名言DB

9419 人 / 110788 名言

大塚正士の名言

twitter Facebook はてブ

大塚正士のプロフィール

大塚正士、おおつか・まさひと。大塚製薬グループの創業者。オロナミンCを発売し、栄養ドリンクと炭酸飲料の中間という商品分野を浸透させた人物。そのほかにもボンカレー、ゴキブリホイホイ、ポカリスエットなどの企画を生み出した経営者。

大塚正士の名言 一覧

世の中の役に立つ企業でなければ発展はない。


役員全員が賛成する商品は売れないことが多い。それは判断力の問題である。


大衆に貢献なき企業は滅びる。


大塚正士の経歴・略歴

大塚正士、おおつか・まさひと。大塚製薬グループの創業者。オロナミンCを発売し、栄養ドリンクと炭酸飲料の中間という商品分野を浸透させた人物。そのほかにもボンカレー、ゴキブリホイホイ、ポカリスエットなどの企画を生み出した経営者。

他の記事も読んでみる

ローランド・ベルガー

課題のひとつは、企業が自社に閉じたプラットフォームを作ろうとすることでしょう。データベースにしても通信プラットフォームにしても、シーメンスはシーメンスの、トルンプ(機械メーカー)はトルンプのプラットフォームを作ってしまいがちです。しかし、インターネットの発展から我々が学んだのは、オープンなプラットフォームが必要であるという事実です。


吉田和正

グローブ(インテル創業者アンディ・グローブ)に対して、「ご期待に沿えるように」なんて言うと、「なんだそれは」とまたキレられる。自分が聞きたいのは、「期待を越えます」だと。みんな歯を食いしばって、「どうやったらその期待に応えられ、さらにその期待を超えられるのか」と考え、実行する。この状況に、私自身、「慣れた」という気持ちを持ったことは一度もありません。上がり続けるバーに対峙する文化。そのバーを超えることをスタッフにも期待しています。


庄田隆

経営統合は、2軒の古い家をつないで増改築するのではなく、新しい設計図のもとでまったく新しい家を建てるというコンセプトに基づいて準備をしています。
【覚書き|三共と第一製薬の経営統合について語った言葉】


高田明(ジャパネットたかた)

これも持って生まれた性格なんでしょうか、ゆっくり休むということがどうも苦手です。そういえば女房が言ってました。あなた、仕事してない時のほうが疲れた顔してるって(笑)。


孫正義

提携や買収で大事なのは情報革命という分野で我々の専門性が生かされるということと、人々の幸せに本当に役に立つことかということ。さらに細かく言うと、その会社が持っているテクノロジーやビジネスモデルが末広がりで伸びていくのかということ。くたびれた会社を安く買い叩いて、その差額で儲けるという買収は、僕は今までやったことがない。


海老根智仁

スケジュールの中には経営者として自分を振りかえる時間、リフレッシュするための時間もちゃんと入れています。


小飼雅道

全社・全部門で取り組まなければ、実現性のあるアイデアは出てこない。


赤羽雄二

会議は参加者全員に意見を言ってもらうことが重要な目的の1つです。参加する人数を絞ることも大切です。大企業では数十人以上が参加する会議も珍しくはありませんが、全員に意見を求めていたら、意見集約はできないはずです。私の経験からは、会議の参加人数は多くても15人までが適正な規模だと思います。


ケリー・グリーソン

大きな手帳をデスクで使うにしろ、ハンドバッグやスーツのポケットに入る簡便なものを使うにしろ、一週間分が一目で見えるものを選ぶこと。そうすれば、いやでも週単位で計画を立てるようになり、仕事の予定を組む点でも、仕事を達成する点でも成功率が高くなるからだ。


浦沢直樹

ぐっとくる線の集合体かどうかというのがまず第一。それがずっと高まっているから絵として完成していく。