名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大塚英樹(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚英樹(経営者)のプロフィール

大塚英樹、おおつか・ひでき。日本の経営者。「Speee」社長。Speee設立に参画。その後、独立起業を経てSpeeeに復帰し社長を務めた。

大塚英樹(経営者)の名言 一覧

事業を育てるのに重要なのは、出来る限り多くのファクトを集めて成功率を向上させること。


データと真摯に向き合っていくことで、新たなビジネスの可能性が見えてくる。社会的課題を解決できる、骨太のイノベーションを実現したい。


Speeeでは会社自体をひとつのプロダクトとして捉えています。多様な領域でイノベーションを起こす存在として、メガベンチャーを目指します。


大塚英樹(経営者)の経歴・略歴

大塚英樹、おおつか・ひでき。日本の経営者。「Speee」社長。Speee設立に参画。その後、独立起業を経てSpeeeに復帰し社長を務めた。

他の記事も読んでみる

波瑠

食らいつけるものには、食らいつこうと思って何度落ちてもオーディションを受け続けました。


佐藤達郎

提案に至るまでに何をどう考えたかの経緯を、1つずつ簡潔に説明します。相手に「なるほど、そんなプロセスもあって、最終的にこの提案になったのか」と一緒に流れを追ってもらえば、結論にも同意してもらいやすい。


桜井博志

酒造メーカー専用の会計ソフトは、高額で買えなかった。しかし今思えばここが、当社の命運を分けるポイントでした。結果的に、会計ソフトを使わなくてよかったんです。エクセルにデータを手入力する作業は、確かに手間がかかる。でも、それを上回るメリットがあります。「利益を生み出すためには、この数字が大きく関係している」「コスト増に影響しているのは、この数字」。経営数値同士の関連性がよく理解できて、腑に落ちるんです。


辻野晃一郎

ソニーでVAIOデスクトップパソコン事業の責任者になったとき、不採算事業の責任者になるとはどういうことかを痛烈に思い知らされました。私が事業を引き受けた段階ですでに三桁の赤字でしたから、会議では前任者の残したこの数字のせいで責め立てられ、頭を土足で踏みつけられるような思いがしました。実績のない新任部長が何をいっても説得力がないので、とにかく黙って結果を出そうと覚悟を決めました。


レオナルド・ダ・ヴィンチ

一日の始まりの時、南側の地平線のそばでは大気がバラ色に染まった雲にぼんやり霞んでいる。西の方はまだ暗く、東の方へ行くにつれて地平線のあたりの湿った水蒸気のせいで、実際の地平線よりも明るく見える。そして東にある白い家々はほとんど識別できない。一方、南の方は遠くへ行くほど、バラ色の度合いが濃くなり、西の方はそれがもっと暗い色合いになる。そしてその影は白い家々の手前で消えている。【覚書き:ある日の日の出を描写した文章】


山口悟郎

喋れば喋るほど、どんどん薄っぺらくなると思うので、相手との心理的な距離を縮めたいと思ったときも、必要最低限のことしか話さず、むしろ相手の話をよく聞くことを心がけるようにしています。


寺田直行

カゴメの商品開発のベースは「自然」です。自然という原料からくる技術が当社の強みなのです。過去、清涼飲料を手掛けたことがありましたが、うまくいきませんでした。やはり自然の恵みを生かし、時代を先取りした価値を創造することがカゴメの精神なのです。


泉谷直木

仕事とは結局、人と人とのつきあい。メモを取るときは、取引の内容よりも、相手の人となりがわかる言葉の方が重要。ここを押さえていれば、長く濃く付き合っていけます。


ヒラリー・クリントン

人はその人の言い分や支持するものばかりでなく、その言行の結果からも評価されるべきだ。


西野裕

会社を存続させていくためには、何が何でも決められた人数の退職者を確保しなければなりません。希望退職の応募期間は長くても2週間が妥当です。その時期に既定の人数を集めるために希望退職を募る約2か月前から、企業側が社員一人一人と面談し、残ってほしい人と辞めて欲しい人各々にその理由を説明する機会を設けるのです。


尾山基

私自身も中途入社です。社歴にこだわらず、ふさわしい能力の人間がふさわしいポジションに就けばいい。社内ではすでに多くの中途入社組が統括部長など要職に就いています。


榊原節子

大切なのはお金を回していくという心持です。お金は生きていて、廻っていないと具合が悪くなるので、いかによい使い方をするか、いかに社会貢献ができるかというお金との成熟した関係を築く必要があるでしょう。その運用によって、世の中も廻っていく。そしてそういう場合ほとんど自分の元にもっと増えて戻ってくるものなのです。