大場満郎の名言

大場満郎のプロフィール

大場満郎、おおば・みつろう。日本の冒険家。山形県出身。山形県農業経営研修所(のちの山形県立農業大学校)卒業。家業を継いで29歳まで農業に従事。その後、世界各地を旅し、世界で初めて両極単独徒歩横断を成し遂げた。「アースアカデミー・大場満郎冒険学校」を主宰。

大場満郎の名言 一覧

世間体を気にしたり、常識に縛られたりしてはいけない。自分に正直な道を迷わず進め。好きなことをしないと、笑って死ねないぞ。


大場満郎の経歴・略歴

大場満郎、おおば・みつろう。日本の冒険家。山形県出身。山形県農業経営研修所(のちの山形県立農業大学校)卒業。家業を継いで29歳まで農業に従事。その後、世界各地を旅し、世界で初めて両極単独徒歩横断を成し遂げた。「アースアカデミー・大場満郎冒険学校」を主宰。

他の記事も読んでみる

滝一夫

「何を作りましょう?」という受け身ではODM(相手先ブランドでの製品設計・生産)は成り立ちません。量販店は商品の在庫回転率が命ですから、絶対に売れると自信を持った商品ニーズをいち早く掴み、製品化にこぎ着けるかにかかっています。いわゆる「筋もの」の提案が競合に比べ勝っていることが取引拡大の最大の要因です。


吉冨隆安

16頭が出走するレースの場合、各馬の状況をつぶさに確認するため、16回にわたってレース映像を確認することもあります。また、得られたデータを自分なりの方程式に入れて予想をするのですが、レース結果に応じて、方程式を繰り返し繰り返し修正することも欠かせません。そういう面倒な努力を愚直に重ねなければ、勝負には勝てないのです。ビジネスも同様でしょう。


中村獅童(二代目)

役者をやっているからには、自分で自分の名前を大きくしていかなくちゃ、自分の人生じゃない。


安野モヨコ

『ハッピー・マニア』連載当時、自分なりに工夫していたのは、たくさんの人に読んでもらうために、簡単な言葉を使う、設定を特殊にしない、ということでしたね。とにかく、ほんとに普通に生活をしていて、それほどは漫画にお金を使わないという人にも読まれるための工夫は、かなり大切にしてきました。


西浦三郎

我々は大手ではありません。自己資本も多くないため、大手と同じことをやっていたら必ず負けてしまいます。ですから常によそのやらないことをやろうと考えています。だからといって奇をてらったことをやるのではなく、当たり前のことを当たり前にやっていく。これを徹底しています。


玉塚元一

「一億総活躍」を地で行くような会社になりたい。ゲーム好きの若者、ニートやフリーター、働きたい主婦の方、ご高齢の方に入ってきてもらい、デバッグやテスト分野で経験を積んでいただくことで、IT業界の様々な領域に人材を供給できる「人材供給プラットフォーム」を目指す。


三井高利

商売は見切り時が大切であることを心に留め置け。


佐々木俊尚

ツイッターでつぶやくなどユニークな視点からキュレーションした情報を流していれば、近い業界で興味が集まる。リツイートが集まる。さらに「彼は何が得意で、どんな知見を持っているか」といったスキルをその繋がりで伝聞、共有できる。


西山昭彦

苦い薬は甘いものと一緒に与えるのが鉄則。営業姿勢のまずさを注意するなら、「去年より成績がよくなってるね。でも、先月はどうしたの?」といった具合です。


田中実(経営者)

当社が運営する比較サイト「価格.com」には家電など様々な店舗が出店していますが、利用者が購入した後に出店企業が倒産して商品が届かなくなっては大変です。台湾で学んだ「現場を見て判断する」という教訓は、今も役に立っています。


経沢香保子

リクルート在籍当時の私の目的や目標は、営業成績の結果を出すことと、お客様に喜んでもらうこと。じゃあ、そのためにどうするのかといったら、誰よりも働くしかないと思いました。資料を集めて下調べをして、わからないことは社内の詳しい人から教えてもらう。そして、できるだけ多くの顧客を訪問しました。最初に目的や目標を定めたからこそ、時間やお金の使い方も必然的に決まったわけです。


西川光一(経営者)

創業者や企業家は特殊能力の持ち主だと思います。社長を出来る人が100いたとすると、起業できる人はその中では2割3割ほどです。


島井哲志

死を強く感じ、恐ろしく思うのはどのようなときか。人がもっとも死を意識するのは、身近な人の死を経験したときであると調査の結果からわかっています。人間の最大のストレスは、配偶者や親、子との死別です。親しい人の死に対峙したときに、自分自身の死を考える。存在への言い知れぬ不安に襲われます。その気持ちを「よい方向」に持っていくことが大切です。人生を悲観するのではなく、自分の中にある譲れないもの、「私はこれを大切にする」という、方向性を見出すことが求められます。


田原祐子

どんな商品でも徹底的に検証すれば、USP(売り手から見た商品の強み、他社商品との違いや優位性)はたくさん見つかります。それが大きく売り上げを伸ばすきっかけになるのです。


吉田忠裕

他人に依存して「商売しやすい環境をつくって欲しい」と言ってどうにかなるものではない。


ページの先頭へ