名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

大塚哲芝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚哲芝のプロフィール

大塚哲芝、おおつか・さとし。日本の経営者。「串カツあらた」などを展開する「大塚フーズ」社長。ラーメンチェーン「天下一品」に入社。その後、同社フランチャイズを経て「串カツあらた」を開業。

大塚哲芝の名言 一覧

串カツのブラッシュアップを重ねたのですが、最も苦労したのが「衣」です。一見、簡単に思えるかもしれませんが家で作るようなものではなく、我々がイメージし、お客様がイメージされるであろう衣を完成させるために、数百回の試作を重ねました。実際に思い描いていた衣が完成したのは、オープン2、3日前のことです。


強みは当社独自のサービスです。無料で十数品のお惣菜をご提供している他、他社以上の設備を導入して、熱々のラーメンをご提供しています。味や接客なども、どうやったらお客様に喜んでいただけるかを追求しています。おかげ様で当社グループの店舗に対し、ファンになってくださるお客様がいらっしゃるほどです。


私はこれまでラーメン店の仕事でしかお金を稼いだことはありませんでしたから、「串カツあらた」の1号店がオープンし、最初にお会計してくださった瞬間は非常に感動しました。苦戦した時期もありましたが、串カツの味はもちろんのこと、漬物や刺身など他のメニューでも、いい意味でお客様のご要望を裏切ってきたことで評判も上がってきました。ロゴマークの浸透のためにオリジナルグッズを作成するなど、ブランディングにも力を入れています。


私の転機は、新業態への挑戦です。現在、当社は串カツ専門店「串カツあらた」の展開を進めています。最初はラーメン以外の食材ならば何でもいいということで、フレンチトーストやペペロンチーノなど様々な料理を研究しました。ペペロンチーノはワンオペレーション、500円で食べられるものとして、ビジネスモデルが8割方出来上がるところまで行っていました。そうして愛知県名古屋市で出店の候補地を見つけたのですが、そこはペペロンチーノではなく、夜にお酒を提供しなければいけない場所だと考えました。しかし、普通に居酒屋を出しては他に埋もれてしまう。名古屋にない、新しいものをということで私が大阪人ということもあり、「串カツ」を思いつきました。


大塚哲芝の経歴・略歴

大塚哲芝、おおつか・さとし。日本の経営者。「串カツあらた」などを展開する「大塚フーズ」社長。ラーメンチェーン「天下一品」に入社。その後、同社フランチャイズを経て「串カツあらた」を開業。

他の記事も読んでみる

齋藤賢一(経営者)

私は海外赴任していたとき、日本に戻ってきても、社内の人には会わず、最低限の用事を済ませたらすぐに帰っていました。帰国したときのポストを考えながら仕事をしているような人は、結局どっちもうまくいかないでしょうね。


高橋がなり

SODが税金を喜んで払っているように見えるのは、脱税をしてお金を出さない努力はバレたときのリスクを考えれば無駄だし精神的によくない。その努力を稼ぐ方へ向けて、ビクビクしない精神的に健康な方法でお金を残したほうが、長い目で見れば必ず得だと思っているからなんだ。


菊間ひろみ

日本人は発言で恥をかいたり反論されたり、失敗が怖いのです。でも語学学習で失敗は勲章です。


柳澤大輔

うちの社員で、1週間で平均5回。ディレクターは10回とかやってるかもしれないですね。各自大小さまざまなブレストがあるんでネーミングのブレストとか、ちょっと集まって今から15分とか。


鈴木健(スマートニュース)

世界中の人に使ってほしければ、アメリカから始めるのが近道です。市場として大きいし、ニューヨークは世界のメディアの中心。それに世界的に成功しているIT企業の9割以上がアメリカ企業で、人材も集まっています。


山岡勇二

「情報の共有」は「情報活用」の基本のキであり、営業職であれ技術職であれ、どんな会社のどんな部署でも有効ではないでしょうか。いまは情報を一人で抱え込むよりも、チーム全員で共有したほうが、それをベースに様々なアイデアや創意工夫、ノウハウが生まれ、より仕事の成果が高まる時代ですから。


佐藤富雄

健康とは、要するに「食べるな」「燃やせ」「カスをとれ」この3つに尽きます。食べるなというのは、余計なエネルギーをとるなということです。燃やせは栄養分の代謝をよくすることです。カスをとれとは、老廃物を速やかに排泄することです。


ロバート・キヨサキ

ファイナンシャル・プランナーたちが「分散投資をしましょう」と言うとき、その本当の意味は、「一種類の資産、つまりペーパーアセットのいくつかの商品にあなたのお金を分散しましょう」ということだ。だから彼らの言うままに「分散投資」をすれば、株式市場が暴落したとたんに大損する羽目になる。真の分散投資とは、「ビジネス」「不動産」「ペーパーアセット(株や債権)」「コモディティ(商品)」四種類の資産のすべてに投資することだ。


井出進一

優秀な経営者は「体力がないといい仕事ができない」と知っているので、現役時代から自分の健康に投資するつもりでスポーツを続けています。また、彼らは「継続は力なり」ということについても、ビジネスを通して痛感しているので、運動することが生活の一部になるようタイムマネジメントしています。「忙しいから」ということを理由にサボらないよう、無理にでも時間を捻出するのです。たとえそれがスポーツでも、何かを継続することで「続ける力」を養うトレーニングになっているのではないでしょうか。


浜田宏一

対立はしない方がいいのでしょうが、時には対立しなければいけないことだってあります。競争や議論の中からも、いい友人関係が育まれていく。


吉本龍司

9時から5時まで働くスタイルは僕には絶対無理。仕事をしたい時はずっとしたいし、疲れたら休んで温泉とかに行きたい。平日働いて土日に消費するという生活は最悪。平日も全部楽しい方がいい。


今井雅則

戸田建設は2020年の東京オリンピックの翌年に創立140周年を迎えます。そのときには、ゼネコンの中で生産性の最も高い企業になっていたい。そのために業務プロセスを見直し、経営効率を上げていきます。そして、ゼネコンの中で最も財務体質を強靱なものとし、永続的に社会に貢献できる会社になりたいと思います。