名言DB

9419 人 / 110788 名言

大塚俊彦の名言

twitter Facebook はてブ

大塚俊彦のプロフィール

大塚俊彦、おおつか・としひこ。日本の経営者。「EMCジャパン」社長。東京出身。早稲田大学理工学部卒業後、日本IBM、シスコシステムズを経て日本オラクルに入社。サン・マイクロシステムズ社長、日本オラクル副社長執行役員などを務めたのち、EMCジャパンに移り社長に就任。

大塚俊彦の名言 一覧

大切にしたいのが、「分かりやすい会社」であることです。昔なら「EMCと言えばストレージ(外部記憶装置)」と答える人が多かったと思いますが、今はそれだけではありません。「よく分からないけど、ハードもサービスもある会社」といった印象になってしまわないよう、EMCのサービスで顧客はどんなメリットがあるのか、どんなビジネス課題を解決できるのか。ITがどんどん複雑になるからこそ、営業などのシーンでこの点を分かりやすく顧客に訴求していきたい。


EMCジャパンの社長にと打診があった際に、米国本社の役員ら数人と直接会い話をしました。彼らのビジョンとして共通していたのが、変化を大切にする姿勢と、顧客志向の経営、そして社員の力を最大限発揮できるような環境作りでした。この方針に大きく共感したことが、最終的に就任の決め手になりました。


大塚俊彦の経歴・略歴

大塚俊彦、おおつか・としひこ。日本の経営者。「EMCジャパン」社長。東京出身。早稲田大学理工学部卒業後、日本IBM、シスコシステムズを経て日本オラクルに入社。サン・マイクロシステムズ社長、日本オラクル副社長執行役員などを務めたのち、EMCジャパンに移り社長に就任。

他の記事も読んでみる

上條努

米国赴任当時、米国では総代理店の契約を結んでいる企業があり、同社が米国各地の問屋に商品を卸していました。これではメーカーとして主体的にブランドをコントロールできません。やはり当社が各問屋に直接商品を卸すのがあるべき姿であり、総代理店の契約はやめようと思いました。東京の本社は、歴史のある取引を変更することを懸念していましたが、同時期に米国駐在していた同年代の社員3人で協力しながら押し切りました。若い世代らしく、みんな「おかしいと思ったことは直すぞ」という信念を持っていました。こうした取り組みによって、私が支店長だった5年間で当社のビールの販売数量を全米で9割増やすことができました。思ったことをストレートにやって結果が出たことで、自信を持てるようになりました。思い切って仮説を立てて実行し、検証するという体験を、できるだけ若いうちにしてほしいと思います。


金春安明

日本人はとかく古いものをありがたがるところがありますが、それにあぐらをかいていたのでは、観客を引きつけることはできません。毎回が真剣勝負なのです。


常盤文克

数を売って稼ぐ大量生産型のビジネスモデルでは中国や韓国には勝てません。大量生産を突き詰めるとコスト削減と効率向上に走らざるを得ず、事業戦略が相似形になってしまい、差異化が難しくなります。いま取り組むべきはビジネスモデルの革新、イノベーションです。


齋藤孝(教育学者)

先日大学で、学生の方から「しっかり出欠を取って欲しい」と要望があり、びっくりしました。時代も変わったんですね。そこで私は出席票を配るようにしたのですが、その紙の裏に授業に対する感想や要望を書き込んでもらうようにしました。厳しいクレームはありませんが、授業の進め方の提案だとか、建設的なものが多い。そういう意見をフィードバックして、次の授業をさらにブラッシュアップ! お互いがハッピーになれるコミュニケーションを、皆さんも意識的に作り上げて行って欲しいと思います。


加藤智治

自販機を並べたようなお店では意味がない。人で付加価値を創出する。


アマデウス・モーツァルト

みなさんが私に認めてくれる才能は、あるお守りのおかげだと思っています。そのお守り、それは勉強です。


猪瀬直樹

経済の主役は民間ですから、あくまでも行政というのはキャッチャーで、きちんと民間がプレーしやすい環境をつくっていくべきだ。


深田剛

ストック型のビジネスをすることが大切です。そうでないと、年度が変わった段階でゼロになり、もう一度ゼロから積み上げなくてはいけなくなります。やはりそのまま去年のお客様に継続して付き合ってもらえるようにしなければいけません。ずっと続くようなストック型のビジネスです。次の年になっても切られない仕組み作りをする必要があります。


中込賢次

経営は一般論ではなく、自社の姿をよく見つめるところから考えないと駄目。


並木昭憲(経営者)

人間誰でも叱られてばかりではやる気など出ません。しかし逆に長所を見つけて褒め称え、これを踏まえて「今度はこの部分も頑張ってみよう」と促せば、従業員さんのモチベーションは絶対に好転します。