名言DB

9429 人 / 110879 名言

大塚勝久の名言

twitter Facebook はてブ

大塚勝久のプロフィール

大塚勝久、おおつか・かつひさ。日本の経営者。「大塚家具」創業者。埼玉県出身。幼少期から、桐箪笥職人の父の手伝いをしながら商売について学ぶ。その後、大塚家具センター(のちの大塚家具)を設立。同社を大きく成長させた。

大塚勝久の名言 一覧

いくらいいものを作ってもそれだけでは適正な価格では売れない。


場所と建物、商品と社員がついてこなければ商売としてはうまくいかない。どれ一つ欠けてもうまくはいきません。


大塚勝久の経歴・略歴

大塚勝久、おおつか・かつひさ。日本の経営者。「大塚家具」創業者。埼玉県出身。幼少期から、桐箪笥職人の父の手伝いをしながら商売について学ぶ。その後、大塚家具センター(のちの大塚家具)を設立。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

村木厚子

大変な思いをしましたが、自分に起きることはすべて、無駄にはなりません。大変な目に遭い、失敗や苦労を経験しても、それは必ず、後で役に立ちます。


国分良成

幹部になるためには、小説も含めて幅広く本を読み、人間としての魅力を高めなければ、たくさんの部下を守り、統率していくことはできない。


野路國夫(野路国夫)

サブプライムローンショックの影響を最小限にとどめることができたのは、サブプライムローンの焦げ付きが問題になる前に米国の住宅着工件数が減少に転じたことを把握して、いち早く手を打ったからです。それまでタイの工場から米国へ輸出していた油圧ショベルを、中南米や南アフリカなどの新興国に振り向けました。


鍵山秀三郎

正しい歴史が何より大切で、なかでも国が亡ぶという史実を学ぶことは重要です。ユダヤ人の歴史を見てください。国を失った民族がどれほど悲惨な運命を辿るものか。かって私はイスラエルに行って、彼らの苦難の歴史を直接学ぶことができました。チベット族やウイグル族の歴史を知っていただきたい。どれほどひどい目に遭っているか。その歴史を学べば、日本人として何が大切かも見えてくるはずです。


村口和孝

創造性、新規性の高い活動は、少数派であるがゆえに必然的に創業ベンチャーにこそ期待される。


塚越寛

大事なのは、他社よりも大きく成長することではなく、ずっと成長し続けること。


角田秋生

フランチャイズの基本は「標準化」ですよね。しかし、我々の場合には、標準化と個別化を同時に実現しなくてはいけません。そのため、私たちは自社の形態を「フランチャイズの応用編」と認識しています。


星﨑尚彦(星崎尚彦)

長年赤字だったため、社員は自信を失っていました。0円レンズを廃止して、売り上げを伸ばすにはどうすべきか分からなかったと思います。ただ、私から見ればやれることはたくさんあった。そこで、全国300店のうち、自ら直轄で運営できる店舗を6つ作り、「天領」と名づけて、まずはその店舗の改革を始めました。論より証拠で自分の背中を通じた説得を試みたのです。


IKKO

50の手習いで始めた書。書には人生が出るんです。自分の字に、責任が持てるようになりたいですね。


清宮克幸

努力は大嫌いです。いつも、「どうすればもっとラクができるか」ばかり考えています。ラグビーの練習も同じです。僕の頭には、「できるだけ少ない努力=練習量で強くなるためにはどうすればいいか」ということが常にあります。