名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大塚勝久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚勝久のプロフィール

大塚勝久、おおつか・かつひさ。日本の経営者。「大塚家具」創業者。埼玉県出身。幼少期から、桐箪笥職人の父の手伝いをしながら商売について学ぶ。その後、大塚家具センター(のちの大塚家具)を設立。同社を大きく成長させた。

大塚勝久の名言 一覧

いくらいいものを作ってもそれだけでは適正な価格では売れない。


場所と建物、商品と社員がついてこなければ商売としてはうまくいかない。どれ一つ欠けてもうまくはいきません。


大塚勝久の経歴・略歴

大塚勝久、おおつか・かつひさ。日本の経営者。「大塚家具」創業者。埼玉県出身。幼少期から、桐箪笥職人の父の手伝いをしながら商売について学ぶ。その後、大塚家具センター(のちの大塚家具)を設立。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

安藤文男

実家は和菓子屋を営んでいました。家族でお店を経営する家庭で育ちましたから、人生においても商売を基本とする考えを持っていました。幼少期の私が母の家族を見ていて思ったのは、「商売は継続することが大事だ」という気持ちをきょうだい6人が共有していたのではないかということです。祖母の言ったことと同じようなことを、きょうだい1人ひとりが言っていたからです。


寺尾玄

私の人生観は自分の思うままに勝負していくことが最優先で、勝つか負けるかは二の次です。だから破滅も破産も怖くない。


加藤好洋

企業経営者は優秀な方が多い。そうすると、どんなことに社員が悩んでいるのか、かえって分かりにくいところがあります。優秀な大学生が中学生に勉強を教える際、何が判らないのかが分からないといったことがその典型例ではないでしょうか。


レジェンド松下

商品の説明をする際、最新の技術や画期的な機能といった「すごい情報」ばかりを伝えがちです。でも私は、「当たり前の情報」をなるべく早い段階で伝えることを心がけています。以前、高機能オーブンレンジを実演販売したとき、「二段調理ができる」「スチーム調理ができる」などと素晴らしい最新機能をこれでもかと話したのに、まったく売れなかったことがあります。原因は、「当たり前の情報」が抜けていたことでした。その商品がいかに高機能でも、お客様が「レンジ」と聞いて思い浮かべるのは温め機能です。そこで「冷凍と常温の食品を同時に入れても、自動センサーで温度差を感知し、一分半後にはどちらもムラなく温まります」という説明から始めたところ、一日に二台か三台しか売れなかったオーブンレンジが百台以上売れるようになりました。


澤田秀雄

1年後より3年後、世界がどう変わっていくか、予見しないと厳しい。デジタルカメラが誕生した時、解像度が良くないからフィルムの時代は続くと考えたコダックはつぶれてしまった。完全に予測することはできないけれど、大きな流れをまずつかむ。


バラク・オバマ

ある人たちが私をからかって、私の話し方がまるで保険の外交員みたいだと言った。私はそれでも、この法律(オバマケア)の旗振りを続ける。私は勤勉な米国労働者の健康を保証するために戦う。それこそ、我々皆が欲していることなのです。


井上礼之

パラダイム転換の時代に求められているのは「答えのわからないことを決められるリーダー」だと思います。これまでのように、ケーススタディや過去の経験を積み上げてロジカルに考えても、正しい答えを導き出すことは難しいでしょう。いまは何事もやってみなければわからないからです。


村上太一

長期で続けるにはしっかりとした価格を決めなければならない。


落合陽一

職のポートフォリオ・マネジメントをするうえで最も重要なのが、働く人の「やりがい」です。週に1~2日、違う仕事をするとしたら、やりがいのある仕事を選ぶことが大切です。たとえば、ソーラーカーを開発しているベンチャーがあって、技術力はあるけれども事務仕事に手が回らなくて困っているとします。そこで、これまで総務や経理などの分野でキャリアを積んできた、クルマが大好きな人が、そこの事務仕事を週に1日手伝ってあげる――そんな、仕事面で持つ自分の能力・スキルを好きなことに活かせる場があるのなら、そこにはやりがいが生まれ、働くことのストレスもなくなるのです。


三谷宏幸

キャリアの節目で大きく「ジャンプ」することも必要です。新規事業に応募したり、海外駐在を希望したりするなど、環境が変わっても自分の実力が本当に通用するのか、試してみるのです。


北島素幸

事業に専念し、家は奥さんに任せっきり。休日もロクにない。電話をかけてもどの店舗にいるかわからない。それで子どもの教育に失敗したり家庭が崩壊したりなんていうのは、やっぱり事業が成功してもよくないと俺は思う。


島田雅彦

言語は共感するためだけのものではなく、思考するための道具として使うものであるという認識がなければ、小説に対して需要は生まれないでしょう。もちろん、自分の感情を非常にチャーミングな文章で書くこと自体はいいわけです。しかし、それだけでは時代に迎合した言葉が、次から次へと登場しては霧散していくというサイクルに閉じてしまう。