名言DB

9412 人 / 110637 名言

大垣尚司の名言

twitter Facebook はてブ

大垣尚司のプロフィール

大垣尚司、おおがき・ひさし。日本の経営者、学者。日本住宅ローン(MCJ)の創業者。京都出身。東京大学卒業後、日航興業銀行、アクサ生命保険専務執行役員などを経て日本住宅ローンを創業。MCJは住宅金融公庫のフラット35の取扱高日本一のベンチャー企業で、積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、住友林業などの住宅メーカーと提携し住宅ローンの販売を拡大している。興銀時代に不動産の証券化ビジネスを担当。住宅金融公庫の住宅ローン証券化に関する懇談会メンバーでもある証券化ローンのプロフェッショナル。立命館大学大学院教授として教鞭をとっている。

大垣尚司の名言 一覧

私たちの仕事は、どうしたら4社(提携する住宅メーカーである積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、住友林業)の家が売れやすくなるかを考えることです。家を売る人の視点に立ってローンを考えるのです。また、どうすれば家を買った人が不必要な儲けを金融機関に落とさないでいいかも考えます。中抜きをしないで公庫につなぐので、手数料を安くできるのです。


営業マンには、提携会社だからと言ってMCJ(日本住宅ローン)の商品だけを勧めうることはしないでほしいと言っています。あくまでも選択肢のひとつとして紹介してもらうだけでいいのです。


住宅ローンは、消費者が欲しい住宅に寄り添う形で、自然に売ればいいのです。だから住宅の営業マンに売ってもらうのが、正しいと考えました。
【覚書き|大手住宅メーカーと提携し、販売委託をした理由について】


本来、いいローンというものはなく、より悪くないローンしかないんです。家を買うときに欲しいのは、ローンではなく家でしょう。住宅が欲しいから、仕方なくローンを買っているだけです。消費者が欲しくない商品を積極的に売ろうとすること自体、間違っています。


大垣尚司の経歴・略歴

大垣尚司、おおがき・ひさし。日本の経営者、学者。日本住宅ローン(MCJ)の創業者。京都出身。東京大学卒業後、日航興業銀行、アクサ生命保険専務執行役員などを経て日本住宅ローンを創業。MCJは住宅金融公庫のフラット35の取扱高日本一のベンチャー企業で、積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、住友林業などの住宅メーカーと提携し住宅ローンの販売を拡大している。興銀時代に不動産の証券化ビジネスを担当。住宅金融公庫の住宅ローン証券化に関する懇談会メンバーでもある証券化ローンのプロフェッショナル。立命館大学大学院教授として教鞭をとっている。

他の記事も読んでみる

鈴木雅哉(経営者)

経営者になると、みんなが自分に気を使ってくれる。すると、気付いた時には裸の王様になりかねない。


中嶋常幸

僕は意外と冒険心が強くてね。やろうかやめようか、と迷ったときは、トライするタイプなんです。モチベーションをアップさせるために、いつも新たなチャレンジをするし、夢も持つようにしている。


小松節子

何事もやると決めたらとことんやる。これに尽きるのではないでしょうか。


遠藤宏治

女性用も大きな市場です。実は販売金額で言えば男女比は50:50くらいなのです。考え方は「カミソリもお化粧周りの一部」です。例えば顔のうぶ毛を剃るというのは日本独自の習慣だったそうですが、専門家によると顔を剃るとお化粧の乗りがよくなり、肌にもいいそうです。このことを訴えていくことで、さらに世界でも市場が広がると見ています。


佐々木隆(経営者)

日中間の旅行は、人の行き来が「草の根」交流として重要です。ビジネスとして見れば、単価は高くないですし、利益も多いわけではないので、それほど大きな影響はないのですが、旅行は国と国との関わりの基本です。人と人との交流が明らかに細る、止まるということはあってはならないし、粘り強く、良い空気を作り上げていくことが大切だと思います。


藤田晋

我が社もネットバブル崩壊後に、離職率がかなり高まった時期があった。そのころから「これではダメだ」と悟って社員の帰属意識を高める方針に転じた。一番効いたのは、私が発した「社員を大事にする」というメッセージだった。「有能な社員が、長期にわたって活躍できる終身雇用を目指す」ということをあえて明言したことで、社内の雰囲気はガラリと変わった。トップや経営陣がこのようなメッセージを出すと社員も、「我々も会社が好きだし、大事だ」となる。特に日本企業は、このようにして醸成される組織力に強みがあるのは間違いないだろう。


岩村水樹

職場のチームを家族のように考えると同時に、家族もチームであると考えています。家にずっといるわけではないので子供と一緒に過ごす時間は少ない。だからこそ、母親がどうして仕事をしたいのかを子供にきちんと説明し、情熱を持って仕事をしていることを理解してもらうように心がけています。


種田陽平

映画の美術って、個人の趣味に留まって作っていると、どんどん情報量が減っていってしまう。だから、いかに他人や他の文化からの情報を取りこむのか、が重要なのではないでしょうか。


田口一成

途中で投げ出さずに修正しながら続けていけば、必ず成功する。


宮内義彦

オリックスでは事業部門のトップが交代した場合など、いつも新しいトップに「交代してすぐに組織を変えるようなことだけはしてはいけない。組織図を書き換えるだけで上手くいくんなら、こんな簡単なことはない」と言っています。経営幹部は時として組織を変えるとそれで仕事を終えたようなように考えるからです。そういう気分になると、本当にやらなければならないことや変えなければいけないものが見えなくなってしまうからです。


松岡修造

高校3年のときに、単身アメリカに渡りました。アメリカで、ボブ(ボブ・ブレッド コーチ)に「修造、腕試しにプロの試合に出てみないか?」と言われましてね。プロになるなんて考えてもみなかったですよ。そんな力もないと思っていたし、日本人で海外のツアーを転戦しているという選手も、まだいませんでしたから。躊躇していたときです。ボブに「つまらない恐怖心は持つな!」と言われた。それで決心がついて、プロの小さなトーナメントに出たんです。なんとか大接戦を勝ち抜き、初めてプロの本戦に出ました。そうなると、やっぱり世界相手に挑戦してみたくなるじゃないですか。それでプロのスタートを切ったんです。


吉田尚記

上司が部下に弱点や欠点を突っ込まれても許す。むしろラッキーだと喜んでください。本人がそれを良しとすれば、周囲が「この人はツッコんでいいんだ」と合意して、皆が気楽に話しかけてくれるようになりますし、場の雰囲気を楽しくできます。何より、自分がラクになる。


平井伯昌

国体合宿では、中学生から社会人までが集まり、年齢もレベルも様々な縦割りグループで練習します。後輩から特別な存在として見られる五輪レベルの先輩は、おのずと後輩を気にかけたり、指導したりするなど、普段の練習では働かない思考が生じたり、人を教えることで逆に学んだりする機会になります。私は、五輪レベルの選手を競技力が高いからといって特別扱いはしませんが、時には「自分たちは特別だ」と選手に自覚させることも必要だと思っています。後輩から尊敬される選手なんだと自覚することで、お手本にならなければいけないという責任感が芽生えるからです。こうした自覚は、自分で考えて行動する選手に育つことにつながる。「自覚を芽生えさせる場」を、コーチは積極的に提供していく必要があると思うのです。


仲吉昭治

目標や夢を掲げましょう。そして、あとは「無の心」で突っ走ればいい。進んでいけば、横槍が入ってきますが、それを意識したら、目標を達成できない。


新将命

社員にとって、一番悲しくてモチベーションが下がるのは、給料が低いことではない。それは、会社や上司が自分に対して何を期待しているのか分からないという「期待不明」。毎日一所懸命仕事をして、それなりに結果も出していると思うが、自分の仕事ぶりや成果がどう評価されているのか分からない「評価不明」。今月の売上や今期の利益のために身を削って仕事をしても、この先、会社がどちらの方向に進んでいくのか見えない「方向性不明」。これらが、社員にとって最も悲しいことなのだ。