名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大塚久美子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚久美子のプロフィール

大塚久美子、おおつか・くみこ。日本の経営者。「大塚家具」社長。埼玉県出身。一橋大学経済学部卒業後、富士銀行を経て家業の大塚家具に入社。取締役、経営企画部長、経理部長、営業管理部長、広報部長、商品本部長、クオリア・コンサルティング社長などを経て大塚家具社長に就任。

大塚久美子の名言 一覧

会社は発展段階のどこかで、創業者の庇護から離れなければならない。


大塚久美子の経歴・略歴

大塚久美子、おおつか・くみこ。日本の経営者。「大塚家具」社長。埼玉県出身。一橋大学経済学部卒業後、富士銀行を経て家業の大塚家具に入社。取締役、経営企画部長、経理部長、営業管理部長、広報部長、商品本部長、クオリア・コンサルティング社長などを経て大塚家具社長に就任。

他の記事も読んでみる

楠木建

私の研究室には、よく企業の人たちが訪ねてきて、戦略のプレゼンテーションをしてくれます。「こういう戦略をお前はどう思うか」というわけです。しかし、そのうちの8割ぐらいは、聞いていても、なぜ儲かるのかがさっぱりわからない。そうした人たちは、大切なことは一応全部決めてあります。けれども、それらのひとつひとつの要素がどのようにつながって、その結果、なぜ儲かるのか、儲けに至る動きや流れがさっぱりわからない。戦略が静止画の羅列になっていて、ストーリーになっていないのです。


曽山哲人

たいていの人事制度企画は、「徹底的に考え抜いた企画」です。にもかかわらず、「社員をしらけさせてしまう運用」がしばしば行われ、両者は常に互いにせめぎ合っている。人事部門は両者の矛盾を埋めていくためのイノベーションを生み出さなければならないのです。そこに手を抜いていてはいけないと思うのです。


岩崎裕美子

マーケティング調査をすると架空の人物像が出来上がります。30代の女性はこういう悩みがあるので、こういった製品を作ると売れますといった方法はしたくなかった。


古森重隆

企業は商品・サービスで他社と比し、差別化されたものをつくりださないといけない。ビデオテープの経験からイノベーションの必要性を痛烈に感じた。ビデオテープは様々なメーカーが入り乱れ、2時間録画できるテープで5千円弱だった価格が短期間に数百円にまで下落した。それぞれのメーカーには「うちの商品は他社より秀でている」という矜持があっただろう。だが、残念ながら細かな性能の違いまでは消費者に伝わらなかった。毎週のように売上高ランキングが入れ替わり、どの会社も採算が苦しく苦境に陥った。まさに勝者なき泥沼の戦いだった。


石坂典子

ゴミを出すのは簡単です。ところがこのゴミを処理する価格要求がすごいんです。今年のお正月に最初にお会いした取引先の方から言われた言葉も「石坂さん、もっと価格を下げてよ」と価格の話でした。価格を下げることに何の価値があるのかなと疑問に思っています。価格を下げるということは、付加価値生産性を下げることになり、研究開発や職場環境の改善等の投資資金を創出できないビジネスになるからです。そういった理解が多くの人々の間であまり広まっていないと。廃棄物処理会社に勤めていると言ったら、すぐに「3Kでしょ」と言われてしまいます。きついし、汚いし、大学を出て行かせるような会社ではないとまで言われてしまうわけです。問題なのは国民の意識だと思います。やはり廃棄物に対する価値観や考え方が正しく理解されていません。このことが全ての元凶になっているのではないかと思います。


ジェイソン・ダーキー

これまでの経験から、日本の人材教育について思うところがあります。今の日本企業の人材教育はうまくいっていないことが多く、だからそこにお金を使いたくないという悪循環になっています。最もお伝えしたいことは「人材教育の成果にこだわりましょう」ということです。成果が出ないのであれば、そのコストは削減してもいいくらいです。


安藤宏基

経営の透明性を高めるための仕組みを作るのは必然。ただ、いくら社外の独立役員を入れても問題は起き得る。大前提として必要なのは経営者の良心や正義感。


大坪勇二

いいアイデアを思いつくには、前日夜の準備がものをいいます。私は就寝前、翌日に会うお客様の資料などをざっと眺めることを習慣にしています。そこでどのような提案をするのかを簡単に考えておくと、睡眠中に脳が働いてくれるのか、翌日お客様の心に刺さりそうなキラートークがふっと思い浮かぶことがあるのです。そのままでは商談に出向く前に忘れてしまいます。そこで、手帳のフリースペースを使い、自宅にいるうちにメモをします。この習慣を身につけてから成約率はグッと上がりました。


桜井一紀

部下と一緒に考えることを優先する質問型リーダーと、部下にやり方を教えることを優先するアドバイス型リーダー。どちらが部下を成長させるのか比較した調査結果があります。それによると、ビジョン構築や目標設定、積極的な提案などの項目で、質問型の部下や同僚の方が、積極的な姿勢がみられました。


渋沢健(渋澤健)

社会というのは誰かに与えてもらうのではなくて、自分たちでつくるものです。社会に対する当事者意識が無いといけません。日本人は、お任せ主義っぽいところがあります。自分たちで日本社会をつくるという思いが無くて、世界に貢献しようという思いも少ない。その少ない中で、新しいことにチャレンジする社会起業家が出てきている。だから、私は彼らを応援したいんです。


ドナルド・トランプ

自分を会社だと思ってほしい。人生のあらゆる面に目を配ろう。どこが強いのか。どこが弱いのか。欠けているのは何か。全体像を向上させるためにあなたには何ができるか。


小久保裕紀

野球選手は生活スタイルが決まっているので、読書時間を時間割に組み込みました。移動バスでは100%読み、試合前の午後4時から20分間は読書時間に充て、場所もストレッチルームのマットの上と決めました。もともと活字好きなので、時間と場所さえ決めてしまえば、習慣化するのに苦労はしませんでした。