名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大塚正士の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚正士のプロフィール

大塚正士、おおつか・まさひと。大塚製薬グループの創業者。オロナミンCを発売し、栄養ドリンクと炭酸飲料の中間という商品分野を浸透させた人物。そのほかにもボンカレー、ゴキブリホイホイ、ポカリスエットなどの企画を生み出した経営者。

大塚正士の名言 一覧

世の中の役に立つ企業でなければ発展はない。


役員全員が賛成する商品は売れないことが多い。それは判断力の問題である。


大衆に貢献なき企業は滅びる。


大塚正士の経歴・略歴

大塚正士、おおつか・まさひと。大塚製薬グループの創業者。オロナミンCを発売し、栄養ドリンクと炭酸飲料の中間という商品分野を浸透させた人物。そのほかにもボンカレー、ゴキブリホイホイ、ポカリスエットなどの企画を生み出した経営者。

他の記事も読んでみる

山口範雄

我々人間には、根っこのところに倫理がないといけない。


和地孝

必要不可欠な条件は、社員たちが何を考えるかを感じ取る感性と、彼らの発言を聞いたらできることは必ずやるということです。現場には「経営者が来てくれたのだから、何かが変わるだろいう」という期待感があります。ところが、経営者が現場に来て話をしたものの、実際には何も変わらなければ、社員は意見を言っても無駄だと思います。社長に言って変わらないものを、他の誰が変えられるのかとバカバカしく思うでしょう。


小林佳雄

「自分で集めた情報で自分の勘を使って決めること」を本物の意思決定と呼ぶ。しかし、日本人の大半は恐ろしさから自分の勘以外を使った意思決定をしている。


柴田昌治(コンサルタント)

混乱のない組織は進化しない。ここで言う「混乱」とは、敵対的な対立ではなく、互いへの信頼や安心感をつくりながらの意見のぶつけ合いであり、生産的な話し合い。


西浦三郎

企業成長と生産性を測るベンチマーク(指標)が、社員1人当たりの経常利益だと考えています。


松井順一

自分がついやってしまうミスのポイントを見える化し、自覚することが必要。さらに、個人のミスの経験を職場で共有し、チーム全体で再発防止に役立てることも重要。


寺島進

やっぱり、壁にぶちあたったら、ぶち壊さなきゃ前に進めない。それなら壊れるまで叩くしかないと思うんです。たとえば、その壁は100回叩いたら壊れるとします。30回叩いて諦める人がいる。56回や88回、あるいは99回でやめた人もいたかもしない。誰にも、この壁は100回叩けば壊れるってわからないから。そこで、諦めないって気持ちで叩き続けてたら、目の前の壁が壊れる瞬間があるんじゃないかな。収入が減っても、失敗してもさ。気持ちだけは下げないで頑張ったらいいと思うよね。


本田健

ずっとお金持ちの人と途中で消える人。その違いは、自分の事業を時代に合わせて微調整できるかどうかの違い。


谷原誠

ビジネスには交渉が伴うものですが、そこでは「強引に主張してくる人」が非常にやっかいな相手になるでしょう。このタイプは、自分に都合のいい同意を得るために話を組み立ててきます。要するに、自分のいうことを聞かせたい、自分の世界だけで生きていて、相手のことを思いやろうとしない。だから交渉でも強引で押しが強いわけです。とはいえ、このタイプにも弱点はあります。それは、交渉にエネルギーを集中するために、そのぶんエネルギーの消費が早いということ。それを頭に入れておけば、エネルギーを使い果たすのを待つことでラクに話を進めることができます。


本田宗一郎

ジョークを言えない人とは付き合えない。仕事だってなめらかにできない。そういうことを案外忘れているのじゃないか。借り着で表現している人は偉い人、自分の個性で表現すると下品だということになる。だから私なんかは、いつでも下品の烙印を押されてしまう。漫才みたいなことを言って、締めるところはきちっと締めるから、みんな安心して平等感を味わってくれる。


長谷部誠

チームへ合流直後、チームメートが、新加入してきた僕を見ていることに気づきました。彼らも、どう僕と接するべきか戸惑っているのかもしれない。だったら僕から動き出さないと、何も始まらないと感じたんです。カタコトのドイツ語でどんどん話しかけた。そうやって、仕事をする場を整えていきました。相手が監督であっても、ドイツでは、まずは会話することが求められているんです。


三木雄信

日本人の感覚では、同じことをあまりに何度も繰り返すのはスマートではないと思いがち。だが、決してそんなことはない。繰り返すことで「ここが大事なんだな。だから繰り返しているんだな」と聴衆に伝えられる。