名言DB

9413 人 / 110706 名言

大喜多治年の名言

twitter Facebook はてブ

大喜多治年のプロフィール

大喜多治年、おおきた・はるとし。日本の経営者。航空機用内装品メーカー「ジャムコ」社長。香川県出身。一橋大学商学部卒業後、伊藤忠商事に入社。伊藤忠商事ビジネス機能統合部長、執行役員 新エネルギー・石炭部門長、石炭・原子力・ソーラー部門長、プラント・船舶・航空機部門長、顧問などを経てジャムコ社長に就任。

大喜多治年の名言 一覧

より収益の安定化を図る。製品の独自性や競争力を高めて利益率を向上させるのが近道。


顧客との交渉力を高めるため、品質や納期、価格などへの目配りは当然だが、デザインなどセンスの部分も含めて付加価値を上げていく。


航空機整備を皮切りに、内装品でギャレー(機内キッチン)、化粧室と展開してきて、トップシェアの一角に入った。ここでシェアを-段と伸ばすのは容易ではない。次の成長の柱として、これまでの経験や信頼性が生かせる事業としてシートに着目した。技術力で勝負しやすいプレミアムクラスのシートから始めたが、やがてはコストが問われるエコノミーも視野に入れる。軌道に乗れば収益貢献も本格化する。航空機内装品の総合メーカーとしての立ち位置を確立し、買収を重ねて巨大化した欧米の競合とは違った方法で生き残る。


大喜多治年の経歴・略歴

大喜多治年、おおきた・はるとし。日本の経営者。航空機用内装品メーカー「ジャムコ」社長。香川県出身。一橋大学商学部卒業後、伊藤忠商事に入社。伊藤忠商事ビジネス機能統合部長、執行役員 新エネルギー・石炭部門長、石炭・原子力・ソーラー部門長、プラント・船舶・航空機部門長、顧問などを経てジャムコ社長に就任。

他の記事も読んでみる

盛田昭夫

日本の企業は間接部門(直接儲けを生み出さない総務、勤労、人事などの部署)にたくさんの人間を抱えている。これに対する給料支払いは相当の金額になる。それに給料の値上がりが全部かぶさってきたら大変なことになる。給料は上がる、間接人員は減らせないでは、外国の企業に太刀打ちできっこないと思う。


高橋克徳

「よい会議」にはいくつかの条件があります。まず目的が明確であること。意思決定のため、議論のため、情報共有のため、などなど。また、「ブレインストーミングの際はどんな意見も否定しない」などマナーの共有も不可欠です。


ゲーテ

仕事の圧迫は心にとって極めてありがたいものだ。その重荷から解放されると、心は一段と自由に遊び、生活を楽しむ。仕事をせずにのんびりしている人間ほどみじめなものはない。そんな人はどんなに美しい天分も厭(いと)わしく感じる。


本田有明

上位二割のできる部下とだけ仕事をする上司は、多数派である普通の部下やできない部下をあっけなく見限ってしまいます。すると、できない多数派と、ひとくくりにされることで、普通の部下のモチベーションが下がり、結局は8割の部下のパフォーマンスを悪化させてしまいます。


茂木健一郎

グーグルのCEOエリック・シュミットは、新規のアイデアを募るために、まずは人の意見を徹底的に聞き取るそうです。30人のアイデアを集めて、そこから取捨選択するのが、彼流の仕事術です。他者というフィルターを通過することで、隠されていた創造性の原石が発見されることは、よくあることです。


廣瀬光雄

私はたまたま共に起業家である両親の下で生まれ育ちました。ですから、知らず知らずのうちに、会社にサラリーマンとして勤めるよりも、事業を起こすことを自らの使命にしていたように感じます。事業とはどういうものなのか。事業を興すためには金融機関としっかりとしたお付き合いをいなければならない。こういったことを幼い頃から自然と学んでいた気がします。父や母から「起業家になりなさい」と言われたわけではありませんでしたが、起業家のいる中で育ったわけですから何となく、その方向を向いていたと言った方が正しいと思います。私自身も事業を起こす方が、組織の一員として働くよりも魅力があると感じていました。


吉松徹郎

100名のうち99名がNOと言っても、1名くらいは面白いじゃないかと言ってくださる方がいる。


鈴木みゆき(経営者)

失敗を恐れないこと。これから挑戦することは、必ずしもすべて成功するとは限りません。そう思うだけで、少し楽に挑戦できるのではないでしょうか。


ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン

哲学が考えるべきは哲学的命題の案出ではなく、命題の解明である。


中尾清(経営者)

中国とつきあう際は、文化の違いは違いとして認識したうえで、諦めずに接することが大事。


武藤光一

我々がLNG(液化天然ガス)の長期輸送契約を結んでいるのは石油メジャー、大手商社など極めて優良な荷主企業です。長期輸送契約は20~30年先まであらかじめ運賃と輸送量を取り決めます。確かに利幅はそう大きくはないかもしれませんが、長期にわたり安定的に利益を積み上げることができる。こうした輸送契約を決めてから船を造船所に発注しますから、積み荷がなくなって船が浮くようなことはありません。ギリシャなどでは輸送契約が固まらないまま投機的に船を先行発注するところもあるようです。今後、荷動きや運賃次第で彼らは右往左往するかもしれませんが、我々はそういう世界とは一線を画しているのです。


いっこく堂

挑戦心やモチベーションが高まるのは、バイオリズムが底辺まで落ち込んだ時ですね。あー、また最高の気分を味わいたいと、過去の自分を懐かしんじゃったりすることもある(笑)。もちろん、新しいことを始めるのは怖いけど、やらないと再びバイオリズムの頂点には行けません。進化しないと生き残っていけない。


ピーター・ドラッカー

引退する人々は経験も知識も豊富です。彼らが引退して地方に隠居してしまうようではつまらない。私はこういった人たちにコンサルタント業を勧めている。新しいビジネスチャンスが何かをつかむきっかけになる。


大橋博(教育者)

自分が一生懸命にやれば子どもも一生懸命になる。それで子どもが成功すれば、こちらももっと頑張ろうと思う。そうやって、夢中で子どもたちと接していた。
【覚え書き|教育者になるきっかけとなった家庭教師時代を振り返っての発言】


金田一秀穂

仕事などで言い訳せざるを得ない場面があるでしょう。そんなときは、何か言いたくなるのをぐっとこらえることです。そしてまず謝っちゃう。その後、いうべき弁明を添える。これが正しい言い訳のやり方です。