名言DB

9412 人 / 110637 名言

大喜多治年の名言

twitter Facebook はてブ

大喜多治年のプロフィール

大喜多治年、おおきた・はるとし。日本の経営者。航空機用内装品メーカー「ジャムコ」社長。香川県出身。一橋大学商学部卒業後、伊藤忠商事に入社。伊藤忠商事ビジネス機能統合部長、執行役員 新エネルギー・石炭部門長、石炭・原子力・ソーラー部門長、プラント・船舶・航空機部門長、顧問などを経てジャムコ社長に就任。

大喜多治年の名言 一覧

より収益の安定化を図る。製品の独自性や競争力を高めて利益率を向上させるのが近道。


顧客との交渉力を高めるため、品質や納期、価格などへの目配りは当然だが、デザインなどセンスの部分も含めて付加価値を上げていく。


航空機整備を皮切りに、内装品でギャレー(機内キッチン)、化粧室と展開してきて、トップシェアの一角に入った。ここでシェアを-段と伸ばすのは容易ではない。次の成長の柱として、これまでの経験や信頼性が生かせる事業としてシートに着目した。技術力で勝負しやすいプレミアムクラスのシートから始めたが、やがてはコストが問われるエコノミーも視野に入れる。軌道に乗れば収益貢献も本格化する。航空機内装品の総合メーカーとしての立ち位置を確立し、買収を重ねて巨大化した欧米の競合とは違った方法で生き残る。


大喜多治年の経歴・略歴

大喜多治年、おおきた・はるとし。日本の経営者。航空機用内装品メーカー「ジャムコ」社長。香川県出身。一橋大学商学部卒業後、伊藤忠商事に入社。伊藤忠商事ビジネス機能統合部長、執行役員 新エネルギー・石炭部門長、石炭・原子力・ソーラー部門長、プラント・船舶・航空機部門長、顧問などを経てジャムコ社長に就任。

他の記事も読んでみる

三浦善司

私にとって手帳は、日々のスケジュール管理だけのものではなく、備忘録でもあり、健康管理のツールでもあり、決意を書いて実行するための証しでもあります。自分の分身のような存在で、大切な「パートナー」です。


藤田晋

大きなビジネスは、信頼関係の上に成り立ちます。挨拶代わりに守れない約束をするのは、空手形を発行しているのと同じ。それぐらいシビアに考えてもいいでしょう。好意や意欲を示したいばかりに、軽い発言をして自分の価値を下げてしまうことのないように注意してください。


柳井正

グローバルはローカルだし、ローカルはグローバルである。グローバルを前提に、この二つが共存するのが望ましい。この二つが共存しない限り、我が社に未来はない。


後藤卓也(花王)

これは出すべきでない、納得できない場合、企画を中止させます。NGは辛くても、それがトップの役割です。


田中健二(農業経営者)

農業は今のままだと、あと10年持たないよ。農家がどんどん年取ってるし、補助金に頼り続けるのも限界があるし。若い人に就農させて、産業として自立させないといけない時期に来ているよ。


有森裕子

苦しくなったら、苦しみを味わえるだけ生きているんだと感謝した。
嬉しいときは、また喜べるんだと、また感謝した。


永守重信

大事なのは社員の意識だ。社員が「会社をもっと強くしよう」「もっと大きくしよう」と自ら意識を持つようになって初めて企業は強くなる。


幸田真音

やり直すことは恥ずかしいことではありません。


ニーチェ

結婚するにあたって、自分に問うてみなくてはならない。この女と老年になってまで、よく話し合うことができると信ずるか、と。結婚生活において、ほかのすべてのことは皆移り変わる。だが、交わりの大部分の時間は対話に属する。


伊藤勝康(経営者)

昔と今で圧倒的に違うのは、60代、70代の方たちの活動量です。大変アクティブな方々が多い。アンケートを取ると、ほぼ全員が年に一度は海外旅行を楽しんでいます。しかも一番人気はイタリアです。老後も子供たちに頼ろうとは思わない。介護されるにしても自分たちで何とかしようという意識が強い。


深田和範

会社の教育投資は激減しています。理由のひとつはコストカットですが、もうひとつは会社がどんな人材を育成したいのか、わからなくなっているからです。将来、どんなスキルが必要になるか、会社にも見通せない。だからこういう人材になってくれと、会社が自信を持って示せないのです。


赤羽雄二

新事業立ち上げのときに、必要なスキル・人材・経験・文化が社内に存在しないことがよくあります。だからこそ気骨のあるプロジェクトリーダーを選び、現場に最大限権限を与え、最速で外部から人材を確保し、事業を推進できる環境をつくらねばなりません。


小笹芳央

顧客満足と同じ熱意を持って従業員満足を図ること、それを自社のみならず顧客企業や社会全体に伝えること。その志を抱きつつ、今日も仕事に臨んでいる。


古森重隆

私は、この危機を乗り越えるために生まれてきたのだ。


中野雅至

私は、元・厚生労働省の官僚ですが、官僚時代は仕事柄、毎日のように様々なトラブルが発生していました。重要な関係者からのクレーム電話、怖い政治家からの叱責の電話、一般市民からの苦情……。毎日電話は鳴りっぱなし。若手の新人なんかは、だんだんとビビって電話に出たがらなくなる。うっかり出てしまって、厄介なトラブルに巻き込まれるのは嫌だからです。しかし、私は「みんなが嫌がるトラブルこそ、出世への最大の根回しチャンス」と考え、どんどんトラブル電話に出ろと新人に指導してきました。トラブル電話に率先して出ると、みんなホッとする。失敗しても知らねーよ、とほくそ笑む反面、無意識には「あいつは、いざというとき頼りになる男だ」という認識が刷り込まれている。じつは、この「刷り込み」こそが、将来の出世への根回しにつながるのです。