大塚哲芝の名言

大塚哲芝のプロフィール

大塚哲芝、おおつか・さとし。日本の経営者。「串カツあらた」などを展開する「大塚フーズ」社長。ラーメンチェーン「天下一品」に入社。その後、同社フランチャイズを経て「串カツあらた」を開業。

大塚哲芝の名言 一覧

串カツのブラッシュアップを重ねたのですが、最も苦労したのが「衣」です。一見、簡単に思えるかもしれませんが家で作るようなものではなく、我々がイメージし、お客様がイメージされるであろう衣を完成させるために、数百回の試作を重ねました。実際に思い描いていた衣が完成したのは、オープン2、3日前のことです。


強みは当社独自のサービスです。無料で十数品のお惣菜をご提供している他、他社以上の設備を導入して、熱々のラーメンをご提供しています。味や接客なども、どうやったらお客様に喜んでいただけるかを追求しています。おかげ様で当社グループの店舗に対し、ファンになってくださるお客様がいらっしゃるほどです。


私はこれまでラーメン店の仕事でしかお金を稼いだことはありませんでしたから、「串カツあらた」の1号店がオープンし、最初にお会計してくださった瞬間は非常に感動しました。苦戦した時期もありましたが、串カツの味はもちろんのこと、漬物や刺身など他のメニューでも、いい意味でお客様のご要望を裏切ってきたことで評判も上がってきました。ロゴマークの浸透のためにオリジナルグッズを作成するなど、ブランディングにも力を入れています。


私の転機は、新業態への挑戦です。現在、当社は串カツ専門店「串カツあらた」の展開を進めています。最初はラーメン以外の食材ならば何でもいいということで、フレンチトーストやペペロンチーノなど様々な料理を研究しました。ペペロンチーノはワンオペレーション、500円で食べられるものとして、ビジネスモデルが8割方出来上がるところまで行っていました。そうして愛知県名古屋市で出店の候補地を見つけたのですが、そこはペペロンチーノではなく、夜にお酒を提供しなければいけない場所だと考えました。しかし、普通に居酒屋を出しては他に埋もれてしまう。名古屋にない、新しいものをということで私が大阪人ということもあり、「串カツ」を思いつきました。


大塚哲芝の経歴・略歴

大塚哲芝、おおつか・さとし。日本の経営者。「串カツあらた」などを展開する「大塚フーズ」社長。ラーメンチェーン「天下一品」に入社。その後、同社フランチャイズを経て「串カツあらた」を開業。

他の記事も読んでみる

本田直之

人間には、自分の能力をはるかに越えた問題は降りかかってこないものです。自分が直面しているほとんどの問題は、少し頑張れば解決できるものばかりなのです。そして課題を乗り越えられたときに人は成長します。あとで振り返ったときに、なんで当時は、あんなことで苦労していたんだろうとなるものです。


団野村

交渉とは、一方が高い金額、一方が低い金額を提示して真ん中で折り合うことではなく、こちらの要求額の根拠を見せて相手を説得する作業。


内藤誼人

部下は基本的にこちらの指示に応じてしか動きません。仕事が会社の命令系統に沿って動くものである以上、それは当然のことです。よく「部下が指示以上のことをしない」と不満を抱く人がいますが、してほしいことがあるなら、それも指示に組み込むべきです。


寺門ジモン

言わせてもらえば、人間なんて地球上の生き物の一つです。地球に間借りして住まわせてもらっているようなものですから、たとえ人類最強でも「家主」には絶対に勝てっこありません。そもそも自然界には人間が作ったルールなんて通用しません。だからこそ人間は五感をフル稼働させて危機を素早く察知し、自分の身を守っていく必要があるのです。


竹中直人

27歳のときにお笑いでデビューした私にとって、30代は本格的に演技というものに取り組み始めた時期でした。多くの映画やドラマ、舞台に出演し、ときには自分が映画監督も務めました。そういう経験ができたのは、素晴らしい人たちとの出会いのたまものだと思っています。


渡部賢一

下手な考え休むに似たり。熟慮してもいいことはあまりありません。たとえば、私は1時間かけて100点をとる人よりも、10分で60点取れる人を評価します。一時間後に状況は一変しているかもしれない。それが現代のビジネス環境です。短時間で必要な点数をとれる人の方が、いまは求められているのです。


角和夫

企業には様々なステークホルダーが存在します。そのなかにあって、従業員は最も重要なステークホルダーであり、経営的にいえば、大切な資源であり財産だと思います。


赤塚保正

最近は美味しいものがあると幹部のところにも持参して、食べさせています。美味しいものを知らない人間が、お客様にそれを提供することはできませんよね。だから私も全国各地津々浦々を巡り、さまざまなジャンルの美味しいもののリストを持っています。


ヨシタケシンスケ

世の中で大事だとされていることと、くだらなくてどうでもいいとされていること、その両方にちゃんとアプローチしたい。同じ熱量でその両方に取り組むことで、大事だと思われていることはホントに大事なんだろうか、くだらないと思われていることはホントにくだらないんだろうかという問いが出てくるんじゃないかと。その振れ幅によって、自分の表現の幅みたいなものを広げていきたい。


吉川稲美(吉川稻)

プラスの中にはマイナスの種、マイナスの中にはプラスの種がある。


酒巻久

選択できる人をどうやって育成するか。それには経験をたくさん積ませることが大切です。座学3割、実学7割。現場でたくさんの経験を積ませると、30代くらいでよい選択力がつくようになります。


猪塚武

総開発費用は数千億円にもなる事業です。でも我々にはそんな資金がありません。ですから外部の資金をできるだけ活用しています。これは大学だけではなく、都市づくりにおいても同様です。たとえば学生が暮らす学生寮も、外部からの投資で建設しています。学生寮に投資し、キリロム工科大学から賃料を受け取るという仕組みで9%の利回りを実現しています。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

せっかくお金を払って通うのですから、より効果的に講座を受講したいもの。短期集中で学べるとはいえ、どの講座もある程度の基礎的な知識はあったほうがいいですね。事前の予習は、欠かせません。


菅原勇一郎

言い逃れは、成長を止めてしまう。失敗は誰でもするもの。ミスをしたときは素直に謝り、要因を探す。そして、二度と同じミスを繰り返さないように対策を練ることが大切。


杉田玄白

昨日の非は悔恨すべからず。明日、これを念慮すべし。


ページの先頭へ