名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大塚正士の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚正士のプロフィール

大塚正士、おおつか・まさひと。大塚製薬グループの創業者。オロナミンCを発売し、栄養ドリンクと炭酸飲料の中間という商品分野を浸透させた人物。そのほかにもボンカレー、ゴキブリホイホイ、ポカリスエットなどの企画を生み出した経営者。

大塚正士の名言 一覧

世の中の役に立つ企業でなければ発展はない。


役員全員が賛成する商品は売れないことが多い。それは判断力の問題である。


大衆に貢献なき企業は滅びる。


大塚正士の経歴・略歴

大塚正士、おおつか・まさひと。大塚製薬グループの創業者。オロナミンCを発売し、栄養ドリンクと炭酸飲料の中間という商品分野を浸透させた人物。そのほかにもボンカレー、ゴキブリホイホイ、ポカリスエットなどの企画を生み出した経営者。

他の記事も読んでみる

重松大輔

妻はサイバーエージェントのベンチャーキャピタル部門にいました。いまは別の会社にジョインして、ベンチャーキャピタリストとして働いています。家にプロの投資家がいるので、壁打ちを繰り返してビジネスプランを磨いていきました。


畠中雅子

何もしないと老後のお金が不足する可能性が大。何とかなるだろうと安易に考えるのは危険です。家計の見直しは早くやるほど効果が大きい。ちょっとしたことをやるかやらないかで大きな違いが生じてきます。


小笹芳央

責任を取る必要のない万年平社員で十分だという人は、あくせくしない無欲な人と言えば聞こえはいいですが、利潤を追求し、生き残り競争に勝たねばならないこれからの企業にとってより「お荷物」感が増すかもしれません。ひとたび業績が悪化しリストラされれば、転職市場での苦戦、給料激減といった将来像か見え隠れします。このご時世、定年まで企業にぶら下がろうという発想のほうがよほどリスクの高い賭けです。それなら、「偉くなってやろう」と努力をしたほうが精神衛生上もいい。


石山恒貴

2枚目の名刺とは、お金と関係なく自分が本当に好きなことを本業と並行してする活動のこと。名刺を作るほど本気で社会活動するところが趣味と違うんです。まずは本業をきちんと持ちながらやるので2枚目の名刺では思い切ったチャレンジでき、それが成功へとつながります。また本業以外が充実することで、本業にも良い影響を与えるのです。


小泉進次郎

一部の実態だけを見て、一部の人たちの声だけを聴いて対策や政策を考えたら、方向性を誤りかねない。


藤原和博

会社の資産を利用してスキルを磨き、いつでも自営業者になれる力を身につけるつもりで仕事をすることは、人生における大きなリスクヘッジにもなります。万が一、会社が危機に瀕しても、自分の能力を見極めて次のステップを踏み出せるからです。


茂木健一郎

現代は時間の流れが速い。立ち止まっていると、先に行くことができず、成長の機会を逃してしまう。しばらく前は、1年が7年の変化に相当するという「ドッグイヤー」や、さらにそれよりも速いという意味で「マウスイヤー」というような言い方がされた。人工知能の発達などを見ると、今ではそのような表現ですら生ぬるいと感じられるほどだ。人間をはるかに凌駕するに至った人工知能は、囲碁や将棋の一局を秒単位で打ち終えてしまう。このような「人工知能時間」を基準に考えると、ぐずぐずしているのがもったいない。少しでも先に進んでおかないと、次の展開がない。


柴田励司

執着よりも執念を持とう。執着が強い人は、意見が異なる相手を論破しようとします。しかしチームとして良いものを生み出すためなら、たとえ大嫌いな相手の意見でも取り入れようとする執念を持てる人こそ、器が大きいと言えます。


飯田亮

私は30年のビジネスデザインを立て、まずは10年実行、そして10年後にまた新しいビジネスデザインを作ると考えていました。常に目標を持ち、自分を鼓舞する。一方で環境変化に合わせて目標を見直す。ビジネスとはこの繰り返しだと思っています。


大塚辰男

これまでの反省点としては、売上高目標の300億円という数字が少し前面に出過ぎて独り歩きしたかなと。それよりも、この6年は顧客数が年に250社くらいずつ増え、約6700社になったことの方が重要です。当社との取引が継続され、新規顧客が積み上がった結果なので、とてもうれしく思っています。


能作克治

「能作さんはなぜそんなに仕事をするのか」と、よく言われますが、簡単な話、楽しいからですよ。次から次へと新しい仕事を手がけることが楽しいものですから。


小飼雅道

4WS(四輪操舵)、フルタイム四駆といったホームランはあった。しかし、いずれも単発で終わってしまった。会社の中で組織の横断もなければ、次のヒットにもつながらなかった。現実として、いまはみな消えてしまっているわけで、こうした単発ではダメ。やはり、大切なのはつながりです。