名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大城太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大城太のプロフィール

大城太、おおしろ・だい。日本の経営者、海外不動産投資家。「前仲原物産」「SDメディカル」社長。著書に『華僑の大富豪に学ぶ ずるゆる最強の仕事術』『一生お金に困らない「華僑」の思考法則』。

大城太の名言 一覧

陰陽思想では対極の性質を持つ「陰」と「陽」が互いに作用し合って万物を生み出すと教えます。そして儒教の経典「四書五経」の1つ、『中庸』では陰と陽も含めて、何事も常に入れ替わると説いています。華僑はこれらを人間関係に応用しているから強いのです。例えば、人と争わずに成功を収めるには、自分は陰に回り、相手を陽に置いて目標達成のために代わりに動いてもらえばいいと考えます。陽は脚光を浴びますが、それゆえに失脚の危険もある。物事には良い面と悪い面が必ずあって、その良い面だけを「うらやんではいけない」と考えます。ちなみに、「うらやむ」とは「心」が「病む」という意味。大切な処世訓です。


在日の華僑の世界ではよく知られた方の下に、2年間通ってようやく弟子になれました。私はその方のことをボスと呼んでいますが、修業法はボスのビジネスを手伝うというものでした。最初に言われたのが「段ボールいっぱいの靴下を街で売ってこい」というものです。当時、ボスによく聞かされたのが中国の革命家、孫文の言葉「知難行易」。「知ることが最も難しく、行うことはたやすい」という意味です。確かに私も靴下を売ろうと必死に走り回る中で小売店に卸売りするルートを開拓したりと、徐々に商売のコツが分かっていきました。


大城太の経歴・略歴

大城太、おおしろ・だい。日本の経営者、海外不動産投資家。「前仲原物産」「SDメディカル」社長。著書に『華僑の大富豪に学ぶ ずるゆる最強の仕事術』『一生お金に困らない「華僑」の思考法則』。

他の記事も読んでみる

二宮雅也

収益力向上は喫緊の課題だと認識しています。しかし、奇手妙手はありません。基本に立ち返り、社員の潜在力を引き出し、伸ばしていくしかありません。


徐楽楽

自分の作るアプリケーションが世の中で必要とされる、という自信を持って仕事をしています。


坂本孝

自分の心が変わると、会社が変わってくる。


熊本浩志

漠然と情報を集めてアイデアを練るわけじゃありません。最初にアイデアありきです。


大谷昭宏

思う存分やってみることですよ。そこからしか自分なんて見えてきませんから。


廣瀬光雄

父は「日本飲料」という会社を設立し、炭酸飲料「ペプシコーラ」で有名な米ペプシコから日本でのフランチャイズ権を取得しました。この日本飲料が父の起業家としての初めての仕事でした。ただ、既に日本にはガリバーであるコカ・コーラが市場を席巻しており、どうしてもペプシがシェアを伸ばすことができませんでした。最終的には伊藤忠商事に日本飲料の株式を売却することになったのですが、父は二番手では競争に勝つことはできないと感じたようです。私も父の姿を見てナンバーワンになることが勝負を決めるといったことを教わった気がします。


藤田晋

アプリ開発でデザイナーが心血を注いで作ってきたデザインを、プロデューサーという立場で突き返す(却下する)時は、本当に心苦しくて言いにくい。でも、「いいプロダクト」を作るという目的のためには、妥協はできません。その目的はデザイナーも同じですから、お互いの考えを理解できるまで、よく話し合うようにしています。


柳沢慎吾

実家のある小田原は海が目の前。高校のころ青春ドラマの全盛期で、学校帰りに海に行っては「バカヤロー」とかドラマの主人公になりきって叫んでた。こういうドラマに出たいって思っちゃったんだ。小田原に生まれてなかったら、俳優になっていなかったかもしれませんね。


上田哲則

ビジネス拠点として首都圏は重要。しかし、視野を地方に広げることで、ビジネスはますます盛り上がる。


藤野英人

業績が上がってから従業員に報いるのではなく、先に高い報酬を支払い、従業員のやる気を高めて仕事をしてもらう。そんな発想の転換も必要だ。人件費をコストではなく投資と考えるべきだ。日本はこれだけ人手不足感が深刻なのに、賃金が上がらない。異常な状態だと見ている。今期は上場企業の4社に1社が過去最高益を更新する見通しで、企業業績は好調だ。賃金の支払い原資ができた今だからこそ、もっと従業員に還元しなければならない。人口減は先進国に共通する課題だが、とりわけ日本は今後、労働人口が急速に減少する。人材の価値がこれまで以上に高まる時代が来るのは、そう遠い将来ではないはずだ。


八塩圭子

毎日、いっぱいいっぱいです。いつも時間に追われています。決して時間管理が上手なわけではないんです。でも、直前に集中して、なんとか個々のアウトプットに帳尻は合わせています。


橘玲

競争は大事ですが、「競争しない」という選択もあります。シリコンバレーはIT長者が集まる街ですが、そこでもっとも優雅な職業は水道の配管工だと言われています。なぜでしょう? シリコンバレーの住人は高収入で多忙なので、配管の修理を自分でやる暇などありません。だからささいな工事に気前よくお金を払ってくれるのです。IT技術者ほど高収入は得られなくても、生き馬の目を抜く競争のストレスもありません。造園業者などもそうでしょうが、年収1千万円くらいは稼げてしまうのです。