大場智康の名言

大場智康のプロフィール

大場智康、おおば・ともやす。日本の経営者。データマイニングのコンサルティング会社「アイズファクトリー」社長。埼玉県出身。東京工業大学博士課程を修了し理学博士号を取得。卒業後、大学院時代の先輩たちとともにアイズファクトリーを設立。同社社長を務めた。

大場智康の名言 一覧

売上などの基幹データや顧客データ、アンケート結果など社内のデータはまさにお宝の山です。また、ローカルPCに残っているデータも見逃せません。たとえば事故やクレームを報告書にまとめて上司に提出する会社が多いと思いますが、報告書には記載されなかった機微に触れる情報が各社員のPCに保存されていたりします。それらを情報システム部門と連携して企業でピックアップできれば、クレーム対処や業務改善にも活用できます。


分析結果の見せ方には注意が必要です。理系の人は「この数字はこうでした」という説明に終始しがちですが、これでは伝わりません。大切なのは数字「を」語ることではなく、数字「で」語ること。つまりビジネスの目的を達成するために数字を使うだけであって、数字そのものを理解させることにこだわる必要はないのです。


公開データからビジネスの具体的なヒントを得ようとするなら、自社のデータと紐付けることが重要です。たとえば地域別の家計データも、自社の顧客の住所データと組み合わせてはじめて役に立つ分析ができます。公開データのみの資料では、せいぜい全体の傾向や雰囲気を伝えることくらいしかできません。自社の個別の課題解決につなげたければ、やはり自社データとの紐づけが欠かせないのです。


BtoCのビジネスをやっているなら、SNSも有用な公開データのひとつです。SNSを分析すると、広告の訴求範囲や商品に関する評価がわかります。商品の苦情や評判などの定性的な情報については、テキストマイニングという技術を使います。たとえば「高い」というつぶやきが、品質が高いというポジティブ液評価なのか、価格が高いというネガティブな評価なのか、テキストマイニングで分析が可能です。こういった専門的な分析は外部に委託されることが多くなります。


他社が収集しているデータを分析に用いることもありますが、他社データは個人情報保護やプライバシー保護の観点から使いづらい。最近もJR東日本がSuicaデータを日立に提供したことが問題視されたように、日本では法的な問題も含めてデータ活用の環境が整っていません。現状では他社データの活用に大きな期待はかけられないでしょう。その点で注目すべきが、各種の公開データです。たとえば統計局では人口や家計、物価などに関するさまざまなデータを公開しており、どれも気兼ねなく使えます。


資料に使う数字は、相手が吸収できる情報量に合わせて選ぶことで説得力が増します。相手が3つのデータまでしか数字を把握できなければ、100も200もデータを見せても伝わりません。資料として見せるのは、結論を示す3つに絞り、あとは必要に応じて出していくというスタンスでいいと思います。


大場智康の経歴・略歴

大場智康、おおば・ともやす。日本の経営者。データマイニングのコンサルティング会社「アイズファクトリー」社長。埼玉県出身。東京工業大学博士課程を修了し理学博士号を取得。卒業後、大学院時代の先輩たちとともにアイズファクトリーを設立。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

ハロルド・ジェニーン

実績はすべてであり、実績のみがすべてである。これがビジネスで変わらない大原則だと私は思う。実績のみが、君の自信、能力、そして勇気の最良の尺度だ。実績のみが成長する自由を君に与えてくれる。


神岡真司

人の自慢ほど退屈なものはありませんが、だからこそ、話し手としては「聞いてもらいたい話」なのです。そこで、うまい質問をぶつけたり、話し終わった後に感想を伝えたりすれば、一気に関係を深めることができます。つまらない話をチャンスに変える。それも、一つの仕事術といえるでしょう。


出光佐三

自分に薄く、その余力をもって人のために尽くせ。


坂本孝

競合が絶対に出ないようにしています。仮に競合が出たら「フランチャイズとして一緒にやりましょう」と説くのです。


柳井正

本を読むことは、内容を記憶することじゃないと思うんですよ。とくにビジネス書を読むときは「なぜこの人はこういうことを考えたのか」「自分だったらどうするのか」を考えながら読んでいた。


藤井隆太

台湾の代理店は、中華鍋を振っているビジュアルの広告を持ってきた。喉の薬と中華鍋、日本人にはピンときませんが、あちらでは「料理中に気化した油から喉を守る」というアプローチがすんなり受け入れられるとのこと。驚かされる着想でしたが、インパクトのある広告が完成し、効果を発揮してくれました。


鉄拳(お笑い芸人)

いまから3年前ですね、もう芸人を辞めて田舎に帰ろうと思っていたのは。2007年に吉本興業に所属してわかったんです。周りは天才というか、頭のいい芸人さんばっかりで、このまま頑張っても、たぶんこの人たちには一生勝てないだろうな、って。10年後とか、歳をとってから辞めることになれば仕事を探すのも大変だろうし、30代のうちに辞めようと思いまして。もう辞める日も決め、その日まで残っていた営業の仕事を淡々とこなしていました。そのなかに、カラオケの第一興商さんからパラパラマンガを描いてほしい、という仕事があったんです。実は他の芸人さんが描くはずだったらしいんですが、仕事が忙しかったんでしょう。急遽、僕に回ってきた。締め切りまでの時間もなくて大変な作業だったんですけど、「これが最後の仕事だ」と思って頑張りました。そのパラパラ漫画が、とあるテレビ番組プロデューサーの目にとまった。それでパラパラ漫画の仕事に急に火がついたんです。人生、なにが起こるか、ホント、わかんないですよ。


ポール・ビソネット

日本のビジネスマンが抱く悩みのひとつが、英文メールで仕事の依頼をしたのに相手が動いてくれない、下手をするとメールを無視されることさえあるということです。なぜでしょうか。原因のひとつに、メールの依頼内容が曖昧であることがあげられます。これは、起承転結という結論を最後に述べる日本語の文章スタイルをそのまま英文にも適用したことで、簡潔なメールを好むネーティブは「結局何が言いたいのか(求められているのか)わからない」と判断した可能性があります。


高倉豊

成功事例があると、人はそれに寄りかかり、自分の頭で考えなくなってしまう。それに慣れると、いざ新しいアイデアを求められたときに対応できなくなる。私は人から「また同じことをやっているぞ」と指摘されることを恥だと考えていた。成功事例への執着を捨てるためだ。


竹内明雄

1971年にミニショベルを開発した当時、ウチのは重量が2トンでした。他社のはみんな数十トンクラス。にんなおもちゃをどうするんだ」なんて陰口もたたかれましたよ。でも、今では大型よりもミニのほうが目立つようになりましたね。自前の販売網がなかったので、OEM(相手先ブランドによる生産)もやりました。しかしミニショベルというマーケットが確立すると、多くの企業が参入してきました。これではいかんと、いち早く海外に目を向けたわけです。


山口峰伺

開店するにあたり優秀なスタッフをそろえました。ところが、一人ひとりが優秀でも、上手くいくとは限らないのです。皆、自信があるだけに、各々のやり方でやろうとしてしまう。


伊東孝紳

日本では別ブランドは考えていません。過去、「アキュラ」ブランド(北米などで展開している高級車ブランド)を日本にも導入しかけましたが、リーマンショックでやめました。いまの国内市場でブランドを2つ動かしていくのは、うちの体力では厳しい。結果的にリーマンショックで救われたと思います。


吉山勇樹

スムーズなタイムマネジメントには、よくやる仕事はどれだけの時間がかかるのか、という感覚を持っておくことが必要です。


浅野ヨシオ

感情が読めないメールは、相手に何の印象も与えられない。メールの秘訣は「感情を込めること」に尽きますね。僕の場合、タイトルから仕掛けていきます。「社長! お聞きしたいことが……」とか「昨日はありがとうございました。じつはあの後……」なんて件名なら、相手も興味を抱いて読んでくれますよね。書き手の感情が伝わらない文は、ほかの人と同じに見えますから、印象に残らないんです。


赤塚保正

BSEを乗り切れたのは、「ピンチをチャンスに」を合言葉にこの危機をいかに好機と捉えるかを考えたからです。そして牛肉依存から脱却すべく、お総菜事業にシフトしました。


ページの先頭へ