名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大垣尚司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大垣尚司のプロフィール

大垣尚司、おおがき・ひさし。日本の経営者、学者。日本住宅ローン(MCJ)の創業者。京都出身。東京大学卒業後、日航興業銀行、アクサ生命保険専務執行役員などを経て日本住宅ローンを創業。MCJは住宅金融公庫のフラット35の取扱高日本一のベンチャー企業で、積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、住友林業などの住宅メーカーと提携し住宅ローンの販売を拡大している。興銀時代に不動産の証券化ビジネスを担当。住宅金融公庫の住宅ローン証券化に関する懇談会メンバーでもある証券化ローンのプロフェッショナル。立命館大学大学院教授として教鞭をとっている。

大垣尚司の名言 一覧

私たちの仕事は、どうしたら4社(提携する住宅メーカーである積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、住友林業)の家が売れやすくなるかを考えることです。家を売る人の視点に立ってローンを考えるのです。また、どうすれば家を買った人が不必要な儲けを金融機関に落とさないでいいかも考えます。中抜きをしないで公庫につなぐので、手数料を安くできるのです。


営業マンには、提携会社だからと言ってMCJ(日本住宅ローン)の商品だけを勧めうることはしないでほしいと言っています。あくまでも選択肢のひとつとして紹介してもらうだけでいいのです。


住宅ローンは、消費者が欲しい住宅に寄り添う形で、自然に売ればいいのです。だから住宅の営業マンに売ってもらうのが、正しいと考えました。
【覚書き|大手住宅メーカーと提携し、販売委託をした理由について】


本来、いいローンというものはなく、より悪くないローンしかないんです。家を買うときに欲しいのは、ローンではなく家でしょう。住宅が欲しいから、仕方なくローンを買っているだけです。消費者が欲しくない商品を積極的に売ろうとすること自体、間違っています。


大垣尚司の経歴・略歴

大垣尚司、おおがき・ひさし。日本の経営者、学者。日本住宅ローン(MCJ)の創業者。京都出身。東京大学卒業後、日航興業銀行、アクサ生命保険専務執行役員などを経て日本住宅ローンを創業。MCJは住宅金融公庫のフラット35の取扱高日本一のベンチャー企業で、積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、住友林業などの住宅メーカーと提携し住宅ローンの販売を拡大している。興銀時代に不動産の証券化ビジネスを担当。住宅金融公庫の住宅ローン証券化に関する懇談会メンバーでもある証券化ローンのプロフェッショナル。立命館大学大学院教授として教鞭をとっている。

他の記事も読んでみる

松下幸之助

いかに学問、知識に優れ、人格的に一点も非の打ちどころのない人であっても、経営者として成功するかというと、必ずしもそうとは限りません。成功するためには、やはりそれに加うるに経営のコツというものをつかんでいなければならないと思います。


小松俊明

同じ仕事をする先輩・後輩が会社の壁を越えて話し合えることは本当に刺激になる。


渡瀬謙

相手にたくさんしゃべってもらうことが、雑談を成功させる秘訣。雑談の目的は、面白い話をすることではありません。相手と人間関係を円滑にするために、「私は話しやすい人ですよ」「私はあなたに興味を持っていますよ」と伝えることが目的です。それには自分が話すことよりも、「相手の話を聞くこと」が重要になります。


久水宏之

現実を作るのは人間の意識、心だが、その心の奥には、魂という愛に満ちた智慧と意志の次元がある。そういう私達の内側にある魂の力を鍛え、磨くことが、この世界に生を受けている私たちにとって最も大切なことなのだと思われる。


芳井敬一

当社の創業者の理念の一つは「事業を通じて人を育てる」であり、私は「管理職の給料の半分は人を育てるためのものだ」といつも言っています。人口減、高齢化など、経営環境は厳しいといわれますが、人材が育っていれば何も怖くはありません。


南場智子

基本的に人は仕事でしか育たないと思います。さらに言うと、すんなり成功する仕事ではなく、苦労した末に成功を勝ち取る経験を通して、人は大きく成長するものです。


織田大蔵

事業を知らない学者どもの、青臭い話を聞いていったい何になるか。屁理屈を語るヒョロヒョロ学者どもに、事業というものがわかってたまるか。学者のいうことを聞いて儲かるなら、本人がとっくに大金持ちになっているはずだ。


曽野綾子

仕事が道楽になった時、初めて、その人はその道で第一人者に近くなれる。


わたなべぽん

以前はパーマやカラーを楽しんでいましたが、根がずぼらなので少々伸びたぐらいではわからない黒髪ボブに。それはそれでラクだし、艶も良くなりましたが、あるきっかけでまた髪型を変えてみたら気分が変わってうれしかったんです。静と動を繰り返すのも楽しいし、それでいいのかもしれないと思いました。ボディソープをやめたら石鹸づくりが新しい趣味になるなど、やめたことがきっかけで何かが始まることもありました。


鈴木宗男

やる気のない者は言われた通りにしか動かない。うちの秘書を見ても、私が指示したことをちゃんとやる人はいるが、それ以上のことをするかどうかは、その人の将来を大きく左右すると思う。


日比野隆司

企業の「稼ぐ力」が最も重要。企業価値が向上し続けなければ、株価にも反映されません。


加藤秀一(不動産コンサルタント)

相手の心に響くなら、それだけの時間と労力をかける必要はあると考えています。ハガキや手紙のよい点は、手間がかかっているぶん、気持ちが詰まっているとわかってもらえる点。たいへんだからこそ、人はもらって嬉しいし、信頼してくださるのです。面倒だからと書かないのは、大変な機会の損失だと思いますね。