに重い責任が課せられたわけです。当然、一つ一つのビジネスにしろプロジェクトにしろオウン・リスク(自分のリスク)で進めなければいけない。リスクをどうとるか、失敗を恐れないでチャレンジする意識をどう身につけるか、それとともに収益を上げられる仕組みをつくらなければいけないわけです。


私は、グループ会社の社長を集めて「もう身内主義は取らない」とはっきり宣言しました。親の傘の下で安穏としていられる時代は終わったのだから、グループ各社がそれぞれの役割や使命に応じた業務の仕組みを築き上げ、グループ全体の収益力、利益率向上を実現するマネジメントを実践しなければいけないと言いました。こうしたなかで、グループ会社内部でも意識改革が進み、自律的に新しい取り組みが始められています。


ほとんどの人は何かにチャレンジした結果を見てほしい、評価してほしいと思っています。そこにどう火をつけるか、それが経営の最も大切な仕事ではないでしょうか?


若手の成長が事業創業の大きな力になったのは確かです。民営化後に入ってきた社員は「何か変わるんじゃないか」「何か面白いことが起きるんじゃないか」という意識を持っていますから、自分もそこに飛び込んでやってみようと思ってくれたんじゃないでしょうか?そんな若い人たちを次々とグループ会社などに出向さえて、成長の機会を作りました。若手社員の成長は、旧国鉄時代からの中高年社員への大きな刺激になりました。


お客様がお寄せになるご意見は非常に有益なマーケティングのツールにもなるということです。ネガティブな要素から目をそらすのではなく、正面から受け止め、お客様のおっしゃることに一理あるなと思えば、それをどのように取り入れるか。そこにこそサービスの充実を図るヒントがあると思うんです。


大切なのは社員の意識だと思うんです。だから、常に新しい刺激を与え続けてさらなるチャレンジの機会をつくる。そして、いまや停滞は後退を意味しますから、常に前進し続けることです。その意味で、高い経営目標を掲げることが大切です。


常に危機感を持ち続けるとともに、サクセスストーリーを作ることが大切だと思います。サクセスストーリーは次の変革を推進するバネになるからです。いい芽は出始めてきたという実感はあります。この調子で行くと、各グループ会社は外に出ても十分に競争力を持つ存在になっていくと思います。


大塚陸毅の経歴・略歴

大塚陸毅、おおつか・むつたけ。日本の経営者。東日本旅客鉄道(JR東日本)社長・会長。北京出身。3歳の時に帰国。東京大学法学部卒業後、日本国有鉄道(のちのJR)に入社。経理局調査役、国鉄総裁室秘書役、分割民営化でJR東日本に入社。財務部長、取締役人事部長、常務取締役、副社長総合企画本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

松下幸之助

少なくとも、威圧とか権力とか、そういうもんで人を使ったりすることは最上ではないと思いますね。それは上ではなく中ぐらいの経営者ですね。怖さを感じさせるということではいけないですよ。怖さというものは一面では必要だけれど、怖さだけでは人はついてこんですよ。やはり、何でもものが言える人、そしてある程度理解できる人、全部理解できんでも、ある程度理解できる、そういう感じの主人の方が仕えやすい。


茂木健一郎

もし、ある法則に従ってものづくりをすれば必ずヒットするのであれば、世の中にはもっとヒット商品があふれていそうなものだが、そうでないのは、物事がそれほど単純ではないということを示している。


江口和志

平時や不況時は景気に左右されない「不動産賃貸事業」に重点を置き、好況時には収益性の高い「不動産事業」で成長を加速させています。2つの事業を組み合わせ、状況に応じて比重を変えることで持続的な発展を推進する。これが当社の基本戦略であり、他社にはない強みであると自負しています。


最上悠

本音を言わない人には、タイミングを計ってアプローチをするのもいいでしょう。機嫌のよいときに話をすると、思いのほか、相手との距離を縮めることができたりします。


ロバート・キヨサキ

私はインフレを心配していない。インフレを想定して投資をしているからだ。インフレヘッジできる資産、つまり、インフレのときにそのリスクを回避できる資産に投資するのが最善の策だと、私は信じている。実際、そのように投資しているので、むしろインフレを楽しみにしている。ますます金持ちになるために、インフレをどのように活用すればいいかがわかっているからだ。


池森賢二

よその店で勧められるままに買い、家に帰って失敗したと悔むケースがすごく多い。売上至上主義がお客様を忘れさせてしまう気がします。基本が、いかに買っていただくかではなく、どう売上を増やすかですから。私は売上計画が未達成だったからと社員を怒ったことは一度もありません。株主やアナリストに言い訳しなきゃいけないのはつらいけれど、やっぱり、うちはお客様のほうが大事です。


役所広司

若いときは、「ちょっと違う」と撮影を止められて、悩んだこともありました。監督と演技プランのズレがあったり、共演者と上手く噛み合わなかったこともあります。そんなとき、譲れない部分があれば、徹底的に話し合いました。


吉田忠裕

吉田忠雄が亡くなった後、私は創業者の考えはこういう意図があったんだよ、こういう結論に至った背景にはこういう考えがあったんだよ、ということを紐解いて社員に伝えてきました。そこで「なるほど」という感じで気づく社員を増やしていく。そういう努力を続けています。その甲斐あって、吉田忠雄と一切接点を持っていない若い社員にも、かなり創業者の考え方は理解されていると思います。


近藤大輔

僕自身、会社を興した当初、若くて未経験という理由で、仕事をもらえませんでしたから。
【覚書き|あえて若い人材を起用する理由について語った言葉】


柏木斉

我々の競争力の源泉はどこにあるかというと、リクルートという会社は実はミドルマネジメント(中間管理職層)の頑張りによって事業が回っている会社で、その面で非常に日本的な組織です。30代後半を中心に、事業の責任者となったゼネラルマネジャーたちが、上から与えられる数字ではなく、自分で高い目標を設定し、組織を引っ張っていく、あるいは業界トップ企業と組んで新ビジネスをつくり出すのです。


盛田昭夫

ウォークマンの開発に取りかかったとき、うちの連中は「絶対に売れません」と言ったんです。「小さなテープレコーダーで録音のできないものが売れたためしがない」と。では、カーステレオはどうか。自動車を走らせながら録音する人は一般的にはいない。それなら歩くときに録音しなくてもいい。要するに、カセットを持って聴ければいいわけで、それは売れるんだ。


西郷隆盛

徳盛んなるは官を盛んにし、功盛んなるは賞を盛んにする。
【覚書き:徳のある人に地位を与え、功績がある人には褒賞を与えろという意味の言葉】