名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大塚久美子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大塚久美子のプロフィール

大塚久美子、おおつか・くみこ。日本の経営者。「大塚家具」社長。埼玉県出身。一橋大学経済学部卒業後、富士銀行を経て家業の大塚家具に入社。取締役、経営企画部長、経理部長、営業管理部長、広報部長、商品本部長、クオリア・コンサルティング社長などを経て大塚家具社長に就任。

大塚久美子の名言 一覧

会社は発展段階のどこかで、創業者の庇護から離れなければならない。


大塚久美子の経歴・略歴

大塚久美子、おおつか・くみこ。日本の経営者。「大塚家具」社長。埼玉県出身。一橋大学経済学部卒業後、富士銀行を経て家業の大塚家具に入社。取締役、経営企画部長、経理部長、営業管理部長、広報部長、商品本部長、クオリア・コンサルティング社長などを経て大塚家具社長に就任。

他の記事も読んでみる

澤上篤人

投資して利益を上げるだけなら、安く買って高く売るだけですからマネー転がしにすぎない。それだけではなく応援したい企業を見付けるのが一番大切なこと。


為末大

僕は好奇心旺盛で、相手が返答をくれたあとも聞き続けることもある。とことん納得したい思いが強い。


長谷川健太

J1リーグの試合に関しては、全34試合を5つのクールに分けるという考え方を採り入れました。第1クールから第4クールまで各7試合、第5クールは6試合とし、7試合のクールでは勝ち点14を、最後の6試合のクールでは勝ち点11を獲得することを目標に据えたのです。1年間のシーズンはとても長くて目標が見えにくいのですが、7試合ごとであれば、選手も頭の中で計算しやすくなります。


平井伯昌

チームでの練習も功を奏したと思います。3人のうち1人だけ伸びない時期があると、「何で私だけ伸びないのか」と疑問に思う。その悔しさから「やらなければダメだ!」という意志が生まれる。そこで初めて質の高い練習ができ、大きな成長につながります。


吉川浩伸

マネキン派遣の会社を畳んだ後、次に、昔から興味を持っていた飲食店をやろうということになったんです。ただ、競合の多いジャンルだとすぐに価格競争に巻き込まれてしまうので、できるだけライバルの少ない分野を探しました。それでインド料理に行き着いたんです。もちろん大前提として、私がインド料理、特にカレーが好きだということもありました。


佐藤優

数学的な思考回路を鍛えると、段取り力が磨かれる。いかに最短で解を出すかを必死で考えるからです。この段取り力が、そのまま仕事のスピード化に応用できる。


鈴木修

会社が大きくなったからといって、スズキという会社に実力がつき、強くなったわけではありません。体の内部の筋肉や臓器が十分に発達していないのに、身長だけがどんどん伸びたようなものです。外からは一人前に見えるかもしれませんが、内部にいれば、その危うさを感じないわけにはいきません。


芝谷浩

どうしても残す・捨てるの判断が難しければ、「過去2カ月間、使っていない」→「捨てる」といった基準を決め、機械的に分けることをおすすめします。


小池信三

私たちは現在、年間2千数百棟の家をお客様にお届けしていますが、業界トップクラスの企業では年間3万棟を超えています。家を必要とする人たちのためにも、私たちがつくる個性的な家をもっと増やしていきたい。そのために、もっと努力し続けることが必要です。


大野裕

現代のビジネスマンは、何に悩んでいるのかを把握できないほど多くのストレスを抱えています。そんなときはまず、ひとつずつ悩みを書き出して思考を整理することをお勧めします。なぜなら、悩みは思い込みであるケースが多いからです。


古田貴之

我々は現地の作業員を交えて週に1回約10時間のミーティングをやります。その時の作業員の「こうなったらいいな、ああなったらいいな」という呟きを聞き、その要望を元に、その日のうちにハードウエアとソフトウエアを作り、ロボットに実装して送り出します。100%内製していたからこそ可能なのです。


西成活裕

渋滞学は、新しい分野の学問だったので、数学の学会からは「数学ではない」と言われ、交通の世界からは「数学だ」と言われ、どちらからも相手にされません。発表の場は少ないし、研究費も付きません。学会でも、私の講演の番になると、みんながさーっといなくなってしまった。そんな情けない時代が4年も続きます。もうこの研究は断念するしかないのかと悩み、私が以前から尊敬していたある人に相談しました。「何年、続けている」と尋ねられたので、「3~4年です」と答えると、「7年続けてみろ。人生には2つの生き方しかない。諦めるか、やりぬくかだ」と言われ、その言葉に少し救われる思いがしたものです。その後、著書『渋滞学』の出版で、私の研究に光が当たります。以前は誰も聴いてくれなかった学会の講演も立ち見が出るようになりました。