大塚明彦(経営者)の名言

大塚明彦(経営者)のプロフィール

大塚明彦、おおつか・あきひこ。日本の経営者。「大塚製薬」社長。創業者・大塚武三郎の孫。徳島県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、大塚製薬工場に入社。大塚製薬取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか、大鵬薬品工業、大塚製薬工場、大塚食品などの会長を務めた。

大塚明彦(経営者)の名言 一覧

自分でよいと判断したらすぐ一歩前に出ろ。企業理念と社会的責任が明確なら、自主性を持って各人が自由にやれ。


大塚明彦(経営者)の経歴・略歴

大塚明彦、おおつか・あきひこ。日本の経営者。「大塚製薬」社長。創業者・大塚武三郎の孫。徳島県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、大塚製薬工場に入社。大塚製薬取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか、大鵬薬品工業、大塚製薬工場、大塚食品などの会長を務めた。

他の記事も読んでみる

村田晃嗣

たとえば同志社大学では、早稲田大学とのあいだに1年間の交換留学制度を設けています。よく思うのですが、日本中の大学で、こうしたことをもっと大規模にできないでしょうか。東京と京都だけではなく、東京の学生が1年間東北で学ぶ、沖縄で学ぶ、あるいは北海道で学ぶ。留学というと、すぐに海外校との提携という話になりますが、国内間の留学を活発にすることで、日本にいかに多様な文化と産業と社会があるかということを、学生のうちに見せておくのは非常に重要です。


戸塚隆将

仕事で成果を上げるには、セルフコントロールが重要になってきます。頭や心が混乱した時には、まずノートに書いてみる。すると考えがまとまって仕事の目的が明確化し、モチベーションが上がります。


大西実(大西實)

技術の大きな流れを目測すれば、成長が期待できる分野と成熟に向かう事業はおのずとわかってきます。社員みんなの理解が得られるように仕向けていくことで、戦略分野に人材や研究開発資金を重点的に振り分け、事業構造の変革を進めることが大切です。


井上和幸(ヘッドハンター)

「ゼクシィ」は400億円事業に成長しましたが、当初担当者が提案しては経営陣から却下されるということの繰り返しだったのです。それでもあきらめないで食い下がるから、ゴーサインを出したところ結果的には大成功。「ホットペッパー」と並んで、バブル崩壊後の苦境を救うリクルートの救世主になりました。


永野毅

利益が究極の目的ではない。利益が最終ゴールではない。利益はあくまで手段であって、我々の事業の目的は、お客様のいざという時に役に立つこと。利益のその先にあるもの、それを見ながら仕事をしていこう。


戸塚隆将

仕事で行き詰まったときは、平日にジムへ行くこともあります。いくら考えてもアイデアが出てこないときなど、気分転換をかねてプールで泳いでいると、ふと良い考えが浮かんだりするからです。


宇佐美進典

「会社の成長とは事業の成長にあり、事業の成長とは個人の成長」だと考えています。個人が成長しなくても事業を成長させるやり方はあると思うのですが、そうはしたくありません。


渡部賢一

証券会社の社員は、ときには電話一本で何十億円の契約をします。一人一人が会社を代表して仕事し、責任を負う。必要なことを、必要なときに、自分で決める。証券業は大人の商売です。だから仕事では即断即決が求められます。


BNF(ジェイコム男)

株の勉強を特別にしたわけじゃありません。株の売買はどうやったらいいかが分かる程度の本を1冊読んだだけです。ちょうどネット証券が始 まったばかりだったので、あんまり本とか読んでも意味がなかったんですよ。自分で運用しているうちに、自然と身についた感じですね。いや、別に数学とか得 意だったわけでもないですよ。


大久保恒夫

価格を下げずに売上および利益を伸ばすには、「あの店が好き」というファン、つまり固定客を増やすことです。「あの店、なんだか感じがいい」と思ってくれる人を増やすには、挨拶やクレンリネス(清潔さ)、品切れ削減といった基本を徹底するのが一番です。


柴田昌治(コンサルタント)

自慢話は控えめに、失敗談は積極的に。「あの人にも自分と同じような弱みがあるんだな」と思えば、共感も生まれやすくなる。


三宅宏実

これからの4年間、ロンドン五輪やリオ五輪とは異なる悩みが、私の前に立ちはだかると思います。そのたびに「自分は何者か」と問いながら、答えを見つけて乗り越えていきたい。そのヒントは周りにたくさんあると思う。


幸田真音

思いっ切りジタバタしたほうがいい。壁から逃げず、正面からぶつかって、悩んで、迷うことが大事。もしも変に逃げようとしたり、うまく手を抜こうとしたら、その時点で成長がストップしてしまう。


笠原久芳

うちの場合、2年目の中国採用で「日本で採用できるレベル以上の学生が、中国で確実に採れると思います。ただし、毒になるか薬になるかは、会社の姿勢次第だと思います」って人事が報告をくれていて。「これは実際に現地に行ってみないとな」って。それで、実際に彼らと会って、ようやく僕の中で覚悟と確信が持てた。だからある意味、中国採用の初年度は絶対に失敗するって、確信を持って言えますね。


高橋大輔(フィギュアスケート)

選択肢が多い中で、僕はおのずと難しい仕事を選んでいました。難しい挑戦を選ぶのは現役時代からで、選ぶ基準は「これが完璧にできる人はかっこいいな」「こんな人間になれたらいいな」と思えるかどうか。「なりたい自分になる」という動機があるからこそ、モチベーションを高く持って挑戦できるのかなと思います。


ページの先頭へ