名言DB

9429 人 / 110879 名言

大塚久美子の名言

twitter Facebook はてブ

大塚久美子のプロフィール

大塚久美子、おおつか・くみこ。日本の経営者。「大塚家具」社長。埼玉県出身。一橋大学経済学部卒業後、富士銀行を経て家業の大塚家具に入社。取締役、経営企画部長、経理部長、営業管理部長、広報部長、商品本部長、クオリア・コンサルティング社長などを経て大塚家具社長に就任。

大塚久美子の名言 一覧

会社は発展段階のどこかで、創業者の庇護から離れなければならない。


大塚久美子の経歴・略歴

大塚久美子、おおつか・くみこ。日本の経営者。「大塚家具」社長。埼玉県出身。一橋大学経済学部卒業後、富士銀行を経て家業の大塚家具に入社。取締役、経営企画部長、経理部長、営業管理部長、広報部長、商品本部長、クオリア・コンサルティング社長などを経て大塚家具社長に就任。

他の記事も読んでみる

金澤悦子

はっきりした目的のある交流会なら、「参加してよかった」となる確率が高い。自分が興味あることについて楽しんだりする会は、仮に出会いがゼロだったとしても、当初の目的を達成できて時間のムダにはならない。実際のところ、読書会、ワインの会、マラソン同好会など、趣味を通じたつきあいのほうが転職や仕事の話につながることが多いようだ。おそらく仕事を離れ、重い鎧を脱いだ素の状態でつきあうので、人間性がよくわかるのだろう。


遠藤結蔵

直営店中心に店舗展開を行なうメリットは、施策をスピードをもって全国に水平展開できることです。何かをやるのか、あるいはやめるのかという意思決定を、直営店なら店舗が1600あっても一つの意思で決定できるので、事業や店舗の展開および撤退を極めてスピーディーに行なえます。また、業態および取扱商材の柔軟な変更や新商材・新サービスの導入・展開も素早く実施することができます。


平塚常次郎

世の中は刻々と変化し、個人の力でどうすることもできない場合もある。だが、どんなに変化する世の中でも、自分から落伍してはだめだ。


小川栄一

自然の姿は林であり、森なのだ。木が二本で林、三本で森と書く。集団で移せば必ず根付くものだ。これは植物の世界だけでなく、動物の社会でも、人間の社会でも同じことだ。


勝間和代

人間は怠惰な生き物ですから、仕組みをつくらないと動きません。スポーツクラブやボイストレーニングの予約といった、必要だけれど対後回しにしてしまう予定をまず組んで、自分への投資の時間を確保します。そして、仕事のアポは残った時間に入れていきます。


飯島勲

客観的に考えて、上司と部下には正反対の性格の人間を据えるべきだ。上司がよく喋る、よく行動する「動」のタイプなら、その直属の部下・参謀には冷静に物事を判断できる「静」のタイプを置く。人間はどうしても自分と同じタイプの人間を重用したがるものだ。自分への自信のなさの表れだろうが、それでは組織がうまく機能しない。まったく違うタイプの部下をあえて抜擢する。性格が合わないから表向きは反発し合うが、必ず成果が挙がるだろう。


荒木水都弘

僕も含め、未完成な若造が付け焼刃で背伸びしたところで、すぐに化けの皮がはがれてしまいます。ですから、月並みですが、素直、謙虚、情熱の3つを心の内側に持って、人の意見に耳を傾けられるように心がけています。


守安功

変化を楽しむマインドを部下に持たせるために、もう一段階上のレベルの仕事にチャレンジさせる仕組みをつくることも重要です。一般的な組織では、ある仕事をマスターした人にはしばらくその仕事を担当してもらうほうが効率的だと考えます。しかし、それでは新しいチャレンジはできません。当社ではマネジャーにはすぐに新しい課題を与え、人事部も個人と組織に停滞感が生まれないように目を光らせています。


清水喜彦

私が考えるお客様本位が何かといえばまずお客様のことを徹底的にリサーチ、つまりよく調べて、よく知ること。次に、今、お客様が求めているものは何なのか。このニーズをイメージ、想像すること。そして、このお客様はきっとこういう商品が欲しいんだろうなという商品をクリエイト、創造する。私はこの3つだと思っています。


宮島和美

人材育成組織は、人事部門についていて機械的に教育を行うのではなく、実際に役立つものでなければならない。