名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大塚辰男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚辰男のプロフィール

大塚辰男、おおつか・たつお。日本の経営者。ソフトウェア会社「アシスト」社長。システムソフトウェア事業部マネジャー、システム管理事業部事業部長、東日本営業本部本部長、西東京支店・神戸支店支店長、西日本支社支社長、取締役、常務などを経て社長に就任。

大塚辰男の名言 一覧

当社は「めげない、逃げない、あまり儲けない」などと変なことを言っている会社なので、今度も私たち自身がワクワクし、お客様も「なんじゃ、これは!」と言っていただくくらいの方がいいなと。


これまでの反省点としては、売上高目標の300億円という数字が少し前面に出過ぎて独り歩きしたかなと。それよりも、この6年は顧客数が年に250社くらいずつ増え、約6700社になったことの方が重要です。当社との取引が継続され、新規顧客が積み上がった結果なので、とてもうれしく思っています。


社員に向けては、日曜日の夜が楽しみで、寝られないくらいの会社になれたらうれしいです。成長率としては年間6%くらいで安定して伸ばしていきたい。当社は離職率が1%台と業界平均に比べて非常に少なく、出戻り社員が多いのも特長です。当社は毎年のノルマはありますが、他社のように前年比10%増とか15%増といった厳しいものは課していません。利益は最低限の内部留保をしたら、後は社員に還元すると明確に規定しています。だから社員は賞与を3か月でも6か月でも自分たちが欲しいと思う金額を言っていいですよ、それに合わせて目標値も上げますよと明言しています。


初の生え抜き社長ということで、就任当初はプレッシャーもありました。1年くらいして、導入した執行役員制度がきちんと回り始めたころから、改めて重責を担っているんだなと痛感しました。社長になって丸6年がたち、これからアシストをどう変えていくべきか、また変えてはいけないところはどこかを皆と議論しているところです。課題というか、やり足りないところがまだたくさんあります。これを次の中計の中で解決していきたい。


大塚辰男の経歴・略歴

大塚辰男、おおつか・たつお。日本の経営者。ソフトウェア会社「アシスト」社長。システムソフトウェア事業部マネジャー、システム管理事業部事業部長、東日本営業本部本部長、西東京支店・神戸支店支店長、西日本支社支社長、取締役、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

糸井重里

僕は、商品や物販もモノの形をしたコンテンツだと考えています。書籍は紙を買っているわけではなく、中身や内容を買っています。すべてのものが楽しむためのコンテンツなのです。


岡田武史

命がけでやって、うまくいかなければそのときだと開き直った。


落合寛司

私は野球が好きなんですが、昔、野村克也さんがヤクルトの監督を務めていたとき、巨人と給料が違うということを言っていました。そのときは何気なくそんなものかと思っていたのですが、その後、サッカーのJリーグが始まり、各チームの選手の年収と成績を調べてみると、ほぼ正比例することが分かったんです。それで「そうか、給料はたくさんあげた方が成績は上がるんだ」と。それで成果報酬型の給与体系を作ろうと思いました。今では26歳の職員で年収1000万円を超えるケースが出ていますし、支店長で最も高額なケースだとメガバンクよりも高い5000万円ほどです。ですから新卒採用でも約100人の募集に対し、多いときには約2万人のエントリーがあります。


佐田展隆

いくらデザインが斬新で生地が高級なスーツでも、体に合わないダボダボのスーツを着ていたのでは傍から見ればピエロも同然。ビジネスシーンにおいて相手に与える印象がそれでは、うまくいく商談も失敗する可能性だってあるわけです。実際、「佐田さんのスーツを着るようになってから営業成約率が上がった」と報告してくれたビジネスマンの方もいます。同じ話をしても聞く側の姿勢が違い、それが自信となり、話の説得力が増して成績が向上したのでは、という話でした。


吉田直人(経営者)

「らくらく連絡網」は、小学校のサッカーチームの監督が、当社に依頼があり作成したメーリングリストを「雨の日などの連絡網に便利だよ」と対戦相手の監督さんに勧めてくれたところから始まり、野球、バスケットボールなど、スポーツチームに広がっていきました。こちらが何もしなくても、クチコミでどんどん会員が伸びていくところが驚異的だなと思いました。最初はたった30人向けに作ったサービスが、気が付いたら38万団体670万人に利用されるサービスになっていました。


林野宏

とりあえずやってみて、ダメならやめればいい。


小路明善

人と会うときには下調べが重要だと思いますが、それは社員に対しても変わらないのです。たとえば事業所を回るとき、イントラネットの改善事例を投稿するコーナーに、その事業所で働く社員が何か投稿していないかを調べます。そして、現地に出向いたときに、「○○さんはいい情報を発信してくれていますね」などと個人名を出して話します。すると、その社員は報われたあと感じてくれ、ほかの社員も「頑張れば社長に認められるかもしれない」と感じるのではないかと思います。


蓮舫

ハウツーはあくまでハウツーで、「何が自分に合うか」は千差万別。だからこそ、まずは自分を知ることが不可欠だと思うんです。「よく見せたい」「かっこつけたい」の前に自分が伝えたい本当の声で、誠実にコミュニケーションすればいいと思います。背伸びせずにね。それができたとき身の周りが変わり、地域が変わり、日本が変わると思いますよ。


土井英司

面白いアイデアを生むには、自分のなかで、いかに異色の組み合わせを発生させるかが重要です。アイデアを仕事にしている人は、ノートなどを使って、まったく違う情報を組み合わせる工夫が必要です。


中村貞裕

雑誌、書籍、テレビの情報番組、そしてインターネットを通じて、ライフスタイルや流行などについて手当たり次第に情報を仕入れています。海外でも地方でも時間を作っては出掛けて、現地の人気飲食店などの情報を集めています。息を吸うような感覚で、時間があれば情報を集めたり、人に会ったりしています。


豊島俊弘

重要なことは、日本は何ができて、何ができなかったのか、原因を突き詰めること。


藤田田

商売は「テイク&アスク・フォーモア(取り、さらに求める)」に徹することである。そうすれば儲かることは間違いない。ところが、日本のビジネスマンはそう考えないらしい。「ギブ・アンド・テイク。商売はほどほどに儲けろ」などという。儲けばかりを考えて、ガツガツするのはみっともないというのが彼らの言い分である。だが、それではブレイク・イーブン(五分五分)になってしまって、決して儲かりはしないのだ。