名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大塚正則(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚正則(経営者)のプロフィール

大塚正則、おおつか・まさのり。日本の経営者。「サトーホールディングス」社長。鹿児島県出身。東京大学農学部卒業後、ネポンを経てサトーに入社。取締役機械本部長、常務取締役メカトロ本部長、常務取締役システムサービス本部長、常務取締役シール・ラベル本部長、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。

大塚正則(経営者)の名言 一覧

個を生かすために大事なのは、個を自立させることのように感じます。それができて初めて組織の強さが出てくるのではないでしょうか。


大塚正則(経営者)の経歴・略歴

大塚正則、おおつか・まさのり。日本の経営者。「サトーホールディングス」社長。鹿児島県出身。東京大学農学部卒業後、ネポンを経てサトーに入社。取締役機械本部長、常務取締役メカトロ本部長、常務取締役システムサービス本部長、常務取締役シール・ラベル本部長、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

羽鳥兼市

性格の悪い上司にあたったら、「こんなに性格が悪くても部長になれるんだ。自分なら社長になれるかもしれない」と、逆に喜ぶくらいでないといけません。


新将命

ロシアには「魚は頭から腐る」ということわざがありますが、会社が悪くなる時はたいていトップから。末端の社員から悪くなることはあまりありません。トップの影響力はそれほど強いのです。仮に全社員が優秀だとしても、社員を束ねる社長に力量がなかったら、組織は分裂状態になるでしょう。社員一人ひとりが優秀であればあるほど、皆ばらばらの方向に進んでしまうのです。


林文子

お客様を買う気にさせるには、営業マンの人柄に惚れさせることですね。クルマにかぎらず、どんな商品でも、「営業マンが気に入ったから」「この人なら信頼できそうだから」というように、人間関係で売れることが圧倒的に多いんですよ。光れない営業マンほど、このことを意識していないですね。


小沼勢矢

資格試験勉強の場合、目標は資格試験に合格することです。その目標が、「やればできる」と思えるレベルでなければ、集中して勉強しようという気になりません。また、「明確な目標」というのは、「9月9日のTOEICで750点を取る」というように、期日も含めたものです。期日を決めることで集中力が高まるというのは、普段、仕事をする中でも経験していることでしょう。


小堀宗実

国際化した今の時代だからこそ、我々の起源である伝統文化や歴史を知ることは大切。


高橋祐二(経営者)

我々の強みは現場主義で築いた顔が見えるお客様とのつながり。


吉野浩行

すべて完璧にやってもらうのは難しいことです。ほぼ無理でしょう。調子の悪い時もあるし、不慣れな人もいる。ミスは必ず起こります。だから、それを見逃さないことが大切なんです。自分の担当でないところでも、他の人がミスをしていたら、何か変だぞと気付けるかどうか。その感度を高めることが製造の品質になるのだと思います。現場で働く人たちの感性をいかに高めることができるか。モチベーションをいかに上げることができるか。現場のマインドがモノづくりの質を大きく左右する。


坂本孝

いずれニューヨークやミラノ、パリにも出店したいと考えています。これも自分の野望のためではなく、世界に通じる料理人を育てたい思いからです。


ジェイ・エイブラハム

ビジネスとは人と人との交流。


森正文(経営者)

創業当時「一休」はまだ知られていないサービスでしたが、ホテル側にも空室を何とかしたいという悩みがあったので、そこに焦点を当てたんです。サービスの説明をしながら、それとなく悩みを聞いていくのですが、相手が「ウチはまだこういうネットサービスはいらないよ」と乗り気じゃないなら、潜在的なニーズはあるはずなので、そこをはっきり指摘する。たとえば、「そんなことをやっていると、うまくいきませんよ」などといって、相手の問題をズバリ指摘するんです。そうすると相手はカチンときて、だんだん真剣味を増してきます。自分たちの問題に真正面から向き合わざるをえない状態をつくるのです。本気でホテルの空室をどうにかしたい、と思ってもらわないことには、真剣なビジネスの話し合いはできません。


井上英明

人生は連続しているものであって、仕事とプライベートを分ける必要はないと思っています。


オダギリ展子

オフィスでの整理整頓の最大の目的は、ミスを防ぐこと。そして、探す、迷う、調べ直すといったタイムロスをゼロにすることです。