大坪速男の名言

大坪速男のプロフィール

大坪速男、おおつぼ・はやお。日本の経営者。「大坪電気」会長。39歳で社長に就任。同社の改革を行った。

大坪速男の名言 一覧

努力なしに運はついてきません。諦めず目標に向かって一歩一歩前向きに進めることが大切です。


我々の社訓は「明るく誠実に研鑽努力すること」です。明るく誠実に努力すれば報われます。


社員を良き人物に向上させることは、自分の会社のためでもありますが、日本国に貢献することにもなります。


企業家には社員の成長を支える辛抱強さが求められます。リストラ策と称して恥も外聞もなく中高年社員を社外に放り出している状況では、社員はついてきません。


人生はマラソンのようなもの。経営では、社員が脱落せずに最後まで健康で頑張る環境を整えることが大切です。


成績の悪い部課長を降格するような人事はしません。社員の能力は長い目で見るようにしています。


地道に続ければ、お客様に役立つ会社であり、社員にやりがいのある会社であり、社会に貢献・評価される企業になれる。


事業経営は人生にとって最もやりがいがあり、一生懸命に専念していく内に味が出てくるものなのです。


おかげさまで当社は順調に成長できたのですが、その要となったのは「社員の幸福度ナンバーワン企業をつくりたい」という企業理念にあったと思います。具体的には、「賃金が良くて、仕事が楽しく、社内の人間関係にぬくもりがあること」です。当たり前のことばかりですが、不況時にこの3つの条件を満たすことは容易ではありません。事業がきちんと成長しなければ、社員の幸福もありえないからです。


大坪速男の経歴・略歴

大坪速男、おおつぼ・はやお。日本の経営者。「大坪電気」会長。39歳で社長に就任。同社の改革を行った。

他の記事も読んでみる

マキャベリ(マキャヴェッリ)

天気の良い日に風のことなど考えてもみないのは人間共通の弱点である。


梅田望夫

会社に入ったなら、まず自分の持ち場で成果を出して会社から「こいつは大事な人間だ」と思われる存在になることです。そうすると、チャンスが広がってくるんです。


酒井眞一郎

当社では管理職は「地位」ではなく「機能」にすぎません。管理能力があれば性別や社歴の違いは問わず起用します。


肥後克広

当初はリーダーも決まっていなくて、一応、3人の間には「寄せ集めの出発なんだから、個々で行こうぜ」という空気があった。取材を受けたときも、「僕らは一人一人個性の集まりであって、リーダーは決めない」とかカッコいいことをぶちまけていたんです。何回かそんな受け答えを続けているうち、聞いているライターの方がだんだん、めんどくせぇなーという空気を醸し出し始めて。気づいたんですね。ああ、どうもこれは違うな、と。僕らが今、求められているのは、「リーダーは誰々」「将来はこんな芸人に」という「お約束」の答えなんだって。そこで、まずはリーダーを決めようと。ザ・ドリフターズのいかりや長介さんも、コント赤信号の渡辺正行さんも背が高い。それがお笑いの世界のセオリーだと、僕がリーダーになったわけです。


小路明善

社長表彰の選考の際に心がけたのは、「見えないところで頑張っている社員にもスポットライトを当てる」ことです。たとえば、お客様相談室のお客様対応チーム。先般の東日本大震災による商品の欠品でお客様からのお問い合わせが相次ぎました。そんな中、このチームは根気よく、的確な対応をしてくれました。また、震災後、徹夜作業で驚異的なスピードで物流網を回復してくれた東日本物流部も表彰しました。


吉田秀彦

僕が小さかったころには、悪さはしても、人間味のある親分肌のガキ大将がいたものです。そういう昔ながらの子供の関係みたいなものを、この道場はもう一度つくれる場にしたい。そして、ひとつの町にそうした道場がひとつずつあるような環境を、少しずつでもつくっていけたらと思っています。


鍵山秀三郎

社員は規則によって仕事をするわけではありません。命令でもやりません。社風に従って仕事をしていくものです。ですから、少しでも社会を大事にしていこうという社風であれば、社員もおのずからそういう動きをするようになるものです。


早川徳次

当時、外国ではすでにラジオは実用の段階に入っており、報道・娯楽の機関として不可欠の地位を占めていた。わが国でも愛宕山に放送局(NHK)が開設される運びで、一部の電気器具店や輸入商ではラジオ機械の研究に手を付け始めていた。アメリカ製のラジオは貴重なものだった。事業は常に新しいアイデアで他より一歩先にと新分野を開拓していかなければ、とうてい成功は望めない。私はたまたま買い入れたこの鉱石ラジオセットに異様なまでに関心を寄せた。


大久保尚武(積水化学工業)

社名の「積水」とは、古代中国の思想家・孫武の作とされる『孫子』の一節「勝者の民を戦わしむるや、積水を千尋の谷に決するがごときは、形なり」にちなんだものです。世界中で広く読まれているフランシス・ワンの『孫子』では、積水の一節について「チャンスを逃さず一気に勝つためには、着々と水を積み上げていくような事前の準備が大事である」との解釈を示しています。


永野毅

どんな時代になっても社会から選ばれ、お客様から選ばれないことにはビジネスは成り立っていかないその時に大事なのはプリンシプル(原理原則)。


村口和孝

まず、時代の波を、顧客ニーズの波なのか、供給イノベーションの波なのか、に分類してみると良い。このどちらかに分類する思考を持っていると、時代の波を見誤らなくて済むことが多い。


オカダ・カズチカ

プロレスって、みんながみんな、ハッピーエンドでは帰れないと思うんですよ。例えば、オカダ対内藤(哲也)の試合で僕が勝つと、内藤ファンは「次、見とけよ」と思う。それが延々に終わらないんです。新日本プロレスは今年45周年ですけど、45年間、終わらないドラマをやっている。何かしらずっと続いていて、一度観たら止められないんじゃないかと思いますね。


大橋武夫(経営者、軍人)

人間は本来統率されることを好まない。しかし、素晴らしく統一されると、奮起し、納得し、陶酔する。


小林りん

駄目だといわれたけれど、それは私に対する批判ではなくて、純粋にビジネス的な見地から、こことここにリスクがあると指摘してくれたんだと冷静に考え、リスクを軽減することだけに意識を向ける。そしてそれをどうやって克服したらいいかという、前向きのエネルギーに変えていったんです。


佐藤秀峰

最近、自分一人で何から何まで全部やる、ということを始めました。編集さんとの共同作業だと、どうしても思い通りにならない部分が出てくるので。『ブラックジャックによろしく』では、これまでは取材や資料集めは編集さんにお願いしていたんですが、次のシリーズからはそれも自分でやっています。お医者さんに電話して、「漫画家の佐藤というものですが、一度お話を聞かせていただけませんか」というと、断られることも多ですけどね(笑)。


ページの先頭へ