名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

大坪速男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大坪速男のプロフィール

大坪速男、おおつぼ・はやお。日本の経営者。「大坪電気」会長。39歳で社長に就任。同社の改革を行った。

大坪速男の名言 一覧

努力なしに運はついてきません。諦めず目標に向かって一歩一歩前向きに進めることが大切です。


我々の社訓は「明るく誠実に研鑽努力すること」です。明るく誠実に努力すれば報われます。


社員を良き人物に向上させることは、自分の会社のためでもありますが、日本国に貢献することにもなります。


企業家には社員の成長を支える辛抱強さが求められます。リストラ策と称して恥も外聞もなく中高年社員を社外に放り出している状況では、社員はついてきません。


人生はマラソンのようなもの。経営では、社員が脱落せずに最後まで健康で頑張る環境を整えることが大切です。


成績の悪い部課長を降格するような人事はしません。社員の能力は長い目で見るようにしています。


地道に続ければ、お客様に役立つ会社であり、社員にやりがいのある会社であり、社会に貢献・評価される企業になれる。


事業経営は人生にとって最もやりがいがあり、一生懸命に専念していく内に味が出てくるものなのです。


おかげさまで当社は順調に成長できたのですが、その要となったのは「社員の幸福度ナンバーワン企業をつくりたい」という企業理念にあったと思います。具体的には、「賃金が良くて、仕事が楽しく、社内の人間関係にぬくもりがあること」です。当たり前のことばかりですが、不況時にこの3つの条件を満たすことは容易ではありません。事業がきちんと成長しなければ、社員の幸福もありえないからです。


大坪速男の経歴・略歴

大坪速男、おおつぼ・はやお。日本の経営者。「大坪電気」会長。39歳で社長に就任。同社の改革を行った。

他の記事も読んでみる

高島宏平(髙島宏平)

当社はもともと「他社がやらないことをやるからこそ、価値がある」という考え方をしてきました。新参の企業がオーバーストア状態の日本の食品小売業で、大手と同じことをしても仕方がないという意識が根底にあります。


安田隆夫

社員は会社から全面的に権限の行使を信託されている。会社の資本とインフラをフル活用し、人生最大のゲームをする。これは誰でも燃えるはずだ。


弘兼憲史

身の周りの整理をして、余分なものを取り除いていくのも、自分のやるべきことを減らす方法です。例えば、年賀状。今の時代は、ただですら忙しい年末をさらに慌ただしくさせる慣習でしかない。20年ほど前から「年賀状は出さない」主義を貫いています。かつては手作り感があり、オリジナリティーにあふれていた年賀状ですが、今はパソコンで作って印刷するだけの年賀状も少なくない。ますます、不要な慣習と感じています。


飯田亮

1963年の暮れ、大型商談が舞い込んできた。東京オリンピックの警備である。代々木の選手村を工事や整備の段階から警備してほしい、と言う。宣伝効果も期待できるので、引き受けることにした。ところが正式契約の段階で相手は「公的機関だから前金は払えない」という。こちらもギリギリの譲歩をし、「前金がダメなら、どんな非常事態になっても契約を履行すると一筆入れてほしい」。担当者はそれもできないと言う。そこで私はその場から当社の五輪担当者に電話をかけ、命令した。「おい、皆引き上げろ。前金を取れないから契約は破談だ。やめるぞ」。相手の担当者は狼狽し、すったもんだの末、1ヵ月の前金で契約を交わすことになった。


粟津恭一郎

1週間に10分間でも上司と一対一の時間がとれている職場は、組織活性度が高くなることが我々の調査でわかっています。この調査結果によると、単にまとまった時間を設けるだけではなく、部下が「自分のために時間をとってくれている」と感じているかどうかが、組織を活性化させるうえで重要になるということでした。


江上剛

その気になれば、残業はなくせます。いきなり残業をゼロにすることは困難ですが、余計な仕事をなくし、効率を高める意識を持って仕事をすれば、残業を発生させる具体的な要因が見えてきます。それを一つずつ潰していけば良いのです。


野口敏(話し方)

多くの人は、「会話が続かないのは相手の気持ちがわかっていないからだ」と考えるものですが、実は自分の気持ちにも鈍感になっているというのも大きな原因です。


鴻池忠彦

鉄鋼業界では、もともと当社が工場内での運搬事業を手がけていたこともあり、鉄の性質や製鉄に関する知識を積み重ねてきました。この経験や培ったノウハウを生かして、鉄の水切りや、配送、高炉や転炉、連続鋳造など幅広い工程に関わる仕事を任せていただいています。


和久井康明

思いやりがあり、衆知を結集できる人材なしには企業は成長できない。


大山健太郎

有能で信頼関係を構築できると判断した人材は、どんどん幹部に登用していく。それがモチベーション向上につながると私は思います。


小松永門

営業担当者に何が課題かと聞くと、みんな口をそろえて、PCの品質を高めることだと答えました。トラブルが多いのではお客様に申し訳がないし、対応に時間を取られて本来の仕事ができないのでは意味がありません。品質管理部門による改善活動は行なわれていたのですが、限定的な活動に留まっていました。そこで私は、品質向上のための会議を立ち上げて、現状把握を正確にし、誰がどういう改善をすることで品質を上げるのかを決めて、全社的に品質を改善する意識を強くしていきました。


藤井孝一

目的意識を常に高く持っておくためには、見える化が重要です。私は以前、目覚まし時計に「早起きして起業家になる」と書いた紙を貼っていました。