名言DB

9429 人 / 110879 名言

大塚陸毅の名言

twitter Facebook はてブ

大塚陸毅のプロフィール

大塚陸毅、おおつか・むつたけ。日本の経営者。東日本旅客鉄道(JR東日本)社長・会長。北京出身。3歳の時に帰国。東京大学法学部卒業後、日本国有鉄道(のちのJR)に入社。経理局調査役、国鉄総裁室秘書役、分割民営化でJR東日本に入社。財務部長、取締役人事部長、常務取締役、副社長総合企画本部長などを経て社長に就任。

大塚陸毅の名言 一覧

民になるということはすべてが自己責任になるということです。旧国鉄時代のように親方日の丸は許されないわけで、完全民営化と引き換えに重い責任が課せられたわけです。当然、一つ一つのビジネスにしろプロジェクトにしろオウン・リスク(自分のリスク)で進めなければいけない。リスクをどうとるか、失敗を恐れないでチャレンジする意識をどう身につけるか、それとともに収益を上げられる仕組みをつくらなければいけないわけです。


私は、グループ会社の社長を集めて「もう身内主義は取らない」とはっきり宣言しました。親の傘の下で安穏としていられる時代は終わったのだから、グループ各社がそれぞれの役割や使命に応じた業務の仕組みを築き上げ、グループ全体の収益力、利益率向上を実現するマネジメントを実践しなければいけないと言いました。こうしたなかで、グループ会社内部でも意識改革が進み、自律的に新しい取り組みが始められています。


ほとんどの人は何かにチャレンジした結果を見てほしい、評価してほしいと思っています。そこにどう火をつけるか、それが経営の最も大切な仕事ではないでしょうか?


若手の成長が事業創業の大きな力になったのは確かです。民営化後に入ってきた社員は「何か変わるんじゃないか」「何か面白いことが起きるんじゃないか」という意識を持っていますから、自分もそこに飛び込んでやってみようと思ってくれたんじゃないでしょうか?そんな若い人たちを次々とグループ会社などに出向さえて、成長の機会を作りました。若手社員の成長は、旧国鉄時代からの中高年社員への大きな刺激になりました。


お客様がお寄せになるご意見は非常に有益なマーケティングのツールにもなるということです。ネガティブな要素から目をそらすのではなく、正面から受け止め、お客様のおっしゃることに一理あるなと思えば、それをどのように取り入れるか。そこにこそサービスの充実を図るヒントがあると思うんです。


大切なのは社員の意識だと思うんです。だから、常に新しい刺激を与え続けてさらなるチャレンジの機会をつくる。そして、いまや停滞は後退を意味しますから、常に前進し続けることです。その意味で、高い経営目標を掲げることが大切です。


常に危機感を持ち続けるとともに、サクセスストーリーを作ることが大切だと思います。サクセスストーリーは次の変革を推進するバネになるからです。いい芽は出始めてきたという実感はあります。この調子で行くと、各グループ会社は外に出ても十分に競争力を持つ存在になっていくと思います。


大塚陸毅の経歴・略歴

大塚陸毅、おおつか・むつたけ。日本の経営者。東日本旅客鉄道(JR東日本)社長・会長。北京出身。3歳の時に帰国。東京大学法学部卒業後、日本国有鉄道(のちのJR)に入社。経理局調査役、国鉄総裁室秘書役、分割民営化でJR東日本に入社。財務部長、取締役人事部長、常務取締役、副社長総合企画本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

山崎悦次

カレー専用スプーン「サクー」には、スプーンを再発明する意気込みで臨みました。カレーライスがどのように食べられているのか。市場調査を繰り返して、顧客の様々な要望を徹底的に研究して商品化しました。


佐藤正午

最近とても面白い小説を読んだんですよ。とある作家さんによる文庫本の上下巻。体力の衰えてきた最近では一冊読み切るのも時間がかかるのに、興奮のあまり2日で全部読み終えてしまった。そのなかに並木道が登場するんですが、それが欅なのか銀杏なのか、詳細は一切書かれていなかったんです。作中の重要なシーンとして何度も描かれるので、それが少し気になって。というのも、きっと僕なら並木の種類や葉の色づきなど、情景を細かく描写するだろうなと思った。もちろん並木道がどんなものであろうと重要なのはそこで起きる出来事だから、関係ありません。現にその小説は描写がなくても十分に面白いし、その点が物語の質をなんら損ねるものではなかった。だとしたら、僕が積み重ねてきた描写にはなんの意味があったのだろう、もしかして僕の書き方はくどいだけで間違っていたのだろうかなどという思いがふとよぎりました。もちろん正解なんてないんでしょうが、今後も小説を書き続けていくうえで、考えさせられる一件でした。


村上和徳

一人でできることには限界がある。不調は、その人の「謙虚さ」を取り戻させてくれる大きなチャンス。中間管理職であれば、「一人ですべてやる」というマネジメントから、「任せる」マネジメントに移行するいい機会と言える。


飯田亮

明るいビジョンを掲げるのがリーダーの使命。


野村克也

人間は24時間の使い方で差がつく。多少の遊びはいいだろう。しかし、いつも酒浸りで酔っ払っていては、普段から気力も体力も消耗させてしまう。


豊田一成

人間が成長するために、失敗は不可欠。ただし、その原因を他人のせいにする傾向が強い人ほど、本番で不安感や緊張感が高くなって集中力が低下し、同じ過ちをくり返すというデータがあるんです。そして、失敗を他人のせいにする最大の原因は自信のなさです。


津田陽一

大きな転機が訪れたのは、ホワイトカラーの生産性を上げる新規プロジェクトに任命されたとき。その中で、仕事を完成形、終わりの姿から考えるとよいと気がつきました。何をどのようにやればよいか、仕事の手順が自ずと見えてくる。それができていなかったので、いろんな場面で躓いていたのです。


森英恵

コンピューターを使うのは必要ですが、使われてはいけません。


伊藤雅俊(味の素)

味の素では、組織の壁を越えて能力・意欲のある人材を生かすため、海外の現地採用であっても本社の管理職になれるようなグローバル人材戦略を打ち出しています。入口も出口も多様にする制度です。


生月誠

追い込まれないと行動できない、ギリギリになってからでないと動けない人たちは、間違いなく「完璧主義者」です。ゆえに、完璧にこなせる自信がないものには、手をつけることができないのです。完璧にやりたいので、こだわりが強いため遅くなってしまい中途半端に終わる。また、そのことがストレスになり同じことを繰り返す、堂々巡りをしているのです。逆に、さっと終わらす癖のついている人は、「そのときやれることをちゃんとやろう」という考え方をします。