名言DB

9419 人 / 110788 名言

大塚哲芝の名言

twitter Facebook はてブ

大塚哲芝のプロフィール

大塚哲芝、おおつか・さとし。日本の経営者。「串カツあらた」などを展開する「大塚フーズ」社長。ラーメンチェーン「天下一品」に入社。その後、同社フランチャイズを経て「串カツあらた」を開業。

大塚哲芝の名言 一覧

串カツのブラッシュアップを重ねたのですが、最も苦労したのが「衣」です。一見、簡単に思えるかもしれませんが家で作るようなものではなく、我々がイメージし、お客様がイメージされるであろう衣を完成させるために、数百回の試作を重ねました。実際に思い描いていた衣が完成したのは、オープン2、3日前のことです。


強みは当社独自のサービスです。無料で十数品のお惣菜をご提供している他、他社以上の設備を導入して、熱々のラーメンをご提供しています。味や接客なども、どうやったらお客様に喜んでいただけるかを追求しています。おかげ様で当社グループの店舗に対し、ファンになってくださるお客様がいらっしゃるほどです。


私はこれまでラーメン店の仕事でしかお金を稼いだことはありませんでしたから、「串カツあらた」の1号店がオープンし、最初にお会計してくださった瞬間は非常に感動しました。苦戦した時期もありましたが、串カツの味はもちろんのこと、漬物や刺身など他のメニューでも、いい意味でお客様のご要望を裏切ってきたことで評判も上がってきました。ロゴマークの浸透のためにオリジナルグッズを作成するなど、ブランディングにも力を入れています。


私の転機は、新業態への挑戦です。現在、当社は串カツ専門店「串カツあらた」の展開を進めています。最初はラーメン以外の食材ならば何でもいいということで、フレンチトーストやペペロンチーノなど様々な料理を研究しました。ペペロンチーノはワンオペレーション、500円で食べられるものとして、ビジネスモデルが8割方出来上がるところまで行っていました。そうして愛知県名古屋市で出店の候補地を見つけたのですが、そこはペペロンチーノではなく、夜にお酒を提供しなければいけない場所だと考えました。しかし、普通に居酒屋を出しては他に埋もれてしまう。名古屋にない、新しいものをということで私が大阪人ということもあり、「串カツ」を思いつきました。


大塚哲芝の経歴・略歴

大塚哲芝、おおつか・さとし。日本の経営者。「串カツあらた」などを展開する「大塚フーズ」社長。ラーメンチェーン「天下一品」に入社。その後、同社フランチャイズを経て「串カツあらた」を開業。

他の記事も読んでみる

小室淑恵

数をこなす時代は、ミスをさせないよう、上司が厳しく緊張感を持って部下を管理する手法が有効でした。しかし、創造性を発揮させるには、そのやり方では逆効果です。上司に怒られてばかりで萎縮したメンバーは、いいアイデアや企画があってもなかなか提案しないし、会議でも発言しません。これでは、チームとして付加価値の高い仕事をすることなど不可能です。


施崇棠(ジョニー・シー)

簡単な道ではなく、あえて困難な道を行くことが、ヒーロー商品(爆発的なヒット商品)を生み出す唯一の方法。


米村でんじろう(米村傳治郎)

独立する前に、勝算などないですし、今のような仕事をするなんて想像もしていなかったです。ただ、実際に教師を辞めたことを宣言したら周囲が動き出し、いろんな人との関係性が変わっていきました。


加藤健太(経営者)

会社設立以来、「専業禁止」を掲げています。今の時代、会社の仕事だけしているのではなく、社員には(副業などで)どんどん外に出て経験を積んでほしいと思っています。大企業も潰れる世の中ですから、会社に寄りかかるのでなく、力をつけてどこにいってもやっていける人材に育ってほしいと思い、始めました。


飯島彰己

これは、やってみないとわからないけれど、大丈夫だよ。でも、全部相手に任せはしない。自分で必ず製鉄所を見に行くから。
【覚書き|ソ連崩壊直後の動乱の中、ロシアの製鉄所を回り銑鉄を買い集めたときの発言】


黒川光博

ある時代まで、和菓子に関しては作り手、売り手である我々の方が多くの知識を持っていました。大変失礼な言い方をすれば、お客様に「お教えする」立場で商売をしてきました。しかし今は、お好きな方は我々よりよっぽど多くの和菓子を召し上がり、知識を豊富にお持ちです。謙虚に、お客様から教えていただくという姿勢で接することができるかどうかが問われると思います。


松本紹圭

他人と比較などしなくても、人はありのままで、本当にかけがえのない生命を生きています。


橘フクシマ咲江

優れたエグゼクティブは、相手を見て、自分の引き出しの中から最適な話し方を選んでいます。スピーチに限らず、プレゼンにしても、部下への指導にしても、同じことが言えます。


木暮太一

いくら高い価値を持っていても、それが他者から評価されなければ給与のアップには繋がらない。日本には謙虚であることを美徳とする文化があるので、自己アピールをする人は嫌われるように思えるが、本気で給与を上げようと思ったら、積極的な自己アピールは不可欠である。


池谷裕二

子供のころ、毎朝、歯を磨くことを面倒に感じたことがある人は多いと思います。しかし、大人になって歯磨きを嫌がる人はほとんどいません。むしろ、磨かないと気持ち悪いという人の方が多いはずです。これは、歯磨きという行為がルーティンワーク化されたからです。