名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大塚勝久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚勝久のプロフィール

大塚勝久、おおつか・かつひさ。日本の経営者。「大塚家具」創業者。埼玉県出身。幼少期から、桐箪笥職人の父の手伝いをしながら商売について学ぶ。その後、大塚家具センター(のちの大塚家具)を設立。同社を大きく成長させた。

大塚勝久の名言 一覧

いくらいいものを作ってもそれだけでは適正な価格では売れない。


場所と建物、商品と社員がついてこなければ商売としてはうまくいかない。どれ一つ欠けてもうまくはいきません。


大塚勝久の経歴・略歴

大塚勝久、おおつか・かつひさ。日本の経営者。「大塚家具」創業者。埼玉県出身。幼少期から、桐箪笥職人の父の手伝いをしながら商売について学ぶ。その後、大塚家具センター(のちの大塚家具)を設立。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

山崎亮

まちづくりは「このままじゃまずい」と危機感を煽るよりも、「商店街の空き店舗を借りて、みんなで手料理を持ち寄ってちょっとしたパーティーをやってみるのも楽しいよ」という感じで進めた方が成果が出やすい。それをやるときは道路側の扉はぜんぶ開けて、外から何をやってるか見えるようにします。そして、誰か知り合いが通ったら、「まあ、座りなよ」って一声かけるだけでいい。まちづくりって、そんな楽しいところから始めればいいんですよって話を、いつもするんです。


山村輝治

ダスキンの場合は商品を届ける際に交換する作業が入り、対話が生じます。そのときに何か会話をしたり、様子をうかがったりすることで、「遠くの親戚よりも近い関係」になっていく。また、当社がフランチャイズ展開しているメリットは、その地域で生まれ育った人が活動していることです。地域の会社が地域のお客様に地域に根ざしたより良いサービスを提供する。そして最終的にお客様からすると、「何か困ったら、とにかくダスキンに言えば何とかしてくれる」という関係をつくっていきたい。


横山信弘

上司から会議に招集される立場の人は、出る意味がないと感じた会議をボイコットしましょう。私も、「情報共有のためにとりあえず呼ばれた会議」には出席しませんでしたが、案外怒られませんでした。いてもいなくても同じだからです。そのうち飲み会と同じで、「いつも来ないから呼んでも仕方がない」と思われるようになり、呼ばれなくなります。とはいえ、他のメンバーが会議に出席しているのに、デスクで仕事をするのは得策ではありません。会議に出ないためには、それ相応の理由がなくてはならないのです。そこで、私は会議に合わせてアポイントを入れることを勧めています。「お客様のために」と言われれば、上司も「仕方がないな。そっちを優先しろ」と諦めてくれるものです。


近藤宣之

海外の展示会や研修に参加させ、視野を広げてもらうため、毎年延べ人数では常勤社員数とほぼ同じ人数の社員を出張させます。その中には出張の必要がない事務員もいます。全員に成長のきっかけを得てもらいたいのです。


後藤忠治

ストレスを解消するためには汗をかくことが一番。汗をかくスポーツを定期的に続けることが、メンタルヘルスの改善につながる。


大前研一

お金も仕事も地位も手にして、いま何が僕を突き動かしているか。それは、人材を育てること、夏のジェットスキー、冬はスノーモービルを楽しむことです(笑)。


茂木友三郎

当社は1917年に株式会社として設立されて、今年がちょうど100周年になります。会社設立後、近代化を進めていく中で、1927年に激しい労働争議が起きました。待遇改善要求に端を発した問題が労働運動史上空前の大争議に広がっていき、紛争は翌年春まで218日に及びました。逮捕者も出るきわめて不幸な出来事ではありましたが、会社はこの争議を大いに反省し、改善に向けた取り組みを行いました。近代的な会社に生まれ変わらなければいけないと考え、「産業魂」を社是と定める契機にもなりました。


敷田正法

お客様のご要望にノーと言わないのは、お客様は「神様」ではなく「王様」だから。王様は無理難題を言うけれど、神様は言わないでしょう。お客様のおっしゃることはすべて聞いて差し上げる。それがおもてなしだと思っています。


兼元謙任

お金の使い方を急に変えるのは無理です。小さいことから変えていくのがコツです。


秋田正紀

仕事と向き合う際、熟考することが大切です。しっかりした仮説を立て、検証し、実際に行動に移せる力を身につけてほしいと思います。そして、その際、いまよりひとつ上の職位になったつもりで考えを練ることも重要です。


福井威夫

人間は厳しい状況におかれないと、突き詰めて考えようとはしません。最悪なのは一度こっちへ行って、駄目ならすぐ諦め、今度はあっちへ行こうとすることです。それでは永遠に目的地に到達できないでしょう。


野本弘文

今でも母の教えが根付いているなと感じることがあります。それは母が言った「人を使うということは、人に使われるということなのよ」という言葉です。たとえ社長であっても課長時代はあった。その社長が、かつて課長として上司に提案をするとき、どういった想いで提案したか必ず覚えているもの。だから、想いを伝えれば必ず分かってくれる。