名言DB

9425 人 / 110833 名言

大城太の名言

twitter Facebook はてブ

大城太のプロフィール

大城太、おおしろ・だい。日本の経営者、海外不動産投資家。「前仲原物産」「SDメディカル」社長。著書に『華僑の大富豪に学ぶ ずるゆる最強の仕事術』『一生お金に困らない「華僑」の思考法則』。

大城太の名言 一覧

陰陽思想では対極の性質を持つ「陰」と「陽」が互いに作用し合って万物を生み出すと教えます。そして儒教の経典「四書五経」の1つ、『中庸』では陰と陽も含めて、何事も常に入れ替わると説いています。華僑はこれらを人間関係に応用しているから強いのです。例えば、人と争わずに成功を収めるには、自分は陰に回り、相手を陽に置いて目標達成のために代わりに動いてもらえばいいと考えます。陽は脚光を浴びますが、それゆえに失脚の危険もある。物事には良い面と悪い面が必ずあって、その良い面だけを「うらやんではいけない」と考えます。ちなみに、「うらやむ」とは「心」が「病む」という意味。大切な処世訓です。


在日の華僑の世界ではよく知られた方の下に、2年間通ってようやく弟子になれました。私はその方のことをボスと呼んでいますが、修業法はボスのビジネスを手伝うというものでした。最初に言われたのが「段ボールいっぱいの靴下を街で売ってこい」というものです。当時、ボスによく聞かされたのが中国の革命家、孫文の言葉「知難行易」。「知ることが最も難しく、行うことはたやすい」という意味です。確かに私も靴下を売ろうと必死に走り回る中で小売店に卸売りするルートを開拓したりと、徐々に商売のコツが分かっていきました。


大城太の経歴・略歴

大城太、おおしろ・だい。日本の経営者、海外不動産投資家。「前仲原物産」「SDメディカル」社長。著書に『華僑の大富豪に学ぶ ずるゆる最強の仕事術』『一生お金に困らない「華僑」の思考法則』。

他の記事も読んでみる

黒川光博

菖蒲(あやめ)の図柄を描いた菖蒲饅という菓子があるのですが、ひとつひとつ職人が手で葉を描きます。筆を上から入れても下から入れても見た目は変わりません。でも本物の葉は下から上に伸びるものです。それなら下から上に元気よく描くべきです。誰も見ていなくとも心を込めてそれをやる。そこに虎屋の存在価値があると社員に伝えています。


富家孝

セカンドオピニオンは、主治医の出身医局とは別の系列で修業した医者の意見を求めるのがコツです。医者の教育は一種の徒弟制度で、同じ系列の医局出身者は治療法やアプローチが似通っています。たとえば主治医が東京大学や東大系の病院で修業した人なら、セカンドオピニオンは慶應義塾大学系の医者を選ぶということです。主治医の出身校や経歴を調べる意味は、偏差値を確認するためではなく、こういうところにあるのです。


塚本こなみ

成功したら皆さんのおかげ。失敗したら私の責任。


杉山知之

学生にいかに考えさせ、さらに新しいものを生み出していくかを重視しています。


ショーンK

圧倒的に大切なのが聞くこと。なのに、いまのビジネスマンは話しすぎです。商談=プレゼンと誤解し、商品や自分を売り込もうと必死に言葉を重ねる。空回りしたあげく、ビジネスチャンスを逃すことの繰り返し。


森下篤史

俺は100歳まで引かないよ。事業の最前線に立ってリスクを取ることは、創業者じゃないとできない。だから、「老害」なんて差別用語は、日本から撲滅してほしいね。


伊藤真(弁護士)

思考することとは、他者を理解し、他者を尊重することでもある。


橋本雅博

大きなプレッシャーを感じつつ、じっくり考えて、できるだけいいものにしようと努力する。その結果、いい仕事ができる。


松井忠三

マニュアルは現場が分かっていない人が作っても使いにくいものしかできない。お店発のマニュアルになるよう心掛けてきました。


藤原洋

失敗を恐れる必要はありません。失敗を悔やむのではなく、経験値として生かすことを考えたほうがいい。