名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大坪英夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大坪英夫のプロフィール

大坪英夫、おおつぼ・ひでお。半導体製造装置と精密計測機器の製造メーカー東京精密の会長兼CEO。東京都生まれ。東京大学法学部卒業後、富士銀行を経て東京精密に入社。同社で労務担当として労働組合と良好な関係を築いたのち社長に就任。11年間同社で経営を行った人物。

大坪英夫の名言 一覧

改革はまず旗を揚げることから。そして、到達地点を確認し、その先にまた旗を揚げる。この繰り返しです。振り返ってなどいられません。


退職者を原則として皆、再雇用するようにしました。そのための小さな会社を作り、組合の執行委員長と会社の人事部長を両方そこに入れました。マンションなどに置く宅配ボックスの会社で、これがいまや業界準大手になって上場を目指しています。給料は話し合いで決めさせてもらうが、勤めたければずっといてくれても構わない。やる気の出せる道をこうして目に見える形で与えられると、かつての「輝ける」組合の執行委員長でさえ、周囲が驚く働きぶりを示しています。


管理とは役職に伴う権力でするものじゃない。権威でするものです。経験が与えた権威があるのなら、パートであろうがチームの管理ができるのです。


10年先、私の会社はもっと変わっている。変えるつもりです。変化の速度の速い者だけが生き残れる。そのため会社をもっと異業種混交にする計画です。ハバロフスクから数学専攻の優秀なロシア人大学生を一年インターンとして雇っているのはその一環で、技術開発の将来を彼らに託しています。


この会社に来た当時は、ストライキ発生件数で上場企業中断然トップという会社です。経営と組合間に話し合いの回路は途絶したまま。昼休みには社内で堂々と就職情報誌が読まれる風土でした。そこで組合の言い分を聞き、その通りしたらどうなるかひとつひとつ確かめていきました。昼休みの5分間働く働かないで、賃金を上げるの下げるのという話。そんな話は技術開発で生きる会社にそぐわないとは思わないか。たとえばそういう対話の積み重ねです。


東京精密に移り4年経って社長になろうというころ、組合三役がやってきました。社長になるなと言うのです。せっかくここまで信頼関係ができたのに、労務担当役員が変わると元の木阿弥だと。だから私は社長になっても組合は自分が担当すると約束し、会長兼CEOとなったいまも一貫して労務担当です。これをやっていくと、だんだん社内の人心が落ち着いてくるのです。嘘や裏切りは絶対にないと、皆が安心するようになるのです。


この会社に来て以来一貫して心を砕いてきたのは、会社の人心を、重心のところから動かそうということでした。上澄みの人だけでない、全員の本音を変えようと。


大坪英夫の経歴・略歴

大坪英夫、おおつぼ・ひでお。半導体製造装置と精密計測機器の製造メーカー東京精密の会長兼CEO。東京都生まれ。東京大学法学部卒業後、富士銀行を経て東京精密に入社。同社で労務担当として労働組合と良好な関係を築いたのち社長に就任。11年間同社で経営を行った人物。

他の記事も読んでみる

小林喜光

データに基づいて考えればスピーディに判断できますし、従業員の納得感も高めやすい。


小坂敬

小坂家に伝わる哲学は「相手の立場に立つこと」。この哲学は、時代が変わっても、変わることなく現在まで、脈々と受け継がれ、事業に活かされています。


小宮一慶

数字に弱く論理的思考力の低い人は、複雑なものを複雑なままに見て判断する能力がありません。白か、黒かしかない。本当は白と黒の間には、何千、何万という何段階にもわたる濃淡のグレーが無数にある。訓練をすればそれが見えてくるようになります。桁数の大きな数字を扱うケースも増えるだけに30代の業務では特にそういう数字への慎重さやセンスが必要になるのです。


井村雅代

一流選手になる人は、何か壁にぶつかったとき「自分には才能がない」「仕方がない」と諦めるのではなく、「自分は頑張ってきたつもりだけど、おそらく頑張り方がまだ足りない。だから、もっと頑張ろう」と素直に思える。あるいは、「なんとか壁を突破する方法はないか」と前向きに考えられる姿勢を持っている。悪くいえば、「しつこい」ともいえます(笑)。


安藤美冬

もともと私はさほど整理熱心ではなく、デスク周りのグッズの定位置も厳格には決めていません。それでも必要なものはすぐに取り出せます。それはやはり、持ち物を絞り込んでいるからです。整理の前段階として、まずは厳選に重点を置くことが大切だと思います。


村形聡

最初は順調に業容を拡大していたのですが、社員が15人になったとき、突然、人が辞め出したのです。どんなに補充してもすぐに辞めてしまう。クライアントでも同じような症状が出ている中小企業がありました。そして、悩みぬいた結論として、大企業のように仕事のルールが、きちんと定められていないことが原因だとわかりました。


安渕聖司

考えてみれば、アスリートは少しでも良い記録を出そうとするのが普通です。「前回と同じタイムで走ろう」などと考えている選手はいないと思います。ビジネスの世界でも同じことだと思うのです。


中西哲生

仕事はアウトプットですが、その質を高めるにはインプットを増やさなければいけない。


重光武雄(辛格浩)

その土地で一番大きい建物を造れば、地元のマスコミが大々的に報じてくれます。それがいい宣伝になるんです。
【覚書き|中国の瀋陽北駅周辺に巨大複合商業施設開発を行った際の発言】


森脇健児

負けても負けても、やめないことが僕の生き様です。50歳になりましたが、まだまだしぶとく、続けていきます。


冨安徳久

感動のサービスを提供するため、本気になって心から故人のことを考えます。儀式をただ提供するだけであれば他の葬儀社と変わりません。故人の思いを本気で受け止め反映させたいのです。社員には「その方の人生の重さをみんなで一緒に感じてあげようよ」と声をかけます。遺族の方たちとの打ち合わせのなかで、故人の愛した物や、好きな音楽はなかったかなどと話し合うようにしています。


鶴岡公二

相手を知るとき、相手の立場を理解するだけではなく、交渉担当者その人についても、理解しておかなければならない。どのようなポジションの人間で、上司とはどのような閨係にあり、どんな業界とつながりがあり、交渉現場に来るまでどの程度の準備をし、内容をどのくらい理解してテーブルに着いているのか。そして、どんな人柄か。