名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大塚勝久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚勝久のプロフィール

大塚勝久、おおつか・かつひさ。日本の経営者。「大塚家具」創業者。埼玉県出身。幼少期から、桐箪笥職人の父の手伝いをしながら商売について学ぶ。その後、大塚家具センター(のちの大塚家具)を設立。同社を大きく成長させた。

大塚勝久の名言 一覧

いくらいいものを作ってもそれだけでは適正な価格では売れない。


場所と建物、商品と社員がついてこなければ商売としてはうまくいかない。どれ一つ欠けてもうまくはいきません。


大塚勝久の経歴・略歴

大塚勝久、おおつか・かつひさ。日本の経営者。「大塚家具」創業者。埼玉県出身。幼少期から、桐箪笥職人の父の手伝いをしながら商売について学ぶ。その後、大塚家具センター(のちの大塚家具)を設立。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

森川亮

会社がどうなろうと、いつでもスカウトされるぐらいのスキルや能力を持った方がいい。別の会社から声がかかる個人になる。あるいは独立起業できる個人になる。そのためには、自分に価値がないといけない。そして、攻めなければ、自分の価値を高めることはできないのです。大きな結果を出して、周りから評価される価値を生むことが、人生100年時代を生き抜く方法でしょう。


畑中好彦

得意な領域で継続的に新薬を出す。これに尽きます。企業規模だけが競争を制する要素ではないと見ています。


塚原哲(ファイナンシャルプランナー)

クレジットカード、携帯電話、公共料金などの「引き落とし日」と「引き落とし額」を把握していない人は、支払日の直前に資金繰りがショートしやすい。これが常態化するとキャッシングでその場をしのぎ、気付けばクレサラ問題や住宅ローン破綻の入り口に足を踏み入れてしまう。いかに手前から備えるかがものをいう。


ダレン・ヒューストン

成否はパートナーとの協業により、ウィン・ウィンの関係が築けているかどうかで測るべきだと考えています。当社はすでに富士通やシャープ、東芝、NECなど、数多くの日本企業とパートナーシップを結んでいます。当社が触媒になることで、日本企業の成長に貢献することを目指しています。


伊集院静

週刊誌の連載をしていると、例えば今なら籠池(泰典)さんについて書いてくれとか言われるけど、そういうものは1年後に読んでもあまりピンとこない。事態は推移しているから。むしろ昔から連綿として変わらないもの、天地災害とか、生きることにまつわる悲しみとか、そういうものを書くべきなんだよね。


枡野俊明

ありのままの自分で生きている人は魅力的に映ります。その人を応援してくれる人も増えていくでしょう。人間的な魅力があれば、大勢の人が集まり、仕事の成果も大きくなるはずです。


中野克彦(経営者)

社長に就任してからの十年間、毎月、川崎の研究所に通い続けました。所員の話を聞くと、このテーマが商売になるのか、事業になるのかということはすぐわかるんです。「君、これ、どこから聞いてきたの」「コストはどうなの」「市場はどのくらいあるの」と聞くと、意外に答えられない。研究のための研究だからです。そこで、「学生が教室で研究しているんじゃないぞ」と言うわけです。


宇治則孝

思い出深いのは日本IBMとの共同出資会社やテレフォンカード事業です。銀行や商社、メーカーなど外部の人たちと議論を重ねました。彼らがよく使うFS(フィージビリティー・スタディー=事業化調査)という言葉を当時私は知りませんでした。毎年予算を立てて計画経済的に事業を進めるNTTには、FSの発想がなかったのですね。他業種の人々との接触は新鮮な驚きの連続でした。


中西宏明

20年以上前にGE(ゼネラル・エレクトリック)のジャック・ウェルチ氏が「世界ナンバーワンの事業以外は認めない」と言いましたが、いまはこれまでにも増して、世界でのポジションが一定水準以上にいないと生き残れなくなっています。世界で5番目、6番目の事業はフェードアウトしてしまう。一定のポジションをきちんと築かないと、日立としてのバリューはありません。


ホルスト・シュルツ

不況でもホテルに泊まるゲスト(お客様)は必ずいます。もし自分のホテルにゲストがいないなら、ライバルの状況をしらみつぶしに調べるのです。ウェスティンやフォーシーズンズにどんなゲストが泊まっているのか、どこを通して予約しているのか、街でどんなイベントが開かれているのか、ゲストが集まっている理由を調べ、自分たちにできることは全部する。ウェスティン、フォーシーズンズ、リッツ・カールトン、マンダリン、すべてのホテルからゲストが消えたら、そのときはじめて事態を憂慮すればいいのです。


槇田久生

社長になって気負った気持ちはなかった。「長い日本鋼管の歴史のひとコマを私なりに務めていこう」と、社長の椅子に深く身を沈めながら、一人静かに決意した。【覚書き:前任社長が急死し、突如社長に抜擢された時を振り返っての発言】


坂根正弘

東京がこれ以上の発展をしていくためにも、地方が元気にならなかったら東京も元気になりませんよ。地方創生が何も東京からゼロサムで何かを持っていくという話ではなくて、地方が元気になれば、東京も元気になる。そういう考えで、それぞれができることから始めていけばいいと思います。