名言DB

9419 人 / 110788 名言

大塚辰男の名言

twitter Facebook はてブ

大塚辰男のプロフィール

大塚辰男、おおつか・たつお。日本の経営者。ソフトウェア会社「アシスト」社長。システムソフトウェア事業部マネジャー、システム管理事業部事業部長、東日本営業本部本部長、西東京支店・神戸支店支店長、西日本支社支社長、取締役、常務などを経て社長に就任。

大塚辰男の名言 一覧

当社は「めげない、逃げない、あまり儲けない」などと変なことを言っている会社なので、今度も私たち自身がワクワクし、お客様も「なんじゃ、これは!」と言っていただくくらいの方がいいなと。


これまでの反省点としては、売上高目標の300億円という数字が少し前面に出過ぎて独り歩きしたかなと。それよりも、この6年は顧客数が年に250社くらいずつ増え、約6700社になったことの方が重要です。当社との取引が継続され、新規顧客が積み上がった結果なので、とてもうれしく思っています。


社員に向けては、日曜日の夜が楽しみで、寝られないくらいの会社になれたらうれしいです。成長率としては年間6%くらいで安定して伸ばしていきたい。当社は離職率が1%台と業界平均に比べて非常に少なく、出戻り社員が多いのも特長です。当社は毎年のノルマはありますが、他社のように前年比10%増とか15%増といった厳しいものは課していません。利益は最低限の内部留保をしたら、後は社員に還元すると明確に規定しています。だから社員は賞与を3か月でも6か月でも自分たちが欲しいと思う金額を言っていいですよ、それに合わせて目標値も上げますよと明言しています。


初の生え抜き社長ということで、就任当初はプレッシャーもありました。1年くらいして、導入した執行役員制度がきちんと回り始めたころから、改めて重責を担っているんだなと痛感しました。社長になって丸6年がたち、これからアシストをどう変えていくべきか、また変えてはいけないところはどこかを皆と議論しているところです。課題というか、やり足りないところがまだたくさんあります。これを次の中計の中で解決していきたい。


大塚辰男の経歴・略歴

大塚辰男、おおつか・たつお。日本の経営者。ソフトウェア会社「アシスト」社長。システムソフトウェア事業部マネジャー、システム管理事業部事業部長、東日本営業本部本部長、西東京支店・神戸支店支店長、西日本支社支社長、取締役、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

四方修

経営者に転じても「下から目線」を大切にしてきました。マイカル(のちにイオンに吸収合併)で経営幹部の仕事に携わったときも、全国の店舗を回り、働く人の話を聞きました。すると現場から、新店舗の設計と内装を請け負い、当時の代表と親密だった内装会社の悪口が必ず出てくる。そして、新規出店などの際、資本関係すらないこの会社の社長の提案を、検証もせずに採用していたことがわかりました。私は経営会議で「少なくとも同社を連結対象にすべき」と主張し、最後は取引中止にしました。


坂口幸雄

危機を乗り切れるかどうかは、優れた人材がどれだけいるかによって決まる。経営のポイントは人材の教育にある。私は社内教育を優先した。毎年1、2名を留学させている。エリート人材が活躍するには、学閥は大変に障害となるので、大学の指定はしていない。今でも社員の出身校はバラバラである。


泉谷直木

最終的に取引が成立するかどうかは、人間関係が築けるかどうかによるところが大きい。


弘兼憲史

学生時代は気の合う仲間とだけつき合っていればよかった。でも勤める以上、どんなにイヤなやつでも毎日顔を合わせて、協力し合わなければいけないこともある。イヤなやつが直属の上司だったらうんざりでしょう。しかし大きく成長するチャンスは、そこにあるのです。イヤな上司、ダメな上司ですら自分の成長につながる糧にする。それぐらいの気概でコミュニケーションを取ってみてください。


大竹文雄

企業でも社会でも、一元的に全ての平等を推し進めるのでなく、「やめるべき平等」と「続けるべき平等」を区別することが重要。


マイケル・デル

「変化に対処する」という表現は「変化はたまに生じる厄介ごとで、それを処理したり封じ込めることが可能だ」という含みが感じられる。だが、実際にはそれは正しくない。変化の時代にチャンスを見出すカギは、変化そのものを心から受け入れることなのである。


大橋徹二

営業やサービス担当のみが顧客と向き合うのではなく、開発や生産部門も情報を共有して、顧客の業務効率化や高度化に対して知恵を出す。顧客が困っている中身をコマツが理解し、一緒に解決策を考えていく。そうすれば、単に機械を販売していた時代よりも、顧客に選ばれる確率が高まる。


岩田弘三

健康を維持して、気を許せる仲間と一緒に、自己実現を果たすという強い思いを持って働くこと。それが幸せな人生においては何より重要です。


本田宗一郎

人間たまには、自分自身を省みることも必要だよ。とくに経営者はそうじゃないかな。人間というものは常に自分が正しいと思いがちなんだね。ところが、このモノの見方をしていたら企業は成り立たない。たまには自分自身、自分の会社を客観的に見つめる必要があると思うなぁ。


上田真一

「空き家を相続したが、どう対処すればいいのか」といった相談が急増するなか、それらを受け止める窓口って、ほとんどないのが現状です。手間も時間もすごくかかるビジネスなので、誰もやりたがらない。だからこそ、そこに着手する意義があるし、先々、市場も取れるだろうと考えています。