名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大塚俊彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚俊彦のプロフィール

大塚俊彦、おおつか・としひこ。日本の経営者。「EMCジャパン」社長。東京出身。早稲田大学理工学部卒業後、日本IBM、シスコシステムズを経て日本オラクルに入社。サン・マイクロシステムズ社長、日本オラクル副社長執行役員などを務めたのち、EMCジャパンに移り社長に就任。

大塚俊彦の名言 一覧

大切にしたいのが、「分かりやすい会社」であることです。昔なら「EMCと言えばストレージ(外部記憶装置)」と答える人が多かったと思いますが、今はそれだけではありません。「よく分からないけど、ハードもサービスもある会社」といった印象になってしまわないよう、EMCのサービスで顧客はどんなメリットがあるのか、どんなビジネス課題を解決できるのか。ITがどんどん複雑になるからこそ、営業などのシーンでこの点を分かりやすく顧客に訴求していきたい。


EMCジャパンの社長にと打診があった際に、米国本社の役員ら数人と直接会い話をしました。彼らのビジョンとして共通していたのが、変化を大切にする姿勢と、顧客志向の経営、そして社員の力を最大限発揮できるような環境作りでした。この方針に大きく共感したことが、最終的に就任の決め手になりました。


大塚俊彦の経歴・略歴

大塚俊彦、おおつか・としひこ。日本の経営者。「EMCジャパン」社長。東京出身。早稲田大学理工学部卒業後、日本IBM、シスコシステムズを経て日本オラクルに入社。サン・マイクロシステムズ社長、日本オラクル副社長執行役員などを務めたのち、EMCジャパンに移り社長に就任。

他の記事も読んでみる

和地孝

全社員が使命感を共有したときに、会社は本当に強くなる。


松井道夫

日本の金融・証券業界に今求められていることは、コスト構造を変えることです。長い間規制に守られてきたこの業界では、「供給者の論理」を前提としたビジネスが行われ、「虚業」が育成されてきました。私の定義では、「虚業」とは「顧客が求めていないコストで成り立っている商売」を指します。コスト構造を変えるということは、こうした虚業を廃して、「実業」、すなわち「顧客が求めているコストを前提とした商売」に変えていくということです。


マハトマ・ガンジー

非暴力とは、悪を行う人間の意志におとなしく服従することではない。暴力者の意志に対して全霊を投げ打つことである。


沢村一樹

自分ひとりでできないことは、助けてもらえばいい。


鑄方貞了(鋳方貞了)

昨今、企業研修ではスキル重視の傾向が強くなっているようですが、会社を強くすることを考えると、私はやはり人格教育を今一度見直すべきだと考えています。具体的には、社員に「自分にとって仕事とは何か?」「会社とは何か?」「人生の目的とは何か?」を考えさせ、しっかりとした人生観を持たせることです。それがあれば、社員は高いモチベーションを維持して、社長と心を一つに知恵を絞り、日々汗を流してくれるようになります。そして、こうした社員が増えていくにつれて、会社はよりいっそう強くなっていくのです。


秋元康

イチローのようにストイックで、強い意志を持っている人ならば、大人になってからでも自分を変えられるかもしれません。でも、僕はつねに「自分はダメなほうの90%に入っている」という意識があるんですよね。人に何かを教えるときでも、「言ってもやらないだろうな」と思いながら教えているところがある。それは自分が教わってもきっと実行しないだろうなと思うから(笑)。だとすると、むしろ変わらないでいること、自分を変えない楽な方法で何かを生み出すことを考えたほうがいい。そのほうが多くの人にとって有効なヒントになると思います。


吉川衡宇

弊社の自慢のひとつにスタッフの定着率の良さがあげられます。以前は歩合制で稼げる仕事を前面に出していましたが、スタッフの定着があまり良くなかったのです。いわゆる「売り逃げ」状態となってしまうので、クレームも多くなってしまいました。そこで思い切って方向転換し、ノルマやマニュアルは一切設けず、歩合制も廃止しました。その代わり時給をクラス別に分け、スタッフに対し信頼を置くことにしたのです。そうしましたら驚くほどリピート率も上がりスタッフも定着しました。


橘フクシマ咲江

コミュニケーションのコツのひとつは、誤解を避けるために「話の途中で、言葉の定義を確認する」ことです。それぞれの人が違う定義でとらえている言葉の例は、私たちの会話の中に山ほどあると思います。日本人同士でも、同僚や家族との会話で、言葉の定義が一致しないことはたくさんあります。定義を曖昧にしたまま話を進めると、話がかみ合わなくなります。意思の疎通をすることは困難です。


岡田陽介

インターネット上のデータに関しては、グーグルやフェイスブックといった会社がすでに押さえていて、いまからでは勝負ができません。一方、リアル店舗のようなオフラインのデータは彼らも取得できていない。私たちに勝機があるのはオフラインのほうです。


松岡修造

紙に書き出せば冷静に自分を客観視できる。


西野浩輝

交渉の場所として料亭など中立的な場所もありますが、私はお勧めしません。オーダーや食事という、交渉とは関係ない余計な雑事が割り込んできて、中断されるからです。時間も削られ、相手のペースに巻き込まれる危険性も大です。


舩木真由美

楽天時代、三木谷(浩史)社長の「攻めの広報組織を立ち上げよう」という経営判断の下、それまで共通部門にあった広報を、楽天市場の事業部内に新設するミッションを受けました。そこでの成功体験が現在、私が手がけている事業の原点です。それまで事業部と共通部門の間には距離があり、連携がいいとは言えなかったのですが、事業部内に広報を置くようになったことで連携が良くなった。その結果、楽天市場のページビューや売り上げ増に貢献することができました。