名言DB

9490 人 / 112001 名言

大坪英夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大坪英夫のプロフィール

大坪英夫、おおつぼ・ひでお。半導体製造装置と精密計測機器の製造メーカー東京精密の会長兼CEO。東京都生まれ。東京大学法学部卒業後、富士銀行を経て東京精密に入社。同社で労務担当として労働組合と良好な関係を築いたのち社長に就任。11年間同社で経営を行った人物。

大坪英夫の名言 一覧

改革はまず旗を揚げることから。そして、到達地点を確認し、その先にまた旗を揚げる。この繰り返しです。振り返ってなどいられません。


退職者を原則として皆、再雇用するようにしました。そのための小さな会社を作り、組合の執行委員長と会社の人事部長を両方そこに入れました。マンションなどに置く宅配ボックスの会社で、これがいまや業界準大手になって上場を目指しています。給料は話し合いで決めさせてもらうが、勤めたければずっといてくれても構わない。やる気の出せる道をこうして目に見える形で与えられると、かつての「輝ける」組合の執行委員長でさえ、周囲が驚く働きぶりを示しています。


管理とは役職に伴う権力でするものじゃない。権威でするものです。経験が与えた権威があるのなら、パートであろうがチームの管理ができるのです。


10年先、私の会社はもっと変わっている。変えるつもりです。変化の速度の速い者だけが生き残れる。そのため会社をもっと異業種混交にする計画です。ハバロフスクから数学専攻の優秀なロシア人大学生を一年インターンとして雇っているのはその一環で、技術開発の将来を彼らに託しています。


この会社に来た当時は、ストライキ発生件数で上場企業中断然トップという会社です。経営と組合間に話し合いの回路は途絶したまま。昼休みには社内で堂々と就職情報誌が読まれる風土でした。そこで組合の言い分を聞き、その通りしたらどうなるかひとつひとつ確かめていきました。昼休みの5分間働く働かないで、賃金を上げるの下げるのという話。そんな話は技術開発で生きる会社にそぐわないとは思わないか。たとえばそういう対話の積み重ねです。


東京精密に移り4年経って社長になろうというころ、組合三役がやってきました。社長になるなと言うのです。せっかくここまで信頼関係ができたのに、労務担当役員が変わると元の木阿弥だと。だから私は社長になっても組合は自分が担当すると約束し、会長兼CEOとなったいまも一貫して労務担当です。これをやっていくと、だんだん社内の人心が落ち着いてくるのです。嘘や裏切りは絶対にないと、皆が安心するようになるのです。


この会社に来て以来一貫して心を砕いてきたのは、会社の人心を、重心のところから動かそうということでした。上澄みの人だけでない、全員の本音を変えようと。


大坪英夫の経歴・略歴

大坪英夫、おおつぼ・ひでお。半導体製造装置と精密計測機器の製造メーカー東京精密の会長兼CEO。東京都生まれ。東京大学法学部卒業後、富士銀行を経て東京精密に入社。同社で労務担当として労働組合と良好な関係を築いたのち社長に就任。11年間同社で経営を行った人物。

他の記事も読んでみる

樋口武男

大和ハウスには「アスフカケツノ(明日不可欠の)」という参入事業のキーワードがあります。これは私が考えた造語です。もともとはフ(福祉)、カ(環境)、ケ(健康)、ツ(通信)でしたが、21世紀を前にしてア(安全・安心)、ス(スピード)を加えました。さらに今世紀に入ってからノ(農業)をつけました。最初はバラバラだったそれぞれの事業が結びつきはじめました。世の中のニーズがあるところを間違わずに事業をしていたら、いつの間にか大きく育とうとしています。


下田進

私は自信家でいつでも自信を持ってやってきましたが、全く売れない3年間で完全に自信を打ち砕かれたことが良かったのかもしれません。


古賀信行

製造業は製品を通して仕事ができますが、証券会社は「人」を介してしか仕事ができない。本格的に海外事業を展開する時に、企業文化を含め、多様化をどう容認していくかが大きな課題。


辻秀一

多くの人はお金や名誉など、外部要因ばかりに幸福の価値観を置きがちです。しかし、フロー状態に価値を見出すということは、他人ではなく自分の価値観を見つめ、それに忠実になるということ。それは、人生の質を高めることにも繋がります。


山崎妙子(山﨑妙子)

作り手の顔や人となり、考え方などを知ると、その人の作品がぐっと身近になり、理解が深まる。普段、私たちが作品を紹介する際も、画家自身の人柄や生き様にも焦点をあてるようにつとめています。


西田厚聰

企業の成長にスピードとタイミングは必要の条件です。グローバリゼーションとは、日本から世界へ市場が広がったと同時に、日本市場にも世界の企業が参入することを意味します。つまり、グローバリゼーションによって市場の競争原理が導入され、日本の伝統的な組織の動かし方が通用しない時代が到来したということです。


似鳥昭雄

継続や改善ではダメです。世間がアッと驚くようなことをやる必要がある。


ロバート・キヨサキ

いまは私の時代より簡単にビジネスが興せる。通信コストが安くなり、携帯電話ひとつで世界を相手に渡り合えるようになった。若い人にはチャンスだ。ただし、その際は、他よりも素早くて賢くないと勝てないことも自覚しておくべきだ。


松橋良紀

心を開いてくれない相手には、まず波長を合わせます。たとえば声のトーンや話すテンポや話と話の間などを相手に合わせれば、心理的に親近感を感じ、だんだん心が開いてきます。ここを合わせるのが、まず第一歩です。若くて元気な部下なら自分も元気に、優しい性格の部下なら、穏やかに話しかければ、だんだん本音を話してくれるようになります。


俣野成敏

ムダなことを「いかに有益にするか」という発想も、時間管理には必要な考え方。


佐野真之

義父から譲り受けた時計を愛用しています。義父は理系の人だったので、当時の最先端の技術に興味を持っていたようです。生前、仕事に対するアドバイスをよくもらっていたんです。仕事に向かう姿勢みたいなものを学びましたね。だからこそ、大事なプレゼンや映画祭に挑むときに身につけると、義父がそばについていてくれるようで心強く、落ち着きます。


熊谷正寿

僕は、「人間の行動の9割は、無意識の習慣によるもの」だと考えています。歯を磨く時、靴を履く時、電話に出る時……。細かな日常の所作の大半は、無意識のうちに行っているものです。だからこそ、その「無意識の習慣」をいかに磨くかが、相手の印象を左右する。「背筋を正して立つ」「挨拶する時は張りのある声を出す」といった、小さな意識が重要なのだと、新人研修でも繰り返し言っています。