名言DB

9413 人 / 110706 名言

大城太の名言

twitter Facebook はてブ

大城太のプロフィール

大城太、おおしろ・だい。日本の経営者、海外不動産投資家。「前仲原物産」「SDメディカル」社長。著書に『華僑の大富豪に学ぶ ずるゆる最強の仕事術』『一生お金に困らない「華僑」の思考法則』。

大城太の名言 一覧

陰陽思想では対極の性質を持つ「陰」と「陽」が互いに作用し合って万物を生み出すと教えます。そして儒教の経典「四書五経」の1つ、『中庸』では陰と陽も含めて、何事も常に入れ替わると説いています。華僑はこれらを人間関係に応用しているから強いのです。例えば、人と争わずに成功を収めるには、自分は陰に回り、相手を陽に置いて目標達成のために代わりに動いてもらえばいいと考えます。陽は脚光を浴びますが、それゆえに失脚の危険もある。物事には良い面と悪い面が必ずあって、その良い面だけを「うらやんではいけない」と考えます。ちなみに、「うらやむ」とは「心」が「病む」という意味。大切な処世訓です。


在日の華僑の世界ではよく知られた方の下に、2年間通ってようやく弟子になれました。私はその方のことをボスと呼んでいますが、修業法はボスのビジネスを手伝うというものでした。最初に言われたのが「段ボールいっぱいの靴下を街で売ってこい」というものです。当時、ボスによく聞かされたのが中国の革命家、孫文の言葉「知難行易」。「知ることが最も難しく、行うことはたやすい」という意味です。確かに私も靴下を売ろうと必死に走り回る中で小売店に卸売りするルートを開拓したりと、徐々に商売のコツが分かっていきました。


大城太の経歴・略歴

大城太、おおしろ・だい。日本の経営者、海外不動産投資家。「前仲原物産」「SDメディカル」社長。著書に『華僑の大富豪に学ぶ ずるゆる最強の仕事術』『一生お金に困らない「華僑」の思考法則』。

他の記事も読んでみる

鍵山秀三郎

自分にとっての幸せの価値を見失わず、いつもたおやかな心で生きていこうとすること。それが理想の人生に近づくための心がまえではないでしょうか。


青野慶久

社員がウソをつかない公明正大な組織風土作りに注力しています。部下がウソをつかないとわかっていれば、部下から「明日は在宅勤務をします」と言われたとき、上司は「頑張ってね」のひと言ですみます。本当に働いているかを監視するためのシステムを導入するコストは不要なのです。


坂本孝

オリンピックが東京で開催されるとはいえ、海外からのお客さま向けに日本食を提供する待ちの姿勢では、せっかくの日本食ブームを十分に生かしきれません。それよりも、海外に飛び出して勝負することを考えたほうが、10倍は大変ですが、100倍のリターンがあるはずです。もっと世界に目を向け、世界に飛び出していってもいいのではないでしょうか。


ドナルド・トランプ

「アイデアの先を越された」と内心ぼやいたことはないだろうか。今実行しよう。そうすれば他人から「先を越されたよ。なんていいアイデアだ!」と言われるようになる。


宮内義彦

今日のオリックスは、ただ一瞬の姿でしかなく、明日にはもう変わっていなければならない。企業とは、過去をしっかりと理解し、それにとらわれず、正しい変化を遂げる挑戦を続けてこそ成長できる。


ロバート・キヨサキ

今の「新しいお金」は「知識」だ。市場で何が起こっているかを理解し、どう行動すべきかを知り、その通りに行動できる能力が、あなたの富を築く。


ハヤカワ五味

市販のもの(下着)はシンプルで無難だったり、ちょっと攻めていても、男性の視線を意識したセクシーなものが多い。だから私たちは女子から見たかわいさを追求したデザインを意識しています。そのぶん、男性からはウケが悪いようですが。


井上邦博

伊勢丹に口座を開設し、催事企画会社としてスタートしました。創業時に伊勢丹から企画会社としての歩み方を数多く学びました。


木村英文(木村飲料)

うちの「必勝合格ダルマサイダー」は世界初のお祓い飲料として受験生に人気を博しました。中身の味は同じですよ。でも、目に見えない力が体の内側から働く……はずです。
【覚書き|営業部長の提案で発売した「必勝合格ダルマサイダー」が売れたことについて語った言葉。同サイダーは地元の神社でお祓いされたあとに出荷される】


稲垣浩之

不動産投資は「事業」ですから、サラリーマンが仕事で培ったスキルを生かせる場面は少なくありません。経理や財務などお金の知識はもちろん、営業であればコミュニケーション力や交渉力を不動産業者との関係作りに役立てることもできます。購入後は手間がかからないとはいえ、うまく事業が回っているか、コストがかかりすぎていないかなど、結果を評価することは必要ですから、管理職の人ならマネジメント経験も生かせるはずです。


藤沢武夫

ある特定の一人、二人が為替をいじって、5000万とか1億円儲けたとします。すると、営々と働いて3000万円の利益しかあげられない多くの人たちは、為替の大儲けに決していい感じは持たないだろうと私は思います。ものをつくる会社に働いているものをつくる人たちは、自分たちの働きが、あるひとつの知識による稼ぎよりも劣ったものでしかないと思ったときに、寂しさを感じて、情熱を失ってしまうだろうと思う。


小林喜光

価値観や文化が異なる中で「自分さえ良ければ」という風潮があるからこそ、お互い、どこかで「最適ポイント」を見つけることが必要。ですから、「落としどころを見つける」いった日本流の生き方で、世界に貢献できる可能性はある。


吉田沙保里

(金メダルを逃し)悔しいですが、銀メダルもきれいだなと思えるようになりました。勝つことだけが人生ではない。努力する過程も大事だと思えるようになったのも、レスリングを続けてきたおかげです。


石川康晴

「もの」や「サービス」を新たに作るには、既存の事業に「プラスアルファ」をどう加えるかだと考えています。いわゆる「イノベーション」が生まれるきっかけは、既存事業の「組み合わせ」にある。


猪子寿之

「カッコいい」とか「カワイイ」とか「美しい」とか「面白い」とか、そういうものを作る時、再現する時、それは非言語にもかかわらず、文化の連続性の中で生まれてくる。