名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大塚正富の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚正富のプロフィール

大塚正富、おおつか・まさとみ。日本の経営者。「アース製薬」会長。徳島県出身。大塚製薬創業者の五男として生まれる。徳島工業専門学校製薬工業科(のちの徳島大学薬学部)、旧制大阪理工科大学(のちの近畿大学)工学部応用化学科卒業後、大塚製薬に入社。大塚化学技術担当常務などを経て、大塚製薬がアース製薬を救済したときにアース製薬社長に就任。「ごきぶりホイホイ」を開発し、同社を再建した。

大塚正富の名言 一覧

ヒット商品は思わぬ着眼点から生まれる。森羅万象を見ていれば、「ああ、これ何かに使える」っていうのがたくさんある。


商品っていうのは機能は大事だけど、半分はアート、演出なんです。人の心を捉えなきゃいかん。ゴキブリを捕らえるのと同じだね。


私は今、傘寿(さんじゅ)と4歳ですが、心は34歳。
【覚え書き|84歳時の発言】


企業間で連動を強化すれば、思いがけない着眼点を見いだす力、英語で言うセレンディピティをまだまだ伸ばせるのではないか。


「ごきぶりホイホイ」は、子供が自ら組み立てて、仕掛けて、「ああ、入ってる入ってる」って喜ぶんです。おもちゃのような家の模様をパッケージに描いたことで、ゴキブリ捕獲器でも人の心を魅了できた。最近は、そんなアートが商品に欠けていると思うんです。自社でも他社でも。


大塚正富の経歴・略歴

大塚正富、おおつか・まさとみ。日本の経営者。「アース製薬」会長。徳島県出身。大塚製薬創業者の五男として生まれる。徳島工業専門学校製薬工業科(のちの徳島大学薬学部)、旧制大阪理工科大学(のちの近畿大学)工学部応用化学科卒業後、大塚製薬に入社。大塚化学技術担当常務などを経て、大塚製薬がアース製薬を救済したときにアース製薬社長に就任。「ごきぶりホイホイ」を開発し、同社を再建した。

他の記事も読んでみる

ケリー・マクゴニガル

成功するために服装を考えるなら、他人だけでなく、自分の心に焼きつくように装いましょう。逆説的に言えば、自分に自信が持てる服装、自分がしっくり感じる服装を身にまとっていれば、他の人にも好印象を与えているものなのです。


野村克也

「不調になったら汗をかけ!」。昔の野球界には、そんな言葉があった。いかにも古くさい考え方だが、じつは一理ある。というのも、思い切り走るなどして汗をかくと、それに没頭して、配球や打撃の不調など忘れられるからな。不調な時というのは、ムダに心が乱れ、冷静な判断ができなくなる。しかし、その根本的な原因である野球そのものから一度離れれば、冷静になれるわけだ。


河盛好蔵

私は青年も自らの過失によってしたたかに傷つくことを、また傷つくことを恐れないことを希望したいのである。もし彼らの追求する目的が大きく高い場合には、彼らの流す血は実に美しく、そのような過失は断じて悔恨を伴うことはないはずである。それは若気の過ちなどではもちろんなく、青春時代の誇りということができよう。


岸見一郎

たとえ出来が悪い部下でも、成長するよう指導して、何か失敗をしでかしたらその責任を取るのが上司の役目。部下に対し「嫌い」という感情を出してしまっているのは、マネジメントの基本がわかっていない証拠。


渥美育子

グローバル人材を育てるのは、決して「エリート」を増やすためではありません。英語を学べばよいということでもありません。英語は道具です。本質的な議論をしていないことは、大きな勘違いだと思います。


石坂茂

活後もしっかりサポートすることで「IBJで活動してよかった」と感じてくださる人が増えれば、会社の評判は高まります。手間をかけてサービスへの満足度を向上させることを、短期的な売り上げよりも重視しています。


野口敏(話し方)

なぜか相手が自分につれない態度のときは、その原因は自分にあると考えるべきです。男性が不機嫌な女性に対して「なんで怒っているの?」と聞けば火に油を注ぐことになります。「怒らせてしまったんだね」という言葉でまず自らの非を認めれば、そうした事態も避けられます。


川崎博也

行って動かせ、行けば動く。


林野宏

中途採用の女性たちの熱意、画期的なスピード発行の便利さなどが加わり、初年度に目標のカード会員120万枚獲得をクリア。実績が積みあがっていくと社内全体の雰囲気は変わり、やる気に満ちあふれるようになりました。


古田貴之

世の中の先端技術すべてに言えることですが、どんなに凄い技術があっても、それを使いこなせる人がいないと無意味。また、その技術をみんなが使いたいと思う風潮にならないと使わない。この技術を使えば、こんな新しいことができるということを周知させて文化として土着し認知されなければ駄目。


似鳥昭雄

リスクを自ら取り込む。リスクがないと社員は成長しない。


江草康二

大小を問わず、仕事を大きなミスなくやり遂げることは、実績になり、信用につながります。