大塚俊彦の名言

大塚俊彦のプロフィール

大塚俊彦、おおつか・としひこ。日本の経営者。「EMCジャパン」社長。東京出身。早稲田大学理工学部卒業後、日本IBM、シスコシステムズを経て日本オラクルに入社。サン・マイクロシステムズ社長、日本オラクル副社長執行役員などを務めたのち、EMCジャパンに移り社長に就任。

大塚俊彦の名言 一覧

大切にしたいのが、「分かりやすい会社」であることです。昔なら「EMCと言えばストレージ(外部記憶装置)」と答える人が多かったと思いますが、今はそれだけではありません。「よく分からないけど、ハードもサービスもある会社」といった印象になってしまわないよう、EMCのサービスで顧客はどんなメリットがあるのか、どんなビジネス課題を解決できるのか。ITがどんどん複雑になるからこそ、営業などのシーンでこの点を分かりやすく顧客に訴求していきたい。


EMCジャパンの社長にと打診があった際に、米国本社の役員ら数人と直接会い話をしました。彼らのビジョンとして共通していたのが、変化を大切にする姿勢と、顧客志向の経営、そして社員の力を最大限発揮できるような環境作りでした。この方針に大きく共感したことが、最終的に就任の決め手になりました。


大塚俊彦の経歴・略歴

大塚俊彦、おおつか・としひこ。日本の経営者。「EMCジャパン」社長。東京出身。早稲田大学理工学部卒業後、日本IBM、シスコシステムズを経て日本オラクルに入社。サン・マイクロシステムズ社長、日本オラクル副社長執行役員などを務めたのち、EMCジャパンに移り社長に就任。

他の記事も読んでみる

松永安左エ門

現状で満足しているわけではないが、電気事業に限っていっても、私が長い間考えていたことは、戦後になってだいたい実現した。敗戦という大きな動機があったとしても、世の中の動きというものである。
【覚書き:戦前に全国の中小電気会社を合併させ業界再編しようとするも受け入れられず、第二次世界大戦後に実現したことについて語った言葉】


御手洗冨士夫

経済を活性化するためにはイノベーションが大事。


加谷珪一

お金持ちの人は皆さん、「お金がお金を稼ぐようにしないとダメだ」と口を酸っぱくして言います。あれは、そのくらい稼がなきゃダメという意味もあるんですが、体が衰えていく中で収入を維持するためには「お金に稼いでもらう」部分を広げていくことが必要という意味もあるんです。


寺門ジモン

イケメンじゃないし、面白くないし……才能はゼロだけど、好きなことを「コツコツやる」ことは誰にも負けない自信があるよ。みんなも好きなことをみつけようよ。


織田大蔵

金を追いかけているときは、金の方が逃げていく。もう金はいらないと思うと、金の方からやってきて、自然に金が貯まっていく。金のないときは金が欲しくて苦労し、金が貯まってくれば、またそれなりの苦労が増える。世の中とはこんなものだ。


経沢香保子

継続することで損失が発生したり、打開策を考えても答えが出ない場合は、中止するという判断もあるでしょう。ですが、もし継続できるなら、ひとまずは留保にしてもいいと思います。ふたたびチャンスが訪れたとき、もう一度挑戦すればいいのですから。


河合薫

リフレッシュタイムを勤務時間に設けることでエネルギーがチャージされ、仕事の能率は上がる。忙しいときほど無駄を作る。それが結果的に残業削減につながる。


板倉雄一郎

私は作業といえる仕事は一日3時間程度しかしていませんでしたが、会社はうまくいっていました。その後、もうワンステップ上がろうとしたときに、一日18時間労働に切り替えたら、考える時間が無くなって気が付いたら会社が倒産していました。【覚書|上記発言は過去に潰してしまった会社について語った言葉】


澁谷誠(経営者)

トップから情熱がなくなったら、「ただそこにいるだけの人」だ。


石塚しのぶ

経営者の皆さんは、今後「企業力」として何が問われるのか、「企業力」を増強するために一体何をすればよいのかと頭を悩ませていると思います。私は「生活者に支持される会社を創る」ことにその答えがあると考えていますし、今後は業界や業種を問わず、これが大きな課題になっていくと思います。


出水麻衣

現場で取材してリポートする場合などはとくに、ついいろいろな内容を視聴者のみなさんにお伝えしたくなってしまうのですが、短い時間に要素を盛り込み過ぎるとかえって伝わりません。そこでまず、「一番伝えたいことは何か」を考え、ワンテーマだけに絞り、それが確実に伝わるような話し方を心がけています。


加谷珪一

アパートなどの不動産投資などを加えれば実質的に会社を運営している人はもっと多いはず。自分で事業を始めると紙一枚も疎かにしなくなり、コスト感覚が身につく。それが成功するうえで重要。


森田勉(経営者)

たとえば、大会社の社長に会いたいっていう時に、電話して断られたぐらいじゃ諦めてはいけません。直接会社に行って、秘書に「社長をご存じなんですか?」って聞かれたら、「はい、知っています」って言ったって、それはウソじゃない、だってこっちはその社長のこと知ってるんですから。一方的でも(笑)。そこで秘書を突破して社長に会った時に、「ここまで大変だったんですよ社長、秘書のところで止められて」なんて言えば、社長は絶対ニコって笑います。「そこまでして俺に会いに来てくれたのか」って。社長さんっていうのは苦労している方が多いですからね。まずここで怒るような人はいません。


太田俊明(小説家)

こうして書ける場を与えていただいた限りは、若い世代には書けない、この年代だからこそ書けるものを今後も追求していきたい。


川田修(ライフプランナー)

私がお客様の過去を聞く際は、単に出来事を追うのではなく、そのときの感情を聞きます。お客様が企業の経営者なら、先代から会社を継いだときはどんな気持ちだったか、社長になった当初はどんな苦労があったか、といったことをお聞きするのです。すると、話を聞くうちに、相手に興味が湧いてくる。「そんなに大変な思いをしながら、ここまでやって来たのだな」と思うと、その人の力になりたいという気持ちになります。こうしてお客様への愛情が生まれれば、テクニックなど使わなくても、自然と親身になれるはずです。


ページの先頭へ