大坪英夫の名言

大坪英夫のプロフィール

大坪英夫、おおつぼ・ひでお。半導体製造装置と精密計測機器の製造メーカー東京精密の会長兼CEO。東京都生まれ。東京大学法学部卒業後、富士銀行を経て東京精密に入社。同社で労務担当として労働組合と良好な関係を築いたのち社長に就任。11年間同社で経営を行った人物。

大坪英夫の名言 一覧

改革はまず旗を揚げることから。そして、到達地点を確認し、その先にまた旗を揚げる。この繰り返しです。振り返ってなどいられません。


退職者を原則として皆、再雇用するようにしました。そのための小さな会社を作り、組合の執行委員長と会社の人事部長を両方そこに入れました。マンションなどに置く宅配ボックスの会社で、これがいまや業界準大手になって上場を目指しています。給料は話し合いで決めさせてもらうが、勤めたければずっといてくれても構わない。やる気の出せる道をこうして目に見える形で与えられると、かつての「輝ける」組合の執行委員長でさえ、周囲が驚く働きぶりを示しています。


管理とは役職に伴う権力でするものじゃない。権威でするものです。経験が与えた権威があるのなら、パートであろうがチームの管理ができるのです。


10年先、私の会社はもっと変わっている。変えるつもりです。変化の速度の速い者だけが生き残れる。そのため会社をもっと異業種混交にする計画です。ハバロフスクから数学専攻の優秀なロシア人大学生を一年インターンとして雇っているのはその一環で、技術開発の将来を彼らに託しています。


この会社に来た当時は、ストライキ発生件数で上場企業中断然トップという会社です。経営と組合間に話し合いの回路は途絶したまま。昼休みには社内で堂々と就職情報誌が読まれる風土でした。そこで組合の言い分を聞き、その通りしたらどうなるかひとつひとつ確かめていきました。昼休みの5分間働く働かないで、賃金を上げるの下げるのという話。そんな話は技術開発で生きる会社にそぐわないとは思わないか。たとえばそういう対話の積み重ねです。


東京精密に移り4年経って社長になろうというころ、組合三役がやってきました。社長になるなと言うのです。せっかくここまで信頼関係ができたのに、労務担当役員が変わると元の木阿弥だと。だから私は社長になっても組合は自分が担当すると約束し、会長兼CEOとなったいまも一貫して労務担当です。これをやっていくと、だんだん社内の人心が落ち着いてくるのです。嘘や裏切りは絶対にないと、皆が安心するようになるのです。


この会社に来て以来一貫して心を砕いてきたのは、会社の人心を、重心のところから動かそうということでした。上澄みの人だけでない、全員の本音を変えようと。


大坪英夫の経歴・略歴

大坪英夫、おおつぼ・ひでお。半導体製造装置と精密計測機器の製造メーカー東京精密の会長兼CEO。東京都生まれ。東京大学法学部卒業後、富士銀行を経て東京精密に入社。同社で労務担当として労働組合と良好な関係を築いたのち社長に就任。11年間同社で経営を行った人物。

他の記事も読んでみる

アリストテレス

もしどんな学問もその仕事を立派に果たすのに正しい方法を心がけているとすれば、もし優秀な職人たちが美徳という道を重んじているとすれば、それは中庸を目指しているということにほかならない。


津賀一宏

人事、経理、財務、経営企画の部門が一緒に会議をするようにしたことで、事業計画を検討する際には、経理や財務の側面だけではなく人事の側面からも同時に検討できるようになりました。この点については間違いなくプラスに働いています。


石田孝

情報というのは、その集団の共有財産であり、退蔵してはいけません。組織に影響することですから、もっと感度を磨いて勉強しないといけません。


江上治

年収1億円プレーヤーの共通点

  1. 目的意識を持っているか、価値観は明確か?
  2. 継続する力があるか、損切りはできるか?
  3. 集中して取り組んでいるか、将来性はあるか?
  4. コストパフォーマンスを考えているか?
  5. 他人から学ぶ、吸収する力があるか?
  6. インプットだけでなく、アウトプットをしているか?
  7. 基本を大切にしているか?
  8. 一流のものに触れているか?

大橋徹二

現場の声に耳を傾けることが、持続的な成長に欠かせない。


村上太一

圧倒的に使える、世の中になくなったら困る様なサービスをつくろう。


小山昇

ビジネスで大事なのは、結果です。だから、結果が出ることだけをやる。自社で結果が出ていることを横展開する。結果が出ないことはやらない。


小笠原清忠

礼儀作法では、日常の心がけが一番大切です。玄関やトイレのスリッパを見ればその家の生活ぶりがわかります。これは会社にとっても当てはまるでしょう。玄関や受付の人の態度を見れば、その会社がわかるというものです。


岡村隆史

この仕事、やっぱりひりひりした中でやる方が、達成感もありますから。「今日はちょっとどえらい汗かいた」という日は、それがいい汗だったり、悪い汗だったりしても、結局、心地いい。すべり倒した時は落ち込みますけど、ピリピリした空間にいられることが幸せですから。


小林栄三

自社にない情報や考え方を持つ相手と上手に付き合うにはどうしたらいいか。それには自らも真摯に勉強し、相手に提供できるものを用意しておくことが大事になります。例えば気になる相手に「会いたい」と伝えれば、一度は会ってくれるかもしれません。ただし、二度会うには相応の理由が必要となる。お互いが価値を認め、高め合える関係性をつくれなければ付き合いは続かないでしょう。


野村克也

野球は「意外性のスポーツ」。弱者が強者を倒す、番狂わせが大いにありえる世界なんだよ。経済と天気と野球の予想は当たらないという。番狂わせが多いから、野球は面白いんだ。経済と天気は当たるほうがいいがな。


川田尚吾

そもそもエンジェル投資家になろうと考えた背景には、大学時代に学生ベンチャーに関わっていたという体験があります。80年代の終わりから90年代初頭の頃であり、バブル全盛期でお金は余っていたはずなのですが、銀行は学生にお金を貸してくれません。ベンチャーキャピタル(VC)にしても、出資の前提条件は担保となる土地の保有というケースもありました。そのため学生ベンチャー起業家たちは資金繰りに困ると、何枚もクレジットカードを作ってカードローンに頼っていたのです。しかし、当時から米国は違っていました。将来有望な技術があると資本家やVCが着目し、「テクノロジー×資本主義」という形でマネーが付き、ベンチャーが続々と創出されるというダイナミズムが生まれていました。一方で、日本にはそうした「真の資本家」「プロの投資家」が存在していませんでした。そして、20歳のときに学生ベンチャーで挫折した私は、「それなら自分がプロの投資家になろう」と心に誓ったのです。


吉田たかよし

幅広く興味を持つことは、ビジネス界で成功を手に入れるためにも有効な手段です。何事に対しても興味を持つ人は、結果的に本業のビジネスでも大きな成功を手にします。


泉谷直木

運が悪いように思える場面でも、実は「機会」はいくらでもある。それをチャンスに変えられるかは自分次第。そう考えれば、大変なときもモチベーションを失わず、チャレンジを続けられる。


太田義勝

お互いに2番手グループにいては将来はない。やがて世界のオフィスで主流になるだろうフルカラー複合機の世界で勝ち抜きたい。コニカ社長から初代コニカミノルタホールディングス社長を務めた岩居(文雄)さんとは、この時点でしっかりと一致できました。だから統合に際して立ち上げた委員会や分科会で、両社の社員同士による意見の対立が生まれたときには「グローバル競争に勝ち抜くボディをつくるんだ。それには何が必要なのかだけを考えろ」と繰り返し伝えました。


ページの先頭へ