名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大坪智子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大坪智子のプロフィール

大坪智子、おおつぼ・ともこ。日本の経営者、編集者。編集プロダクション「コランヴァ」社長。大学卒業後、出版社を経て独立。

大坪智子の名言 一覧

電話をするときは鏡を見ながら。笑顔で話すといい方向に仕事が進む気がします。


あちこちに散らばっていると結局、探す時間がかかってしまう。無駄な労力を使うので、企画関連の書類はラック、スケジュールと取材メモは手帳にそれぞれまとめています。


基本的に書類は締め切りが終わったら、すぐに捨てるようにしています。紙で残すのは発注書や売上表といった、機密性の高いものだけですね。取引先に出す見積書や、ボツになったけれどいつかリベンジしたい企画書など、あとで見直したくなるような書類はパソコンで作るので、紙は残しません。


大坪智子の経歴・略歴

大坪智子、おおつぼ・ともこ。日本の経営者、編集者。編集プロダクション「コランヴァ」社長。大学卒業後、出版社を経て独立。

他の記事も読んでみる

永井義男

ここ数年、多くの人が過度に江戸を美化していると感じます。江戸時代の現実は、多くの人が思い描いているイメージとはかけ離れています。最近は過労死やブラック企業が問題視されていますが、江戸時代はさらに過酷でした。当時、庶民の子供は11、12歳を過ぎれば奉公に出るのが当たり前。商家や武家屋敷などで住み込みで働き、休日は1年に2日あるかどうか。江戸の商家はブラックなのです。現在のブラック企業を江戸時代の人が見たら、まだマシだと思うのではないでしょうか。


鈴木貴博(コンサルタント)

「常識を超える力」が重要です。たとえば「ペットブームが起きているのに、ドッグブードの売れ行きが落ちている」など、常識で説明できない事態に出合うと、多くの人は「そんなことあり得ない」「嘘だ」と思考停止に陥ってしまいます。そうではなく「これが事実だとしたら、いったい何が起こっているのか?」とまず考えられるかどうかで、戦略思考ができるかが決まります。


豊田昌洋

マネジメント、管理者は自らの「ナンバー2」をつくっていくことが大事だ。ナンバー2をつくり、自分の知識や経験、考え方を全て教え込んでおかなければならない。同じ考えの下で事業を進めることが重要なのです。


把瑠都(カイド・ホーヴェルソン)

日本に来た当初、言葉も、食べるものも、文化も、習慣も違うし、相撲部屋の独特の決まり事もたくさんあって、ホームシックにもなったし、大変でしたよ。ただ、これ以上は耐えられないってほど追い込まれたことはなかったんですよ。なぜなら、私は人一倍好奇心が旺盛で、何事も楽しめるから。


森平茂生

私は二度人生で大きな転機を迎えました。一回目は父の経営していた会社を辞めて、父から受け継いだ財産をすべて返上したとき。二回目はクロックスの日本法人社長を辞めて独立したときです。妻に退職を相談したら、「自分の好きなようにしたら」と言って背中を押してくれた。いずれのときもしばらくは貯蓄を切り崩すことになりましたが、それについても何も文句は言われなかった。妻には本当に感謝しています。


山崎敦彦

原価管理は製造業の宿命ですからずっとやっています。長年、生産のスタッフが苦労しながら、ああしたらいいのでは、こうしたらいいのではとやっている。


池上彰

嫉妬は多くの日本人が多かれ少なかれ持っている感覚です。嫉妬社会の側面を持つ日本では、たとえすべてが上手くいっていても、それを声を大にして言うのは慎むのが賢明でしょう。


玉塚元一

この会社(ハーツユナイテッドグループ)に来た理由は「第2創業」。会社の土台を再定義し、強いものをさらに強くし、さらなる飛躍を進める。経営チームが覚悟を決めて改革を実行、断行することで「第2創業」が現実のものとなる。


塚越寛

商売というのは、結局はすべて他人のためなんです。自分を忘れて他人を利するということを徹底してやる会社が残っていく。


藤田晋

強力なライバルが、それこそ必死で同じ目標に向かって努力をしている以上、さらなる努力をしなければ相手に勝てません。仕事は常に、最も高いレベルの争いをしていると考えてください。


高橋弘樹

スタジオ収録なし、タレントなしなど、前例のなかった番組であっても物おじしないでチャレンジする。社内の反発も、丁寧に「なぜニーズがあるのか」を説明する努力を重ねてきました。


中嶋常幸

ボールがしっかりフェアウェイのど真ん中にいって「ナイスショット!」。でも、それがディボット(ショットなどを行った際に削りとられた芝の断片)の跡にはまってしまうこともある。必ずしもナイスショットが良い結果にはつながらない。これは人生も同じでしょう。順調にいっていた仕事の流れが、ちょっとしたことで変わってしまったり。良かれと思ったことが裏目に出たり。