名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大塚正富の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚正富のプロフィール

大塚正富、おおつか・まさとみ。日本の経営者。「アース製薬」会長。徳島県出身。大塚製薬創業者の五男として生まれる。徳島工業専門学校製薬工業科(のちの徳島大学薬学部)、旧制大阪理工科大学(のちの近畿大学)工学部応用化学科卒業後、大塚製薬に入社。大塚化学技術担当常務などを経て、大塚製薬がアース製薬を救済したときにアース製薬社長に就任。「ごきぶりホイホイ」を開発し、同社を再建した。

大塚正富の名言 一覧

ヒット商品は思わぬ着眼点から生まれる。森羅万象を見ていれば、「ああ、これ何かに使える」っていうのがたくさんある。


商品っていうのは機能は大事だけど、半分はアート、演出なんです。人の心を捉えなきゃいかん。ゴキブリを捕らえるのと同じだね。


私は今、傘寿(さんじゅ)と4歳ですが、心は34歳。
【覚え書き|84歳時の発言】


企業間で連動を強化すれば、思いがけない着眼点を見いだす力、英語で言うセレンディピティをまだまだ伸ばせるのではないか。


「ごきぶりホイホイ」は、子供が自ら組み立てて、仕掛けて、「ああ、入ってる入ってる」って喜ぶんです。おもちゃのような家の模様をパッケージに描いたことで、ゴキブリ捕獲器でも人の心を魅了できた。最近は、そんなアートが商品に欠けていると思うんです。自社でも他社でも。


大塚正富の経歴・略歴

大塚正富、おおつか・まさとみ。日本の経営者。「アース製薬」会長。徳島県出身。大塚製薬創業者の五男として生まれる。徳島工業専門学校製薬工業科(のちの徳島大学薬学部)、旧制大阪理工科大学(のちの近畿大学)工学部応用化学科卒業後、大塚製薬に入社。大塚化学技術担当常務などを経て、大塚製薬がアース製薬を救済したときにアース製薬社長に就任。「ごきぶりホイホイ」を開発し、同社を再建した。

他の記事も読んでみる

福田健(話し方)

あいまいな表現は仕事上の能力まで疑問をもたれる。それで評価を下げている人が多い。


ジェイ・エイブラハム

サバイバルのためには、とにかくやるしかない。


仲暁子

仕事はアウトプット、読書はインプット。週末は時間を取って本を読み、新たな知識を得ます。経営者は未来や方針を語ることが大切な役割の一つなので、最新の情報に触れることも不可欠。シリコンバレーなど、海外の先端的な拠点で話題の本はだいたい読みます。一方、「古典」も大事にしています。と言ってもそれは何世紀も前の本ではなく、刊行から10年、20年経ても書店に並ぶ現代の本のこと。『影響力の武器』は、そのひとつと言えますね。


土井健資

弊社には、創業者の曾祖父や二代目社長の祖父が教えを書き記した古い冊子が伝わっています。曾祖父は明治34年(1901年)に「志ば漬」の製造と食品小売業を始めたわけですが、その冊子に創業期の苦労や家内工業ならではのノウハウなどを書き遺してくれました。祖父は、戦後、法人化するなど店を発展させましたが、「力以上のことをしてはいけない」といった商売上の教えを遣してくれていて、今も私どもの伝統として守り続けています。


白川敬裕

セミナーはなるべく有料で高額なものに参加します。高いとそれだけ真剣な人が集まるので、刺激を受けます。


ニーチェ

今のこの人生を、もう一度そっくりそのまま繰り返してもかまわないという生き方をしてみよ。


大橋洋治

終戦時に満州から引き揚げる逃亡生活に入る前の晩まで、私は悪いことばかりしていたそうです。倉庫に入っては山積みになっていた角砂糖を盗んで食べていたらしいんですが、ある朝方突如、爆弾がドン、ドンといって落ちてきた。ソ連の侵攻です。5歳でしたがそのときから要所、要所において記憶があるんです。親父が商売をしていましたので、そう悪い生活でもなかったのですが、逃亡生活の翌日からはもう着の身着のままで、何も持たずにひたすら逃げた。幼少時に惨事を経験し、死の淵を見たというか、以来私はどこででも生きていけると人生を達観し、悟りの境地で物事に臨むようになりました。


宮内義彦

監視があると経営者は楽なんですよ。株主の監視だけではなく、いろんな仕掛けがあって縛られたほうが経営者は楽です。業績を落とすと怒る株主がいる。難しい会計原則で縛られる。顧問弁護士や監査役に注意を受ける。チェックする人と確認する仕組みが多いと、ミスは減ります。


森正文(経営者)

営業するときに断られた先で「おたくのライバルはどこですか?」と尋ねて、Aホテルだと聞くと、今度はすぐにそちらを口説きました。その結果、ライバルホテルが僕らのサイトに登録すると、それを見て最初は断ったホテルも、その気になったりします。最初は思いつきでやったことですが、いろいろなホテルに登録してもらいました。


田中仁(経営者)

絶体絶命の場面で逆転弾を打つには、三振をするリスクを冒してでも、振り切るしかない。


棚橋弘至

僕がファンだった時に嬉しかったことを積極的にしているだけなんですよ。出待ちをして、選手に握手してもらったことを今でも覚えています。


正垣泰彦

重要なのは客数を増やすことです。お客さんが取られているなら取り返す。それには努力が必要です。