名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大塚正則(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚正則(経営者)のプロフィール

大塚正則、おおつか・まさのり。日本の経営者。「サトーホールディングス」社長。鹿児島県出身。東京大学農学部卒業後、ネポンを経てサトーに入社。取締役機械本部長、常務取締役メカトロ本部長、常務取締役システムサービス本部長、常務取締役シール・ラベル本部長、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。

大塚正則(経営者)の名言 一覧

個を生かすために大事なのは、個を自立させることのように感じます。それができて初めて組織の強さが出てくるのではないでしょうか。


大塚正則(経営者)の経歴・略歴

大塚正則、おおつか・まさのり。日本の経営者。「サトーホールディングス」社長。鹿児島県出身。東京大学農学部卒業後、ネポンを経てサトーに入社。取締役機械本部長、常務取締役メカトロ本部長、常務取締役システムサービス本部長、常務取締役シール・ラベル本部長、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

小堀宗実

茶道の素晴らしさはたくさんありますが、何がいいかというと、最終的には人と人が向き合い、一碗のお茶を介しながら心が通い合うことです。


北城恪太郎

本社が命令した通りにやれという組織は、決して上手くいきません。


齋藤薫

美容って放っておいたらどんどん男っ気のないものになってしまいがちですから、男性の美容ジャーナリストがもっと増えてもいいのではないでしょうか。メイクや化粧品における男性クリエイターはかなりいるのですから、男目線で、別に変な意味でなく「そそる」であるとか、男性は女性のどのような気配に美しさを感じるのかなんてことを、丁寧に説明してくれたら、それは女性にとって参考になるのではないでしょうか。


山東理二

南米チリの三菱商事現地法人社長時代に学んだのは、マクロな視点で物事を見ることの重要性。しっかりと流れを読めば、ライバルよりも早くニーズを捉えられます。受け身ではなく、先行者利益を狙えるわけです。


五木寛之

希望が見えない時代。明日はわからないという覚悟で今日一日を大切に生きていくしかない。


武藤潤(経営者)

私は本音と建前の使い分けが大嫌いなんですよ。だから全部が本音。


木村政雄

自分を変えなければ。そう思った瞬間は吉本(興業)を辞めたときです。56歳まで33年間なりふり構わず頑張って仕事してきた。やす・きよのマネージャー、東京吉本の立ち上げ、吉本新喜劇の改革……。お笑いタレントの地位も向上したし、吉本の名も全国区になった。ただ、ここで次になにをするかというモチベーションが僕の中になかったんですね。あのまま会社にいれば、65歳までは顧問などでぶら下がっていられたかな。でも、その先の人生を考えたら、あかんのちゃうかなと思ったんです。


小林喜光

進化論ではありませんが、強いものが生き残るのではなく、状況に合わせて変化できたものだけが生き残るのです。会社が自分の変化を許容しないのならば、会社を捨てればいいだけのことです。


鑄方貞了(鋳方貞了)

長年にわたって社長業をこなしてきた経営者には、事業欲の塊のような人が多いようです。そのため、社長を後継者に譲ってもなお、事業欲が収まらず後継者に口を出したくなってしまうのでしょう。口出しはあまりよくありませんが、事業に対する意欲自体は、無理に収めてしまうこともないと思います。本業は後継者に任せて、過大なリスクを負わない範囲で、新たな事業を立ち上げればいいのです。それには、本業に隣接する分野で、いわば本業にとってのパイロット事業としての位置づけで新事業を立ち上げるケース、あるいは本業とは全く関係のない、自分の趣味などから発想した新事業を立ち上げるケースなどが考えられます。


寺尾玄

ちょっとしたことでも構わないので、「不可能と思われていること」に挑戦してみるのもいいでしょう。例えば、「誰も自ら近づかない、常に不機嫌な上司を笑わせる」。手段は問わない。あらゆる方法を試してみる。冗談が通じなければ、背後に回ってくすぐってもいい。遠慮や常識なんて無視し、とにかく「それは無理だろう」ということを「崩す」ことを最優先してやってみてください。これは仮説を立てて実行し、失敗したら別の仮説を立てて再度試すという、可能性を使うプロセスです。仕事や人生を本当に面白く、楽しく生きるために絶対に必要な考え方だと思っています。


為末大

「挫けない力」に必要なのは、「ふてぶてしさ」だと思っています。マイナスイメージもある言葉ですが、マイナスになる時は、失敗を失敗のまま置いておくから。勝敗や成否の枠を超えて、何が一番大事なのかと本質を見いだすのが重要で、それができれば心は強くなる。


伊藤直彦

百年に一度の危機であろうが、春はちゃんとやってくる。人生の大きな節目である入社式シーズンも間もなくだ。毎年、この時期になると、次代を担う若者たちに語りかけたいというエネルギーが体中にみなぎってくる。人生はもっと深くて大きいことを知ってもらいたい。