名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大塚英樹(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚英樹(経営者)のプロフィール

大塚英樹、おおつか・ひでき。日本の経営者。「Speee」社長。Speee設立に参画。その後、独立起業を経てSpeeeに復帰し社長を務めた。

大塚英樹(経営者)の名言 一覧

事業を育てるのに重要なのは、出来る限り多くのファクトを集めて成功率を向上させること。


データと真摯に向き合っていくことで、新たなビジネスの可能性が見えてくる。社会的課題を解決できる、骨太のイノベーションを実現したい。


Speeeでは会社自体をひとつのプロダクトとして捉えています。多様な領域でイノベーションを起こす存在として、メガベンチャーを目指します。


大塚英樹(経営者)の経歴・略歴

大塚英樹、おおつか・ひでき。日本の経営者。「Speee」社長。Speee設立に参画。その後、独立起業を経てSpeeeに復帰し社長を務めた。

他の記事も読んでみる

柳井正

社員は上の人たちのことをよく見ていますよ。経営者自身が、自分では誰よりも仕事をしているつもりでも、社員から見たら全然やっていないように見えるもので、ごまかしはききません。


門脇麦

5円玉に限らず、身近なものを大切にできない人は、もっと大きなものも大切にできない。人生と一緒ですよね、きっと。一番大事なものが何かは、どんな状況であれ、常にどこかに持っていなくちゃいけない、というのがこの作品のメッセージだと思います。

【覚え書き|出演した映画『闇金ウシジマくん Part2』について】


大田正文

従来から人脈をつくる出会いの場として異業種交流会がありましたが、主催の趣旨や会の事前情報がつかみづらく、ただ名刺を交換するだけの場になっているケースも少なくありません。その点、勉強会やセミナーは自分が何を学びたいかという目的によって参加する、また、同じ目的を持った人が集まるため気が合う人と出会える確率が高いといえます。共通の目的や趣味を持つ友人が欲しいと考えている人は、一度検討してみてはいかがでしょうか。


西任暁子(西任白鵠)

人にものを伝えるときは、手際よく発信するだけではなく、受信する姿勢にも気をつけたいもの。


森泉知行

新しいサービスにしても、やってみてダメだったら諦めもつきますが、リスクばかりを考えて、他社に先に始められてしまったら、悔やんでも悔やみきれません。経営判断にかぎらず、仕事にまつわるすべての判断に共通して言えることだと思います。


吉越浩一郎

信念が弱く、スピードが上がらない経営者は、自分自身を変える覚悟をしなければならない。「君子は豹変す」という言葉があるが、私は「豹変していれば君子になれるかもしれない」と言っている。お題目を墨守したり、会社の構造をいじったりするよりも、まず経営者自身が変わり続けること。これがスピード改革の第一歩である。


柳澤大輔

話題性だけ先行するものって、カヤックは意外に少ないんです。実はちゃんと考えていて、基本的には論理的に筋が通っているものしかやってないんです。サイコロ給というのも、サイコロ振って面白いというだけじゃなくて、ちゃんと意味があって振っていたり。


井深大

私は盛田(昭夫)君以下のこの上ない良いメンバーに囲まれて生きてきた。この人たちは無謀にも近い私の夢を実現させて楽しませてくれる。こんな幸福は世の中にそんなにあることではないと信じている。


野村克也

「野村の野球」とは、結果ではなくプロセスを大事にすること。目標を掲げ、そのために何を考え、何をするかが大事なんだ。すべてそうでしょ。


池田清彦

不思議なもので、部下に厳しい人や話を聞かない人って、そこそこの役職には就いても、トップに立つことはない。僕の周りの大学教授を見てみても、早く偉くなった人ほど、ちゃんと周りの話を聴いているんだよ。つまり、出世と人望は比例するってこと。


藤田晋

話し合うときのポイントは2つ。ひとつは「いい仕事をするために話し合っている」という「共通の目的」を忘れないこと。気づかないうちに、自分のわがままや好き嫌いで意見を押し通そうとしていることもあるので注意しましょう。「いい仕事をするため」という意識がお互いにあれば、妥協点を探る「建設的な話し合い」ができるはずです。もうひとつは「相手の立場」を理解しようとすること。これは相手を気遣ったり、敬意を払ったりするのです。


丹羽宇一郎

相手との信頼関係よりも、自分の都合や論理を優先しなければならなくなったとき、陥りがちなのが、「丁寧に説明すればわかってもらえる」というような考え方です。しかし、これは間違いです。いったん信頼にヒビが入ると、いくら説明しても、言い訳をすればするほど、自分が信頼を打ち壊したという確信犯になる。