名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

大塚明彦(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚明彦(経営者)のプロフィール

大塚明彦、おおつか・あきひこ。日本の経営者。「大塚製薬」社長。創業者・大塚武三郎の孫。徳島県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、大塚製薬工場に入社。大塚製薬取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか、大鵬薬品工業、大塚製薬工場、大塚食品などの会長を務めた。

大塚明彦(経営者)の名言 一覧

自分でよいと判断したらすぐ一歩前に出ろ。企業理念と社会的責任が明確なら、自主性を持って各人が自由にやれ。


大塚明彦(経営者)の経歴・略歴

大塚明彦、おおつか・あきひこ。日本の経営者。「大塚製薬」社長。創業者・大塚武三郎の孫。徳島県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、大塚製薬工場に入社。大塚製薬取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか、大鵬薬品工業、大塚製薬工場、大塚食品などの会長を務めた。

他の記事も読んでみる

浮世満理子

メンタルが強く、逆境を乗り越えるトップアスリートの共通点は、自己肯定感が強いこと。


福永雅文

突破口を見つけられない人は、視野が狭くなっている。周りが冷静に見えないから、何をやってもうまくいかないという悪循環に。これではいつまでも状況を好転できない。


松本秀幸

世の中に「悪い教材」は存在しない。でも、学習法の「トレンド」に流されるのは時間のムダです。相性の悪い教材を選んでしまったがゆえに長続きせず、挫折感や劣等感を植えつけられる人が多いのです。


岩佐大輝

新しい産業を育てたければ、知恵を再現性が高いものにして、誰でもできるようにしないといけない。


菊川剛

一般向けデジタルカメラへの参入について、私には勝算がありました。マーケティング調査のデータも有力な根拠でしたが、手帳にそれまでメモし続けてきた数々のビジネスのヒントや自分の考えをつなぎ合わせると、デジカメ市場の将来性が導き出されていたのです。


スギちゃん

ピンになって、キャラをコロコロ変えました。「馬鹿大将」「おっぱい先生」「節子」「ぷーちゃん」などなど。それで、昨年の夏、「ワイルド・スギちゃん」が誕生したんです。3年間で20以上もキャラ変更したんだぜぇ。ワイルドだろ~。


柳井正

すでに世界はバーチャルとリアルが融合している。リアルもバーチャルもなくなって、とにかくデジタルの世界に変わった会社が勝つ。


加藤智治

会社が歩んできた歴史や現場で働く人たち、そして商品そのものへの敬意を持ち、それを言葉にして伝えることを大事にしてきました。


平林岳

今振り返ると、僕が何より評価されたのは、やる気だったと思います。要は、審判にどれだけ情熱を持って取り組んでいるかという部分。確かに英語は不得意で、僕自身もそこがネックだと考えていたんですけど、メジャーの審判になるまで通常10年はかかるわけで、学校側は、やる気さえあれば、その間に英語は上達していくだろうと見ていたようです。


大串哲史

人は数字では動かず、情で動きます。


田中仁(経営者)

メガネ型ウエアラブルデバイス「ジンズ・ミーム」の発売を契機として、メガネを単なる視力矯正のための製品ではなく、ライフスタイルを向上させるようなアイテムにしていきたいと考えています。最近では、ジンズ・ミームをかけてプレイすると、ユーザーの精神状況に合わせてストーリーが変わるようなスマホゲームも開発。今後、メガネの鼻あての部分に基盤やセンサーを標準搭載できれば面白いですね。その結果として、最終的にはビジネスモデルが変わってくる可能性も十分あり得ます。ジンズ・ミームから得られるデータを駆使したサービスに課金してもらうなど、ソフトを売る形になるかもしれません。たとえばですが、むしろメガネを売らずに配ってしまえば、そこから取れたデータを活用するなど、全く新しいビジネスが広がります。そうすると、成長の角度が一段と上向くでしょう。


加谷珪一

戦争は外交の最終手段であり、何としても回避すべきものだが、一部の人にとっては資産形成の機会になっているのも事実。