名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

大塚俊彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚俊彦のプロフィール

大塚俊彦、おおつか・としひこ。日本の経営者。「EMCジャパン」社長。東京出身。早稲田大学理工学部卒業後、日本IBM、シスコシステムズを経て日本オラクルに入社。サン・マイクロシステムズ社長、日本オラクル副社長執行役員などを務めたのち、EMCジャパンに移り社長に就任。

大塚俊彦の名言 一覧

大切にしたいのが、「分かりやすい会社」であることです。昔なら「EMCと言えばストレージ(外部記憶装置)」と答える人が多かったと思いますが、今はそれだけではありません。「よく分からないけど、ハードもサービスもある会社」といった印象になってしまわないよう、EMCのサービスで顧客はどんなメリットがあるのか、どんなビジネス課題を解決できるのか。ITがどんどん複雑になるからこそ、営業などのシーンでこの点を分かりやすく顧客に訴求していきたい。


EMCジャパンの社長にと打診があった際に、米国本社の役員ら数人と直接会い話をしました。彼らのビジョンとして共通していたのが、変化を大切にする姿勢と、顧客志向の経営、そして社員の力を最大限発揮できるような環境作りでした。この方針に大きく共感したことが、最終的に就任の決め手になりました。


大塚俊彦の経歴・略歴

大塚俊彦、おおつか・としひこ。日本の経営者。「EMCジャパン」社長。東京出身。早稲田大学理工学部卒業後、日本IBM、シスコシステムズを経て日本オラクルに入社。サン・マイクロシステムズ社長、日本オラクル副社長執行役員などを務めたのち、EMCジャパンに移り社長に就任。

他の記事も読んでみる

稲盛和夫

「ただ儲けたい」「楽をしたい」ということだけが人生の目的では、経営者自身が真の幸福を得ることはできません。また、企業を永続的に発展させることもできません。それよりももっと高邁な目的が、経営者には必要なのです。


沢渡あまね

新たな仕事がチームにどう貢献するかを明確に示すことも不可欠。別の仕事を任せることは、未来を示すことによって本人のやりがいを増やし、生産性を上げるチャンスでもある。


三村明夫

「モノづくり」という言葉はソフトで、温かい使い方だが、モノを作るビジネス環境が整えられていないと、いかに匠の技があっても存続は難しい。


小柴和正

百貨店の価値は何かと問われたら、ライフスタイルのコーディネイト能力だと答えます。
【覚書き:伊勢丹新宿本館一階に新進気鋭の無名デザイナーの商品を取り扱う解放区を設けたことについて語った言葉】


豊田昌洋

「黒字はリスクだ。将来性があるかないかと考えなさい」と話しています。その観点でグループ内の全社を見直しています。常に事業の形を変えて、一歩前へというのが私の信条です。


神田正

ラーメン業界は、一般に個人経営が多く、利益率が低いため家賃の安い所に出店してきた歴史があります。そうした常識に反して駅前に出て行ったのは、時代とともに消えた駅前の屋台のニーズは確実にあると思ったし、ハンバーガーや牛丼の店が出ているのに、なぜ国民食であるラーメンがないのかという疑問からでした。駅前で採算を上げるのは苦労しましたが、マーケットがあると信じて粘ったことが今の成長につながりました。


牛島信

私は日本の会社は簡単に買収されないようになるべきだと思うんです。普通株を上場すると、過半数を集められたら経営者は追い出されてしまいます。そこで、議決権を持たない種類株だけを上場し、経営権を守るようにすることも考えられるのではないでしょうか。最近ではグーグルがいい例ですね。


高津克幸

私は高校から大学に上がるとき、父から「おまえ、将来はどうするんだ? 家を継がないんだったら高津家から出ていけ」とキッパリと言われました。父が口にした「家」とは、にんべんのこと。それまで漠然と300年続く鰹節屋を自分も継ぐのだろうと思っていました。住居と店は離れていましたが、よく店の人や得意先の人が家に来て、夜中でも母が甲斐甲斐しく応対していたのを子供の頃から見ていました。また父母が仕事で忙しく、代わりによく面倒を見てくれた祖母からも、「あなたは将来、高津家を継ぐのよ」と言われて育てられました。しかしハッキリと心が決まったのは父のこの一言でした。


松下幸之助

各人それぞれにさまざまな知恵や力など限りない可能性を秘めている。そのことにお互いが気づいて、個々に、あるいは協力してその可能性を磨いていくならば、人間本来のもつ特質、よさが光り輝くようになってきます。そこに世の中の繁栄も、平和も、人間の幸福も実現されてくると思うのです。


諏訪貴子

論語の本もそうですが、原典をかみ砕いてわかりやすくしている入門書をよく読みます。もともと本を読むことが苦手だと自覚しているので、その本から何を得たいか、目的を明確にしたうえで完読できそうな本を選ぶようにしています。


早川徳次

当時、外国ではすでにラジオは実用の段階に入っており、報道・娯楽の機関として不可欠の地位を占めていた。わが国でも愛宕山に放送局(NHK)が開設される運びで、一部の電気器具店や輸入商ではラジオ機械の研究に手を付け始めていた。アメリカ製のラジオは貴重なものだった。事業は常に新しいアイデアで他より一歩先にと新分野を開拓していかなければ、とうてい成功は望めない。私はたまたま買い入れたこの鉱石ラジオセットに異様なまでに関心を寄せた。


萩本欽一

どんなちっちゃなことでも損から入るといいですよ。人のために自分の時間や知恵やお金を使うと「睡眠時間が減る」とか「頭が痛い」「心が痛い」「ふところが寒い」などなど、いろいろな不都合があると思うのね。でも、それぐらいは我慢しちゃうと、あとで運になります。損のまま終わる人生ってないんです。