名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

大場智康の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大場智康のプロフィール

大場智康、おおば・ともやす。日本の経営者。データマイニングのコンサルティング会社「アイズファクトリー」社長。埼玉県出身。東京工業大学博士課程を修了し理学博士号を取得。卒業後、大学院時代の先輩たちとともにアイズファクトリーを設立。同社社長を務めた。

大場智康の名言 一覧

売上などの基幹データや顧客データ、アンケート結果など社内のデータはまさにお宝の山です。また、ローカルPCに残っているデータも見逃せません。たとえば事故やクレームを報告書にまとめて上司に提出する会社が多いと思いますが、報告書には記載されなかった機微に触れる情報が各社員のPCに保存されていたりします。それらを情報システム部門と連携して企業でピックアップできれば、クレーム対処や業務改善にも活用できます。


分析結果の見せ方には注意が必要です。理系の人は「この数字はこうでした」という説明に終始しがちですが、これでは伝わりません。大切なのは数字「を」語ることではなく、数字「で」語ること。つまりビジネスの目的を達成するために数字を使うだけであって、数字そのものを理解させることにこだわる必要はないのです。


公開データからビジネスの具体的なヒントを得ようとするなら、自社のデータと紐付けることが重要です。たとえば地域別の家計データも、自社の顧客の住所データと組み合わせてはじめて役に立つ分析ができます。公開データのみの資料では、せいぜい全体の傾向や雰囲気を伝えることくらいしかできません。自社の個別の課題解決につなげたければ、やはり自社データとの紐づけが欠かせないのです。


BtoCのビジネスをやっているなら、SNSも有用な公開データのひとつです。SNSを分析すると、広告の訴求範囲や商品に関する評価がわかります。商品の苦情や評判などの定性的な情報については、テキストマイニングという技術を使います。たとえば「高い」というつぶやきが、品質が高いというポジティブ液評価なのか、価格が高いというネガティブな評価なのか、テキストマイニングで分析が可能です。こういった専門的な分析は外部に委託されることが多くなります。


他社が収集しているデータを分析に用いることもありますが、他社データは個人情報保護やプライバシー保護の観点から使いづらい。最近もJR東日本がSuicaデータを日立に提供したことが問題視されたように、日本では法的な問題も含めてデータ活用の環境が整っていません。現状では他社データの活用に大きな期待はかけられないでしょう。その点で注目すべきが、各種の公開データです。たとえば統計局では人口や家計、物価などに関するさまざまなデータを公開しており、どれも気兼ねなく使えます。


資料に使う数字は、相手が吸収できる情報量に合わせて選ぶことで説得力が増します。相手が3つのデータまでしか数字を把握できなければ、100も200もデータを見せても伝わりません。資料として見せるのは、結論を示す3つに絞り、あとは必要に応じて出していくというスタンスでいいと思います。


大場智康の経歴・略歴

大場智康、おおば・ともやす。日本の経営者。データマイニングのコンサルティング会社「アイズファクトリー」社長。埼玉県出身。東京工業大学博士課程を修了し理学博士号を取得。卒業後、大学院時代の先輩たちとともにアイズファクトリーを設立。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

星野佳路

社員にできるだけ多くの情報を発信してもらい、トップもそれに応じて必要な情報を伝えていく。経営陣と社員が情報を共有することは、とても重要なこと。


川村誠

80近くある理念の中で「私心のない決断をする」を重視しました。すべてをこなすのは難しい。なので、このひとつにとことん取り組むことにしました。最も応用範囲が広く、自分自身はもちろん周囲も良い方向に導く効果があると考えたからです。とはいえ、これを貫き通すのは、言うは易く、行うは難しです。でも、逃げないで取り組むことが大事と考えました。


吉村篤(不動産)

10年以上住んだ入居者には毎月の家賃を1万円下げることをオーナーに推奨しています。それでも高利回りが実現可能で、入居者に住み続けてもらうことで空室リスクを免れることができるのです。入居者に長く住んでもらうことはオーナーにとって、家賃収入が確実に入ってくることと共に、初期投資額の回収時期が見えるという利点もあります。目標の利益金額まで貸し出してから、住み続けたい入居者に安く譲る場合もありますし、新築に建て直して当社が分譲販売することもできます。この出口戦略の練りやすさは、古家投資ならではです。


羽子田礼秀

(中国でカレーが普及したのは)商品の良さが前提にあるのは言うまでもありません。日本人社員が中国のご家庭を訪問し、冷蔵庫の中まで調べて、中国人が好むカレーの味を研究しました。中国の煮込み料理でよく使う「八角」というスパイスを入れたのが、決め手となりました。


森下一喜

「いまあるものでどうやったら楽しくできるか」を考えられる人が、実は発想が豊かで、幸福な人なのだと思います。


テリー伊藤

頭が真っ白になって、しどろもどろ。もし、本番でそうなってしまったら、正直に、打ち明けるべきだな。プレゼンを聞くほうも、過去には話す立場だったから、30代半ばくらいまでなら、「いま、真っ白になってしまいました」と頭を下げる初々しさはプラスに働くと思う。ただし、そのプレゼンは取れないけどね。でも、相手に残る印象は悪くならないから、また打席に立つチャンスはもらえる。


佐々木圭一

どんなに好きな事でも人はやがて飽きてしまうものです。ならば飽きる自分を無理に修正するのではなく、意識的にスイッチを入れ替える機転が大切。


石原壮一郎

大人にとって大切なのは、上司を崇め奉って満足しているのではなく、上司も部下もしょせんは「役割」の違いに過ぎないと認識して、ちょうどいい距離感や扱い方を見つけること。


吉原毅

お金は個人主義、そして自意識を助長する。だから、人間がお金を意識した瞬間から、コミュニティーや良識がどんどん離れていく。それが生まれながらのお金の性質です。


井口尊仁

詰め込み教育の弊害かもしれないけど、多くの日本人は情報を盛り込みすぎ。データを詳細に載せても、明日には変わっているかもしれない。ならば、今はこういう状態にあって、次はこうなるといった変化を伝えて、後は相手に想像して考えてもらう。


一宮忠男

山田会長は常日頃から「ヤマダ電機は膨張ではなく、企業として持続成長し続けなければならない」といわれています。私はそのことが、超一流企業としての証であろうと思います。そのためにもまずは、私自身が常に意識改革をしないとダメだと、そう思っています。


及川智正

ECで農産物が販売されていますが、それはEC大手に任せればいい。私たちはあくまで、「全国数万件のリアル店舗で自由に販売出来る」というリアルプラットフォームに力を入れていきます。簡単にリアル店舗で売れる仕組みを提供すれば、食品だけでなく、日本各地の小さくても良い技術を持った会社や職人の商品、アート、歌などの「事」まで販売できます。面白いクリエイティブな日本を作っていきたい。それに成功したら、今度はそのプラットフォームを海外にも輸出したいですね。