名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大塚周一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚周一のプロフィール

大塚周一、おおつか・しゅういち。日本の経営者。ジャパンディスプレイ社長。福岡県出身。佐賀大学理工学部物理学科卒業後、抵抗器メーカーの進工業を経て、日本テキサス・インスツルメンツに入社。美浦工場製造統括部長、MCU(マイコン)商品部長、日出工場長などを経てソニーに移る。ソニーでセミコンダクターカンパニー バイスプレジデント、セミコンダクタネットワークカンパニープレジデント、システムデバイスカンパニープレジデントなどを務めた。その後、エルピーダメモリCOO(最高執行責任者)、広島エルピーダメモリ社長などを経て、ジャパンディスプレイ社長に就任した。

大塚周一の名言 一覧

統合の本質的なシナジーを忘れた統合では勝てない。


重要なのは経験。何ごともやってみないとわからないし、経験せずして人間は成長しません。


コスト競争力という観点では、日本人の今までのやり方だけでは勝てない。


消費者の好みは常に移ろうものですから、私は固定観念で物事を判断しない方がいいと思っています。


これまでの仕事人生は大きなブレイクスルーを成し遂げることによって認められ、結果として次のポジションが与えられるということの連続でした。


叩き上げの人がチャンスを与えられるには、一番難しいテーマに挑戦して結果を出していくしかないんですよ。安穏として過ごす仕事人生というのは、もう自分の中では考えられなくなっているわけです。


我々は有力メーカーを相手にそれなりのシェアを持ってつき合いますが、基本的には特定の企業に依存しない、オープンな販売戦略を取っています。それでも顧客がくしゃみをすることはあります。その場合に備えて、日頃から固定費を下げて経営体力をつけておく努力が重要だと認識しています。


大きなシェアを持つ顧客企業を懐に抱き込んでおくことは、我々にとって間違いなく必要な取り組みです。ただし、大口取引先がくしゃみした途端、こちらが風邪を引いてしまったのではまずい。需要変動のリスクを最小限にするために、常に取引先を多様化するよう意識しています。


これからは設備投資すれば誰でも参入できるような領域にカネをかけるのではなく、高い生産技術が参入障壁になる分野に経営資源を集中させるべきだと思います。


お金をかけてドカーンと設備投資して勝負するという会社は、投資の能力がなくなった途端に勝てなくなってしまう。


当社(ジャパンディスプレイ)は半導体やデジタル家電分野のようにコモディティ(汎用)化で苦しむ懸念はありません。中小型液晶パネルは顧客ごとに設計や仕様が異なるカスタム品であるということはもちろんですが、一番の大きな違いは、中小型パネルは完全な設備産業ではないということです。現在、コモディティー化に苦しんでいる製品分野の多くは、かつて「イケイケどんどん」で投資競争が過熱した設備産業でしょう。設備産業というのは、カネをどれだけふんだんに持っているかによってマーケットシェアが決まってしまうものです。


グローバル企業の「グ」の字も経験したことのない人たちを集めて、いきなりグローバル戦略を描きなさいと言ったって、それは描けなくて当たり前ですよ。


最初は寄せ集めの集団だったとしても、技術力や勤勉さには光るものがあり、従業員らが力を発揮できるリーダーシップが備われば、成長軌道に乗せるのはそれほど難しくありません。


大手企業がいくらキャリア形成の仕組みを用意したところで、せいぜい海外経験があるという場合がほとんどです。自らカバンを持って世界中を駆け回りながら、ものづくりの現場に入り込んで組織を指揮している人ってあまりいないと思います。


テキサス・インスツルメンツからソニーに移ったときも、一番難しい仕事をさせてくれと頼んで、家庭用ゲーム機に使う映像処理半導体の生産立ち上げを任せてもらいました。私はそれを鹿児島県内の工場でやり遂げて2年で本社に戻り、半導体事業部門の幹部に名を連ねることができました。すごくハードルの高いことをやり遂げない限り、ソニーのような大企業で中途入社した私が認知されることはなかったでしょう。私はそれを初めから虎視眈々と狙っていたんです。


私が起用されたのは、いわゆる日本の典型的なサラリーマン経営者ではこの統合会社(ジャパンディスプレイ)を成功に導けないと考えたのでしょう。確かに限られた組織の中でしかビジネスの経験がない人が、大手電機の子会社を寄せ集めてつくった会社を、真のグローバル企業に生まれ変わらせることは難しいかもしれません。


みなさんが思っているほど、融合で頭を悩ませているわけではありません。要は勝つための絵を描けるか。大荷物のところを清算して、強みとするところを明確にし、やりましょうと言えば反論する人はいません。
【覚書き|ジャパンディスプレイの発足について語った言葉】


このビジネスは簡単ではない。そんな簡単なビジネスだったら、何も私が飛び込んできて、「日本の産業を何とかしなければいけない」という熱い想いを持ってやることではない。


いかに社員に経験の場を与えるかが重要。新しい部署や会社では、周りの人は「こいつはどれだけできるのか?」という目で見ているわけですが、その中で人は、「何くそ」と思いながら、結果を出すために努力するわけですね。この「何くそ」という気持ちが人間を成長させるんです。


大塚周一の経歴・略歴

大塚周一、おおつか・しゅういち。日本の経営者。ジャパンディスプレイ社長。福岡県出身。佐賀大学理工学部物理学科卒業後、抵抗器メーカーの進工業を経て、日本テキサス・インスツルメンツに入社。美浦工場製造統括部長、MCU(マイコン)商品部長、日出工場長などを経てソニーに移る。ソニーでセミコンダクターカンパニー バイスプレジデント、セミコンダクタネットワークカンパニープレジデント、システムデバイスカンパニープレジデントなどを務めた。その後、エルピーダメモリCOO(最高執行責任者)、広島エルピーダメモリ社長などを経て、ジャパンディスプレイ社長に就任した。

他の記事も読んでみる

藤田聰

ビジョンを達成するためのスキルや情報、人脈をもっている人は付加価値が高い。付加価値が高ければ、いい仕事も回ってくるし、結果も出せる。


工藤公康

変える勇気を持つためには、「人間は変わるのが当たり前」という意識を持つことも大切。「変わるのが当たり前」と考えていれば、必要以上にショックを感じることもない。「それならどうすべきか」とすぐに対応できる。


中田浩二(サッカー選手)

鹿島はフロント、現場、選手が密にコミュニケーションを取っているクラブなんです。それは海外に出た選手に対しても同じで。本当にいろんな人がメールをくれた。「元気でやってる?」と。


松下幸之助

よく「そんなことは言われなくてもわかっている」と言う人がいる。しかし、私の経験からいえば、そういう人に限って当然なすべきことができないのである。私は、世の中で一番難しいことは、誰でもわかっていて、誰でもやればできることを、間違いなくやり通すことだと思う。


吉田二美

以前の職場では7年間勤務すると係長に昇進するのが暗黙のルールでした。しかし、そのときふと考えたのです。周囲の人間に倣えば昇進の話を受けるべきだけど、そもそも私は生涯いまの仕事を続けたいのだろうか、いまの仕事は「やれる」仕事ではあるけれど、「やりたい」仕事ではないのではないか……と。それからはとくに、前しか見なくなったように思います。


ゆうきゆう

怒りを抑えるには、自己肯定感を高め、他人の言動によって自己の価値を左右されないようにすることが大切です。


高橋滋

スタッフがお客様に対してミスをして、そのあといい加減な処理をしたら、僕はものすごく叱ります。ときに涙を流してまでも。たとえていえば、僕の体温がいつも100度だからいいんです。僕が100度だから、僕の下の者の体温が80度なんです。そして、その下の各セクションのリーダーが60度でお客様に接すれば、お客様は40度の体温を感じるわけです。実際に伝わっていくごとにさめちゃいますから。もしオーナーである自分が40度の体温で仕事に入っちゃったらもう駄目です。大勢のスタッフが全部同じ気持ちでいられることなんてないんです。だからこそトップが思い切り熱い気持ちを持っていなければいけないんです。


村口和孝

新しいものは、常に「新しモノ好き」の人々によって生み出される。


小野寺佑太

私はお客様ごとの目的、目標に最適な保険をオーダーメードで組み立てます。たとえ机を挟んで対面でお話ししていても、意識のなかではお客様の隣りに座って、つまり同じ方向を見て、一緒に真剣に将来を考えるようにしています。この姿勢を認めていただき、おかげさまで保険以外に税務や財務戦略、資産管理、事業継承などの相談も受けるようになりました。


三谷幸喜

新しいものを引き出そうと思ったわけではありません。もともと彼らはそういう面を持っていたんです。みんながそれを無視してきただけ。僕からすると、どうして決まった役ばかりやらせるのかと思います。
【覚書き|役者の新たな一面を引き出すのはどうやるのかと問われたときの発言】


中村天風

何事に対しても、現在感謝。ああ、ありがたい。何に対しても現在感謝。それより事態が悪くなっても、喧嘩にならないじゃないか。病になっても、ああ、ありがとうござんす。病になってもありがたいというのはおかしいじゃないかと思うかもしれない。しかし、死んじまわなかったんだろ。それで済んでいると思ったら、感謝したらいい。そういう気持ちを持っていると、どんなことがあっても、憂いとか辛いとかいうことがなくなるんだ。朝からしょっちゅうニコニコ、何事に対してもニコニコ。


大葉ナナコ

私は学生時代から出産は楽しい経験になり得るとの印象を持っていました。家庭教師先のお母さんが、出産の素晴らしさをいつも楽しそうに話してくれたからです。でも私の出産イメージは例外的なのだとあとで気づきました。ほとんどの日本人が出産について初めて触れる情報は、ネガティブなものが多いのが現状です。